マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

大変な一日
20161130.jpg

昨日は大変な一日でした。
ほんとに大変だったんですよ~
マルジンマンも マルジンウーマンも

重量物の現場のお客様から
「モノレールが止まった!」という電話が!

まあ・・・これは無い事ではない。
しかも いっちっばん急な坂で!
まあ・・・これも無い事ではない。
「24時間内には復旧!」がモットーのマルジン
めちゃくちゃ忙しくて 現場フル活動なれど
こういう緊急対応には なんとかして人員、車両をさく。
現場で作業されている方の手を止める事は 極力最少にしたいので
じっくり修理の時間が無い事も考えて 代替えのモノレールを積んでいざ!!
簡単に代替機って言っても
4tユニックあたりでないと積めないのですけどね
で、いざ!!(なんとか予定内には終了)

っていうところで
もう一件「本機が調子悪い」という連絡が!
・・・・・・・・・・・・・・・・・えっ?!
う~む・・・なんとかせねば・・・
またもや 人員車の手配。
今度は本社だけでなく各営業所の絞り出せる人員まで手配して
これも なんとかなんとかGO!!と送り出し
(なんとか予定内には終了)

まさか・・・もうないやろ?
と 思っていたら
今度は 役所に提出するモノレールの強度計算書が欲しい。
あらたにこの部分をあーしてこうして計算して
しかも今日!絶対今日!
えーーーーっ!そんな無茶な!
これはマルジンだけの問題でなく
メーカーさんの協力も無いとできゃしません。
「最初からできないといわない」マルジンさん
メーカーさんも巻き込んで大騒動
なんとか 提出物を仕上げました。

もうないやろ??まさか?
いえいえ・・・まだありました。
立会、設計、見積・・・
念には念を入れて 複数の現場担当者に確認をとって
やっと今日Go!と入った現場
あろうことか、この現場の担当者が一番要な人に
肝心な連絡が不行き届きだったそうで・・・
暗礁に乗り上げてしまいました。
今になってですか??
まあ こんなことは ないことではない。
くさりませんよ~マルジンは。
話しが(ほんとに)決まったら 連絡くださいね~

ってことで
闘いのような一日は終わったのでした。
「難あり有りがたし!」また成長させていただきました。

今日は今のところ
静かです。
難はやっぱり無いほうがいいなあ~
福井新聞にマルジン記事が・・・
本日の福井新聞朝刊に マルジンの紹介記事が掲載されました。
ずいぶんカッコヨク書いてありますが
いっぱい失敗したり悩んだりしながら今日まできました~
って感じです。
♪今日までそして明日から・・・
また これも励みにして カッコイイマルジンを目指します!!
20160913.jpg
クレームまとめ
20160328.gif
毎期「年間クレームのまとめ」をデーターにしているマルジン
今期はまだあと一か月ありますが
まめな人が「先月あたりまでのまとめ」を作成して
各営業所に送っている。

マルジンで言う「クレーム」は多分
他の会社では「クレーム」とは言わないものばかりだと思う。
「クレーム」
クレーム(クレイム、英語: claim) はサービスに対する苦情や改善要求、契約或いは法上の権利請求を指す外来語。損害賠償請求やごり押し等による不当な強迫要求や請求の意味で用いられる場合もある。原語では正統な権利主張または請求の意味合いが濃く、苦情や不平については別の語('complaint')が対応する。

普通こういう位置づけであるけれど
マルジンで言うクレームはほとんど現場での「修理発生」
「本機が動かない」→「行ったら燃料に水混入ですぐ直った」
機械ごと機種ごとに出動回数と原因を書き出し
現場で割った出動率も出している。
年度別に比較すると変化のある機種もあって要件等という時もあるし
利用者のミスの多い項目は 今後受け渡しをするときに
「こういうことも多いですから気を付けてくださいね」とお伝えする事もできる。

「クレーム」などという言葉は絶対使いたくないという会社もおありだけれど
今後もマルジンは「クレーム」という使い方をするだろう。
普通に
「〇〇現場 クレーム対応行ってきます!」みたいに・・・

こういう「故障」や「要望」にしっかりお応えすることで
一般で言う「クレーム」にまで発展しないのだろうと思う。

「安くしてくれ」というご要望にも
何か理由やご不満が隠れていないか?
そんな事も忘れず「どこよりも 素早い対応」で
お客様と一緒に良い仕事をしていきたいものです。
切れてませ~ん 更新中~
20110207.jpg
モノレール設置工事業を営む者として マルジンは「国土交通大臣認可」を受けています。
建設業許可における都道府県知事許可と国土交通大臣許可の違いは なんだというと…
①の都道府県だけに営業所を設ける場合→ 都道府県知事許可
例) 本店が県内、支店等の営業所5カ所全て同一県内にある。→県知事許可
②以上の都道府県で営業所を設ける場合 → 国土交通大臣許可
例) 本店が県内。支店が県外に1ヶ所ある。→国土交通大臣許可
このように 県外に営業所が一か所でもあるところは 大臣認可を受ける必要があります。
マルジンは 新潟県と福島県と愛知県に営業所があるので 
もちろん、大臣認可を受けています。
そして、建設業許可の有効期限は5年間です。

