マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

あなたも「なんでも鑑定団」
20080731.jpg
越前市の総社大神宮斜め向かいに白壁の蔵が建ち並ぶ
通称「蔵の辻」と呼ばれるおしゃれな一角があります。

この地区では江戸時代以降関西から北陸方面への
物資の中継基地として栄えており、
それぞれの商人たちの蔵が並んでいました。

今は市街地活性化の一環として整備され、
蔵の辻として市街地の新名所となっています。

ここで
↓第一週は フリーマーケット
http://ameblo.jp/1-ichi/
3週は「骨董市」が開かれています。

いや?
「なんでも鑑定団」みたいっ!
お店のテントが15軒ほど立ち並び
めずらしいものや あやしげなものまで・・・
人のよさそうな老人店主・・・
はたまた あやしげなオーナー

なかなか楽しいです。

この蔵の辻には
越前名物の「越前そば」の
おいしい店もありますので
越前市(旧武生)へ来たら
いっぺん 寄ってみねの!!

お盆に働く??
bon-kyuurinasu.jpg
◆日本の「お盆」は、
仏教の盂蘭盆(ウランバナ)が
藪入り(やぶいり)に結びついて、
現代に伝えられたものだそうです。
日本のお盆行事は、家族や一族があつまり
ご先祖を供養し、
亡くなられた人をしのぶ行事として行なわれます。
家族や一族が集まり、故人の思い出を語り合うことは
大変に意義ある素晴らしい風習であると思います。

昨今の お盆は
そういう風習より何より
「まとまったお休み」ということで
里帰りや 旅行、普段仕事で留守をしている
家族孝行の予定がてんこもり?なんてね!

その お盆に・・・
ある現場で 仕事をしてくれないか?のご依頼あり。

何かの災害とか マルジンのモノレールの不調とかなら
何をおいても出動せねばならないけれど・・・
伺ったら どうも違うお仕事らしい。。。。
現場監督をはじめ他の皆様が お盆で休まれるので
マルジンさん お願いできないか?みたいな。。。

いや?ぁ
いくらなんでも
「地獄の釜のふたも開く」なんていわれている時期に
そりゃないでしょ?
みんな 暑い中
「もうすぐ お盆!」って 頑張ってるのでありまして・・・

「困った時のマルジン頼み」も 
どうか ご勘弁を・・・と 丁重にお断りしました。

最近 多いんです。
ふつ?に仕事も忙しいんですが
他の業者さんのクレーム処理までも
「助けて」と言われると 正義を振りかざして?
でも、中には
そんなにうまくはいかない処理もありますね。

困っておられるのはわかるんですけどね。

あらら?
また 今日も
同業者さんから 助けてコール!
京都でモノレールの機材が壊れたらしい。
今から機材を借りに見えるとか。。。

おっしゃ!
そんな事は お安い御用で!

でも お盆はカンベンね!

TASUKETE
20080729.jpg
「助けて?っ!」
「手を離すんじゃないぞぉ?っ!」

激流の中 流されそうなマルジンマン・・・。

(ごめんなさい・・・
 写真はスゴイですが
 実は深さは30cmぐらいのとこに
 しゃがんでる・・・の図です)

これは 以前の写真ですが
もしかすると
今日もこんな状態かもしれません。

昨日の雨で
川の中や沢を通過するルートを選んだ現場は
お客様から
「一度点検して?」のコールが入っています。

「○○現場 オーケーでした」

「○○現場 少し補修必要!」

今のところ 流れてしまったところは無いようです。
 ほっ!と一安心。
みんな 無事ですように・・・

バケツをひっくり返したような雨
昨日、今日の北陸地方の雨は
まるで滝のような・・・
バケツを突然上からひっくり返されたような
そんな表現がぴったりの雨。。。

近場の現場のマルジンマンは
出かけたけど 一旦会社へ戻り待機
午後から ようやく雨があがり また出発!
20080728.jpg
先週 倒れそうなほど暑かった
富山のT賀村という所は
今日は そこへ行き着くまでの道路が
土砂崩れで 通行止めになり復旧は
まだ時間がかかりそうなので
結局 今から 会社へ戻ってくるそうだ。
(あっ!今 着いたらしい・・・)

今日から予約していた 旅館に
予約取り消しの電話を入れたところ
村の中もとんでもないことになっているとのこと。
土砂くずれと 川の氾濫で「歩けない」と言っておられた。
村の中も大変だし 仕事や用事で村から市のほうへ
出かけている人たちは
道路が復旧しないと家へ帰れない・・・とか。
短時間に思わぬ災害となってしまったが
被害が少ない事を祈っている。

福井も昨日 敦賀のほうで
突風が吹き イベントの大型テントが吹っ飛び1人亡くなられた。
金沢でも川が氾濫し 家にも浸水 避難勧告が出たとか・・・

暑くて暑くて・・・少し雨でも降らないかなあ?
誰しも思っていたけれど
しかし、ここまで 降らなくても・・・

自然は ほんとうに
人間の思うようにはいきませんね。
源氏物語千年紀事業『NHKのど自慢』
dtype.gif
越前市の記念イベントの一環で
源氏物語千年紀事業『NHKのど自慢』というのが開催される。
先月 市の広報に掲載されていた・・・。
予選が8月9日、10日が本選。。。

そんなもんを見たら・・・
参加しないわけにはいかんでしょ!
とりあえず ハガキ ハガキで申し込み。
本人たちには 事後連絡
(何やってるのだ!)
だって このまま 埋もらせるわけにはいかない
みんなにも見て貰わねば・・・
↓「5レンジャー」リターン!
20080724.jpg

しかし、舐めてはいけない!
この「のど自慢」は 予選会ですら
たいがい500名から250名に書類選考
よしんば予選にこぎつけても 本選へは20名ほど
結構な倍率なのだ。

で、「のど自慢」を見られた方なら気付かれたと思うが
「ただただ 歌がうまい」だけでは本選には行けない。

・おじょうず系
・老人系
・夫婦系
・外人系
・若者系
・看護婦・保育所系
・地域の人気者系

うま?く配分されていると思う。
だから
マルジンマンが本選へ進む為には・・・
「元気な仲間(若者)系」で
みんなに喜んでもらうのだ!

