マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

岩 と 吸血鬼オロ


マルジンは本日も 
男と名の付く者達は すべて現場出動!
車も道具も予備を除き すっからかんの状態。

特に今週は
「ビット作業」の現場が多く
週末は道具確保に てんやわんやだった。
「○○現場 ビット2本は欲しい」
「倉庫にあるのは チップがなめてるからヤバイぞ」
「東海営業所に余ってないか?」
「今からマ○タ(メーカー)へ走るか?」

マルジンの使っている 超硬ドリルは
一般の大工道具ではあまり使わない ロングタイプ
だからメーカーにも支店には在庫が無いタイプなのだ。
しかし、これが無い事には…っていうか
これがよく切れない事には 現場がはじまらない。

モノレールのレールを設置する際に
どうしても「岩盤」「河川石原」「コンクリー壁」などを
通らざるを得ないルートがある。
そうなると ビットで「チュ??ンチュ??ン」と
支柱位置を 支柱の径に合わせて 穴あけ作業を
していかないと進めないのだ。

「天候がよく 涼しく」なんて現場はほとんどない。
川ならまだ少々は涼しいが 川べりにはアイツがいる!


別名 吸血鬼オロ 
ハエ目 アブ科(イヨシロオビアブ)
音につられ 軍団で飛来して チクチクと攻撃してくる。
もちろん ヒルも蚊も…
長時間じっとビット作業するというのは
普通の工事現場とは またひとつ山の中では大変な作業。

一日やってもわずかしかレール設置が出来ず
くやしい気持ちだが 少しずつでも進んでいると思って
マルジンマンよ 頑張れぇ??!
「チュ?ン!チュ?ン!」

終わったらまた次の仕事が待ってるからなあー
(ホローになってないね!)
わかった!欲しがってた…
「ムヒスーパーEX」買って待ってるからね!
社保庁って!社保庁って!もしかして・・・


昨日の選挙の「自民大敗」
年金問題、政治とかねの問題、
国民は強い憎悪で「NO!」の審判を下しました。
しかしながら これからです。
「もう自民が過半数じゃないのだから
審議はすべてストップ!こないだ言った口約束も
できないかもしれない」なんて事では困ります。

1年以内に年金納付関係者全員に「履歴の送付」
するんですよね!安倍さん!

と、いう事で…。
マルジンも「さて送付」となった時に
ちゃんと社員各人に送付物が届くかどうか
住所を確認しておかねば…と言うことになった。
と、言うのも「年金加入記録」をネットで申し込む事が
できるというHPや報道で IDパスワード取得を
申し込んだ社員が発端でありました。
あれほど「住民基本台帳」の事を言われているにもかかわらず
社保庁の登録住所は まちまちである事がばれちゃったのです。
長く勤めた社員は何十年も前の発行した際の住所のままで登録。
電話で基礎年金番号を言って本人だとわかるもろもろを言っても
「まずは住所登録し直してください。その後早くてデーターは
 3週間程で変更になるので その後また申し込んでください」
な?んて悠長な話…。
(まあ 結果としては悠長でよかったのですが…。何故なら
 あのダウンロードするファイルにはウイルスの不備があるらしく)

まあ?ほんとに嫌になっちゃって
会社全体の(社員とか家族とか)住所が
いったいどうなっているだろう??
と心配になってしまったのです。

それで、申請をして名簿住所録をもらったわけです。
社会保険事務所さんが
「紙ベースがいいか?データーがいいか?」って聞かれたのです。
で、データーでもらったのはいいですが…
まあ ファイルを開ける前も 相当むかつく不備があって
(書くのも面倒なぐらいです…)

開けてみたらばなんのこっちゃ 不備だらけ。
「奥さんとだんなさんの住所が違う」
「市町村合併は社保庁で きちんと移管と言っていたのに
 してある人としてない人と混在」
「鯖江の鯖という漢字が出てない」
「番地が違う」
その他 細かい事ですが
番地のハイフン「―」「?」「ー」がめっちゃくちゃ。
で、何番地何号と打ち込んであるものやハイフンが混在
と、まるでアルバイトが打ち込んだ資料のようです。

マルジンの総務担当が
「紙ベースの訂正でなく(信用できないので)
 データーで訂正させていただきましょうか?
 失くされるのも困りますし 自分達でやったとこなら
 あきらめもつきますし…」とイヤミを言ったのですが
「紙ベースで返送ください」とのこと。。。。
ほんとに大丈夫なんだろうか???あの省庁。。。

会社勤めの厚生年金の皆様
会社で総務担当しておられる皆様
一度確かめたほうがよろしいですよ。
(もちろん国保もですが)
その際は 気を長く持って…お尋ねください。
みなさん仕事に慣れてらっしゃらないようですので…。


女子高生がいっぱい!


