マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

ぬか漬け?の臭い充満す・・・


くっさ?っ!!
朝 会社の部屋に充満する そこはかとした
ぬか漬けよりもっと異様な臭い…
この中には「魚」が入っています。
ある「処理促進剤」をかけることで
どれだけの時間で 消えてなくなるか?の実験中?
毎日夕刻になると かき回している人間が・・・
「う?ん、まだ原形とどめてるなあ…」
魚介類の加工業者さまの 汚物処理に一役買えないか?
そんな「夢」の実験です。。。

汚水処理の事業は
「お困りの水を20Lいただいて」
?小規模実験

水質検査の結果がよければ
?大規模実験(3t処理)マルジン社内処理施設にて

水質検査の結果がよければ
いよいよ設置へGo!

と、なるわけです。
今後 益々基準値も厳しくなる事が予想されますので
安易な「まあこんなものでいいかな?」という数値では
やっぱりお勧めしたくない。。。

胸張ってお勧めできる数値を抱いて
お客様に喜んで貰えたら と、思っています。

しかし、くさい…。
メーカーじゃないからできること。


マルジンはモノレール製作メーカーではない。
たま?に「えっ?メーカーさんじゃないの?」と聞かれる事があるけれど その問いに対しては「違いますよ」と臆するところなくお応えしている。
「メーカー」というと何かしら「安心感」が生まれるけれど、考えてみれば 家電製品にしろ修理などでメーカーに直接連絡を入れて電話のたらい回し、対応の遅さや かかる手間に憤慨した思いがおありの方も多いだろう。
では、どういう形なら不満が少なくなるだろう。。
別にメーカーじゃなくても何かあった時にその後の対応もきちんとやってくれる「窓口」があればよいのではないか?
その窓口が「販売店」であったり「修理屋」であったりするわけだ。
その上、各種のメーカーの中から「この機種はこういう良いところがあり、この機種はクレームが多い」とか 正しい情報を与えてくれるならなおさら「Good」なわけだ。

「メーカー」であれば「他社」を褒める事はできないし、少々「?」と思う製品でも売らねばならなくなるリスクもある。
マルジンはメーカーでないから 小型、中型モノレールはN社、大型はT社、K社。特殊車はT社…と機種も含め後のホローも良いと思われるメーカーとお付き合いしている。

今後、モノレールのメーカーと名の付くところも OEM(他社のメーカー製作品に自社ラベルを貼り付け自社ブランドとする)で2?3社に統合されていく気配がある。
なんだかねぇ…それでメーカーなのかい?という感じだ。

そういう意味(OEM)ではマルジンも「メーカー」かもね!
この「真っ赤なモノレール(モノレックス)」はマルジンブランド!
マルジンのツナギ(作業服)のビビットカラーで作られ「マルジン」のマーク入り!
「お?っ!さながらメーカーじゃん!」

言えない言えない…製作マルジンではないもの。。。
うちは単なる「モノレール屋」でござりまする。
対応の良い「モノレール屋」になるべく頑張っておりまする。
目標を立てる!


今日も明るく「現場へGo!」のマルジンマン
ただ今の 最大の関心事は…
「忘年会」
旅館だけは早目に予約を入れました。
よしっ!OK!

次は「コンパニオン」早く予約入れて!
おいおい、かわいいコンパニオン(美人事務職)が
いるじゃないの!
「だめじゃ!いつも見てる顔ではっ!」
「オンバニオンはだめっ!!」
なんじゃとぉ?

ということで コンパニオンも予約入れました。
(早いほうが 若くてかわいい娘が来てくれるんだそうな…
 ほんとかいな?)
多分マルジンマンだけだったら
「スーパーコンパニオン」を呼びたいところだろうが
そこは「我慢」のしどころであ?る!

「どうせなら マルジンマン奥様同伴忘年会にすればいいのに?」
と ニヤニヤ。
でも、そんな事になったら 誰も出席したくないそうな…
ふんとにまあ?

でも、こういう行事で
また 活力も湧いて張り切って仕事ができるのなら
ま、いいか!
あと2ヶ月 ファイト!

めずらしいアイス「菊アイス」
昨日は土砂降りでした。
現場はホント 辛かったあ?
お昼なのに真っ暗で 車もライトをつけて走行。。。
ちょっとこういう天候はめずらしいです。

で、今日は しょぼしょぼ雨のどんより?
マルジンは今日も元気良く
(う!? 一部疲れも出始めてます)

