マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

建設工業新聞に・・・
建設工業新聞に掲載されました。

20170410.jpg
マルジンの足跡
20160707.jpg

先月 銀行さま関係の冊子の取材を受けました。
伝え足りない事はありますが
「マルジンの足跡」はこんな感じでしょうかね。

<社訓>

私達マルジンマンは いついかなる時でも
創意工夫を第一とし
自分たちのなした仕事に対し
未来永劫胸をはって 誇れる仕事をしていくための
汗を美しいと思える 人間の集まりである

***********

人間として 生涯素人・・・
学んでいきたいものです。
「今のままでいいはずがない」
20150725.jpg

机にしまわれた書類整理をしていたら・・・
パソコンでなく輪転機(リソナグラフ)で刷り上げていた
もんのすご~く前の「マルジン新聞」が出てきました。

わはは!!!そういえばあったあった!!
と、そのあくなき記事掲載に目を奪われることしばし・・・

その当時の社長からの寄稿に 
今でもうなづける文面がありましたのでちょっと書き上げてみますね。

***********************
「創業の精神」
我社が 5年後、10年後にどうありたいのか?という夢を語り
数字を挙げていく会議を持っている。
ようやくみなの摺り寄せができ、
あとは経費などを盛り込んでいくところまでやってきた。
こんな景況のなか「夢より現実を見よ!」という考えの人もいる。
何度も言うように我社は まだ事業がすでに軌道に乗った会社ではない。

売れなくて当たり前。人材もいない。
資金にも余裕が無い。信用などまったく無い。
無い無いづくしからのスタート。
「ひまじん=マルジン」と呼ばれ
お客様の人生相談が日々だった創業当初、
その時から比べれば、確かにマルジンを愛する人材が増え
何といっても、愛して頂けるお客様という存在がある。
(資金はいつも苦しいが、この貸し渋りの時代に
 銀行様にも何とかご援助いただいている。)
だからと言って、働ける範囲内で無理なく働くというのは
「義務」以上のことでしかない。
手を打たず現状に甘んじているだけでは必ず倒産する。
経営とは、日々「倒産に立ち向かう力」であると思う。

1期の決算の数字が良いからそれで済んだのでもなく、
今期目標にした数字に到達しなかったからといって
それでだめなのでもない。

「今のままでいいはずがない」という、長期計画との
理想と現実のギャップ、これこそが革新の原動力となるはずだ。
単なるサラリーマンだったら 夢なんか食えない。
夢ある社員とは
「自分がオーナーだったらどうするか?
 どう夢見て、どうお客様の支持を得ていくか?」
それを考え仕事の本質を理解する者のことだ。

夢が失笑を買うほど 壮大なものでも
思い続けて、語り続けていれば
いつか近づけるものと信じている。
そんな思いのもと「夢計画」をしている。
プロの社員として、みんな一緒に夢見ていただきたい。
*******************

その当時の社員で もうマルジンを去られた人もいれば
いまだ現役で頑張っている人もいます。

その当時の「マルジンの夢」
今も追い続けていますか??

「数字を上げる」「一流企業」「利益を出し続ける」
「目標を達成せねばならない」
あの 日本を代表する企業ですら
ともすれば「チャレンジ」を「結果ばかりにとらわれ」 間違えてしまう事もあります。

昔のマルジン社長の心意気
多分今も同じです。
そして その志を引き継ぐものも育っております。

「あなたは 〇〇という会社をどんな会社にしたいですか?
 そのために どんなことをしましょうか?」
これからも 問い続けていきたいです。

今のままでいいはずがない・・・ですから。
畑のあるマルジン
20150525.jpg
マルジンの本社駐車場の一角に「畑」があります。
「マルジンへっぽこ園芸部」?の畑です。
まあね 作ってる人は・・・といえば

実は・・・社長がほとんど 野菜を作ったりしているんですね~
あ!言い過ぎました・・・きれいに整地してくれたのは今年は「Wさん」です(笑)

社屋の土地と続きなので 売りたいと言うお話が合ったときに 社員みんなの駐車場のつもりで 頑張って購入した土地ですが なんとまあ~資機材が増えに増え 車は別の場所に移動し それでも またもや 資機材置き場に困るほどになってまいりました。

ことし初めに会社幹部より「畑をつぶして資機材を置きたい」という話がありましたので 社長も了承しジャガイモも植えずにいたのですが…

最近になりまたお話が出て「やっぱり社長、野菜作って下さい。社長が野菜作ってるのは 社員が なんか安心するという意見が多いので」ということで…

遅まきながら野菜作りすることになりそうです。「いまごろになって・・」と言いながら ちょっと嬉しい気もしている社長でした。
昨日のお休みに
汗して 苗を植えた社長。
福井特産 甘~い「越のルビートマト」もあるそうです。
201505252.jpg

トマトがなったら 休憩時間になると ちょいつまみのマルジンマンも現れる事でしょう。
「社長のトマト うまいんやわ~」
ほんとは 食べたいだけかもしれません。

早く大きくなれ~
仕事のゆくすえ
20130110.jpg

朝礼、夕礼も

忙しいマルジンマンが揃う事が少ないのだけれど
時に人数が多かったりすると
こんな風に 作業所や倉庫でも 社長が話をする。

「お客様からお褒めの言葉をいただいた」という 嬉しい話もあるけれど
「現場仕事がどんなにできても 挨拶がおなざりだったり
 他の人の気持ちを考えなかったり」そういう基本的なところの苦言もある。

このときは・・・

2013年の 仕事に対する考え方について話しているところ。

「自分のなした仕事が 今まさに取り掛かっている仕事が
 誰かのためになっているんだろうか?
 自分にとって お客様にとって 地域の方にとって
 日本にとって 世界にとって 地球にとって…」
視点を変えながら 考えてみれるそんなマルジンマン諸君であってほしい。

「ハンマーを振るって 機材を使って 風雪の中 泥水の中
 始点から 終点までレールを繋ぐ」
・使いやすいように 安全なように 適正価格で 完工する。

お客様は 喜んでくださる。うれしい。

では この仕事は何のためになるんだろう?

*地域の人を悩ます地すべり砂崩れの災害予防
*ダムの基礎調査
*高速道路ができるトンネンルの基礎調査
*遺跡の発掘
*風力発電、電力鉄塔の機材運搬
*水圧鉄管等の補修工事
*原子力発電所関係の調査  等々

色々な用途でモノレールが使用されている。

なされた仕事で 地域活性化が推進されても
一部の方は喜ばれるだろうが
一部の方は反対される事もあるかもしれない。
地球にとっては なんにもしないほうが自然のままで良いのかもしれない。

そんな事を考えていたら
仕事をしないほうが 地球によい!と…
そういう極端な話ではないけれど

自分たちが何に係っている仕事に 今 立ち向かっているのか?
「考える」という事を忘れないようにしたい。

仕事に限らず どんな事柄も
「これでいい」という 独りよがりの答えしかないのではない…
そういうことを 忘れない 人間であってほしい。
と、いうことなんだろうね。

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記