山と戦う男の職場!(ムサイともいう…)
マルジンにかつてこのような光景があったろうか?
いやいや、誰も記憶にございません。
今日は 来年の新卒者の会社訪問!
と、いうことで
T商業高校の 女子高生が8名
それでもってご父兄も同伴で来社。
一気に 華やかになりました。



これがモノレールですよ。
こういう機械を施工して貸し出したりしています。
事務の仕事は 工事用の提出書類をまとめたり
工事ごとに「台帳管理」して宿泊の旅館予約から
経費のまとめ PC打ち込み 集約…
請求書を発行したり
工事だけじゃなくて 総務の仕事や 経理、管理の仕事
いっぱ???いあります!
と、説明にも力が入ります。
同じ高校の先輩 Tさんもみんなの前でご挨拶。
緊張して昨日からドキドキだったらしいですが
どうしてどうして…先輩らしいしっかりした挨拶だったようで
(それが一番嬉しいわ?)

午後は 大卒予定の男子の会社訪問があるそうです。
どんな方でしょうかね?

でも 若い人の訪問はうきうきしますね!


お釈迦様かと思いきや・・・


神々しい光…。
お釈迦様のありがた?い光のようですが
モノレールです。



こ?んなスパイダーマンのような
低いトンネルに施工していくのです。
うっ!!腰が痛い!!
身体を痛め 修行して
「後光」のさす 釈迦の下へ…。

どうぞ 安全お守りください。。。


秘密のモノレール


「これは秘密です」
「誰にも言っちゃいけません」
「教えるのはあなただけです」
マルジンには 何よりとってもつらい「業」であります。

昨日 営業マルジンマンが
「今度の現場はシークレットだから
 そういう書類が来るので絶対秘密に…」
などと 言うものですから さあ、大変!
事務所中「妄想癖」の塊のような面々です…。
あ?だろうか?こうだろうか?
妄想は妄想を呼び…想像し過ぎて
夕方には とうとう疲れ果ててしまいました。

なんせ、たったひとつの「守りきっている秘密」と言えば
「A君の財形の残高」のみです。。。
言いたくて言いたくてたまりませんが…それは秘密です。
マルジン事務職の「生きがい」はある意味、マルジンマンの貯金!

とあるマルジンマンも…
お金がないので 二人で倹約しつつましい結婚式をあげ
数日後に マルジンウーマンに呼び出され
「もう、お嫁がいらしたのだから通帳も贈呈しましょう!」
(贈呈ったって…本人のだけどね!)
と、渡したところ その夜は夫婦二人で眠れなかったそうです!
何故か?オドロキの金額がそこにはあったのじゃ?!
雨の日も風の日も「解約」は死守してきた結果がパンパカパーン!
(「そんなんなら 豪華な結婚式や旅行ができたげ?!」とは
 怒っていませんでした。感謝感謝のにっこにこ!)

で、その「秘密のモノレール現場」はどうだったのか?というと
他でもいただいたことのある「守秘義務」の書類でした。
な?んだ!大騒ぎしておバカだな?
おしゃべりマルジンウーマン
お口のうるさいマルジンマン
守る時は守ります!辛くても!!

この日記を見られた方も
A君の「財形」の事は「秘密」ですよ!!
血液型で 事故るヒトがわかるの??


昨今「不適切発言」が賑やかしい。
福岡の免許講習でもあったらしいです…。

「O型は最も事故率高い」 
O型の運転者は事故に遭いやすい? 
福岡自動車運転免許試験場(福岡市)の講師2人が、
「車の事故を起こす確率は血液型ごとに違う」
との内容の講習をしていたことが分かったそうです…。
受講者からは「根拠のない不適切な発言」
との批判が出ているらしいです。
講師は「講習に関心を持ってもらおうとしたが、
軽率だった」と話しているといいます。

保険会社の調べで
血液型で特徴ある運転マナーが取り上げられています。

 「O型」   
普通は安全運転をしていても、ふと油断したスキに横から追い抜きをされたり、あおられたりすると、がぜん闘争心が沸いてカッとなったり我を忘れたりしてしまう。  

