マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

しょいこはないか?
「しょいこ」ないかな?
よいこ?
しょーこ?
どこのお嬢さん?

ちゃーうって!!しょいこだよ!

うわ?っ!
また ひとつ勉強しました。
「背負子」ちゃんと PCは立派に変換します。
2008063002.jpg


「背負子」と書いて「しょいこ」
昔 うちのじーちゃんは
山から薪を拾ってくる時 なんて呼んでたろう?
なんか違う方言で言っていた様な・・・
今のこんなフレーム式ではなくて
もちろん 木製&荒縄製だったし

さあ・・・そんなもん何するのかと言うと
「頼まれれば嫌と言えないマルジンマン」
この 背負子を購入して
サテ その目的地は・・・
200806301.jpg


じゃーん この急階段を登るのじゃ?っ!
それも 40kの荷物を背負って!
50度あるらしい・・・立ってるのがやっと

マルジンが設置したモノレールじゃないけど
壊れて動かない モノレールが
この階段の頂上にあるらしい。

それを修理してあげるんだって!

さすがの「スパイダーマン」
超キケンじゃけど お受けしたのなら
無事完工してくれたまえ!

マルジンマン 技術派 力持ちと
マルジンマン しなやか力持ちと
2名で トライするとのこと。

気をつけてね!

激甚指定
kasai_0002.gif

岩手・宮城内陸地震での
激甚災害指定について 昨日のTV報道があり
どうも 政府には指定しないような見解だという・・・
地震の規模からいっても 中越沖地震 能登半島地震より
大きな被害が出ているように思い
むしろ 当たり前のように感じていたが・・・

雪国の住宅の丈夫な構造や
民家が集中していない中での災害だったため
被害(人的)が 少ない 等から
激甚指定の雲行きがあやしくなってきているとか・・

昨年の能登半島地震の際は
ちょうど一ヵ月後に激甚指定が 出ているところから
まだ可能性は無くなったわけではあるまいが・・・

ほんとに 驚いてしまった。

同日に
各省庁の 自己申告による「居酒屋タクシー&接待」の
なんとも軽い処分が発表され
また 北朝鮮拉致被害者に対しても
「こんな守り方かよ!」という歯がゆい対応に

「う???ん・・・こういう国に生きてるんだな」と
悲しくなってしまった。

弱者や 思わぬ被害にあわれた人には
何をおいても守る姿勢を 見せていただきたいものだと思う。

守るべきところが 違ってやしませんか?
いったいどこがどうなって
誰が悪いの?
あ?あ・・・
キムタク総理が ほんとにいてくれたらね?
(ま、このTV番組 意外に現職の議員さんが
 良く看ているらしい・・・
「こんなカッコよくないけど やってることはワカル!」なんてね)

裁判員制度 より 議員制度で
たまには議決権もたせてくれんじゃろか?
日ごろの うっぷん はらさせてもらいまするのに・・・
派遣は負け組?
20080625.gif

不正な二重派遣問題で、職業安定法(労働者供給事業の禁止)違反ほう助などの罪で、法人としての略式起訴された GW(グッドウィル)は 廃業するとのことだ。
そう言えば・・・諸問題取りざたされてからだったが、マルジンにも営業の電話がかかってきて・・・

怪訝に思い こちらから
「建設業の現場への派遣って 違法じゃないですか?」
と 切り返した事があった。
営業マンは 言葉を濁されて電話を切ったが
多くの派遣登録者の派遣先を探すのも
一苦労だったのだろう・・・

「派遣社員」
以前は 企業に束縛されず 自分のスキルにあわせ
高収入も見込めるという カッコイイ生活スタイルだと
思われていた。
しかし、最近は 先の読めない景況も相まって
定職ではない「ハケンは負け組」との 気風があるようだ。
秋葉原での無差別殺人の若者も 派遣であることに
「人生の負け組」と自虐的なコメントをしている。

もしも 建設業の派遣社員が可能なら
こんな 便利な事は無い。
それには「スキルが高い」というのが必須条件だが・・・

国土に根付いた 土木・建設関係の仕事に必要なスキル?
頭タリンでも チカラあればいいんじゃ?
いえいえそうではありませぬ?

