マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

こいつもなくっちゃはじまらないど!


今日は新車がやってきた!
マルジンの仕事にゃトラックもいるし、こういうバンも絶対いるんだ!
4WD、5ドア、キーロック、ナビつき???
(うそです!ナビはありません!欲しいなあ?)
毎度あり?2分の1ちぇんマンでーす!
また、頑張って仕事しなきゃ?!

実は22日が納車だったのだが…
着てみてびっくり!
「えっ?4ドアじゃん???なんで?」
どうも車屋の担当者が発注の時に間違ったらしく…
マルジンの地を踏む前に さよならグッバイになってしまったのだった。

やっときたぞ?!!
誰が一番に乗るんじゃろか?
ひゅ?っ!

年間4万メーターぐらいは走って走って
日本全国施工して回る大事な足!
また元気で事故無くお願いしますよ!

そっと「お神酒」をあげて祈るマルジンマンであった。
マルジンおだてりゃ木に登る!


「ブタもおだてりゃ木に登る」ということわざがありますが
マルジンもおだてられると
計り知れないパワーを出します。

長いお付き合いで そこのところを良くご存知のお客様は
「この現場はマルジンさんしかできないでしょう」
とか…
「無理だったらいいですよ、マルジンさんが出来ないって言うのだからどこでも無理ですよ」

まあ?そんな事を伺ったりすると
「なんとかせねば」「期待に応えねば」
「なにくそ?」の闘争心がめらめらと…。
そして果敢に「ウルトラ難度の現場」に立ち向かってしまいます。

この間「できるかどうか?」心配した現場も無事施工終了、9月の初めに「引渡し安全講習」を行ってレンタル開始です。
そしてそれがやっと終わったら
また難所「堰堤7m越え、後は岩場ガラガラ」の現場が始まりました。
地形も難所ですが「ヒル山」らしいので、今血だらけで(ひえ?っ!怖いっ!)真っ赤かになりながら頑張ってるそうです。

反対にマルジンへのご法度は
「どこそこなら 安くやってくれるよ!」
めらめらと…「じゃ そちらでどうぞ…」ってなことに…。

だてに「体脂肪10以下軍団」ではありませぬぞ?!

子育てや 家族も一緒ですね。
「どこそこの とーちゃんのほうが出世が早い」だの
「だれそれちゃんは あんたよりよく出来た子だね」だの言われると「おのれ?っ!そいつと家族になれや!」なーんて言っちゃって。

サルになるぞ!マルジンマン
きっちきち?
「ちっちきち?」じゃありません。
きっちりつまって身動き取れないくらいつまっている様を
「きっちきち」と言います。
もろ福井弁だと思っていたら・・・
「名古屋弁」らしいですね!

それはそうと・・・
わが社は今その状態で
とうとう、いつもごひいきにしていただき
「何があろうとマルジン」」とまで言っていただいたお客様の
「とってもとっても急ぎの仕事」にお応え出来ませんでした。
あいがたくもあり…残念な「きっちきち状況」です。

もう少し「余裕」が欲しいものですが…
そうも言っていられません。
営利団体である以上、売り上げ&利益というものから
逃れることはできないのですから。
だけど本当は1班ぐらい常に会社に残りデスクや段取りぐらいできる。
それでも些少でも利益が出るようなしくみだといいのでしょうが…
そこまでは到達していない因果な業界でございます。



ちっちゃいでしょ?
これは昨日 このあたりのお寺の「お寄り(まつりみたいなもの)」で
挙がった花火です。
行く夏を惜しむような(いやいや?惜しまん惜しまん暑い暑い)
さみしげな花火でしょ?

ぽーん!ちっちきち?!!
みならいたし



マルジンの工事の必需品!
これがなくちゃ始まらない。
これは…
レールを設置するコースにあわせて
曲げて曲線をつける道具のひとつ。
「レール曲げ機(ベンダー)」の
足踏みして圧をかける部分の機械です。

これがまた…結構壊れるのです。
「圧がかかりにくくなる」と
それだけで、レールが曲がらないわけですから
途端に仕事がストップしてしまいます。

それが会社から4時間も5時間も離れた現場だったら
そりゃ、も?大変!
この油圧のメーカー曰く
これは「雨の日や傾斜のあるところで使用するものではありません」って言うのです。なぬ?っ???
そんな事言ったら仕事できんぞ!





