マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

専務の小部屋~老舗の判断基準その3~
さて「専務の小部屋」第三弾
マルジン新聞への寄稿から
長いので三日にわけました。

************************

事例4 長年使用してきた建物の改装

 あなたは長年旅館を経営してきました。多くのお客様から愛され、何十年も通ってくださっている常連さんもいます。
 最近では海外や高齢者のお客様増えてきました。そこで、施設や設備の老朽化に対応し、バリアフリー化や海外顧客対応の為、大規模な改装の計画が立案されました。

 さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?


 ①古いものは取り壊し、新築する。
 ②歴史ある部分は残し、それ以外は新しく建て直す。
 ③外観は変えず、中の設備を最新のものに変える。

 【老舗経営者の判断】③

事例5 後継者(部下)の有事の際のお金の使い方について

 

あなたの事業が成功しているという仮定の下での質問です。
 あなたはあなたの後継者(部下)にある投資の判断を任せることになりました。
 数日後、後継者(部下)から手付金まで支払うところまで話が進んでいると報告を受けました。
 しかし、そこで日本を揺るがすような大地震が発生しました。
 大きな混乱の中、家族や社員、会社や取引先の状況を確認していくと、 幸いなことにあなたの身近な範囲には大きな被害がないことが確認できました。

 さて、落ち着いたところであなたは後継者(部下)に投資の話を任せていたことを思い出しました。
 あなたの後継者(部下)なら、次の選択肢の内どれを選んでいると思いますか?


 ①幸いにも身近な影響はなかったので、予定通り投資の話を進めていた。
 ②身近には影響はなかったが、今後どうなるかわからないので、現状維持で話をストップしている。
 ③とにかく余剰のお金を創る為に、手付金をあきらめて解約の手続きを進めていた。

 【老舗経営者が後継者(部下)に求める判断】③

以上となります。

マルジンの歴史は、現在第28期ですので約30年程となっております。
私としては、これは冗談ではなく、マルジンの根っこになっている信念や哲学は
100年続く企業になっても、何ら恥ずかしくないものではないか、と思っています。

だから皆さんも私も、100年後の後輩たちに「30年目頃のレジェンズたちはすごかった。」
と誇ってもらえる自分であるように、日々自分なりにできる精一杯+αを
今後も積み重ねていっていただきたいと思います。

以上、これからますます現場は暑く激しくなってくると思います。
心も体もギリギリになる毎日と思いますが、そのギリギリの状況で
当たり前の事だけは当たり前に出来る様、ご助力の程お願い致します。

では、今月もどうぞ『ご安全に!♪』

****************

以上でございます。
あと70年後のマルジン
どんな企業として 歩んでいる事でしょう?
誰にもわかりませんけれど

当たり前のことを 当たり前のように
そこに「誠意」を持って 貫いて行ければ
おのずと 道は続いていくのではないでしょうか?

今を作り上げているんだね
「マルジンレジェンス」の面々
「老舗の判断基準その2」~専務の小部屋~
昨日の続き
「専務の小部屋」です。
****************************

事例2 恩義ある人からの借金の依頼を受けた場合の判断

 あなたは、非常に恩義あるCさんから「300万円貸してほしい」と頼まれました。
 あなたの手元には自由に使えるお金が100万円あります。
 また、多少無理をすれば300万円集める事もできるかな、とも感じています。

 さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?


 ①お金を貸す。(300万でも100万でも)
 ②お金を差し上げる。(100万円のみ)
 ③貸さない。

 ちなみにほとんどの方が選ぶのは③なんだそうです。
 (①は論外との事でした。)
 しかし、老舗経営者が選ぶ選択肢は②なんだとか。

 理由は、恩義には精一杯報いた(金額は足らなくても自由になるお金は全額差し上げた)
 という事実が残るので、あの時ああすればという後悔の念にさいなまれることもないし、
 非常に恩義ある方の財務状況が数年後に回復した場合でも、
「お前はあの時助けてくれなかった」と関係性が悪くなることもなく、
 逆に悪化した場合で追加の融資を申し込まれた場合でも
「もう差し上げるお金はないんです」と言って断る事が出来るからなんだそうです。

 ・・・とはいえ、お金を「差し上げる」という選択を選ぶのって、、、すげぇ、と小市民な私は思います。
 (あげた気分で貸す、ってことはあるのかなーと思いますけども。)

いかがでしょうか?老舗の経営者の判断基準と自分の判断基準比べて違いがありましたか?