結局 何の仕事も同じだと思う。
「自分が今している仕事から全体像を見る」
一部の工程を与えられたら
*どういう結果を望まれているか?
*次の工程にとって どういう配慮が必要か?
こういう事を考えられれば 派遣であろうと正社員であろうと
どこに行っても重宝されるだろう。
そんな人が「派遣」できるなら
建設業はもう少し楽かもしれないね。

「だんごう」やっても楽にならない業界。
社員を抱え 仕事が減り 材料は上がり
価格競争に借金は増え・・・

昨日もまた 福井県で過去4番目という
大型倒産があった。
社員160名 負債78億円以前 大型モノレールを
ご利用いただいたことがあるお客様だ。
そういうウワサも聞かなかっただけに驚いている。

北陸の景況感 「悪???い」
無い知恵を絞って 踏ん張らねば・・・

派遣が「負け組」?
そんな事考えてる前に 
自分の足元の仕事から踏ん張ってみるべきじゃ?
「仕事があって ありがとう!」って
何か工夫してみたら そこから開けるよ。
(その はず!)

90歳の自転車
20080623.jpg

先週の金曜日の昼休み
用事があった マルジンマンT君は
マイカーで 自宅に向かう道路を走っていました。

その時 道路に出る田んぼ道を 男性が
ゆっくり自転車で走っているのが見えました。
通常であれば 自転車が止まってくれる道路ですが・・・
そのまま 直進!

驚いたT君 急ブレーキ!!
ぎりぎり 自転車をかすめる程度で停止。
ところが その男性は
ふらついて転倒されていまいました。

お見かけする限り かなり高齢の方のようですし
「大丈夫だ」とおっしゃったそうですが・・・
支えられずに もろに頭を打たれたようなので
すぐに 救急車の手配をし
警察にも通報・・・

それから 会社へも
「こういうわけで遅れます」と TEL
お年を伺えば 90歳とのこと・・・
マルジン内でも
「年寄りは ちょっとしたことでも骨折しやすいから
 大丈夫だろうか?」と心配していました。
(会社の近くでもあり 心配して駆けつけた人も・・・)

その方は 幸いにも「たんこぶ」だけで どこにも異常なく
ほんとに ほっと一安心でした。
警察の方からは
「高齢者の方は フラフラして危ない困ったものですが
 子どもと高齢者は 運転者の方でよほど
 注意しなければいけないですね」と言われたそうです。

「90歳」って 驚きですが
表にもあるように
1年間の使用頻度は
「かなり使用50%」「たまに使用 50%」ですから
普通に使用しておられるということです。

T君も ショックで 顔面蒼白状態でしたが
落ち着いて 事故処理できて
結果が 何事も無かったので ほんとうによかったです。

しかし、いつ当事者になるともかぎりません。
他人事と思わず
気をつけなくては・・・と思った次第です。
生ビール99円!
20080622.jpg

週末は 決算報告会の後
お楽しみの「大血気盛ん?大会」で
生ビール 一杯「99円」という ある居酒屋さんを予約
怒涛の「はい!100杯持ってきて!」
店員さんが驚く注文を じゃかじゃかやってきました。

おいしいビールをいただきながら
ボウリング大会の結果発表!
185のハイスコアを出した T君が優勝!

伝説の飲みっぷり?
でも みんな 乗りあわせか
無事代行運転にて 帰宅しました。

また 今日から
頑張って仕事します!!
今日は「カレー」の日
200806202.jpg

今日はカレーの日?
ちゃうちゃう!
ま、そうとも言える・・・。
どっちやねん!?

マルジンへっぽこ園芸部の作りました
「ジャガイモ」が収穫できましたので
今日は 社長が「カレー」をつくりました。

で、お昼はみんなで それをいただきました。
でも
それからが・・・メインですよ!