そんなこんなで…
調子悪い機械がたくさん出来まして
修理に出さずに溜め込んで…溜め込んで
12台になってしまいました。

この油圧の修理出し先が これまた…難しい。
いまいち、ピタッとくるところが無い。
今回4台は「A社」に8台は初めてのお付き合いの「B社」に依頼しました。

奇しくも今日一緒に戻ってきましたが…
見たことの無い修理品が戻り 感激してしまった次第です。

普通は上の写真…1台米1俵より高い金額で
どこをどう直したのか書いてすらないのが普通です。

ところが「B社」の戻り、下の写真…。
どう見ても「新品」です。
見間違ったかと思いました。
スプリング等も新品ですし なにより色まで丁寧に塗って、まったく新品との差が無いような外観です。

どんなに見た目が美しくても しばらく使うとまた調子が悪くなるのでは話になりませんが…
今日のところは「格段の差」としか言いようがありません。

そして感動をいただくばかりでなく…
「マルジンの修理」…どうだろう?
人の振り見て我が振りを思う。。。。。

いいことはまねしたい!
どれどれ?今日の脂肪はどうじゃろな?


今日も暑く、会社は全員出払って 静かなる一日です。
マルジンウーマンこっそり一室にこもり…
なんかボタンを押しています。
「○才、女、身長1○○センチ…よしっ!設定!」




ひゅ?ん!
あんまり引っ張ると切れちゃうよ?
「きゃ?…へへへへ」

一人で異常行動をとっております。

この格好見たことあるでしょ?
スマップの香取くんでしたよね!

そうです。。。
今日はこっそり「体脂肪計」に乗るマルジンウーマン達でありました。
細くても「チーズケーキ好き」なレディは
意外に数値が高くわからないものでした。

で?その数字?
そんなもん ここでは言えないので
直接会社へいらして聞いてくださいね!

また、測ってみたい人は「マルジン窓口」にて
「計測希望」とおっしゃってくださいね!
欽ちゃん走りで中から お持ちしますので…

おいしい食べ物支持率1位


<「ピアット」のスカンピ海老のトマトクリームソース>

リクルートが3日まとめた宿泊旅行調査によると、2005年度に国内で泊まりがけの旅行をした延べ約1万人のうち、大阪府が「若者が楽しめるスポットや施設が多かった」と思った人は60・6%に達し、千葉県の60・4%をわずかに上回り、1位となったんだって。


<「飯田」のお刺身盛り合わせ>

なんと・・・・
「おいしい食べ物が多かった」のは、1位が福井県、2位が石川県。大阪府は27位で、「食い倒れの町」の面目は立たなかった。リクルートは「旅行者は『大阪なら安くておいしくて当たり前』と感じるためではないか」と分析している。「大人が楽しめるスポットや施設が多かった」は、2位の東京都を抑え、京都府が1位だったそうな。


<中華も負けていない「おたふく」の中華そば>

ぱんぱかぱーん!
知名度一番低い福井が・・・福井が、福井が・・・
ふっふっふ
おいしいものNO.1じゃ!
見たか聞いたか!すばらしい???


<どこでもうまい!福井名物 越前おろしそば>

だっておいいしいのだもん!
普通においしいぜ!
海のものも山のものも・・・
和食、洋食、イタリアン
しあわせな県 福井県。
雪が降る苦労もちょっと忘れたな、これで・・・。
タオルの貴公子


今や「株価」まで動かす…
「早実の斉藤君のハンケチ(ハンドタオル)」ブーム
廃番になった商品だと言うのに問い合わせ殺到で
タオル会社も「大困惑」といったところか?

それを持ちさえすれば
「キミも斉藤投手になれる!」いやいや
「幸運が舞い込む」いやいや…そんな訳ないじゃん!

マルジンにだって「タオルの貴公子」はいる。
と、いうか全員の「必需品」なんだ!
ヘルメットの下にこうやって巻いて作業すると
汗を吸い取っったり、拭いたり…重宝するのだ



拭き方はこうやるんだよ!
そっとほほに当てながら拭くのだ!

ホテルなんかのあまりに目が詰まったものはイマイチよろしくない。
厚みも230匁が限度で 薄手がいいね!
180匁が妥当なところだろう。

今日は名古屋で37度とか言ってるし…
いつまでも暑くて大変だよ。
とうとう、常にパソコンに向かってるデスクワーク主流のものも
現場へGo!と相成った。日ごろお天道様にあたってないから「昔取った杵柄」もへろへろだ?い!

