マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

高くても安全なものを選んでいたはずが・・・
cut.gif


「有毒物混入ギョウザ」で身体の異常をきたしていた方が毎日増えている。写真入で同列の商品などが紹介され「え?っ!うちの冷蔵庫にはあったかな?」と冷蔵庫をあらためて見た人も多いはずだ。
我家の冷蔵庫にも「味の○」の冷凍食品に「原産地 中国」というのがあった。「え?っ!和風食材だから日本製だとばかり思ってた!」

昨年 食肉偽装で起訴された ミートホープの社長が不吉な事をのたもうておられたのを思い出す。
「半額セールなどと安いものに飛びつく消費者も悪い!」と…。
まさに、その通りとなってきた模様。
知らないうちに約半分以上の割合で 中国産の冷凍食品が浸透しているらしい。日本製だということでも 食材や 加工だけ日本でと言うことであれば ほとんど中国に「食を頼っている」ことになる。そういう現状を思い知らされたニュースで 脅威に感じる。

ましてや 今回は生協という 消費者が出資金を出して より安全な食材を提供するはずの団体での被害であるだけに 加入者の皆さんの戸惑いはいかばかりだろう?
生協とはは、「組合員の生活の文化的経済的改善向上をはかる」(生協法)ことを目的につくられた消費者の組織となっている。

一般の「○曜日は冷凍食品半額セール!」という目玉をおくスーパーとは1線をかいしているところでの発生だけに「安全を求め高い金額で購入しているのに このざまか?」という気持ちだろう。

母体が大きくなって 多量に販売しなければいけなくなったとき…。
そこからが 企業はどんな「守るべきもの」があるのか問う過程になってくるのだろう。
あくまで 個人的主観ですが…
生協が伸び盛りの時代に「無農薬梅」の注文を取って 契約農家だけではまかないきれなくなって とられた行動は?…というと…
まったく感心できない行動だったので それ以来その事が頭にこびりついて 勧められても加入する気がなかった団体だ。

生産を引き受ける中国工場も 中国政府も「検査したが農薬残留物は発見されなかった」との見解らしい。
どこで 何が原因でこんな事になったのか結局うやむやになりそうな気配だが、消費者として一番知りたいのは「本当の事」なのだろう。

本当に その中国の工場が 安全面において日本の企業より信頼性があったのだろうか?
「安全である事」を より選別していかねばならない立場で唯一の方法だったのだろうか?
「継続していく為に」やはり「安さ」に流れたのではないだろうか?
生協側の話では「我々も中国工場に調べに行ったが 大変衛生面でも優秀な会社だと思っている」「野菜は調べてもなんともなかった、何故こんな事になったのか不明」等と 外注の不始末という事で緊迫感が感じられないが 今一度 本来のあるべき姿を考えて 襟を正していただきたいものだ。

で、我々としては…
ギョウザは
自家製で作り置き
それを冷凍するに限る。

ニラも白菜も豚肉も 材料はすべて なるべく知ってる近場で調達!
に かぎるね!
男前のはなし
昨日、お客様からの1本の電話…

「いやあ?キミ(マルジン)のところのね作業員達がねぇ?」
えっ?!何か粗相でも?

お話を伺ったら
どうも そのお客様のご依頼の現場へ行く道中で
ご婦人の車が路肩にはまり 身動き取れなくなっているのに出くわし、全員で復旧を試みて うまく引き上げ完了!
名前も告げずに 風の様に去って行ったとのこと。

それで 喜ばれたその方が なんとかお礼を言いたいと思われて 身に着けていた「その地域の電力会社(発注元様)のしるし」を思い出されて 近くの電力分署へお礼に行かれたらしい。

それから「誰の事だろう?」と調べてみたらば
「赤いツナギ服の面々」ということで マルジンだと判明したとのこと。
そんな事があったのも 会社でも知らなかった。

後で聞いたらば「一日一善」を心がけているマルジンマンとしては「当り前の行動」だったとか…。
ま、これは照れ隠しだから 身内は笑って受け流し?
そんなに 喜んでいただけるとは思っていなかった行動だったようだ。
冬場は現場も最悪な状況で 気がめいる事が多いが なんだか胸がはずむようなお話でした。

他のみんなも頑張ってるぞぉ?
どんな現場ももくもくこなす!
すんばらしい
男前!!