今日は「決算発表会」
前期の結果を まずは社員にわかりやすく説明。
銀行様も 大事ですが
(もちろん ちゃんと 銀行様にも決算書は
 よくても 悪くても提出を欠かしたことはありませぬ)
社員に会社の現状を きちんと把握していただく事も
すんご???く大事。
マルジンは
社員に公開していない部分はありません。
みんなで 一緒に頑張らないと とてもやっていけません。

その 後は・・・
20080620.jpg

「頑張ったで賞」の表彰式
「皆勤賞」
「応援賞」(たくさん 営業所の応援に行った人)
「独断と偏見賞」(あげたい人に各人が ○○賞なんてね♪)
賞品は 金一封かと思いきや・・・
またもや 迷惑な「観葉植物」・・・など
いつもながら 笑いを誘ってます。

そんで 大ボウリング大会
ここから 力が入ります。
賞品は もしかして?プラズマテレビ??
(そんなわきゃ?ないかっ!!)
ただ今終了したみたいです。
どうも 大穴が出たようで・・・

ほんで これからは
「大(ダイがスキやね)がんばろう!血気慰労会」
って 事で・・・
明日から また 頑張ります。
お客様に可愛がっていただいて
また1年「がんばったね賞」をもらうんだ!!

では おいらも 慰労会行ってまいりやす?
さようなら???


もちろん 飲酒運転はいたしません!!




刃物も適材適所で とても便利!
200806191.jpg

会社のまわりの草取りをしました。
春に かわいい紫の花を咲かせたスミレも
なかなかしぶとい雑草で
あっという間に 生い茂って繁殖します。

こういう石ころだらけの地面での草取り・・・
根っこまでとろうと思うと大変!
で、登場してるのが
この へんてこりんな「鎌」
名前は「1本爪 セセリ」って言います。
本来は 土嚢とか袋状のものを 
ひっかけて移動させるのに使われています。

ところが・・・
福井県の嶺南(れいなん)南部の若狭湾沿岸地方では
草をとるのに この「セセリ」を使います。
嶺北(マルジンとかの地方)では
この鎌を見ると「何 これ?」という感じです。
200806192.jpg

私達は 小さい鋸鎌か ↑こんな刃のついた小鎌を使います。

切るのは得意ですが・・・
石ころに当たると 刃先が「ペキッ!」っと
折れてしまうのです。
同じ用途であっても 不思議なもので
地方地方で 刃物も色々使われています。

伸びてから根っこより上のほうだけ刈っておくには
「草刈鎌」とか 刃の鋭いものがいいですし、
じっくり根っこもやっつけるには このセセリは
すごく便利がいいです。
そして 持ち手の柄に「ひっかけ」があることで
カッチンカッチン刺すときに 力が少なくて済みます。
除草剤撒いて済ます・・・という人も多いでしょうが・・・

草取りしながら 雑草の種類、地面の状況に合わせて
刃物も適材適所で 色々使い方があるなあ?
なーんて思ってました。


福井梅はいかが?
20080618.jpg

福井梅の収穫時期となりました。

和歌山の「紀州梅」も有名ですが
福井産の「福井梅」も
梅干に適した「紅映(べにさし)」という品種で
大変 皆様に喜ばれております。

*紅映というその名称のとおり、
 青梅の表皮が熟するに従って
 鮮やかな紅色に染まり、芳香を放ちます。
*種が小さく、果肉が厚いという特徴があります。

「もぎたての梅はいかが?」
という お葉書が届きました。
「ただ今、収穫の時期を迎えています。
南越前町の河野梅です。」
↓ちょうど 6月21日22日が「うめまつり」
いろいろなイベントも企画されています
http://www.town.minamiechizen.fukui.jp/

越前海岸を散策しつつ
体験梅もぎ いかがでしょうか?

↓「もぎたて梅」の直送のご依頼はこちら
(筆者 同級生の経営です)
南条郡南越前町大良
「宮川梅園」
まで どうぞ!
電話&FAXは
0778(48)2852 です。

今年は「裏作」なので 数は少ないですが
つぶの大きな 質の良い梅が出来ております。
緊急地震速報
20080617.jpg
岩手・宮城内陸地震から3日
いまだ消息のわからない方がおられ
胸の痛い限りです。