昨日も今日も「今空いてないか?いつからなら受けてもらえる?」というお問い合わせをいただいている。
ありがたい事だが…この集中どうにかならんものか??

「今、全員出かけていてご連絡は夕刻になります」ってお答えしてるのに…営業所にもお電話攻撃かけてくださり…
「う?ん、ほんとにいないんやな…」
う・う・うそつきませんって!ほんとにもう…(笑)

ヤリヤリと暑い中、現場の「タオルの君」達は 一本一本とレールを繋いでいるのでありました。
『タオルを持てば君もマルジンマンになれる』
すばらしい?
ケジュマン成長す!
各営業所長が育成を競っている観葉植物
↓以前の紹介はここ
http://marujinman.blog8.fc2.com/blog-date-20060530.html
3ヶ月経って相当差がついてきた。

↓抜きん出ているのは「ケジュマン君」


新芽も出て青々している。
「ひとりは地道な育成」。。。
「ひとりは風前の灯」らしいし
「ひとりは取替え攻撃」にあっているらしい。

*長いこと水を与えず 思い出したようにじゃぶじゃぶ与え
*事務員に任せきりで水をやりすぎた
*太陽に当たらない場所に置いた
など、過酷なあるいは過保護すぎる扱いを受けた「子供達」は
成長ボイコットをしたらしい。

植物を育てることで
その後ろに「子育て」や「社員教育」「自分の心のゆとり」の姿勢が見え隠れするようですね。
さて…今後どんな風に育っていくやら?
目が離せません。

マルジンの営業所にお立ち寄りの際は
合言葉は
「HPのあの観葉植物はどこですか?」ですよ!
よろしゅーに!
地球にやさしいバクテリア


今日はマルジンの取り組みが新聞に載った。
一昨日取材を受けたのに 早くも掲載されたのだ。

「店舗・工場廃液を透明水に!」
色々な汚水浄化システムはあるけれど
わが社が推奨するシステムは
「樋口式汚水浄化(バクテリア)システム」

バクテリアといっても色々な特質を持った種類があって
「スーパーテックASB」と名づけられたバクテリアは
「油脂浄化率95%」という驚異的な分解・脱臭作用を発揮する。
発生した汚水をその日のうちに河川などにそのまま排水できる無菌状態の透明水に処理するのです。

工場排水は公害にもなり、有害物の廃棄物はコストもかかるし、どこかへ持っていってもやっぱり「有害物」には変わりは無い。

それをほぼ「無害」にできるというのだから
地球にやさしい仕事なのだ!

使っておられる方の口コミで 少しずつ注目されてきている。
こんな風に大々的に取り上げてもらって、とても緊張するけれど「人に喜んでもらえる仕事」としてモノレールと同様に「誇れる仕事」に立ち上げて行きたいと思う今日であった…。
いざ出陣!


お盆休み明けての「みっちり1週間」が今日から始まった。
今日は11現場…。
全部「施工」だからもう配置する車もなくて、レンタカー頼みだ。
会社はすごーく静か…。
事務員を除いて全員出動だから。

こうやって写真で見ると
「なんだか涼しそうな現場」に見えるが
もちろんとんでもなく暑い!!
暑い暑い!死にそうじゃ!

毎年誰かは「水分不足で熱射病」の症状を訴えるが
今年は今のところセーフ!
まだまだ暑いから みんな気をつけてね!




さてさて、今週は
「マルジン始まって以来の難度の高い現場」も控えているらしい。

「よそが施工できない現場」
マルジンマンの腕の見せ所です!
しかし、危険度もUPだから
ちゃーんと安全第一にて完工願います?
おうちで宇宙人が探せる!



*自分のパソコンが空き時間に宇宙の電波を解析
*ボランティアで「世紀の発見」に貢献
*美しいグラフィックで天文学者の気分を味わえる

宇宙人ってほんとにいるんでしょうか?
大昔から人をひきつけてやまない謎をひょっとしたら解くかもしれないプロジェクトに、自分も参加できたらなあ?
それも「おうちのパソコンで」…

えっ?ほんとですか?
「分散コンピューティング」っていうものらしい…。
中米プエルトリコの電波天文台で集めた宇宙からの電波が、
カルフォルニア大学バークリー校のサーバーで細かく分割されて
インターネット経由で参加者のPCに送られて来るんだって。
そんでもって 勝手に解析する貢献度で順位まで出るらしい。
そのプロジェクトの名前は「SETI@home」っていうそうだ。

世界中のパソコンを使って解析するのだから
すんごい話だ。

明日ちょっくらやってみよう?