 「A型」 
他人を乗せている時にはあまりないけれど、一人で運転している時には運転をストレスのはけ口にして無理なスピードを出したり、感情を運転にぶつけたりしてしまう。  

 「B型」 
とにかく他に気をとられるよそ見運転が一番多い。また、本当は慎重にスピードを落とした方がいいカーブや悪道に限って、なぜかアクセルを踏んでしまう人も目立つ。  

 「AB型」 
一にも二にも居眠り運転に注意!命よりも眠気が優先することがあると自覚しておくぐらいが身の安全のため。また、同乗者に話しかけられるのは苦手なくせに、はっきり断れずに散漫になって運転に集中できなくなることもよくある。  

当たってますか?
筆者はO型なので「事故りやすい」という警鐘は
大変ありがたく…
忘れてしまいそうな「かつて」2回続けて同じ場所で
行きと帰りに「スピード違反」をしてしまった事を
思い出します。
「ま、いいか!」の前向きさが
「すぐ忘れる」のマイナス面で出まして… (・・*)ゞ

マルジンマンで言えば…
当たっているようなヒトもいますし
O型でもまったく「違反」していないヒトも…。
血液型では「きめつけ」られないのかもしれません。
 
ともかく「ご注意!」と受け止め
思い当たるヒトは 気をつけようね!
モノレールに乗ってみたいよ!


モノレールの現場で「見学会」が開催されました。
実際の現場は「超急傾斜」
「ちょーデンジャラス!」なので
「安全上 カンベンしてください!」
との マルジンの意向を聞き入れていただき
平地に別ルートで設置したモノレールを
ご利用いただいた。
それでも こんな「♪にっこり」顔です!
小さいお子様は お父さんがだっこ!
「ほんとはダメですよ?」
「定員オーバーですよ?」
ま、マルジンマンが張り付いて
モノレールと平行して安全確認しているから
「今日は大目に見ましょう!!」



色んな重機を見学したり乗ってみたり
こんな池で「魚の手づかみ」イベントも…

梅雨の晴れ間
山林で気分もリフレッシュ!
楽しい一日になってもらえたでしょうか?

あしかけ3年


あしかけ3年
モノレールを使用していただいた現場が
先日 晴れて終了した。
災害工事現場の人員運搬用のモノレール。
複数の乗用台車を設置。
たくさんの人を運んできた。
当初1年余ぐらいの予定だったが
また違うお客様がご利用になり長期にわたった。



乗用でなおかつ800mほどの延長
長期使用の金属疲労など心配したが
お客様が こまめな定期点検に理解を示してくださったので
(中には そういう点検を節約される方もおられる)
3年の間 無事に何事もなく終了となった。

撤去最後の便は 雨の中の作業となり
マルジンマン皆 ドロだらけの作業となったけれど…
「ありがとう お客様」
「がんばったね モノレール」
「がんばっているよ オイラ!」
と、感無量な終焉となった。

「お世話になったね ありがとう」の
ねぎらいの言葉は 何よりの嬉しさとなり
次への活力となります。
ありがとうございました!!
来週はここを頑張ります!
緊急で昨日立会にうかがった現場。
柏崎のあの場所…。
かなりキツイ!!
どんなルートで施工が可能か…
ルート選定に時間がかかってしまった(新潟所員談)




不安定な地盤で岩盤にビットドリルで
穴を開けての作業になる。
来週中には完成しなければならない。

頑張ります。
コンプライアンスならびにガバナンス


いつぞや「だんご」で紙上を賑わせておられた A建設会社の「役員改正」にともなう「ご挨拶」を見かけた。
その内容が 秀でていて おもわず…苦笑。

「新体制では、より一層のコンプライアンスならびにガバナンス体制の強化を図るとともにステークホルダーの信頼回復に向けて、誠実で透明性のある企業活動を目指していく所存でございます。」

ごめんなさい…
マルジンマン ウーマンともども 知識不足でちーともわかりません。
「昆布とステーキ?なんじゃらほい?」(すぐ食べ物を想像する)
で、調べてみました。

「企業におけるコンプライアンス」=法律や規則といった法令を守るだけでなく、社会的規範や企業倫理を守ることまでも含まれる。近年、法令違反による信頼の失墜が事業存続に大きな影響を与えた事例が続発したため、特に企業活動における法令違反を防ぐという観点からよく使われるようになった。株式会社においては、商法(会社法)上取締役ないし執行役の義務(法定責任)として規定されている。理論的には善管注意義務(330条)ないし忠実義務(355条)の発現とされ監査役等も同様の義務を負っている(330条)。(ふむふむ…??役員さんってあんまり変わってないみたいだけど??)