わが社の誇りです!!

まるで田んぼじゃ…
20080130.jpg


こんな色のカッパじゃありません!
200801301.jpg


勇姿を見よっ!!
200801302.jpg

離島での仕事
20080129.jpg


冬の海はよく荒れる。
波高6mも しょっちゅうらしい。

住んだ事がないので リゾート気分で
「島って俗世間から離れてリフレッシュできるからいいなあ」
などと思ってしまうものだが

マルジンのモノレールが島へ渡る事も多くなって
そんな甘いものではないというのがひしひしとわかる。

天候次第で・・・
唯一の交通手段のフェリーが欠航になってしまうのだ。
渡る時に欠航になるのは まだ「現場予定変更」という
手段も取れるが 島での仕事を終え「さあ 帰るぞ!」という時に
「フェリー欠航」なんて事になると
車も人も 島で閉じ込められてしまうのだ。

最初ものめずらしい のどかな風景も
島一周してしまえば終わり…なんにもすることがない。
明日はどうか 明日は帰れるか…なんて首を長くして

マルジンはまさにただ今
島事情まっさかり

出航が伸びて やっとこさ
昨日から出かけている施工班…ちゃんと帰れるか?

で、アウト!!なのが
○千mの 島から帰りの資機材…。
海が荒れて欠航が続いているうちに
貨物船は「ドック入り」という検査期間に入ってしまうそう。
え?っ!!
そんな事ってありなの?

一台のトラックは欠航で島に閉じ込められ
運行開始の日には 予約待ちの車の列に
なかなか順番が廻って来ず ほうほうのていで脱出したとか…

今日ようやく マルジン着となりました。

島に残った 大型トラック2台分のマルジンの子ども達?
(モノレール資材)
いつ帰ってこれるのだろうか?

早くて2月半ばとか…

恐るべし!「離島」


ちょっとやそっとで乗れないモノレール動画!
超めずらしい乗り物「吊り下げ式モノレール」に乗った気分で 地底探検お楽しみください。



そ?言えば「○様のブランチ」から
番組で取り上げたいというオファーがあったモノレールです。

で、どうなったかというと…
その頃 マルジンは「○様のブランチ」という番組を知らなかったので…。「ブランチ?ブランコ?へっ??何それ?」
(福井では な?んと放映されていない)
あやしいところから電話だ!と 身構える事しきり。
本物とわかってからも 怪しんで…。

あげく やっぱり 撮影の日には水を止めることができないし、娯楽用のモノレールではないので 施主様からも公開しないとストップ!
ほんとなら「○根勤」さんが乗るらしいお話でした。

そんな めずらしいモノレール 
ここでどうぞ乗ってちょ?だい!
ほのぼの気分のいいモノレール動画
春の風景の中
モノレールに乗ってみませんか?

ほのぼの気分がよくなる モノレールの動画です!



マルジンのモノレールの中で
一番ご利用されているのが このタイプです。
マルジン M&A
M&A(Mergers and Acquisitions、(合併と買収)の略、エムアンドエー、エムエー)とは企業の合併・買収を総称して言う。

マルジンのお客様でも 少し間が遠のいたお会社で
経営者がお変わりになっておられたり、
資金導入されたお会社があったり
それこそ「M&A」が行われていたりして
めまぐるしく状況が変わるような時代でもある。

今のところ マルジンにはこっちのM&Aは予定にないけれど
ちがう
M&A事件があった。

現場のお見積をお出しする時に
精一杯の金額提示をしようと 
やりくりしている担当者の横で
見積打ち込みをしていたY事務職…。

「出ました!」印刷して担当者へ?
「あれっ?なんか高いなあ…なんで?」
??????
「えっ?がんばりましたよ!3名×6日
サブロク24で きっちり余裕なく見積もってます」
ふ?ん サブロク24ねえ…

えっ??サブロク ニジューかよ??ん??
はっ?