もしかすると
マルジンマンこそ宇宙人だから
会社の中での「話し声」のほうが「宇宙人」だって
ばれちゃうかも??
@;:@/],:^:;::**}
カッコイイ仕事


「仕事」と名のつくもの
この世に多かりき…。

みんな生活するために、少しでも物欲を満たすために
働いて報酬を得ている。
その仕事はさまざまで 中にはみんなのあこがれる仕事がある。
「華やかで、楽しそうで、お金もたくさん稼げて」
満足感の大きそうな仕事は あこがれる仕事のひとつだろう。

「作業員」「社員」というと なんかぱっとしなくても
「スタッフ」「アシスタント」「派遣社員」
なんていうとちょっとカッコイイみたいに思える。

「派遣社員」をカモフラージュする「請負」という形が
今問題になっている。
「正社員」というリスクを追いたくない企業が
「派遣社員」を使ってリスク回避するのはダメ!ということだ。

働くものも「手取り額」しか見ていない場合
昨今の給与からの天引き額の多さに…
「派遣社員」のほうが一見よいように思う。
「年金」「健康保険」「税金」も自分で払う(というか…払わない人も多い)

マルジンマンだったH君が
「漫画のアシスタント」をやることになった。
一度自分の人生をかけてみたくなったそうだ…。
「ほんとうにそんなキツイ仕事が続くのか?」
「プロとして芽が出るのは一握りだろう?」
「病気の補償とかちゃんとしてるの?」
色々な懸念はあるけれど
基本的にマルジンは こう言って送り出すのだ。
「ほんとに頑張る気なら やってこいよ!応援してるぞ!」

マルジンの仕事は
キツイし、雨の中で泥だらけになる事もあり汚いし、45度の斜面から転げ落ちそうになり危険だし…お金も「IT戦士」や「会計士」や「一部上場企業」の足元にも及ばない。

でも、この仕事を「カッコイイ仕事」にするのは自分!

よわっちースーツのお兄さんが歩くだけでヘロヘロになる山道を息も荒立てず涼しい顔で歩ける(むしろ走れる)
「田んぼの力」と書いて「男」と読むように元来の男らしさを発揮できる。そして工夫と危機管理が常に自分を向上させてくれる。
人間として尊敬できるお客様と出合うこともある。そして成した仕事に対し「お礼の言葉」を頂戴することがある。

そんな時すごく「カッコイイ」と思えるんだ!

漫画の中に「カッコイイ世界」を描く仕事も、きっと一筋縄ではいかないだろう。負けるなよ!
そして、デビューできたら約束の
「マルジンマンを漫画に登場させる」っての忘れるなよ?
ちびっこギャングの乗っ取り


ほんとに「あつ???いお盆」でした。
体温より高い状況に
休みとはいえ ゆっくり休めないほど暑い!

お盆前に企画した「慰労会」
もちろん子供達が会社を乗っ取りました!
子供ってなんて運動量が豊富なのでしょうか?
手下(マルジンマン)を従い
縦横無尽に会社中走り回っておりました。

お盆も子供のお父さんお母さんは
きっと大変だったろうな?

今日から仕事
「お盆疲れ」が出て
ヘロヘロにならないように…
どうぞ体調お気をつけて…
お裁縫じいちゃん


マルジンマンは今日も半分は現場、お昼までは目いっぱい頑張ってそれから帰社の予定。
会社に残ったマルジンマンはお盆休み後の現場の積み込みや準備 会社・車の掃除に余念が無いです。

「○○君!クーラーのフィルターも掃除してくれる?」
やっぱり 男性は高いところは頼りになります!
下から指示していた事務員が尋ねました。

「○○君のつなぎ服 上手にツギしてあるね!」
(マルジンマンは山の中へ行くことが多いので茨にひっかかって破れる事が多いのです)
「誰がツギあてしてくれるの?」

そしたら
「うん!じーちゃん」
へっ??じーちゃんなの?
いやあ?聞いてびっくり!

81歳のおじいちゃん
裁縫得意
好きなTVは時代劇
得意な料理は「しょうが焼き」
好きな料理は「肉」だとか…。

すっげえ??!
一家にひとり「万能じーちゃん」ですよ!