今日明日のお休みに
ただ今開催されてる「たけふ菊人形」はいかが?
(でも、こんな天気じゃねぇ?)
200710271.jpg

↑こ?んな めずらしいアイスも売ってるよ!
「菊アイス」
ほわ?んと 菊の香りがして「秋」満喫でします。

天気が良い日の「会場」は こんなです!!
↓きれいでしょう?
200710272.jpg


妻子あるマルジンマンも子供連れで行くでしょう?
いえいえ、行けません。
行けるのは一部試験を受けないマルジンマンだけ…

明日は国家試験なので?す。

こんな天気ほど「良い」結果が でますように…。
「おごり」の見返り
守屋前防衛事務次官と防衛商社の元専務(69)との癒着を指摘されている問題は やはり根深いものがありそうだ。
平成12年に施行された倫理規程では、利害関係者とのゴルフなどを禁じているにもかかわらず 頻繁にそれも100回以上接待を受けていたらしい。「その度に1万円を支払った」…の「支払わない」の言っておられるそうだが。。。
そもそも「ゴルフ」って イギリスが発祥の地であり ルールはもちろんのことマナーを守ることが非常に重視されるので「紳士のスポーツ」と呼ばれているはず、プレー代まで「奢ってもらって」やるスポーツなのだろうかえ?
20071026.jpg

守屋氏は ゴルフ後の飲食も接待されていたらしいし、「山田洋行」の納入に関しても口利きしていたようだし、その見返りもあったらしいとのこと。今朝ほどのニュースだと久間元防衛大臣も 飲食接待を受けていたとか…。「誘ったのだから誘ったほうが払うのが当り前でしょ?」みたいなお応えがあったそうだが…
まるで「おごられ慣れているお調子者の部下」のようなコメントでまったくあきれてしまう。

「おごる」「おごられる」
こういう事は 利害関係も含め それこそ「倫理」「人間性」によるものだろう。
「ごっちゃんです!」のお相撲さんしかり、
続きを読む…
社長の稼いだ?雑収入
昨日は…
座談会形式の合同企業説明会
「ジョブフェスタ2007」が開催されました。

社長ってば 話のついでに軽く返事しちゃいまして
こんなこととはつゆ知らず。
600人もの学生さんの前でお話しすることに
なってしまいました。

その上 社長を悩ます神経痛。
2時間なんて ちんと座ってられるかしらん?
なによりの心配でしたが
前日 脊髄への「いた?い」注射を打って
かなり症状が改善し 勇んででかけたのでありました。

ご覧になった方のお話ですと…
「思ったとおりの話しっぷり」だったようで
バリバリのアナログ派、浪花節、
最近の流行で行くと「昭和の男」という
およそ 「1」と「0」しかないデジタルに傾く現代からは
想像のつかん「いい塩梅(あんばい)」な話だったろうと
思います。
20071025.jpg

で、帰ってからいただいた資料をみましたら
なんと「講演料」なんぞが入っておりました。
えっ?こんなものいただいていいのですかね?
おやおや?中にまだ何かありますよ!
領収書と 返信用封筒です。
ほ?っ!なんと手際のよい!
講演も初めてなら そんな御代も初めてで
事務所中めずらしくてしかたがない。。。
「えっ?これって何で起票するの?」
いや、もちろん「雑収入」でしょう!
もちろん 個人でなく会社のはんこをポンッ!
(手際のよい 事務職)

今日 慰労に?見えたジョブカフェ S氏に
「お恥ずかしいので もうこれきりに?」と
お礼申し上げ 領収書をお渡ししたのでした。
マルジン社長は 明朗会計。隠し事はありません。

その後…
事務員の妄想は続き?
「社長も腰が悪いのだから 長時間のお話なんかできないし
今後こんな話が降って湧いてきたら 私たちが前座(寸劇)で
時間を稼ごうかしらん?」
誰も…呼んでませんって!!

やっぱり「ほんとの出たがり」は裏に隠れている
マルジンなのでありました。。。
(ギャラのお話は ダンサー Yをお通しくださいませ
中越地震から3年


昨日 新潟営業所のI氏が
「今日で3年…」とつぶやきました。
当事者でないものは すぐに思い浮かびませんでした。
あの 中越地震から3年たったのです。

人や家屋多くの犠牲者を出し 3年後の年末
やっと避難生活の方すべてが避難所を出られるそうです。
マルジン新潟営業所の所員すべての自宅が何かしらの被害を受け、避難所での生活から自宅に戻られたお父さんが急に亡くなられた所員もおりました。
余震で子どもが怯え、しばらくトラウマのような状態だったとも聞きました。

そういえば 道路が寸断され自宅へも帰れない状態で 電力関係などライフラインの仕事をされていた人々は 何よりも仕事を優先されておりました。
マルジンは福井からも応援部隊が駆けつけましたが それでも対応しきれず お客様に「○日は地震で家屋が被害を受けた所員だけでもお休みを頂戴したい」とお断りを申し上げた際に
「私もそうです。会社のみな家に帰っていないので マルジンさんも申し訳ないが対応して欲しい」と頼まれた事を思い出します。
みんなが 同じ思いで復旧に努めた日々。。。

