マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

人生を変えたとも言える恩師と・・・

マルジンの社長は 小学校の時 近所でも評判の相当な
悪がきだったのです。

社長曰く「家庭事情も色々有って 
気持ちがひん曲がっていたから ひとにやさしくなんて
できなかった。もちろん勉強なんて眼中に無かった」しかし、
ある年 教育学部を卒業してすぐの新米の先生が
やってきました。「熱血教師」だったらしいです。
しつこいぐらい生徒を引き上げようともがいた人で、
社長もある言葉を境に 人生観が変わっていったと言う。
その恩師に 40年ぶりに会った様子です。
赤い服の女性は社長と幼馴染で その方のお店で飲んだ様子です。
先生は「教師人生の中で 3人の印象深い生徒がいて 
忍君(社長の名前)はその一人で、今日は本当に幸せだ!」と
おっしゃっていました。
「君は出来る子だ!」そう信じさせてくださった恩師。
先生とめぐり合ってから「スポーツと勉強」めきめきと頭角を
現したそうです。

「僕が思いえがいた人生を歩んでおられますね」なによりの
褒め言葉ではなかったでしょうか?
先生は教師生活にピリオドを打たれ 
今は大好きなバイオリンを毎日弾いておられるそうです。
お店で1曲披露してくださいました。
毎日を「幸せな事を感じるように」生活されているとのこと。

マルジンの社長は「とんがった○」

話のわかる熱血漢ですし、
引き下がる時はきれいですが、
納得いかないことはなかなか頑固です。

「小学校の時とおんなじなまま大きくなったな!」

<えっ?それって 
   子供っぽいってこと?>

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記