このところ 毎年大きな地震災害に見舞われています。
当社の関係者で 今回の地震での大きな被害は
今のところ伺っていませんが
「モノレールレンタル協会」の 会員のお仲間のお会社が
多少被災したとのことです。
ガラス割れ とか 老朽化の建物(倉庫)が
少し痛んだ程度のようです。
ただし 山腹の工事現場で亡くなられた作業員の方が
お知り合いの方だったとか 伺いました。
そういうお話を伺うと 本当に他人事ではありません。
(マルジンの 東北営業所(仙台)はもちろん無事です。)

今回は 日曜の朝 テレビ画面に
「緊急地震速報」が入り
わずかながら 地震の来る前に知らせが入るという
情報の点からは良い事なのに 
結果を「待つ」時間が 気分の良いものではありませんでした。

「地震が来ますから注意して」と言われ
まずは「火」と、思いましたが
違うそうです。

■家庭では
 頭を保護し、丈夫な机の下などに隠れてください。
 あわてて外に飛び出さないでください。
 無理して火を消そうとしないでください。
■人がおおぜいいる施設では
 施設の係員の指示に従ってください。
 落ち着いて行動し、あわてて出口には走り出さないでください。
■屋外にいるとき
 街中では
 ブロック塀の倒壊等に注意してください。
 看板や割れたガラスの落下に注意してください。
 丈夫なビルのそばであれば、ビルの中に避難してください。
■山やがけ付近では
 落石やがけ崩れに注意してください。

火を消すのは 地震が収まってから・・だそうです。
もし 家が倒壊して テーブルの下に避難していたら・・・
万事休すですね。
今回の地震では 観光旅行客の被災が多かったようです。
渓谷の美しい風景は
地震で 土石流となって一変する・・・
まさか 山一つ無くなってしまうなんて
誰が想像できたでしょう。

自然の猛威には 人間の力は無力なものだと
痛感する災害です。

被災者の方の一日も早い復興と
もう 毎年起きて欲しくないと 願うのみであります。

マルジンマンと鳩
20080616.jpg

今日 マルジンマンが鳩を保護した。

正確には・・・
マルジン本社の道を挟んで前の会社の事務員さんが
「怪我してるしお医者へ連れてってもらえないか?」と
渡したらしい。
(自分で行かんの??)

そこはそれ、心優しいマルジンマン
手にとって見たけれど
力なく 胸の辺りに大怪我している。
(写真は撮らなかったので 上の鳩は違う)

えっ?鳩って 獣医さん?
お金いるの?

でも 放っておけないので
マルジンマンのM君が指名されて
みんなのカンパ金を持って 近くの獣医まで行く事に・・・
「手術とか入院で 保険きかんし
 そうなったら どうしょ?みんな またカンパしてくれ?」
そういい残し 病院へ

でも なかなか帰ってこない。

後で帰ってきて 聞いたところ
最初の獣医さんは「野鳥は診ない」ということで
違うところを紹介されて そこまで走ったそうだ。
結局 怪我がひどく助からない確率が高いという事で
獣医さんが預ってくれる事になり 帰ってきた・・・との事。
診療代は無料だったそうだ。

待合室で 鳩の入った箱を抱えていると
み?んなが寄ってきて 怪我してるから連れてきた・・・というのを聞いて
「あんちゃん いいこやのお?」って言われたとか・・・。
鳩にとっては よかったのかどうかは わからない。。。
なんとか助かってくれるといいが・・・。

そんなこんなで
「野鳥の保護」というのは 色々取り決めがあると言うことが
後でわかった。へ?っ・・・である。


ケガや病気の鳩を保護した時
■ 獣医さんに電話

獣医さんに連れていく前に、電話で鳩を診て貰えるか確認して下さい。野性の鳥を診療しない動物病院もあります。獣医さんによっては、野性の鳥は診療代を取らないところもあるようです。

■ 野生鳥獣保護について

お住まいの県や市町村の野生動物保護係に連絡して下さい。(県や市によって、自然保護課、農林水産課など、所属が違います。)場合によっては指定の獣医師を紹介、傷病鳥を引き取ってくれることがあります。
キジバトは引き取ってくれる場合が多いですが、ドバトは引き取りを拒否されることがあります。引き取りをしてくれる場合も、単に「処分」されることがありますので、確認をして下さい。

テストコース大活躍!
20080612.jpg


ギュイーン!!
と、傾斜をつけた テストコース
毎日 活躍しています。

1t 2t そろい踏み

45度の傾斜
エンジン音響かせて

点検修理のテスト走行!