「石の上にも3年」
どんな冷たい石でも 3年も座っていると暖かくなる。ということわざです。そういう意味でも「3年」というのは あるひとつの区切りになるのでしょうか?復興はかなり進みました。しかし、この「3年」の間にも 大きな地震がまた今年起きてしまいました。それで2重に災害を受けた方もいます。

いつまでも覚えている事は またそれは前に進めなくなってしまいますが、「3年」というような区切りの際に 色々と思い返すことは 大切であり、また次の1歩の活力にもなる事でしょう。

つぎの3年までに 思い返しても悲しいことが多くないよう 心より祈ります。
洪水注意報?えっ?
今朝の天気予報、
全国各地晴れの中で
新潟県長岡市は「洪水注意報」
わが耳を疑ってしまいました。

「長岡地域 発表洪水注意報・警報はなし」

えっ!そりゃ大変だ…
雨の中 仕事できるのかしらん?

早速 電話して聞いてみたところ
「今 まだ降ってないよ!」とのこと
「ほんとに??」
「こっちは 警報出るのが早いんだ、地震以来
 しょぼしょぼ雨でも すでに警報?」




知らなかったのだけど
そういえば
天気予報の下のほうに
↓こんな一文が…。

お知らせ 
平成19年新潟県中越沖地震により
大雨・洪水注意報・警報の基準を
引き下げて運用している地域があります。

ほぉ?っ…。
でも、あまりに周知されてしまうと
これまた注意しなくなってしまうんだろうな…。

早目の対応おこたらず。
きしゃなマルジンマン
私がマルジンマンの中で…

一番きゃしゃな「Kっち」です。
若者の多いマルジンマンの中で年齢くってます。
今日は東北のとあるダムの中
「ひきこもり?作業」をしております。
200710221.jpg

↑後方の小さいトンネル穴の中にて
↓このような作業をしております。
20071022.jpg

これは「ダム監査廊」というところに
設置するモノレール工事です。
せまい穴なので 
私のようなきゃしゃなマルジンマンにぴったりの?仕事です。

きゃしゃですが
一応「1級モノレール技士」です!
いえいえ、合格通知はまだきていません。

あくまで自己申告でございます。

新しいPC関係グッズが大好きです。
あと、「枝豆のゆで具合」と「すき焼きの白菜の入れ方」には
かなりなこだわりがありますので
そこのところよろしくお願いします。
冷たい雨の中で・・・
今日、誰がどこの現場だという事を
すぐにわからないほど
(一応 サーバー管理はしてますが…) 
あちこち仕事をさせていただいております。
(って言うか 色々と予定が変わるのです。
 優先順位のつけ方は 人それぞれ企業それぞれ…
 マルジンはもっぱらクレーム最優先。)

昨日までの よい天気も 一変!!
今日は土砂降りの 冷たい雨…。

20071019.jpg

今日受け渡しだけで済めばよかった足場の現場は
修正が必要になり 雨の中 崖っぷちと戦っております。

別班は 「トラックのギアの調子が悪い
とんぼ帰りして 修理出したい?」という連絡。
「これこれこういう症状で 部品用意しておいて」
「そんで 来週の火曜には使いたいっ!!」と、
車屋さんにも 絶対お願いのTEL段取り

本来なら この時期は「撤収」しなくてはいけないほどの
高地で今から施工チーム…終わりそうにないぞ?
どうなるんじゃ?雪の下
で、今日は もう雨はみぞれっぽい…ちべたい…。

200710192.jpg



レンタル中の機械が「へんな音がする」という
お客様からのクレームに急遽走るもの

すんなり終了する現場が少ないほど
毎日いろんな事があるのです。
誰かが走ると 済むはずだった予定が狂ってくる…。
雨だと なおさら気持ちがくさってしまうけど…

いつかは晴れるんだ!
負けんぞぉ?マルジンマン!
今日は給料日?明日はお休み?リフレッシュ!
(…ま…予定通り 休日出勤メンバーもいるけどね!)

しかし、寒いっ!!

朝礼昼改


昨日は 社長の知り合いの方から
何本かお電話があったそうです。
それというのも
「新聞に出てますよ!」
…???産業フェアのこと??
違うらしい…「社長の名前で出ています?」
へっ?福井新聞を購読している社員でも誰も知りまへん(泣)

伺ってやっと判明!企業説明会等を企画し 
若者の就職斡旋サポートをしておられる方から
「マルジンさんって若い方多いでしょう?
 いつも若い社員さんと話されているような事を
 ちょっと今度の企画で若者と一緒に話し合ってもらえませんか?」
と話の流れの中で依頼がありました。
別に悪い話でもないので 軽く「いいですよ」
とお応えしておいたら…。新聞に告知があったらしいです。
「よくもまあ?隅々まで見ておられるんだなあ」と
ある意味感心し ちょっと誰か新聞持ってきて?って話に。
(一番のんきなマルジンさん)