黄金バットに似合いの携帯


いや? けばけばしいったらありません!
すべて黄金色、ストラップも黄金
その上待ち受け画面も金箔パクパク!
「いや?ん!や○ざのやっちゃんみたい!」
事務所内大受けです。

会社の携帯の一台が結構年数が経って
充電があまりきかなくなってきたので
使用者の営業マン Y君
「変えたい変えたい変えたい!」と
総務にうるさく伝えまして
ようやくOK!が出たのです。





で、自分で買いに行ったのはいいのですが…
戻ってきたら まあまあ?
なんじゃこりゃ?
みんなアレコレ言いながら 周りにたかりだしました。
「ほ?じゃろ?これで営業のひとつの話題提供じゃ!」
お客様に問われたら
携帯ぐらいは金かけるんです!本物ですよ!」とか言うのだそうな…。

おかしな携帯があるもんですね!
ヨーヨーは釣るもの?投げるもの?


マルジンは今 めっちゃ忙しい。
だけど、お盆休み前の週末は「夏祭り」を企画している。
ご家族参加OKだ。

特に子供の喜びそうなことが中心になっている。
花火
ヨーヨー釣り
かき氷
水鉄砲
風船

昨年の企画では
あまりの「子供パワー」に マルジンマンもへとへとに…
「おにいちゃん!これふくらまして!」
「これ 火をつけてや!」
お前ら?眠くないんかぁ?

「今年はいつあるの?」ってむっちゃ楽しみにされてるようだが?
ヨーヨーなんて釣るより 投げ合うほうがメインになってるかも…。

もちろん「生ビールも焼き鳥」も大人の楽しみはあるのですが
多分そんなもんは「キッズパワー」にかき消されてしまうでしょうね!

天秤にかけるほうとかけられるほうとどっちが悪いの?


マルジンはモノレールのお仕事をさせてもらってる訳だ。

大きく分けると
モノレールのレンタル費(もしくは販売費)
*工事費(お使いのルートに設置する)
に分けられる。

合わせた金額が全体の「モノレール工事費」となるわけで
建設業では「機械器具設置工事業」の分類となる。

先ごろ 積算からずーっと関わって来た大きいお仕事をお断りした。
だって競争相手がとんでもない安い価格なんだもん!
ほりゃ?お客様にすれば安いほうがいいに決まっている。

マルジンの原価から言えば とっても無理、無理、無理?
いっしょになって「じゃうちもそうします!」とやるかやらないか…
やれるレベルの価格じゃな?い!

マルジンってね…
そりゃ仕事は欲しいけど
「引き際の美学」(そんないいもんじゃないか!?)はあるんだ!
「武士は食わねど高楊枝」だぜ!

「捨てる神あれば拾う神あり」ってのも好きな言葉で そういう決断をした後はまたちゃんと何かあるもんだ!
お蔭様で その言葉通り マジでその仕事断っててよかったあ?という忙しさになっている。

ほんで、たまたまその断った仕事を安く受けた競争相手?の事をきいたところ「こんな金額でやるところがあるが どうだ?」って カマをかけられちゃったらしい…。

ずっと仕事が無く もういくらでもいいから仕事が欲しかったそうだ。
こんな話は よく転がっていることかもしれない。

安かろう悪かろうにならないように いったい誰がどうしたらいいのか?
マルジンマンは自らの信じた道を行くしかない。
災害で時期が悪かった田中知事?


長野の知事選が終了し 田中氏は意外にも大差での敗北となった。
その原因は選挙前の「岡谷市集中豪雨被害での 災害危機管理体制」への不満が出たと言われている。

「砂防ダムが整備されていたらこんなことには…」
被害にあわれた方がテレビの取材に応じておられた。
本日すでに 新知事が「ダム容認らしきこと」を発しておられるとか…
田中体制の間 激減する公共工事に風前の灯だった建設業界は 喜々としておられるのだろうか?

長年の赤字体質を黒字に転換させた功績は大きいはずだが 田中ヤッシー知事、今回ばかりは運が悪かったとしか言いようが無い。

わが社から見た「長野県でのお仕事」は
田中知事が「公共事業削減している」という危機感からか とんでもない「激安の価格」がまかりとおり 飛びつく会社は「赤字覚悟」でやることが日常茶飯事だったようだ。
当社に依頼をいただく時には「かれこれこういう金額で受けているのだからこれぐらいでやってくれ!」とか…
ほんとに勘弁してくださいよ?です。

田中さんが悪かったわけではないと思う。
あ?やれやれ これで前に戻れる…そんな問題でもないだろう。
せっかくの功績を無駄にせず やはり「民の利」を真剣に考えて 自分たちも無駄を切れるところは切って「住みよい長野」を目指していただきたいものだ。
あっちっち???