「ガバナンス体制」=企業統治(きぎょうとうち)と翻訳され、企業の内部牽制の仕組みや不正行為を防止する機能をいう
 (1)経営者の独走・暴走をチェックでき、阻止できること
 (2)組織ぐるみの違法行為をチェックでき、阻止できること
 (3)企業理念を実現するために、全役員・従業員の業務活動が方向づけられていること
(経営者の独走・暴走、組織ぐるみの違法行為…あったということなのだね…)

ステークホルダー=企業の経営活動、企業の存続や発展に対して利害関係を有する個人や法人のこと。
具体的には、消費者(顧客)、従業員、株主、債権者、仕入先、得意先、地域社会、行政機関など、企業を取り巻くあらゆる利害関係者を指す。

で…要するに…
「A社は 法令違反による信頼の失墜をいたしましたが 今後は組織を挙げて経営の透明性を重視し 関係各位の信頼を快復できるようつとめます」ということですね。

この文面、誰が考えたのだろうなあ?
あいさつ文の どこを見ても「反省の言葉」は記入されていません。
総勢30余名の役員さんの名前が なんだか「空々しく」見える文面でした。

悪い事をしたときは ひと様にわかる言葉で 
まず「あやまる」ほうが 見よいですね。
自分達はそうでありたいものだと…
人の振り見て まず「わが振り」直そうっと!
身体がよわ?いのボク!


昨日退院! Hマルジンマン
ちらっとリハビリに…会社に寄りました。

病名「マイコプラズマ肺炎」
マイコプラズマ肺炎とは…
+++++++++++++++++
マイコプラズマ菌が原因となり肺炎を起こす疾患の事をいいます。過去日本ではオリンピックの年に流行していたことから、オリンピック病とも呼ばれていました。乳児には感染しにくい細菌で、5?10歳ほどの子供に感染しやすく、感染後2?3週間後から症状があらわれます。症状は鼻水がでる、乾いた咳がでる、全身に倦怠感があり、特に咳が長期継続していることが特徴です。また、熱はある場合とない場合があり、比較的元気なこともあるので、診断が遅れてしまうこともあります。
+++++++++++++++++

( ̄ェ ̄;) エッ? 5歳?10歳?
そういえば…昨年も「肺炎入院」してたなあ?チミ?
「うん、身体よわ?いのボク!」
いくらアピールしたところで…
本日からの作業予定には
「現場でリハビリ」が入っていました…。
(オソロシヤ マルジン!)
↑でも、今むちゃくちゃ忙しくて
猫の手も…いやいや「マイコ病」の手も借りたい?

しかし、名誉の為言っておきますが
「身体弱そうな見た目でありますが」マルジンでは
相当上位の「頑張りや」です!
どうも、夜中に熱出しながら みんなに言わずに
現場で頑張った ら・し・い!
だから入院までするはめになったとか…。

自分の身体は自分しかわからんので
あんまり無茶はしないでね!
(無茶させてるのは…どっちだあ?)
ライフライン復旧工事


ライフライン復旧工事が始まり
モノレールもお手伝いすることになった。

ただし 昼夜を問わず 突貫工事!
昼は多人数投入で なんとか少しでも早く!




夜は こうこうと輝くライトの元でレール施工。
今日もまた夜中までかかりそうだ。

大勢の人がモノレールの施工終了を待っておられる。
こういう状況だと アドレナリンが出まくって
新潟営業所全員 眠くないそうだ。

今日の夜で終了するらしいが
あと少し、気をつけて 頑張って欲しい。

新潟 地震現場


新潟県中越沖地震で、崩落した大積地域は
新潟営業所から17kmぐらいのところですが
長岡市内とはまったく様相が違い 悲惨な有様です。
本日 現場を見てまいりましたが
まだ地形が動いていますし
ライフラインでもありますので
調査など待っていられまいから もう一気に
現場復旧工事にかかるか どうか?検討中です。
GO!となったら 突貫工事でもやるそうです。

また、耳慣れない言葉が報道されています。
キラーパルス
〔(和製) killer+pulse〕
地震に伴う周期 1 秒前後またはそれ以上の遅い振動(長周期パルス波)の俗称だそうで…。建物が大きく揺れることから被害を増大させるそうです。1995 年(平成 7)1 月 17 日の阪神大震災や 2007 年 3 月 25 日の能登半島地震などの建物崩壊の原因の一つとされているものが、今回の柏崎にもあてはまるとか…。