週はじめの新聞だったとのことで…。
探してもわかりません。
「どこ?いったい?ほんとに載ってるの?」
そりゃそうだ!ちっちゃい記事ばかり探しておりました。
見つけて びっくり?うひゃ?でっかい広告!
ぎゃっ!こんな事になってますよ!!
…社長!どうすんですかぁ?だんだん大事になってますよ…

まあ、マルジンの社長は 一見「亀田父」風(こわもて)で
結構な「波乱万丈?」「気ままな人生?」歩んでますので
いつか「おらが人生え?加減」なんていう本でも
出せるんじゃないかと思うぐらいですが…
よって「りっぱなお話」とはちょいと違うような…。

社長自身も「おれは朝礼暮改じゃなくて『朝礼昼改』やで
あらら、こないだの話と違うなあ?ってなるかもな(笑)」
と、言っております。
まあ、亀田父さんとは違い 「ケジメのあいさつすら
出来ない人間は 多少仕事が出来てもプロではない。」
というのがもっぱらの持論で…
そういうお話は「熱い!」ですよ!

「朝令暮改」も悪い意味で言われる事がありますが
「過(あやま)ちて改めざる是(これ)を過ちという」
とも言います。
マルジンの社長は そこんとこは「しなやか」だと思います。

ただ今の社長のもっぱらの関心事?は
社長を悩ませている「坐骨神経痛」です。
あいたた!
医者に「神経痛」と言われた事が「あいたたた!」

若い人の前に座って 立ち座りでジジくさいから
嫌だなあ?(社長ってば…そっちですか…)

生き残る種とは、
もっとも強いものではない。
もっとも知的なものでもない。それは、
変化にもっともよく適応したものである。
ダーウィン

「朝礼昼改」でもいいじゃないですか
マルジンイズムで一発 若者に喝を!
ビジネスフェアにて


今年も「汚水処理」で
ビジネスフェアに参加させていただきました。
『水』についても モノレールとともに
事業として継続してやっていきたい
やりがいのある仕事だと思っています。



毎回 驚かされるのは
事業排水に関して お困りのところが
たくさん
おありだと言うことです。

うどん・ラーメン等食品関係
畜産
繊維など 化学薬品関係
最近では「排水基準」が悲鳴をあげるほど
厳しくなったと言われる 温泉施設など…。

色々な「お困りの水」をお預かりし
簡易的に試験し 結果がよければ
当社の 大々的なデモ施設で 総合試験
そういう流れで よりよい結果を提示できるよう
少しずつではありますが 進行中です。

お困りの方のお話を伺うと すでに違う方法で
汚水処理をしているが 設備時に膨大な投資
そして思いもよらぬ 維持管理費…
それでも今後を展望すると今の施設では基準値に不満が…
と、言われる方も多くいらっしゃいます。

ベストマッチングな処理能力のある設備で提供したいです。
問題を 重く受け止め 決して安易に妥協せず
いつか 2本の柱で社会貢献できたらと…思います。

NOBAうさぎ うさんくさ・・・


経済産業省が英会話学校最大手のNOVAに解約を申し出た利用者への受講料返還が滞っている問題に関し、早期に返金するよう同社を指導する方向で検討しているそうな…。

かわいいピンクのウサギがふんふんと 身体を動かしているCMをよく見かけた。いつもNOVAと聞くと一人の青年を思い出す。

10年ほど前までマルジンマンだったK君。
家庭の事情で天涯孤独で生活していたK君、縁あってマルジンに在職するようになった。在職中の5年ほどの間に 施工技術をめきめきと伸ばし わずかではあるが安定した給与所得者になったことで 気持ちの余裕も出来、先輩にも可愛がられ「ここで仕事が出来て嬉しい」と涙を流していた事もあった。卑屈な性格に見えたK君の熱い面を垣間見て 周りの人間も 感動したものだった…。

余裕ができると「絶対前のすさんだ生活には戻らない」という確固とした信念を持てる人と やっぱり持ち上がってくる「これくらいならいいか」という甘さに負ける人が いる。
残念ながら K君は後者だった。

収入以上に欲望のまま 買いたいものを買い、持ち金以上にローンを組み始めた。心配した仲間が注意しても 自分の友達と同等な生活レベルを望み始めた。彼らはK君とは違い 何かあったら助けてくれる親や蓄えがあるというのに…。

会社の社宅を出てお洒落なマンションに住みたい。
車をローンで買いたい。駐車場も借りたい。
NOVAで駅前留学したい。

自分の欲望を満たすのにいったい毎月どれだけ必要になるのか?
それを問いただしたところ 生活レベルを押さえるのではなく
「友達の紹介で 現場長として相当な金額で迎えてくれる会社がある。そちらへお世話になり 生活していきたい」との答えだった。