よしよし OK!

次の現場へ レッツ・ゴー・ゴー
手のひらにある幸せ
20080611.jpg

秋葉原の殺傷事件の内容が
色々と報道されてくると
ますます 胸が痛い。。。
なんと 友人の関係者のお子さんも含まれたいた・・・。
と、聞くと他人事ではない。。

「サバイバルナイフを 福井で購入した」
と、聞いたとき 思わず
近所の「ナイフビレッジ」か?と思った。
刃物の産地 越前市(旧 武生市)
「狩猟刀」という種類で 小刀も生産している。
どうも 福井市のミリタリーショップでの購入だったらしいが
店員は犯人について「何も不自然なところはなかった」と言っている。

JRで 静岡から福井まで遠出し刃物を買い
道中もネットの書き込みを続けていた犯人
中学までは 優秀(に見える)生徒だったらしい。
本人は今 供述では
「教育熱心すぎる親に 作られた人格が高校で挫折した」
ようなことを言っているらしい。。。
親もうざかったのだろう
付き合う女性も無かったのだろう
仕事もおもしろくなかったのだろう
友人もいなかったのだろう

しかし・・・
それで「不幸だ」と思うこと自体が不幸だ。

「嫌な親」「嫌いな親」なら
それで 自分はこんな親にならないでおこうという反面教師になるし
付き合う女性がいないのなら
恋愛がいかに幸せなものか より自覚できるであろうし
仕事がおもしろくないのなら どうやったらおもしろくできるか
一番よくわかるはずだし
友人がいないのなら 一生友人無しでどうやって生きてやろうって
哲学の道に進んでもいい。。

「心の持ち方で ひとつの出来事が幸せになったり
不幸になったりする」まさしく それであろう

日本画家 南正文氏が 月間誌「致知」五月号で
「禍福一如」という言葉をあげておられる。
マルジンの社長を含め たくさんの人が感銘を受けている。
自分にとってよかれと思える人も、そうでない人も、
皆先生なんだ。世の中には、
黙って手を差し伸べてくれる人ばかりではない。
いろいろな人がいることを、神仏はその人を通し
てあんたに教えてくれているのだよ。

どんなひとであろうと
どんな状況であろうと すべての事柄に人に縁があり
縁をいただいても
「小才は縁に会って縁に気づかず
   中才は縁に気づいて縁を生かさず
   大才は袖すり合った縁をも生かす」とあるように
縁を頂いても、
   それを生かせる 素直、肯定的思考、
   心構えで日常生活を過ごし 縁を生かさないと
見過ごしてしまうのだ。

越前打刃物の研ぎの職人は
一流であればあるほど
霞仕上(カスミ)という研ぎ手法ができる。
刃先を光にかざした時
すべての研ぎ後の線が まっすぐに揃う
砥石に押さえつける力 方向が 微妙に研ぎ後に出る。

よどみない心で 一心不乱に研がないと
研ぎあがらない・・・とまで言われていた。
特殊包丁の 1丁の研ぎで高額の時もあった。

それほど素晴らしい技術を持っていても
では
お金持ちだった?
家庭円満だった?
仕事熱心だった?
そんなことあるわけが無い。
伝統技能も衰退の一歩
鍛冶屋や研ぎ屋 もうほとんど残っていない・・・。

1丁の刃物を手に取った時
「モノ(食材等)を切る道具」と思う人もいれば
「どんな人たちが どんな色の人生を織り交ぜながら
この刃物を仕上げているのだろう?」と興味を持つ人もいる

犯人の青年は
「ヒトゴロシ」の道具にしようと手に取った。

光はココロに届かなかったのだろう・・・
やりきれない。



この世界が嫌になったら・・・
20080609.jpg

都会のど真ん中で
白昼 猟奇的な殺人を犯す若者。
「この世界が嫌になった
 人を殺そうと思った」
人が行き交う横断歩道に車を突っ込み
その後 人波を追いかけ
無差別にナイフで刺していく。
まるで 何かの映画のワンシーンかと思えば
この日本で起きた事。。。

暴力団員でもなく 大人しく見える健常者が
「何故??」といしか言いようが無い。

人を愛し 国を愛し 世界を愛し
小さきもの 弱きものに心を配り
志高く生きることに誇りを持ち
人を恨まず 美しく生きることこそ素晴らしい

そういう考え方は どうしてできないのだろう?