事例3 出店依頼が舞い込んだ場合の判断
 
あなたの事業が成功をしているという仮定のもとの質問です。
 多くの百貨店やショッピングモールから沢山の出店依頼が舞い込むようになりました。

 さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?

 ①ドンドン出店し、事業を拡大する。
 ②リスクを考慮して、出店をしない(自分の目の届く範囲で事業をする)。
 ③人材が用意できると思える範囲で出店する。

 【老舗経営者の判断】③

事例4 長年使用してきた建物の改装

 あなたは長年旅館を経営してきました。多くのお客様から愛され、何十年も通ってくださっている常連さんもいます。最近では海外や高齢者のお客様増えてきました。そこで、施設や設備の老朽化に対応し、バリアフリー化や海外顧客対応の為 大規模な改装の計画が立案されました。

 さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?

 ①古いものは取り壊し、新築する。
 ②歴史ある部分は残し、それ以外は新しく建て直す。
 ③外観は変えず、中の設備を最新のものに変える。

 【老舗経営者の判断】③



*********************************
また 明日に 続く・・・・
「老舗の判断基準」~専務の小部屋~
20140619.jpg

社外秘(笑)の
毎月一回発行の「マルジン新聞」より
「専務の小部屋」(マルジン専務の奇行・・ちゃうちゃう寄稿です)
今月は「老舗の判断基準」です。
長~~~いので 分けてUPします。

************************

今月は、私が参加させて頂いています上坂会計 鳥瞰塾2014にて 参加者全員に課題図書(?)として頂戴した本からのネタです。 本は鳥瞰塾の塾長 上坂先生の後輩が書かれた著書で、京都の有名な老舗(南禅寺 瓢亭や佐々木酒造、本家西尾八つ橋 他多数)を自ら取材、分析し書かれた内容となっており、読みやすく纏まっている為、そんなに難しくなく短時間に読めるので良かったら皆さんも読んでみて頂ければ、と思いますが その本の中に、結構興味深い事例が紹介されておりましたので 今回はそれをご紹介したいと思います。

その事例というのは「老舗の判断基準」という内容で、次のようなとき、
老舗の経営者はどう判断するのか、というのを5つの事例を挙げて紹介しているものです。

その中から、今回は会社経営に偏らない事例を紹介します。

事例1 先方が約束の時間に遅刻した場合の判断

あなたはAさんと13時から会う約束をしており待ち合わせ場所で待っていました。
 するとAさんより「すみません、電車が遅れて30分程度遅刻してしまいます。」と連絡が入りました。 
しかしあなたは、1時間後の14時から別のBさんとの約束がありました。
さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?

 ①どちらの付き合いが優先かを判断し、一方を断ることで一方に集中する。

 ②遅れるAさんには悪いが、予定通り待ってくれているBさんとの予定を優先し、
  Aさんには時間変更、日程変更の話をする。

 ③Aさんには1時間の面談予定を出来る限り短くして対応するとともに、
  Bさんには少し時間が遅れる旨の連絡をし、両方に対応する。


いかがでしょうか?
ちなみに、老舗の経営者が選ぶ選択肢は②だそうです。

理由は「信用には信用を持って答える」という考えが根底にあるんだそうです。どんなに親しい間柄でも、大きな取引でも、後に予定通り待ってくれている人には 何の非もない訳だから、変更を依頼するのはお門違いである、との認識なんだとか。
また、Aさんに非がある状況で、予定変更の依頼をお願いしたのにもかかわらず、関係性が悪化するような対応をAさんがした際には、そもそも付き合い自体を考え直す 必要がある、とも書いてありました。

                        続く・・・
************************************
専務の小部屋 ~日本の底力「100年企業を超えて」~
20131121.jpg

社内報「マルジン新聞」より
「専務の小部屋」の抜粋です。社員にむけて書いていますが ちと抜粋。

*********************************

連日の現場作業、本当にお疲れ様です。
皆さんの頑張りのお陰様でお客様からの嬉しい声も届いております。
「工程厳しい中の対応の速さに感謝」「悪天候の中の頑張りに感謝」「素早く気持ちの良い対応に感謝」全て皆さんの一挙手一投足がお客様の心に響いた結果だと思います。本当にありがとうございます。