絶対にそんな「おいしい話」は転がっていないと諭したが 描いた夢から覚める事無く マルジンを去っていった。
後は 多くの人の想像通りあっという間に夢が崩れたようだ。

最初から おいしい仕事などあるはずもなく、マルジンマンでいた頃の安定給与は即座に崩れ…。
保険をかけていない車で事故を起こし、マンションにもいれなくなり、
NOVAは1日も授業を受けていないにもかかわらず 入会金未払いでクレジット会社から訴訟を起こされ…
その後 東京へ流れていったという話を聞いた。

今思えば NOVAのやり方もひどかった。
訳もわからない者に 最低でも50万ぐらいの授業単位を契約させ 請求はクレジット会社、1日も行かず解約したくても 契約不履行とさせる。むろん納めたお金は返さないし、K君のように「行かない払わない」は訴える…。

NOVAというと K君を何故か思い出してしまう。
うさんくさいウサギに まんまと騙され
今 どんな思いでニュースを見てるのだろうか?
今からでも「返還訴訟」でも起こすだろうか?
どこで暮らしているのか?わからないが…
地に足をつけて 生活していて欲しいと願う。
底なし沼に・・・
助けて?っ!



底なし沼に沈む マルジンマンくらちゃん!
誰か助けてくれーっ!




だいじょうぶか!おしっ!俺の手につかまれ!
「はあ?助かった!!」

ちょっとぬかるんでいるというご報告の現場で…
「えーっ!まるっきり沼じゃん!」
予定外の現場状況にあっぷあっぷです!
沈んでしまうのは 深さのせい?体重のせい?




2.5mの支柱でも はい、このとおり!

人間は 渡した戸板の上を歩けば
なんとか歩けます。

はあ、やれやれ…施工終了!
雨でなくてよかったなあ。

まるで「どろんこ祭り」のような
モノレール現場でありました。



遭難者救助!その時・・・


昨日 新潟(営)マルジンマンが
栃木の現場へ 定期点検に伺ったところ

「いい話 教えてあげようか?」と
モノレールご利用のお客様に言われた。
むろん「いい話」は伺いたいので 即座にYes!

実は…先だって遭難騒ぎがあったそうだ。
カメラマンの方が 山で遭難
動きがとれず 一晩 山の中でじっと待機していた。
翌日 救助隊が遭難者を発見し ふもとへ搬送する際に
山の中で 一本のレールを発見!
「遭難者の搬送に使わせてくれないか?」と
お客様に連絡があったそうだ。
もちろん すぐさまOK!

人命救助に一役買ったモノレール
翌日 ちいちゃいけれど新聞に載ったそうな…。

見たかったなあ?


社長さんおられます?


絵画や俳句など 意欲的に活動されている人の元へ
「○○出版ですが 大変素晴らしい作品に感銘を受けました!是非 作品集を出されませんか?」という案内が届く事があるそうだ。
悪い気はしなくて 話しを聞いているうちに 結局「出版するについてはウン十万」と 結局お金の話になるそうだ。
世の中 流されそうになる話が転がっている。と、いうか 向こうから仕掛けられてくる事がある。

3日前、マルジンにも…
「○○商工リサーチですが 社長さんおられます?」
留守を伝えると 
「今は言えないが 大阪の大きい企業さんが取引したいということで おたくの信用調査を依頼された。社長さんならおわかりのはずだから 2、3聞きたいことがあるので 帰られたら電話して欲しい」とのこと。電話番号からして「大阪」
おもいっきり?????である。
まず「T商工リサーチ」「T国データーバンク」は日頃お付き合いあるが「○○商工リサーチ?」ってどこ?
その上…「電話をしてくれ」って何なのだ?!用があるなら そちらからでないんかい?
横柄なおばちゃんの電話に 結構 むっ!ときて「大手といわれましても大阪でも何社もお付き合いありますし…きちんと説明していただけないとお応えできかねます」と伝え電話を切った。そして、社長に取り次ぐかどうかも含め すぐに「逆調査」。
ネットで会社のHP…一応あるな…。
あら?全国各地に同じ名前あるじゃん!しかも 東京の会社からは「大阪にもうちと同名の企業はあるが関係がないのでご注意を!」とまでHPに記載されている。何があったのだろう?
そして くぐっていくと同じような電話を受けた会社が「電話をかけてしまったところ、報告書に手心を加えるので いくいくら出すように。」とか「調査チケットを買え。」とかふざけた押し売り被害にあった…とか書いてあった。T国データーバンク情報はどうかいな?あらら?昨年調査受けてるよ…。

マルジン諜報部員の調査の結果…。
「社長に取次ぎしない・電話もかけない」
本当に どこかのお会社が取引したいとマルジンを調査されていたとしても こんな失礼な電話のかけ方をする会社に調査依頼されるのでは お里が知れる…。別に 取引してもらえなくて結構だな。