「何か変だぞ!?この日本!」

「シンプルで美しく覚えやすく 感情の高ぶりを覚える」
ような 日本国の国旗

教育の場においては
「戦争をイメージする」ような理由で国旗を掲げず
国歌(君が代)も歌わない。
日教組が推奨する「緑のなんとか・・」という歌をうたう学校もあるとか・・・
「子どもらを戦場に送らない」という考え方が
根底になるそうだが・・

どうも 人間関係に希薄すぎる教育になっているのではないか?
おかしいんじゃないか?
何か大事なものを見落としてませんか?

そんな気になるのは 私だけじゃないはずだ。

昨日の犯人は「学校の勉強がよくできて大人しい生徒」だったそうだ
彼に係わる人たちが 心にある「闇」の部分を
誰も気付く事ができなかった現実。

そして命は奪われてしまった。
戦場には行かずとも この日本の東京で・・・。
人を殺してみたいのなら おのれが
戦場へ行き その悲惨さを味わうがいい。
生きることにけだるくなったら
助けを求める人たちが多くいる地へ行って
身を粉にして働いてみるがいい。

教育の場が おかしくなっているのではないか?
そう思うが・・・自分のチカラには限りがある。

しかし 少なくとも できることは しなければ・・・始まらない

声を発し
係わりあう子らがいた時には
間違っていると思えることは諭し
そして「尊いもの」を語っていきたい。

「きれいだね」
「かわいいね」
「だいじにしようね」
「ありがとうって言おうね」


テストコースデスト・・・
20080607.jpg


これは何?

マルジン資材置き場の斜面を利用して
200k?2tのテストコース造ってます。

45度の斜面で
整備したモノレールの走行テスト
ブレーキテストをやるんです。

上のほうは
お隣の「部品製造会社」の敷地でして

「こんなことに使いたいので
 どおかひとつ貸してください」と
お願いして
快く お貸し出し願いえました。

「かわりに モッサモッサの
 雑木を きれいに伐採してくださいね」とのこと。

お安い御用でぃ!!

写真で見ると そんなでもないですが
近くで見ると なかなか怖いです!!
「タクシーか?」怒りは・・・
tv08-91610_pho01.gif

人間は 本当に怒ると
「烈火のごとく」から「静」へ転換するものだと思う。
怒られているうちが華なのだ。

このところ集中的にメディアを騒がせている
「タクシー」送迎
財務省の職員の送迎は
1回1万5000円から2万円になるんだって。
「いったいどこへ帰るんですかね??」
自分のお金なら 絶対タクシーなんか使わない人が
「へーきで」そういうお金を使いまくっている。

そんな上客なら 景気の悪いこのご時勢
「クーラーにビールを積んでいて、おつまみも出す」わいね!
その名も「居酒屋タクシー」と言うらしい。

「飲んだら乗るな」で 飲酒した時に
代行運転を頼んで 1300円 1400円を
「いつもとは高いよ!」な?んてチェックしている
我々とは じぇんじぇん 違います。
へん!でも こちとら 自分の財布でぃ!
おめーさんとは 質が違うわい!

ま、こんな事は氷山の一角で
「他人の財布」なら どこでもなんでもござれの世界なんだろう。

そう言えば・・・
ある趣味の会で一緒になった40代の男性が
時間はあるようだし 家族で海外旅行もしょっちゅう行かれるし
週末は「ログハウス」で過ごしているし・・・
仕事は何かと聞いたところ「運転手のようなもの」だとの事。
周りの人に「それでも35万はいいなあ?」と揶揄されていた。
そのカラクリ?が気になって 他人に聞いたところ

真相は「JHのお抱え運転手」だとか・・・
だから「呼ばれる」と公用車送迎をしなくてはいけない「仕事」
呼ばれなかったら「時間がたっぷり」あるんだとか・・・
ひぇ??っ!!いい仕事してますね!
あの人は今もそういう生活をしているのだろうか?
それとも タクシーにお株を奪われているのだろうか?