申し訳ないっ!掛け算できませんでしたっ!
20080124.jpg


クイズへ○サゴンで
最近はモデルや元野球選手が「あほな回答」で
舌戦をくりひろげていますが
お?っ!いたか マルジンにも!
「M&A(まったく あほう)」
いやいや「M&A(マルジンのあんぽんたん)」

お客様に提出する水際で止まりましたが
今後も 充分気をつけます。

Yさんの名誉の為にも
普段は スペシャルな事務職ですので 
たまたま間違っただけということを付け加えさせていただきます。

そして 普通は人数だけ間違わずに入れ込めば
正しい見積もりが作成できるようになっていますので
ご心配なく お願いいたします。

サブロク18です!
今時の我慢模様
真冬の冷たい湖の中で男たちが綱を引きちぎる「水中綱引き」(国選択無形民俗文化財)が20日、
福井県美浜町の日向(ひるが)湖で行われました。
今年の「豊漁」「豊作」を占う行事です。
20070123.jpg


さっぶ?

この時期 各地でこういう「我慢大会」みたいな行事が多いですね。

現代人の事情として
「我慢」ができなくなった。
物が有り余って「我慢」する必要がなくなった。
ちょっとしたことで切れやすくなった。
等と言われています。

仏教では、我慢を以下の七慢の一つとして分類しているそうです。
(松原哲明「煩悩」すばる舎)

1.慢(まん)他と比較しておごり高ぶることを意味する。

2.過慢(かまん)自分と同等の人に対して
  自分の方が上だと思うこと。

3.慢過慢(まんかまん)自分より優れた人に対して、
  自分の方が力量があると思い誤ること。

4.増上慢(ぞうじょうまん)自分が一番正しくて、
  他人はみんなろくでなしと思ってしまうこと。

5.我慢(がまん)自分に執着することから起こる慢心のこと。

6.卑慢(ひまん)実は俺はすごいんだ、
  という傲慢さがにじみ出ている人。

7.邪慢(じゃまん)徳もないのに、
  「自分は徳のある人間だとしたり顔をしている人。

仏教の教えでは 必ずしも我慢は美徳とは位置づけていないのですね。
どの「慢」も いいことないですね。

我慢は「耐え忍ぶ」ことであり、肯定的な意味合いがある反面、「奢り高ぶる慢心」を持っているということになります。
「耐え忍ぶ」状況が高じてくると その我慢している状況に、「我慢してやっている」とか、「我慢させられている」という思いが募り「何故自分だけこんな目に会わなければならないのか?」と 我慢できない状況に陥ることもあります。

スポーツであれ 今の株価で持ち株をどうするこうするも
我々業界の低迷、市場経済の景気動向も
「ここが我慢のしどころ」と よく使われます。

自分が「我慢している」と思ったとき辛くなるのであって
まずは現実を受け入れ その現実に徹して なされるまま 自分らしく毎日を送ればよいのだと思います。
他人の目から見て 食事に事欠く悲惨な状況であっても幸せな人もいるし すべて望むものは手に入れられる 例えばスポーツの結果すら変えられる石油王であろうと 本当に幸せなのか?幸せと思っているのか?
それぞれだと思います。

なかなかできない 到達できない境地ではありますが
辛さは 辛さを楽しみ
我慢は 我慢を楽しみ
悲しさは 悲しさをめでて
すごせるといいですね。

家族が家族を殺しあうニュース
世界同時株安…のニュースの悲喜こもごもを見ながら
なんとなく 考えてしまいました。

マルジンの「株王」も マルジンの手持ち有価証券も
市場価格で言えば 大きなダウンでありますが 
ま、売買目的にて売るから損するのであって
本来の「ここに投資したい」という原点に戻って
ずっと持っていれば 我慢でもなく 損でもないのです。

(それを塩漬けという)←陰の声


いくらでも安くする業者?
3月中ごろから 大型案件が控えているマルジン
のはず…)
もう そうなると身動き取れなくなるので
それまでに 社員旅行に いこっさ!!(行こう!)
ということになった。

2年間積み立てたオゼゼもあるし…
国内旅行も結構金額かかるし…
やっぱり なかなか行けない海外っ!

natsu38.gif


いつもお願いしているツーリストさんが
担当がやめられたのもあって
ちょっと 複数の会社で見積をとって決めよう
と、いうことになった。

この時節 まとまった案件が少ないのか 閑散期なのか?
航空運賃に燃料上乗せ金が 大きく発生するようになったから
敬遠されてるのかな?

ちょっと声かけたら すごい営業攻勢!