企業の経営状況に関しては 資金の出し手である銀行や投資家、取引相手である供給業者や流通業者、あるいは税務当局といった利害関係者達にとっては、こうした財務諸表から得られる情報は必要不可欠のものである。そして 建設関係では 長期間に渡る工事や金額の大きな契約、公の仕事での信用面もあるため 請負先が「倒産」でもしようものなら 発注元の責任も大きくなる。よって下請けの財務状況を知る事は 必要な事である。

企業は短期間ではなく 常に継続的に、解散や倒産などの自体を予定することなく、事業を継続的に行っていくとする前提に推移していくことが 継続企業の公準といわれるものである。
外部報告のための基本的な財務諸表として挙げられるのが、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の三点セットであり、大切にすべき利害関係者に対し、必要な情報を自発的に開示していくことは重要なことである。
常に隠し事をしようという意識で経営を継続していくと、いかなる名門企業であっても根本から腐っていくであろう。やがては、法的に開示すべきことまで隠蔽する体質へと転じていき、いつか、大きな代償を支払うことになると思える。

マルジンは 赤字の時でも情報開示している。対外も社内も「ディスクローズ」が基本姿勢だ。
だから 知ろうと思えばいつでも見れる。

それが建設業の「経営審査」である。
中には これすらごまかすところがあるらしい。来期からもっと細部まで厳しくなるらしい。まったく操作していない当社としては大歓迎であるところだ。

「○○商工リサーチ」さん お知りになりたい事があれば どうぞネットで御検索を!
レスキュー2600


今日もマルジンの朝は早いです。
現場へ出かけるもの
お届け隊で 走るもの
朝8時には 会社は ひっそりか?ん

今日はめずらしく 
現場の都合で 今日だけぽっかり空いたH所長
現場立会い待ち合わせが11時なので
朝はゆっくりのS所長と 二人が社内に…。

その時「レスキュー2600」の電話が鳴ったのです!
「現場でモノレール使おうとしたら動かない!
 今から持って行くから見て欲しい」
以前マルジンから モノレールを購入していただいた
T地質の方でした。

なんとラッキーですね!
修理ならマルジンの?1、2あたりの二人がいる時ですもの

エンジンは即行で復旧しました。
が…それより重症の部分を即座に発見!
命に関わる部分なので ご説明後入院となりました。

レスキュー2600(2600はマルジンの電話番号っす!)
は いつでも対応いたします。
たとえ『1級モノレール技士』が留守の時でも!

何故なら こういう時に
資材、本機をたっぷり持ってるマルジンの強みが
発揮されるのであります!!
大丈夫!あなたの仕事の手は止めません。
代わりの機械をお貸しします!
ねずみも乗りたいモノレール?


夏から来月末までレンタル中のモノレール
先日 定期点検に伺いました。

レンタル中に 
一度だけ配線部の接触不良のような症状があり
「エンジンがかからない…。」
「いや、かかった!大丈夫!」
みたいなご連絡があったところでもあり
配線部は特に念入りに…。
そしたら…

 ぎゃっ!! 
なんなのだ??これは?
そこにあったのは「ねずみの巣」
ご丁寧に 配線コードを噛み千切り
そりゃ 接触不良になるわいな…。




まあ マルジンのモノレール史上はじめての
モノレール修理!?となりました。

ねずみ親子も モノレールに乗りたかったのかな?
涼しくなったし…
エンジン近くは ほっこりあったかいし
丁度いい加減だったのでしょうが…。
かんべんしてくれ?どっか他で巣作りしてよ?
の、驚きのモノレール点検報告となりました。

{点検表}
*ねずみの巣排除
正義と凶器


ミャンマーで銃弾に倒れた 映像ジャーナリスト長井さんの口癖は「誰も行かない所には誰かが行かないと」だったそうだ。優しい性格だが怒りを持って現場に入ったそうだ。

「武器を持たない」ということの哀しさをまざまざと見せ付ける映像が繰り返し報道されている。しかし、だからと言って「武器対武器」であったら もっと多くの犠牲者が出るということも誰しもがわかっている事である。
軍政府にとっては 長井さんのカメラが「武器」に見えたのかもしれない。
日本でも「かごダッシュ(欲しいものをいっぱい買い物籠に入れてレジを通らず全速力で逃げる事)」の若者を追いかけた 正義感の強い若者が 刃物と言う凶器に倒れ死亡している。

「正しい事」と思って起こした行動で命を落とす。なんともやりきれない。
昔は子どもに注意する「おせっかいなおばさん、おじさん」が結構多かったと思う。今は「すぐキレル子ども」に恐怖を覚え注意しない。さらに自分の子どもにすら正す事をしない親も増えているそうだ。正義とは「不正を憎み、人の道に忠実であろうとする考え」であり あまり前面に出すぎると 偏見ととられることもあるけれど 道理、道徳に適っていると思える「正しい事」を 人間として行えないというのは 寂しい限りである。