「待機運転手」そういう仕事の延長が
きっと居酒屋タクシーなんだろう。
給料払ってでは物足りない・・・自分に何も受益が無いし
タクシーのほうが「何か」メリットがあるんだろうね。。。

どさくさに紛れて
「ぼったくり居酒屋タクシー」ででも乗り付けて
本人に請求書を出してやりたいもんだ、まったく。

子どものころから もう少し「倫理」の勉強の
やり直しをして欲しい。。。切に願う 今日この頃
軽井沢
200806041.jpg


新潟営業所の2名は
明日 軽井沢に行くそうだ。
長岡からは近いんだけどね・・・

でも「軽井沢」かあ?
いいなあ?
行った事の無い 事務職AB
うらやましがることしきり・・・

「遊びじゃね?んだよ!仕事だがや!」
そう言われてもねえ・・・
帰りに 軽井沢の空気満喫するんだろ?
ちょっと 写真撮って来てよ!いいなあ?
土産は・・・

いいかげんにしなさい!
20080605.jpg


と言って マルジンマンが
自分の愛用の灰皿の写真を
スカイプで送ってきた。。。

新潟からでは そんなに
めずらしい場所じゃないようだけど。。。
ほほほ?

マルジンマンが電気屋(さん)に負けたっ!
20080604.jpg

マルジンマンは
仕事がら・・・
内心「山歩き」に関しては
すごい自負心を持っている。

すごいスピードで斜面を這う「スパイダーマン」
もしくは 止まらない「フォレストがんぷ」
(かなり オーバーだけど・・・)
しなやかで強い筋肉を持ち 持久力もある。
ちっと太めでも 芋洗坂係長のような動けるデブ(のハズ)

ところが・・・昨日
電気屋さんの現場立会いに行ったところ
遊歩道を案内してくださる その人の
早い事 早い事・・・
マルジンマンの中でも
「スーパーマルジンマン」2名が
後をついていくので 息があがってしまったとか・・・

う?ん 上には上がある・・・
まだまだ修行が足りない。。。
と 思ったそうだ。

負けるのがキライな マルジンマン
ふつふつと闘争心が・・・ 
今度又 ご一緒できるチャンスを狙っているのである。
今度は 負けんぞ!
(ちゃうちゃう 仕事内容がちゃーうんだってば!!
 そういう問題じゃないんだってば・・・)

しかし 送電線などの補修箇所を探したり
山の中を 探索する事も仕事にしておられる
電気屋さんは やっぱりスゴイ!
と、いうことが 今回判明しました。
170円
20080603.jpg

越前市の本日のガソリン価格
セルフで
「170円」
「169円」
です。

↑こうやって全国の価格の比較をしているHPもあります。
近隣県と比べ 福井は意外と安いんですね。
(安いなんて言っても 以前の倍ではありますが・・)

買い物をしていても
色々な商品の値上がりは
目を見張るほどになっております。

上がっているのは
搾り取られる 税金や年金や保険料・・・
日本丸 この先
いったいどうなる事やら・・・
閉じ込められました・・・
20080601.jpg

今日のマルジンマンは
またまた・・・色々ごじゃりました。。。

とある現場(山の中)へ 
モノレールの点検に伺ったところ・・・

作業終了して
4時ころ 現場を後に・・・
さあ?帰路へ
と、いうところで
帰り道の山道出口で
ガーン!!!

入口の扉が締まってる!!
シマッタ!(しゃれてる場合じゃないっ!)
山の上のほうで 作業をしているうちに
現場管理の方が マルジンを
忘れてしまわれたらしい・・・。
なんて事じゃ?っ!

あげくに あちこち連絡しようにも
携帯は電波が飛ばない。

電波が飛ぶところまで
歩いてトコトコ移動してのSOS
その後 開けていただけるまで
現場でひたすら待ち・・・。

まあ 日替わりメニューで
ほんとに色々ありますわ?





■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記