で、みんなに見積を出してもらったところ

中で1社 高いけれど燃油サーチャージ料金も込み料金
「観光や食事がついて」その上 マルジンさんは
「のんべ?」さんと見抜いたのか 飲み放題プラン…。
宿泊先も ビーチ側だと普通のホテルでも高いし
ちょっと離れていると 豪華なホテルでも安いとか
そういう色々説明付きの提案型見積を
出してきてくれたところがあった。

予算オーバーだけれど ほぼここでお願いしようという内定気運。

ところが食い下がってきた1社は
「どのみち値段勝負でしょう?値段だけでは絶対負けたくない!」
と鼻息荒く「そこに合わせていくらでもまけます!」と力を入れる。

いくらでも??
じゃあ 最初に提示した金額ってどうよ?
それはそんなに信憑性が無いものなのかい?

「せ?ので 出してもらって そこで決めるつもりだったから
もういいです」もうなんか聞くのも嫌になってしまった。

マルジンもよく相見積 競争相手を控えて
見積を提出することがあるけれど
「マルジンよりは安くする」というところには
いつも負ける。
「どこそこはいくらいくら、もっとまけれないか?」
「ともかく安ければいい」
そうおっしゃるお客様もいらっしゃる。
天秤にかけてる間に 値段がぐんぐん下がってきて…
それって 発注担当者は嬉しいのかな?

先日 お客様からの検収書に
仕事の文句はないけれど もう2割安くしてね!という
ご希望が書いてあった。
「2割???」

正直わが社の儲けは 収支決算すると1割もない。
2割引く事はできるけど 数年持たず
死亡 マルジン 

そこをなんとか経営努力で…。
仕入先をたたきまくり
賃金をカットし、研修も無くし
こげな 社員旅行・福利厚生なんてもってのほか!
従業員は臨時雇いもアリで 各種保険もかけない。
そんで「マルジンの資材は古くてヤバイですが安いです!」

それで「安くて嬉しい」と 本当に言ってもらえるのだろうか?

ツーリスト営業を 垣間見ながら
やっぱり マルジンは
あんまり高いのも 困るけど…
そこそこ ちょい高くても
中身と あとのホローがきくところがいいなあ?

なんてね!



祝い!合格!
祝!!

週末は9月に受験した試験のネット発表でした。
じ?っ!とパソコンを睨み
自分の受験番号を確認!

あったあった!

20080121.jpg


明るい話題でございました。

来月は 2級の発表だし…

3月は 経理事務士の試験だし…

さっぱりはかどらない試験勉強に
毎日「明日からは勉強するぞ!」

毎年これを繰り返しています。
そのうち 受かる事もあるだろう…
(おい、おい 他人事のようですが…??)
モノレールやるべ!
先日 福井労働局・ハローワークから
「ふくい企業ガイドブック2009」の発行にともない
企業紹介の欄記載に申し込みをどうぞ?
と、いう案内が来た。

写真とかも掲載できる。
スマートなフレーズも考えたけれど
やっぱりマルジンにはこれがお似合いっ!!

20080119.jpg


一緒に汗かいて 充実感を味わいませんか?

アナログな職種は敬遠されがちだけれど
そんな人たちだけではないと
信じて…。

一緒にモノレールやるべ!!
ペット休暇?
今日TVで放送していましたが…
学生の2008年の就職先選別の一番の注目点は
「福利厚生」が整っているかどうか?だそうです。

企業の方も あの手この手で福利厚生をアピール!

「ペット冠婚葬祭」「ペットと休暇を過ごす」
「失恋休暇」読んで字の如し…
(でも これとるのやだろな…。)
「メガネフレーム費用半額会社負担」という変わったものも。
「Family Satisfaction」は親の誕生日月に休みが
与えられるので、その休みを利用して会って来い!
という変わった制度
「ノミケーション」という社員主体のバーがオフィスに出現!
「オプトファーム」とか田舎に古民家と家庭菜園を持つ。
いろいろあるもんですね?