長岡市内の社員達は 被災現場とこんなに近くでも
難を逃れ 前回の地震ほどではなかった!と言っています。
朝のTVで 新潟、能登(その先には福井もありました)は
地震でプレート間の「ひずみ」が溜まる場所
いわゆる「ひずみ蓄積プレート」に位置するそうで…
そのプレート上の場所は どこで起きても不思議でないとか…

「気をつけよう」と言っても
どこか海外へでも引っ越さない限り
地震国にっぽんです。明日はわが身。
被災された方を少しでも他人事と思わず
今回被害にあわなかった「ありがたさ」をかみしめて、
何かできることがあれば協力しつつ、
日々を精一杯生きていきたいと思うのみです。 
新潟県中越沖地震


またです!
台風一過でほっとしているところに
新潟県中越沖地震。

ご心配のお電話いただいた皆様
ありがとうございます。
当社の新潟営業所(長岡市)社員の家も
食器や棚などが少々倒れたりしたようですが
無事です。
会社も書類が少し散乱した程度でした。
無事だけれども…
子供が怖がって神経を尖らせていると…つらそうでした。

電話がまったく繋がらず
「無事か?」コールも3時過ぎになってしまったり
心配しましたが 大丈夫です。
ありがとうございます。

お客様の安否はまだ確認とれていませんが
もう、明日は朝一番から出かけます。
「必ず明日中にあげて!」というご依頼が本日あり
全員出動です。

夜になっても投光器をつけてでもやっつけねばなりません。
被害にあわれた方々 気を強くもたれて
頑張っていただきたいです。

マルジンも頑張ります。
ご心配ありがとうございました。
雨の中 お仕事中!


マルジンは本当は今日お休み予定でした。
しかあ?し!
週明けから使いたいとおっしゃるお客様や
週明けの現場準備やらで

忙しい?っ!
為、お休み返上!
みんなで雨の中 お仕事しております。

そうそう、明日未明に一番接近する
台風4号対策もしています。
波板とか シートとか飛ばないように…

沖縄や九州の方々の
直撃の被害の様子が報道されるにつけ
一日も早い復旧を祈らせていただくとともに
通過していく際にあまり大きな被害がないことを
祈るのみでございます。

みなさまお気をつけてくださいませ。

モノレールのレンタルでも始めてみようかな?


マルジンはもともとメーカーの代理店
(今でもそうだけれど)
それも北陸近隣県では「総代理店」というメーカーもある。
卸業(商社)をメインとしていたので
JAやDIY(ホームセンター)に
刃物・農用品と一緒に小農機具を卸販売していた。
で、モノレールも販売するのだけれど
こればかりは「売る責務」というものをひしひしと感じている。
・売りっぱなしにしたくない。
(整備もせず 安価で不安全な提供をする業者がある)

先日も「購入したい」というお客様からの問いあわせがあった。
例えば「売る事」を重視するなら 安く見せる為に
「支柱を細くする」とか「材質」の簡易なものにするとかがあるが
マルジンは なるべく安定感ある品質の良い方の材料で見積もる。
昨日になってまた電話がかかった。
「この間の見積りについて聞きたいのだが
 実は他でも見積をとっていて マルジンさんとは開きがある
 どこがどう違うのか教えて欲しい」とのこと。
・レールの形状がラック式であること。
・板厚、支柱の本数、支柱の太さ、エンジンの仕様の事etc

応対していたH所長は マルジンマンの鏡ともいうべき
スマートな営業。
決して「他メーカーの悪いところを羅列しない」
違いを説明し お客様に判断を委ねる。

「すごいね?ガツガツせずに大名商売みたいじゃん!」
と、電話の後 聞いてる周りが言うと…ぼそっ!と
「う?ん、あんまし売りたくもないしなあ…」だと。
彼曰く
「自分の商売がヒマだから モノレールレンタルでもやろうか?」
と、社内協議しておられるとか…。
その「モノレールでも…」というのがカチンと来たらしい。

「モノレールでも やってみてとりあえず売上げを上げたい」
○○メーカーだったら もうそれだけで
「全国各地にある信頼ある代理店・サービスセンター」になるんだろうな…。