アインシュタインが「常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」と言ったという…。
正義をかざしたために 落とさなくても良い命をなくしてしまった。。。そういう見方をする人もいるだろう。そうかもしれない、ただこの正義は凶器ではない。
武器を持って 持たざるものに危害を加える これこそが「悪」であろう。世界各地で 武器で命を落とす人々が日々いることの事実、援助のはずのODAが武器買い付けの温床になっているという懸念、利害関係がからまって いつまでも争う呪縛からのがれられない「人間という生き物」

アニメの世界なら「正義は必ず勝つ!」のだろうけれど…
勝つとか負けるとかいってること自体 己の偏見、意見、信義・価値観であって ある意味正義と悪の本質は変わらないのかもしれない。

あなたは「かごダッシュ」追いかけますか?

はい、私は追いかけます!
多分 マルジンマンは ほとんどみんな追いかけるでしょう。
刺されて死んでも「正義感の強い人だった」と言われるような人間ではないと思いますが…
どっちかというと「おせっかい」「問題があると首突っ込みたい」そういう性格がなせる業です。
ただし…刃物を見たら ダッシュで逃げますが…。何か?
「できるか?できないか?」返答を!


発注体制が どうなっているのか不明だが
今年はやけに仕事が集中して
そして それも「ロングクラス」が多い。
(すんごい短いのもあるよ!よそに断られたっておっしゃって…
 みんなの嫌がる「短いの」「長いの」が多い)

「現場をみてくれ」「見積してくれ」とご依頼があり
その後「Go!待ち」の現場が打診、口約束だけも含め
・・・・いくつもある。
全部一度に入ってきたら それこそ「できません。」かも?

昨日も場所もはっきりおっしゃらないで
「月末に2000mなんだけど できるか?できないか?答えて欲しい」
と、言うお電話があった。
「できるか?できないか?」どゆこと??

マルジン丸の「回答」としては
「できるか?できないか?と言われたら
 『できます』です。
 ただし、諸条件合致したら…という意味ですが」

 『できる』けどやるかやらんか…の世界と言うか…
人員も余力があり 資材もあり(無くても買うか買わんか)
そして単価・支払も双方合致して となる。

マルジンは一旦決めてドタキャンしたことはないっす。
絶対やり遂げる。
たとえそれが 思わぬアクシデントで大赤字になってしまう現場でもやってきたのがわが社だもの。
だから なおさら お客様とは言え 後で条件を変えてこられたときには 簡単に「わかりました」とは納得しないけどね…。
それぐらいの自負は持っている。

やるっ!ちゅーたらやるんだ!なんとしても…

で、今 暫定注文残…どんだけぇ??
「えっとね!○○○○m」うっ…見なかった事にしよう。

写真の そばの花が収穫されるまでの時期
ちょー過密スケジュールが 続きまくるようです。
7人の侍


今日は「モノレール技士1級」試験
申し込みは13人
昨日の時点で 10名ほど受験できそう…だったけど。
(忙しくて週はじめは3人ぐらいがやっと…の予想)

ふたをあけてみたら
結局 7人。
毎度の事ながら昨日の夕刻になって 段取りが動き始めた。 
?急いで施工して欲しいという現場が発生。
?レンタルモノレールを 何かワイヤーロープみたいなものに
 ひっかけてしまって故障してしまった!というお客様からのTEL。
?体調悪く 高熱発生!

この3名をのぞいた「7人の侍」
本日 早朝に武生を出発?

連日のハードスケジュールで頭も働かないかもしれないけど
精一杯頑張って!
一夜漬けか 充分な睡眠か?



マルジンマン待望の?試験が明日ある。
「1級モノレール技士」
夏前に申し込んだ時は こんな状況になるとは
思いもよらなんだ…。
申し込みしたのは13名ほど
(マルジンでは2級を取得してから10年余の対象者としているが)

1週間前には 受験できても2名か1名だろうという予想。。。
何故なら もんのすごく忙しい。
休日返上まで繰り込んで この1ヵ月半走り続けている。
マルジンマンも疲労困憊(のはず)

ところが 今週は天候もよろしく みんなの頑張りもあって
うまい具合に明日は丁度 現場空きが出来そうな気配。
絶対抜けれない監督を抜いても10名は受験できそうだ…。

さあ、大変!
受けれないと半ばあきらめ状態だったので
「勉強してなぁ?いっ!!」
「受けても受からんぞ!」そりゃナイだろーっチミ達!