■ふく‐り【福利】
幸福と利益。

■こう‐せい【厚生】
人々の生活を健康で豊かなものにすること。

福利厚生とは、一般的に、企業で働く社員の精神面、施設面、経済面等の環境を整える事で、社員の能力を十二分に発揮してもらい、社員の定着を図る事を目的としています。

若者は言います!
『会社を選ぶ基準として、理念と同じで、福利厚生を重視しています。』経済的、精神的に安定していて初めて人は120パーセント頑張れると思うからです。と…。

でも、どのぐらい福利厚生があれば「幸せ」なのでしょうか?
私たちは、お金のためだけに働いているわけではありません。
しかし、「恒産なくして恒心なし」というのも真実です。
(ある一定のお金があることで、変わらない心が持てる)

「お金」なくして、心おだやかに、よりよい明日の地球づくりのために闘うことはできない。だから、社員への「福利厚生」は大事なのです。
「福利厚生や待遇が良い=良い会社」なのでしょうかね…。

毎年 福利厚生を充実すれば 企業利益も上がっていくかどうか?
利益が上がるから福利厚生を充実できるのか?
弱小企業の 遠吠えかもしれませんが…

「どんな考え方で、その会社の福利厚生があるのか」

・自分たちだけが幸せになるためだけに考えられているのか
・周りの人たちも幸せになるために考えられているのか

そんな事を考えてみるのも良いと思います。
そして、その考え方に賛同できて初めて、
あなたにとっての”良い会社”と言えるのではないでしょうか。

マルジンはどうかなあ?
「海外旅行」は隔年で…
「マルジンずバー?」それは結構 福利厚生費使っております。(笑)
「失恋休暇」はあ?それ取った社員いたなあ…。
「田舎に古民家と家庭菜園」?これは「My山菜山」も含め
 山ほどあるけど マルジンマンは見飽きてて
 誰もしたくないっちゅ?の!
20070118.jpg


いずれにせよ 利益あって会社も潤って
でも そればっかりじゃ利益は続きません。
利用いただいている お客様が喜んでいただけて
リピーターにもなっていただけて 利益が続く。
暴利をとって 長続きするものではないでしょう。

自分のみならず周りも”幸せ”になって初めて、”幸せ”が実感できる。そんな福利厚生だといいですね。
みんなで積み立てて 半分会社が出しての「海外旅行」でも「この生き馬の目を抜くようなご時勢に そんな事できる余裕があるのなら価格を下げよ!」って言われると お客様にとっては「幸せ」じゃないですね。
「リフレッシュしてまた帰ったら頑張ってくれよ!」
そう言われる様な 関係でいられますよう。
日頃から頑張らねば?

エンジンが止まらないっ!
マルジンのモノレール御使用の現場から
電話があった。

「エンジンが止まらないんだけど」

20080117.jpg


症状から考えると
エンジンの「入り切り」スイッチの配線が
何かの拍子に接触が悪くなった?
もしくは 抜けた??

それで電話応対している担当者が
「こうやって 通電を確認ください」
と、説明申し上げたところ
「やってみる」とのことで一旦電話を切って…

しばらくしたら また
「やっぱりダメ!配線は全部見たがおかしい」との事。

う?ん…何か他の原因かな?
ご利用に支障があるだろうから、と
やっぱり現場へ走る事にした。

片道2時間
もしやの為の 代替機も積んでエッチラオッチラ

ようやく着いて見せていただいたところ…
が?ん!やっぱり抜けてる!!
1秒で復帰!
やはり配線が何か当たった拍子にでも抜けたのでしょう。
でも保護してあるジャバラカバーでちょっと見にはわからなかったらしいです。よく見ればわかるんだけど?(泣)

ごめんごめん!
お使いの年配のオペレーターの方が平謝り。
「ほら?来る事なくても治ったでしょ!」な?んて思っても
マルジンマンもあまり強くはいえませんでしたそうで…。

だって、この方が現場が決まった時
「モノレールはマルジンでないと嫌!」とご指名されたそうです。
どこかの現場で整備不良のモノレールで危険な目に会ったらしいです。
そういうありがたいお声を聞いているので なおさら頑張っちゃう!

最後までご安全に?

新幹線も空港も無い!
日本住みやすい街ランキングでいくと
常に上位を獲得する 福井県(特に福井市、武生市)だけれど 実は 新幹線も通っていないし ましてや空港もありません。
お隣の石川県など「小松」「輪島」と二つも空港があるというのに福井には なあ?い!のです。

↓福井の西川知事は新幹線誘致に意欲を見せる。
fukui1.jpg


似顔絵:知人作
なにがなんでも引っ張ってくる!という気持ちが現れています。

北陸新幹線を敦賀まで延ばして?
総合政策部新幹線建設推進課 というところが整備促進が実現されるよう要望しているそうです。
完成すると 福井⇔東京間が1時間早くなるそうです。