技術はある程度修練すれば会得できるだろうが
何か違うものがあるとすれば やっぱり「責任」
売った責任、貸した責任、
それはどんな仕事も一緒だろう。

やっぱり何よりもそういうことが気にかかり
躊躇するところが マルジンのいい所でもあるはず。

買いたい方、買おうと思っておられる方
↓とりあえず こちらで3月号「持つリスク 持たざるリスク」
 ご検討ください。
http://www.ttn.ne.jp/~marujin/sunews2005.htm


猛禽類を保護せよ!
現場の段取りがすみ 
やっと工事に入らせていただくようになってから
いえいえ、工事が始まってからでも…
この「猛禽類」=たいがいクマタカ・イヌワシのことなのだが…



それが 飛んでただの
巣がどこかにあるらしい…
なんてことになったら いきなり工事がストップ!
と、いう事が発生するのだ!

本当は猛禽類(もうきんるい)とは、鋭い爪と嘴を持ち、
他の動物を捕食(または死食)する習性のある鳥類の総称。
獲物を捕まえるための鋭い爪、掴む力が強い趾(あしゆび)、
鉤型に曲がったくちばしを持つことが共通の特徴。


一般的に生態系の頂点に位置する例が多いことから、強さ・速さ・権力・高貴さの象徴として、猛獣などとともに戦闘機やスポーツカー、シンボルマーク、特撮やアニメのヒーローのモチーフになることが多い

環境庁では(1997.12)環境庁自然保護局野生生物課が
「猛禽類保護の進め方(特にイヌワシ、クマタカ、オオタカについて)」という方針を出している。
だからそれに沿って 保護をしなくてはいけないのだそうだ。
行動範囲も広く何キロも移動するから
いったいどこに巣があるのかわからないし
しょうがないから 巣立ちの時期まで仕事をしないで
静かにしておこう!という事になる。

何ヶ月もモノレールをレンタルしていただく現場では
その中止期間についてのレンタル料について
「いあや?猛禽類だからね?どうしようもないね」
なんて事もありえるし…
ずれ込んだ期間のおかげで 終了が遅くなり
モノレールが越冬し壊れたこともある。
雪の中決死の作業になって死にそうになったこともある。

おいら達 人間は ワシタカより下かい???
と、嘆いた事もある。

また、ひとつ今日も「猛禽類」の御触れがくだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
?生息場所
日本全国の平地から山地の森林で繁殖しています。北日本にやや多く生息しているようです。秋や冬には、人里や農耕地の近くの林でも見ることができます。

?日本のどこにいるの?
1993年の時点で31都道府県から繁殖の情報を得ています(日本野鳥の会その他の調査による)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結構あちこちに猛禽類はいるのです。
お願いだから モノレール現場や
里のほうへは出てこないでね。

そんな事言っても 聞こえませんね?
ピーヒョロロ?


壁が出現!


お使いいただいていたモノレールのレンタルが終了し
「撤去してね」の連絡を受け
「わかりました!」と準備をして
現場に出動したマルジンマン達。

現場で「がびーん!」
1ヶ月のうちに現場は様変わり…


あったはずの斜面は無くなり
2mの壁が出現!
モノレールははるか上!
なんとかよじ登ってレールははずしたけれど
こんなところで降ろす段取りはしていないし
(ユニック車とか荷卸機材 安全器具)
大変手間取ってしまったマルジンマンでした。

こんな風になっているのなら
撤去連絡の時にちょっと教えていただければ…と、
。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。泣けてしまった一日でありました。

男はつらいぜ!
マルジンマンも泣けたぜ!


どうか・・・ひとつ・・・。


マルジンの清楚な花のような…
きれいな「おねえさん」も
お金を握るお仕事(経理 出勤管理)になると
つよ?くなりまする?

「仮払いします!ウン万円!」
「えーっ!何に使うのですか??」
「○○に…」
「それなら そんなにいらないでしょう?」
「そんな事を言わず どおか…ひとつ…。」

マルジンは今
忙しい?

お金の出入りも激しくなっています。
「お財布」を握るものとしては
厳しくなるのは
しょーがおまへん。
たれかイルカ?