許可期限の満了日の30日前までに、更新の申請をしなければなりません。
マルジンの更新日時は2月5日、えっ?!切れてないの? 切れてないっすよ!!
ちゃんと 12月末には更新申請受理していただいています。
でも、きちんと許可証が届くのは 早くても3月末ですって!
その上、4月の移動で 担当者が変わったりすると
またまた遅れるそうです。
お客様は ちゃんと知っておられて(それまたスゴイのですが…)
「マルジンさん、更新日ですが 更新されている証明書ありますか?」
早くから申請しても 許可証は遅い(これ常識らしいです)
その間は 申請受理の証明書を申請すれば発行してくれます。(これも常識らしいです)
今は…
その申請受理証明待ちの 申請受付書の複写を提出。
う ややこしい。
ややこしいと言えば…更新等誰も教えてくれません。
うっかり忘れたら 期限切れでアウトです。
(前々回 忘れそうでした…)
申請と言っても 簡単ではありません。
 
•毎年の決算変更届はもれなく提出されているか
•役員の変更があった場合、届出を忘れていないか
•営業所や会社名に変更はないか
•経営業務の管理責任者の変更はあったか
•専任技術者の変更はあったか
•経管や専任技術者の常勤性の裏づけ(社会保険証など)はあるか
上記の変更手続が提出されていない場合は、更新申請はできません。
5年ごとの更新どころか 毎年「経営審査」というのも受けます。
建設業を きちんと営むというのは 結構 色々な手続き等 必要なので 
日々 正確な仕事を積み重ねていかなくてはなりません。
結構、認可や 主任技術者資格、作業員資格等
受注条件に組み込まれている工事も多くなってきています。
いずれにせよ 手間と時間がかかる事でもあります。
でも、そういう積み重ねを 
認めていただける事は ありがたいですね。だから 精進精進!
大丈夫、マルジンさん 切れてませんからね!

うちのモノレールや!!!
20151119.jpg

先月のとある日の出来事・・・。
マルジンマンUは Y電機におったとさ。
テレビを物色してたとさ。
そしたら急にUが壊れちゃったとさ。
「おおおおお!!うちのモノレールや!!」(うるうる)
うん十インチの大画面何台もにそれは映ったとさ。
結構長い間 映ってたのでマルジンマンカンゲキ!!
でも 出先って言う事は 録画できない(あたりまえ)

それを聞いた事務K
「どんなんやろ~どんなんやろ~?見たいなあ・・・」
ネットで調べてH放送テレビの番組で「増田明美のエネルギーレポート」だということがわかって H放送にも電話して聞いてみましたが、 オンデマンドも 再放送も無いと聞いたら なおさら見たい。するとH放送のおねえさんが「電力さんの番組なので 広報部に聞かれたらどうでしょう」と 教えてくださった。
それで だめもとでH電力様の広報部に電話しましたの。

担当の方がでてこられ 言われるには 再放送の予定はないし 映像データも規定ではあげられない決まりだそうで…が~ん!
「でも・・個人的にお送りすることはできるかも?でも すぐには無理ですから」とのことで「お願いできるのなら もう いつでもよろしいですから ご都合がよろしいときにどうかひとつ」と 大喜びで電話を切りました。

すると なんとまあ 翌日にマルジンに荷物が届き 
番組の映像が送られてきました。え~っ!昨日の今日?すんごいスピードで送って下さったんだ!!カンゲキ!!

どこの現場ですって?それは「富山のK発電所」のリポートでした。るんるんで見始めたK んんんん??
これ??これ??いや もっと後になにか出てくるはず!だってマルジンマンUが「ずっと モノレール映ってた」と言ってたし。

201511192.jpg

まあ 確かに 空からの映像で ダムの水管がずっと映っていてそのわきに 一本の線 ん?よくみれば モノレールが荷物を運んでいるらしく・・・まさか?これか??

 はた、と気づく。そういえば・・・
 Uはテレビコーナーで 大画面テレビが何台もこの番組を映していて 大迫力でこれを見たんだ・・・

Kは パソコン画面だし、モノレールも虫が動いているみたいに・・・もっとバーン!とモノレールが映ってるはずって。
Kは いろいろ調べて 無かった間に 期待が膨らみすぎていたのでした。
まあ 普通の家庭でこの番組を見て モノレールとは 多分気づかない様な 
でもマルジンマンなら「おお!映ってる!!!」と気づく 
なかなかマニアックな映像でした。

確かに 長期間お使いでも 事故も無く無事完工できた現場です。でも、モノレールは一本の線でも 水管の落差を見るだけでも 傾斜角は急で ずっと息継ぎなしの現場だったんだろうなあ~というのはよくわかりました。こうやって 人にはわからなくてもマルジンのモノレールが映像に映りこみ 人のご好意にも気づかされて なかなかうれしい「事件」(笑)でした。
お礼に マルジンのボールペンをお送りしたところ「早速使わせていただいております」とのことでした。

なんだかんだ言っても 自社モノレールやマルジンマンが頑張っている姿を見れるのは嬉しい~
H電力の I様 ほんとうにありがとうございました。

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記