誰が喜ぶかというと 一部の利用者と建設関連会社?かな…。
マルジンも工事やなんかで 結構モノレール利用が増えるかもしれないね。
う?ん でも 県内(石川県境・敦賀間75km)の建設費は、約5,300億円と試算されているようで…
どんだけの金額なのか 想像がつきません。

なにがなんでも新幹線という気はおきませんね。
旅行で関東方面に行くとしても 1時間ぐらい遅くてもいいかな…と思ってしまいます。


fukui2.jpg


クリスマスは済みましたが
今の武生駅前は こんな感じです。
これでも 昨年とは頑張ってイルミネーションしています。
さながら「武生ルミナリエ?」
誰も これを見ている人はありません。
寒いので ただの風景として横目で見ながら足早に通り過ぎるのです。

新幹線はこない!となって その分 公共事業が減ると マルジンにとっても死活問題になるのかも知れませんが それはそれ…やっぱり 急ぎすぎてる日本より 少し「スローライフ」もいいんじゃない?なんてね。

新幹線も空港も無い 福井県。
それでも
あまり不便とは感じない 住人なのでありました。

胃透視撮影装置を搭載した健診バス
今日はマルジンの集団検診

この冬一番の冷え込みの中
朝早くから 並んだ健診バス

一台は今年初めてやってきた
「胃透視撮影装置を搭載した健診バス」
200801161.jpg


35歳以上の ちょい前若者は
今まで福井の病院で健康診断を受けていたのですが
昨年から 透視ができるバスが導入されたので
もう一般健診と同様に 健診できるようになったのです。

200801162.jpg


はいはい
「おしっこ取った人から 次は耳ね!」
「血管出にくい人は ちょっとストーブで暖めて!」
「見当で右左答えちゃいけないよ!(視力検査)」

現場のマルジンマン優先で 健診は進みます。

バリウム飲んだチームは
まるで 南洋の人みたいな白いたらこ唇?
うっかり「ゲップ」しようものなら やり直し…
また おいしい?バリウムをコップ一杯。。。嫌だあ!

3時間ほどで 全員終了。
健診バスの皆様ありがとうございました。

みんな 結果良く また1年ふんばれますように?
チームワーク
200801121.jpg


「今年のマルジンマンは
こんなことに気をつけて仕事をしていただきたい。」
というのが 社長からの新年の言葉でした。

「チームワーク」
チームとは 言わずと知れた
2名以上の人が ある目的を達成する為に
集まった集団の事です。
「バトミントンでもやろうぜ!」と楽しむために集まったのは
「仲良し」であっても「チーム」ではありません。
が、「この荷物を別のところに移動してくれ」と
呼ばれた2人は 集まった瞬間からチームなのです。

*相手が気に入らない人だったから
 なるべく力を出さないようにした。
*力関係が発生しどちらかの言うとおりに
 行動し荷物を運び終えるが 達成感はまったくない。
*一人で運べるだろうと 片方がいなくなった。
*仲良し同士だったが おしゃべりしていて
 なかなか仕事が終わらなかった。
*一方が腰痛なので二人で相談して傷つかないよう運ぶ為に
 台車を調達して 力はあまり使わず早く終了した。

ワークとは「See→Think→Plan→Do」の輪を回しながら仕事をすることであり 誰かが考えたことを、指示された通りにやらされているのは、レーバーであってワークではありません。レーバーが仕事だと思っている人は、仕事の結果に責任を持ちません。「結果が悪かったのは指示した方が悪い、自分はいわれた通りにきちんとやったのだから」と考えてしまうのです。

チームワークとは…
続きを読む…
資金繰りを良くする為には○○を払うべし!
昨日は12月期の 月次試算表作成日
マルジン事務職が 建設業会計ソフト等に
が?っ!!と 1ヶ月伝票とかを打ち込んで
最終作成日は 会計事務所の担当 H氏が来社

細かい修正がないか等のチェックをしてくださり
試算表を仕上げます。

その後恒例の「お勉強会」にとつにゅう!
今度はあれがいい、あ?たらこ?たら…言ってましたが
今回は H氏からのテーマで

「金トレ講座」と相成りました。
20080112.jpg


「資金繰り」
それは どこの企業も重要な事であります。
ごくごく一部には 利益が現金で貯まって貯まってしょうがない…
そういう企業もあるでしょうが
「売上げが上がれば上がったで 何故か手元にはお金がない」
という現象が起きてきます。
1000円で仕入れたものを1200円で現金収入
と、絶対利益の出る現金商売なら大丈夫ですが…