「いるか?」
電話を受けると 開口一番そういうご挨拶の
お客様がおられます。
「イルカ」は「誰か現場関係者(マルジンマン)イルカ?」の略。
もう ずーっと昔からのお客様なので
事務員を含め 社員の多くが存じ上げているのです。

電話のお声だけで どなたかわかってしまいます。
その声がかかると 社内中とても嬉しい雰囲気になります。
「あ?いそがしくなってきたなあ?」っていうサイン。

そのお客様は 
マルジンからモノレールを購入もしていただいていて
自社でまかなえなくなるか ちょっと難易度が高い現場になると
必ずお電話くださいます。
「マルジンさんでしてもらうともうからんのやけど、まあ いいか!」
現場が最高潮に重なり 人の段取りで四苦八苦している時でも
「イルカ?」の電話は
「なんとかします!」になってしまいます。
忙しさの糸が ピーンと張る瞬間!
「イルカ」のお客様は ある意味わが社の幸運の神
最初決めたことは きちんと守ってくださいますし、
不条理な事はおっしゃることがありません。
だから かえってこちらはある意味緊張します。

「文句」をおっしゃらない分 満足のいく仕事を提供し
何回でもこの「イルカ」のお声がかかるように
鋭意努力してまいりたいです…。

「いるか?」
「はい、いなくても います!いつでもOK!です!」
七夕とコロッケ


「マルジンへっぽこ園芸部」のジャガイモが採れたので
毎年恒例の「コロッケ祭り」??
またまた去年のように「暑い暑い!日」
汗を流しながら 社長と助手のSちゃんが
頑張って作りました。



うまい具合に11時45分には完成!!
みんなで
「でかい!」だの
「熱い!」だの言って
おいしくいただきました。

おいしかったです?。

陽ちゃんの命日


今日は平成10年の今日(月曜日だった)
朝の通勤途中の交通事故で亡くなった
池田陽一君の命日です。

毎年 ずっとこの日は 
マルジンマンは行ける者全員、現場で行けない人は
空に向って 杯を挙げて 心の中で
陽ちゃんを偲びます。

今年も国会が延長とか参院選とか
談合問題など 色々な諸問題から
仕事がなかなかはかどりませんが
陽ちゃんの事故があった時も
ようやく動き出したあちこちの現場へ 全員出動の日で
朝礼で勇ましくシュプレヒコールをあげながら
「陽ちゃん…遅いなあ…連絡なしになんでだろう?」と
思っていたのです。

一番の連絡は警察からでした…。
それからお留守のご自宅から ご両親を探し連絡
病院に駆けつけたときはもうすでに
白い布がかけられていました。



マルジンは 一生陽ちゃんを忘れないし
いつも陽ちゃんが 傍に見てくれているのだと
思っていたいです。
「仕事に出かけた元気な姿で また家庭にもどる」
それはマルジンマンもお客様も同じ、
マルジンのモノレールで事故など無い様
安全で信頼ある仕事を提供できるよう がんばるので
陽ちゃん!いつも見守ってね!
モデル立ち


昨年新調した夏用の制服が
色が「水色」と薄くて汚れが目立つので
今度は「変えて欲しい」という要望が多く
ただ今 検討中。


今日は「見本」を色々携えて業者の方が来社。
実際に着て感触を確かめることに…。

ついつい モデルの立ち姿を意識!
様になってるでしょ?

しかし、体脂肪率の高い社員もいるので
そこら辺を基準にしたほうがいいのではなかろうか?

いずれにせよ 予算もあることだし
みんなの要望聞いていたら
あ?でもないこ?でもない…
いつまでも決まらないので
そこそこの落としどころで どうぞご英断を!
「半夏生(はんげしょう)」サバ


夏至から数えて11日目の2日は「半夏生(はんげしょう)」といわれます。サバの丸焼きを食べる風習が江戸時代から受け継がれる 福井県大野市では、鮮魚店の軒先からサバを焼く香ばしい煙が漂います。
福井県各地でも スーパーなどのイベントでこうやって店先で焼いて販売する姿も…。
この風習は、江戸時代の大野藩主が、田植えで疲れた領民に栄養を取らせようと、飛び地の越前海岸で取れたサバを奨励したのが始まりとされるそうです。


他の県では「タコ」を食べる風習もあるそうです。
第一に「丸焼きサバ」というのが珍しいらしいですね。
一般的に「切り身の焼いたもの」を売るのがほとんどで、福井県のように 普段でも「丸焼きサバ」はスーパーにでも常時販売となっているという事で 驚かれるみたいです。



サバも福井県産と言うわけではなく「宮城産」とかが主流。
それで 各家庭本当に食べるか?というと…。
マルジンの社内でも「食べてない」という家庭がほとんどで「縁起かつぎ?」みたいに毎年 買ってみんなでつつく、というところも…。

でも、 やっぱり高くても魚屋さんのサバがおいしいというのが みんな同じ意見です。これからの暑い夏 バテずに 頑張ります。
「合格です!」????