*「今晩は徹夜じゃ」という一夜漬け派
*「勉強しなくても大丈夫」という妙な自信派
*「来年頑張る」というあきらめ派
*「二兎を追うもの…」になってしまう!と日曜に国家試験を控え 散々な状況の かけもち派

どうなることかは わからないが…
明日は早朝から 試験会場(岡山)をめざすことになる。

一夜漬け。しかし 効果ってあるのだろうか?
眠いまま勉強しても思考力や記憶力が低下してしまう。
記憶力が低下しているため効果は上がらない。
徹夜勉強してテストを受けても、2時間後には70%忘れ、
8時間後には90%忘れてしまうという報告があるらしい。
その後には「忘れた事すら忘れてしまう」

よしっ!移動の車の中じゃ!
それなら直前2時間分は覚えているだろう…。
頑張れ マルジンマン。。。(趣旨が違うでしょって!)

と、応援しながら 実は…
合格者数を言い当てたら「お食事」をおごるのおごらんの…
で、密かに楽しんでいる不届きモノもいるのだ。
何名と言ってるかって??
それは 秘密です!
(期待度バレバレ!いえいえ、期待してます!)
値上げの余波


↑この写真はマルジン本社の道を挟んで前のスタンド。
セルフ(自分で)給油します。(今 クラちゃんが給油中)
ここはトラック協会員とか 流通関係の仕事の会員用の
給油スタンドで 市場価格よりちょこっとだけ安いです。
ただ それも市場と同じように値上がりを続けておりまして
運送関係の業者を直撃している状態です。
そして「軽油オンリー」のスタンドです。

マイカーは他で給油しているのですが
昨日立ち寄ったスタンドに 張り紙がしてあって
「9月いっぱいでガソリン・軽油販売はやめます。今後は灯油販売・ガス配達だけにします」みたいな事が書いてありました。
昨日は10月2日…タンクに残っているガソリンを販売しきったらそれで終了されるとのこと。あと少しとのことで私は最後のほうの客でした。

今のガソリン高騰や人件費の事を考えると 貯蔵タンクが古くなって、設備投資するには 同時に「セルフ給油」でないと 赤字経営になってしまうそうで 多額の借金をするかどうか?息子さんも含め家族で話し合い ガソリン販売の道を断念したそうです。
息子さんは26歳、大学も「セルフ給油」関係の勉強をしたそうで「息子を振り回してしまった気がして それがつらい」とおっしゃっていました。

ガソリン⇒サトウキビ⇒小麦⇒うどん…値上がりの余波はまだまだ広がっていきそうです。値上げせず 小さくなったチョコレート…なども話題になっています。
消費者のアンケートでは「値上げよりコンパクトになるほうがいい」との結果らしいですが…。

モノレールの資材も 鋼材の値上がりとともに一昨年から値上げが続き平均で30%強の値上げとなっています。
販売はさすがに どうしようもありませんので値上がりした新価格を提示していますが それで売上げが増えるかと言うと逆です。買い控えるところがほとんどだと思えます。
資機材が高くなったのだから レンタル費も高くなるかというとなかなかそうも言えません。

私たちの業界は 仕事量が変動しますので 春先からの閑散期は値段の叩きあいのようになって 益々激安に拍車がかかっているようです。
スタンド業界だけでなく 同じような変化の時代に突入していると実感しています。

「マルジンを必要としてくださる」そういうお客様が 一部でもある限りそれに応えていけるよう 日々精進!

お?い!どこにいるの?


足りない部品があって
マルジン会社から30分ぐらいの現場へお届け隊!
えっ?どこどこ?
車が停めてある所で
「お?い!」と呼んだけれど返事なく
あっちのほうで 赤いツナギが手を振ってるぅ?

そしたら100mぐらい離れた場所の草の生い茂った下のほう 
いわゆる川底に いたいたマルジンマンが…

ゆっくり写真でも…と思ったけど
交通整理のおにいさんが二人も立ってらっしゃるし
車を停止させておける場所でもないので
早々に立ち去りました。

あっちの山肌ぶち抜いて
トンネルができるそうです。

マルジンマンは川へ H鋼渡して橋をかけて
その上にモノレールを施工して
あっちの山肌を 駆け上がるらしい。。。
傾斜45度は完璧あるみたい。

がんばれ?マルジンマン!
がんばれ?モノレール!
早く延ばしてね!


現場が補修作業のペースを
追い抜いております。
レンタル期間が終わって撤去してきた資材は
こんなふうに曲がったレールとかが多く
次の現場ですぐ使えるように補修が必要です



レール延ばし機で カーブを延ばして
その後 修正機という 傾きを取る機械に通し
まっすぐにしていきます。

地形に合わせて 曲げたり傾きを取ったり 
設置したときにした作業と反対の事を
また同じように繰り返して
レールをまっすぐに直していきます。

今日 追い込みがかかりました。
「早く延ばして?」

今週は「重量物モノレール施工週間」のはず
(そんな事決まってるのかい??)
ちょこっと余裕あると思ったのに…

休んでる余裕なんか「ナイザ!」でした。


■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記