*仕入れたものが売れないが またちがう仕入れが必要になる。
*売れたけれどツケで買われたので代金いただけるのが遅い。
*支払いは現金だが お客から手形をもらった。
等など 色々な諸条件が発生します。

ましてや帳簿上は 利益が出ていたりすると
「税金」を払わなければいけなくなります。
「こんなにお金が無いのに…なんで税金を払わねばならんのだ!」
ぷりぷり怒っても オロオロと泣いてみても
払うものは払わなければいけません。

「資金繰りを良くする為には○○を払うべし!」
 ○○?いったいなんでしょうか?

「おしっ!それは貸してくれる銀行さんを接待する接待費じゃ!」
「いやいや、ツケを払う?犠牲を払う?」
ちがいます。。。。

「税金」を払う 
という事です。

「税金を払いたくないから…」
*経費を増やし 利益を残さない

ストックオプションがないから次の投資ができない

資金繰りに困っても数字のよくない
企業に貸してくれる銀行はない

これでは資金繰りが良くなる事はありません。

結局は

「税金を払えるほど 利益を出す」
これが一番の条件なのですが…。

今の時代…こいつが ほんとに
難しい のであります。

マルジンはと言えば
利益確保は毎年ほんとに て?へんでありますが
支払いをきちんとしてくださる お客様のおかげで
お金を貸してくださる銀行様のおかげで
なんとか 頑張れております。

ありがとうございます。
今年も どうかよろしくお願いいたします。



1t以上のモノレールは売らない!
少数のモノレールメーカーとOEMメーカーの集まり
「モノレール工業協会」の先だっての会合で
今まで 一般も含め販売店に販売してきた
「重量物のモノレールを 販売しないと言う方向でいく!」
と決めたそうだ。
ただし「永久設備」は除くということだから
どういうことかというと…
「レンタル」や「自社手持ち」で現場の仮設資材として
メーカーのあい知らぬところでモノレールを利用するのを
排除していこうと言う考えである。

↓象でも運ぶゾウ!


それは一番に 重量物運搬手段としてのモノレールの
安全管理体制を重視した為だろう。
バブル期なら「ええわええわ」で新資機材 設備投資も
可能だったろうが 公共事業の圧縮等でどこもかしこも
青息吐息、古くなろうが部品交換が必要だろうが
そんな余裕もなく 手持ちの在庫でまかなおうとする。
それで工事に見合った機種でないものまで使用したり
ひいては事故に繋がることがあった為だろう。

レンタル等に関しては すべてメーカーが点検整備した機種で
安全性を高めたいというのが基本だろう。

マルジンとしては
以前から まだまだ不安定な機能の機種があるように思っていたし
いつかは己の首を絞めるのではないか?と思える
代理店制度の枠を超えたのべつまくなしのメーカー販売合戦に
管理体制の不安を覚えていたところで
「へ?っ!やっとそういう機運が起きたんだ!」
と 歓迎する部分もあるが
「販売店も信用できないほどなのか?」
それは機種の不安?販売店の選別不安?と
業界の未熟さに悲しさを覚えるところだ。
(メーカの中にはきちんとした代理店制度を
 維持しているところもあるが 規模が
 大きくないとできないという実情)

ある マルジンウーマンが ぽつり…。
「これだけどこにで?も売ってきて
いまさら売らないなんてできるのかな?」


いつまで続くかわからないけど
しっかりガンバッテ より安全な機種を提供して
いただきましょう!
これから よりメーカーの手間隙かけた点検管理体制が
問われる事になるのだから 襟を正していただきましょう!

マルジンはと言えば…
この「モノレール工業協会」に属していない
大手メーカーともOEM製造しているので
マルジンの責務において よりよいモノレールを
提供すべく今後も新規資機材投入は 続けいていきますぞい!