今朝 あるところから電話があり
いきなり「合格しました!」と言われました。
「は?合格ですか?」
電話の主は マルジン東海営業所近くの
レ○パレスの担当者さんでした。

今の所員の社宅が手狭になってきたので
新たな社宅か、もっと広い1戸建てを物色中でした。

今の社宅の不動産会社の物件で
すごく広くていい物件があったのですが
(逃がした魚は大きい ものすごくいいところだった。)
「よし!これにしよう!」と申し込んだところ
タッチの差で他の方に決まってしまい…残念!
で、当面の1年ぐらいの予定なら便利もいいし
レ○パレスさんにお願いしようかと声かけたのでした。

なんか「書類審査」があるとか言われ
仕事の内容とかも説明してもなかなかわからないらしく…。
な?んて めんどくさいんだろう…と思っていました。
今思えば…ひょっこり知らない
「真っ赤なツナギ服の 丸坊主姿のS所長」が
法人契約で部屋借りたい…それもモノレールって何??
そりゃ「近隣住民に迷惑がかかる団体」じゃなかろうか?って
思うのはいたしかたないですかね?(苦笑)

別に面倒なら他探すし…いいのに…。

その担当さんが 電話で高揚しておっしゃるには
「本社で信用調査もさせていただきましたところ
 (げっ?そんな秘密 言ってもいいんかえ?)
 大変優良なお会社という結果で 本社からは
 マルジンさんには わが社の最高基準50部屋まで
 お貸しできることになりました!!(パンパカパーン)」

「合格」したと言われてもねぇ…
う?ん、喜んでいいのか どうなんだろう?
それでもって「1部屋」でいいし…。(50も借りれるか!?)

まあ「不合格」なんて事になったら
もっとムカッとしちゃうかもね。
私たちは国家試験に「合格」通知が欲しくてたなんないけど
法人「マルジン」も なんか法的資格やら銀行金融やら
レ○パレスやら「合格」審査を受けながら
厳しい時節乗り切っていこうぜぃ!!

(*^◇^)/゚・:*【祝50部屋】*:・゚\(^◇^*)
「心の琴線に触れる」


「心の琴線に触れる」
恥ずかしながら この言葉を知りませんでした。
というか 文章で見たら 多分すんなり
染み入ってきたと思いますが…
こんな言葉を会話では聞いたことがありませんでした。

テレビである人が発しているのを聞き
「えっ??」と聞き耳を立てていました。

*********
土屋先生から「総連の会館の問題でこまっているんだ」と「在日の権利擁護をする拠点がなくなる。なんとかならないだろうか」という相談があった。僕は対象団体としてやってきたところなので考えましたけれどね。だけども、祖国を愛し、よりどころを求めるのは僕が遭ったのと同じような思いを持っている。これはなんとしてもガードしてあげなくちゃいけないと土屋先生と話しているうちに、私は自分の琴線に触れる部分があったからそれではお助けしましょうということを決心した。
*****

そうです…
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部(東京都千代田区)の土地・建物の移転登記問題で、東京地検特捜部に捜索された緒方重威・元公安調査庁長官の言葉の一部です。

要するに「昨日の敵は今日の友」じゃないけれど
取り締まる側だった長官だけども 実は昔から
朝鮮には一方ならぬ 思い入れがある親朝派であったので
今回の問題でも 自分の心の奥底にある美しい調べが
「助けてお挙げなさい」「一肌脱いでおあげなさい」と
奏でたので 差し押さえになる前に登記を換えてあげることにしたそうです。。
と、いうことなのでしょう。

もろもろの話をまとめると まだ詐欺で
立件されているわけではないが
緒方氏が総聯にタカったという説が 有力らしいです。

それが本当なら
まったくもって「琴線」でなく「金銭」に触れた
と、言わざるを得ないでしょう。

いずれにせよ
本当に美しい日本語のひとつであると思える
「琴線に触れる」という言葉
次世代の子供達に 違った意味で伝えない為にも
ゆめゆめ 嘘では発していただきたくないと思うのでありました。

琴の糸は
緩んだり 柱倒れとかで 音が濁ってしまうそうです。
琴線を美しく保つ。
人生ではとても大事なことだと 今回の事件で
つくづく感じました。

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記