毎日異常に暑いです。
現場では「熱中症」にならないように
水分補給が大切!
ヘロヘロになっちゃうよ??

忙しいけど…
忙しいけど…
やったあ?ほぼ今週のお仕事は終了!
終い仕事でこの時間まだ帰ってくる社員もまばらだけど…

明日は通常通りお休みできるかな?
お盆過ぎは戦闘モードじゃなあ?
ちょいとカリカリきてるマルジンマンでした。

忙しい時こそ
あわてない
あわてない


かわいい訪問者


ヘルメット姿も勇ましく
今日は「職場見学」の中学生がマルジンへやってきました。
「私もず?っと昔の先輩だよ!」
初々しい若者?を前に ついつい説明にも力が入っています。




こんな急なところを上っていくんだよ!
ほんとはもっとレールを繋いであげたいところだけど
今週は全員出払って 誰もいないので
今日は見るだけね!

帰ったら明日は「見学レポート」を書き上げないといけないそうです。
いろんな仕事があるって 興味を持ってもらえたかな?


「安全」も○投げできるか?


「丸投げ」
昨日 幾度となく放送されてましたね。
「丸投げした下請けの会社の 危機管理体制が整ってなかった」
その為 悲惨なプールでの「女児死亡事故」が発生してしまいました。

まったく他人事ではありません。
「丸投げ」って 実はどの業界でも日常茶飯事行われています。
例えばNTTの番号案内にしても
CM製作にしても、ITのソフト作りにしても
考えたら 孫→ひ孫 まで次から次へと投げられているのでしょう。

建設業で考えると
地元からの要望で
お役所がある工事の予算付けをするにあたり
「安かろう悪かろうの仕事をさせない」
「税金の暴利をむさぼるような仕事はさせない」
ために、適正な価格をはじき出すため
「設計」という概算の工事金額を把握するわけです。

さても、ここから「設計」という仕事の受注合戦が始まるわけで
安く落とした設計会社が工事の設計をするわけです。

ともかく それで出てきた金額が例えば
「100万」という設計単価だとすると
それに20社とか30社が 入札価格を提示するのです。
利益なくても会社として存続していくための原価は70万ぐらいと思えるところで、最近は「公共事業費カット」という気運で 当り前に2割はカット。
その70万あたりでせめぎ合ったり あやしい談合も生まれる。
最近では明らかに赤字の50万ぐらいで落札して…

さあ、それからが問題!
自社でできるわけないのだから、どうするかと言うと
「45万ぐらいでも飛びついてくる 困っている?下請けを探す」わけです。
そして自分のところは伝票が通るだけで 赤字にはならない。

安全??そんなもの 実のところ二の次になってしまいます。

誰が悪いのでしょう?
安く請け負った 危機管理に未熟な会社?
安く落札して どこでもいいからそれより安く受ける会社へ下請けさせた会社?
現場へ入らず予算立てだけして コストダウンできたと思っている元請(公的機関)?

「プールの監視員も 役所の人員削減で毎日プールへ行くことができなくなった」という市側の事情らしいが 多分 人員と「吸水口のふたの管理」という事は 関係ないことではないだろうか?
安全まで丸投げしたつもりが、本当はどこにもそんなものは無かったのかもしれない。

「流れる安全」はプールの吸水口に流れ込んでしまったのだろう。
危険な芽を摘みながら 激戦の業界で そんなうねりには流されたくないと思う今日です。

写真は「モノレール取り扱い説明風景」
明日は夜空を染めるぜ!長岡花火大会


とうとう8月…。
7月は少々ゆとりがあったけれど、梅雨明けと同時に現場も大爆発!
いっぱいいっぱいになっている。
明日は「長岡花火」新潟営業所の面々 毎年とても楽しみにしている。
2万発らしい。一度全社で見たいものだと思うけれど…
度台無理な話だなあ?8月って忙しすぎるもの。

毎度の事ながら 人の配置、車の手配…段取りに頭を悩ましている。
人も車も現場に届け(主任技術者・車両届け)を出したりしているから「えっ?こっちの現場誰だっけ?二つは行けんざ!変更して!」
「この現場道狭いし、○○○○番は入れんよ!荷物積み替えて!」
なんて…。
そうやって組んでいる段取りが 夜の電話で変わったりすると さあ、大変!どーすればいいんじゃ???!!
花火でも見て爆発したいよお??

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記