引き続き厳しい現場作業が続きますが、皆さんの頑張りは 必ず誰かが見てくれていると思います。
今後も期待に沿えるよう、もう一歩、あとちょっとの踏ん張り
当たり前のことを手を抜かない様、御協力をお願い致します。さて、今月は別件で調べ物をしていた時に 日本の底力を感じる事がありましたのでそれをご紹介したいと思います。

ちょっと前から、私の中で「100年企業を目指して」というキーワードが ぼんやりと浮かぶようになってきているのですが、そのことで「ちなみに世界最古の企業って、どこのどんな企業なのかな?」と思いネットで調べてみることにしたのです。

調べる前は何となくですが、例えば「ギルドを源流とした軍事結社」みたいな
(漫画の見過ぎですかね、、、反省)ものが1位なのかなと思っていたのですけど
見てみてびっくり、実は世界最古の企業のTOP3は日本にあった、という結果でした。

ちなみにご紹介しますと、、、
第1位:(株)金剛組 : 創業578年 : 1435年継続
第2位:(財)池坊華道会 : 創業587年 : 1426年継続
第3位:(有)西山温泉慶雲館 : 創業705年 : 1308年継続     です。
・・・100年どころか、1000年続いてます。ッパネ~!!!
ついでにその続きのランキングで、日本の最古の企業ランキング第5位には 有限会社善吾楼 創業718年 1295年継続って会社があるんですけど これ、粟津温泉 法師 を経営する会社なんだそうで、い、意外と身近にあるな、 と2度びっくりした次第です。
ちなみに、金剛組さんは宮大工さん、池坊華道会さんは読んで字のごとく華道の家元、
後は温泉宿さんとか宗教用具製造、農器具製造会社さんなどが続いております。

何故に日本でこれほどまでに社歴の長い会社が多いのか、ということについては、
実はわれわれ日本人より、海外のジャーナリストや企業経営者の方が研究をしており、
「日本人の「家」意識、「家業」意識が「自己の繁栄」と「企業の繁栄」を両立する根幹」
とか「年功序列、終身雇用という安定した雇用環境に裏打ちされた継続的企業活動」
「「守成」を重視ししかしその中にも企業存続の為なら時代に応じた「変化」を恐れない二律背反の共存」など、いろんな側面を参考にしようとされてきたようです。

そんな時、我々日本人はどうだったのか、というと、
「終身雇用は悪だ、成果給の導入が日本の破滅を救う」
「アメリカの論理思考こそ正で、定量的データのみで経営すべきだ」
「一つの会社に長く務めるより転職を繰り返し給料を上げるのが出来る人間だ」
等と、それら全部が間違いである、という事は申し上げませんが、
それこそ国民性の違いや社会背景の違いなどを無視して、
そして何より日本古来の良さを無視して流行に飛びついたことで
それからしばらくの苦難の時代を迎えることになった、とも記事は言っていました。

そんな記事を見ていて、ふと思ったことがあるのですが、
弊社 マルジンの仕事は、大変厳しく、3Kどころか4K、5Kともいえるほどの大変な仕事です。
且つ、流行の最先端にいるわけでなく、華々しさも、ファッション性も少ない業界の仕事です。

でも、思うんですが、商売の基本の一つは「自分がやりたくない・できないことを対価を払ってお願いする」という事だと言えると思うんですけど、今のマルジンの仕事って、結構みんなが嫌がる仕事をやってると思うんです。 その上で、みんなが嫌がる仕事を、みんなが羨ましがらない金額で、みんながそこまで頑張らないレベルで、しかもその上で元気に喜んで「ありがとうございます」とまで伝えてやれたら、、、1000年とは言わないですが、100年位は続いても良い会社になるんじゃないかなー、なんて最近思う次第です。

もちろん、現状が最高の状態ではないですし、まだまだ問題、不足、混乱、無理無駄ムラ、、、etc
何でもかんでもゴザレの厳しい会社内事情ではありますが、
私個人的には、うちの会社の「根幹」の部分だけは、他のどの会社にも負けてはないんじゃないかな、
と思っておりますので、今後とも是非、お客様とご自分とそしてマルジンの為のお力添えを宜しくお願いしつつ今月も締めさせて頂きたいと思います。