↓こんなモノレールです。
動画よろしければごらんください。
雪だるまの解け具合・・・
年末に どかっ!と降った雪。
こんな 雪だるまもできるほどでした。

200801091.jpg


ここ2,3日 暖かい日が続き

痩せてしまった 雪だるま…

20080109.jpg


そろそろ 雪で止まってた現場も
動き出すかなあ?
でも、週明けあたりから また冬型らしいし…

北陸の人間としては 春がほんとに待ち遠しいです。

マルジンマンも週明けは
「集団検診」で 健康診断のバスが参ります。
正月の食っちゃ寝がたたって 体重計に乗りたくない!
いえいえ、それはダメ!
色々調べてもらって 自分の健康管理は
きちんとやっていきましょう。

でも、あったかくなるだけで
スリムになれる 雪だるま…
ちっと うらやましいような…
未来は若者に
「若者」とは何歳からの事をいうのでしょうか?
約15歳から24歳までらしいです。
26.gif


え?っ!20代は若者じゃないの??
ショックですね!

というのも 昨日
福井の地元のTV局様から
「若者の仕事」の特集で取材依頼があったのです。
若者の人間力を高めるための国民運動にそって
若者向けの取り組みをしている団体からの紹介だそうです。
「マルジンは若者が多い」ということで…

若者の離職率
中学、高校、大学の卒業後、3年以内に離職する割合は、それぞれ約7割・5割・3割。つまり、若者の離職率は「七五三」の割合となっているそうです。
高卒で5割 2人に1人の人が離職していく昨今
キツイ3Kの仕事で頑張る明るい若者の取材が
したかったそうで…
それも近日中に!

で、もとの
「若者」の範囲に戻るわけですが
そううまい具合に 会社近辺や 県内に
若いマルジンマンばかり残っている仕事ではないのです。
み?んな富山や太平洋側へ出かけたところであります。
たまたま?残っているのは…
う?ん 昔の若者
ちょい前の若者

中堅どころの他のものではだめでしょうか?
「う?ん 若い人がいいんですけど…」
そんな こだわらなくても…(笑)

来週まで待てば 若どころが揃いますが
それは待てないという事で
今回はお流れとなりました。

マルジンも全員若いというわけでもないし
辞めていく人もいます。
若者らしい夢や希望をかなえられる企業でありたいと
思いますが なかなか難しい課題です。
「ただ何となく就職して、面白くないから辞める」といった
安易な気持ちでなく
辞める時でも「こうこうこうだから辞めてこうするんだ」
「精一杯やった結果がこうだった」という
気持ちが前面にだせるような仕組みづくりというのは
必要だろうと思います。

まあ、これから老人は増え 若者は離職では
社会がどうなっていくのだろうと 不安ではあります。

でも「若さ」で こんな風に
お話があるのは 嬉しい事ですね。
2008年 出発進行!
年末年始休暇も終了して
今日から マルジンの2008年が始まります。

5日は皆で 例年のごとく
今年1年の「安全祈願」に
「岡太神社」へ
(福井県越前市粟田部町)

20080107.jpg


本来の初詣は 
その年の恵方の神社へ伺うのが吉らしいです。
(2008年は戊癸 丙の方位(南南東)らしい)
そうは言っても マルジンは今まで
何かと言えば「岡太さん」がお気に入り。
これまで 事故無くお仕事できているのも
ごりやくというか
何かお守りいただいているような…気がしますので。

今年違う事と言えば…
神主様が 御腰が悪く昨年の夏以来入院中
年末には退院されるようなお話でしたが
やはり無理だったご様子で
違う神社からの「代理神主様」でした。

昨年は継体天皇即位1500年と言われ
県内各地で行事が催されました。
岡太神社も宮跡があったと言われる地に建てられています。

粟田部は「オホド」(継体天皇の名前)の民と言う意味の「オホドベ」から変じたと言われているそうです。
「オホド」の民として
また1年お守りいただきたくお願いいたします。

そうは言っても
他力でなく まずは自力!
一丸となって 安全でよい仕事を心がけていきたいと
念ずる次第です。
謹賀新年は雪の中!
200801011.jpg


200801012.jpg


謹賀新年

2007年 また1年
お客様にもマルジンにも事故なく
安全な仕事をさせていただく事ができました。

年末の忘年会も
いろいろと「はじけすぎ」の武勇伝?はありましたが
それも 行く年とともに置いてくる事ができました。

2008年は 雪と共に明けております。
5日の恒例「安全祈願祭」までは
みな お正月休みを頂戴しております。

7日より通常勤務です。

また 頑張ります!
今年もよろしくお願いいたします。

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記