では、今月もこの言葉で。「今月もどうぞご安全に♪」

*********************

他も ご覧になりたいでしょうが
「個人情報保護法」にひっかかる表記もありますので ご勘弁を~
~閑話休題 珍しい名字の話~
10月のマルジン新聞の中から
「専務の小部屋」抜粋です。

20121102.jpg

忙しいとは、心を亡くすと書く。
だから、忙しいんじゃなくて、自分が時間を作れてないだけだ。・・・とは言われますけどねぇ、ぶっちゃけ、忙しいですよね(苦笑)。
皆さん、毎日本当にご苦労様です。専務です。
さて、繁忙期真っ只中の今月は、、、
こんな時こそほっと一息、気楽に読んで頂けるネタとして、先日、現場でお昼ご飯を食べている時のメンバー同士の会話でちょっとばかり盛り上がった「珍しい名字」についての小話を一つ。ちなみに、その際に私がご紹介したエピソードとしては、、、
「小学校時代の校長先生の名字は『無量小路(むりょうこうじ)』先生だった」
「高校時代のテストの結果表に『満月』さん『三日月』さん『新月』さんが載っていた」
「前職時代に鹿児島にいた際、『尻無浜(しりなしはま)』さん『阿瀉濱(あがたはま)』さんと仕事していた」
などお話ししました。
他のメンバーの人の話も聞くと、へぇ~、と驚くような苗字が世の中にはあるなーと思いました。
きっと、皆さんのこれまでの生活の中でも「あ~あるある、珍しい名字!!」というお話が一つや二つはあるんじゃないかなーと思います。
また、そんな小話で、現場や宿にてトリビア会話に花を咲かせて頂きたいなーと思いますが、その際のネタとして、ネットでちょっと珍しい名字について調べてみた結果をご紹介します。
・・・ちなみに、以下の名字を全部一発で読める方がいらっしゃったら、、、スミマセン弟子にしてください、レベルです(笑)。

「甘利」   ・・・ あまり
「忽那」   ・・・ くつな
「辛坊」   ・・・ しんぼう
「本名」   ・・・ ほんな
「物袋」   ・・・ もって
「流鏑馬」  ・・・ やぶさめ
「仲村渠」  ・・・ なかんだかり
「文殊四郎」 ・・・ もんじゅしろう
「道祖瀬戸」 ・・・ さやんせと
「百千万億」 ・・・ つもい
「四月朔日」 ・・・ わたぬき
「春夏秋冬」 ・・・ ひととせ
「東西南北」 ・・・ よもひろ
「一」    ・・・ にのまえ
「九」    ・・・ いちじく

・・・・・いかがですか?
最初の3個くらいは有名な方の名字なので読める方もいらっしゃると思いますが、最後の方の名字を読める方はほとんどいらっしゃらなかったのではないでしょうか?

まぁ、これらの名字が読めたからって、なんてことはない話なんですが、容姿や性格、名前、そして名字に至るまで、それぞれの人にはその人だけではなく、その人につながる長い人の営みの歴史が存在していて、そんな天文学的奇跡の確率で生まれてここまで成長し、生きてきた人間同士が、これまた天文学的確率で出会っているんだ、なんてことをお客様と名刺交換の際にでもふと思えると、その出会いをより大事に思えることができたりするんじゃないかな、なんて思ったりしたもので、、、ちょっと小話をさせて頂きました。

まぁ、話のオチはさておき、ちょっとしたトリビアねたとしてでも利用してくださいね(笑)。
では、まだまだ繁忙期は続きます。
いつもそうですが、今はそれ以上に皆さん一人一人がかけては成り立たない状況です。
ほんのちょっとしたことから事故、けがにつながり、それが本人だけでなくお客様、ご家族、仕事仲間に大きな影響を与えかねません。
こんな時だからこそ、意識して、ふっと肩の力を抜いて深呼吸をする時間を作ってください。
そして、再度集中して、当たり前にするべきことを当たり前に、毎日の仕事に当たってください。

どうかどうか、皆様何卒、ご安全に!♪

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記