もちろん 衣装はキメないと。。。

本人より 外野が浮き足立っている。
すんごい 楽しみ!

でも 一番の問題は 土曜日ではあるが
8月9日は むちゃくちゃ忙しいこと。。。

「本人に限る」と言うことなので 変更はダメだし
この「5レンジャーマルジンマン」が 
ちゃんと予選に行けるかどうか?

それが 問題だ!

「おかげさま」
20080722.jpg
「お元気ですか?」
「おかげさまで 元気で過ごしています」

「お仕事はどうですか?」
「おかげさまで なんとかやっております」

挨拶のお返し言葉で
よく出てくる「おかげさま」

英語で訳すのは 至難の業らしいです・・・。

日本には「陰膳」という
今は亡き父母やご先祖様の為に
食事をお供えして、家族と一緒に食事をする
昔からの習慣があります。

「陰(カゲ)」とは我々に見えない物事を言い
「おかげさま」とは眼には見えないが、
我々を支えてくれている事に対する感謝の言葉ということです。

何気に使っていますが
ほんとうに いい言葉だと思います。

自分だけの力でなく
何かに守られて 生かせていただいている。
「あれが悪い」「これが悪い」と
不平不満を口にはしますが
「悪いこと」すら
「そこに身を置かせて頂いて 
 思いもしなかった今までの幸せをわからせていただける」
そう思えば
自分にとって 悪い事をもたらす相手や運命も
「おかげさま」になるのだと思います。

なかなか その境地にはたどり着けないけれど
そろそろ お盆も近くなり
「おかげさま」の思いを 伝えたいですね。

なんで?こんな話?
「仕事がうまくいかないからむしゃくしゃして殺人」

なんだかね・・・悲しくなっちゃったわけですよ。
「おかげさまで」健康で
すくないだろうけど休業補償もいただいていて
見る人から見れば しあわせはあるのにね。。。
マルジン試験?門戸は広く ハードル高し!
20080718.jpg
(↑レオ 国を憂う・・・の図)

教員採用における「口利き」について
今 一部の県が槍玉に上がっていますが・・・
「別にこの県だけではないだろう・・・
 いや?教員だけの話じゃないのでは?」
みなさんが 思っていることと同じ事を
私も思います。

が・・・
多分 日本の国を動かしている方々は
普通の事なんでしょうかね?

なかなか 採用してもらえないから
「エリート意識」が出てしまうのであって
「誰でもなれる」けれど
「仕事で成果を出さなければまた次の人と取り替える」とか
「先生の成績簿」みたいなのもあって 段階がある とか
採用されてからの高いハードルがあると
志高く持つ人でないと続かない しくみにしておく。
そうだと もう少し違った教育現場になったのかもしれません。

マルジンマンは
人の嫌がる きつくて汚くてキケンな仕事ではありますが
誰でもなれるわけではありません。
やる気があれば トライアル雇用はいたしますが
「自然」という高い ハードルを掲げられます。
もう そうなったら 自分と自然との闘いです。

暑さ、寒さは 半端でなく、
雨も雪も降るし 虫もいますし
最近は よく「埋設物」とも戦っています。

昨日なんかも さすがのマルジンマンも
暑くてもうろうとして 熱中症の一歩手前
昼から3時まで待機となった人もいました。
それでも また現場に向かわないと
いつまでたっても 現場は終了しません。。。。
水分補給し また現場に立ち向かい なんとか終了!

また、あるマルジンマンは
お客様からの依頼で
「2?3本ちょいちょいと直してよ!」と言われ
二人で2?3時間の仕事と思って出かけましが
いやはや 着いたら19本=54m
と?ても 二人で終わりそうにないと・・・
最初はあきらめましたが
へろへろになりながら 完工!
お客様も 暑い中の頑張りに脱帽されていたとか・・・

男前!

そうそう・・・
マルジンが 即お断りする方は
連絡なしで約束の時間に遅れてくる方です。
たいした ハードルではありませんがね!
仕事以前の問題なんですけど?





改良新機種モノレール入荷
知らない人が見ても 
「どこが違うの?」と思うだろうけど・・・
新型モノレールが 2種入荷しました。

200807173.jpg
↑ひとつはこれ
モノレールに着いているエンジンも
「排気ガス」の自主規制をしよう!ということで
ディーゼルエンジンから 4サイクルガソリンエンジンに
移管して来ています。
マルジンの取引メーカーは 早くから
それに取り組んでおりますので
軽量級であっても 4サイクルエンジン使用の
モノレールがほとんどです。

200807174.jpg
今まで 改良中だった T社メーカーも追随!
自信の「改良機」が出来上がってきました。
やっぱり 排ガスの事だけでなく
音も静かで?す!

200807171.jpg
もう1種
軽量級(200kg積載)と 中量級(200?積載)の間
45度傾斜で 300kg積載タイプが 出来上がりました。
1人乗り運転台車を装着して
後ろの台車に200?積載可能です。

200807172.jpg
↑試運転終わって 批評中・・・
「パワーあるなあ・・・○○○?でも上がるわ・・・」
「これ ヤバイかも・・・」
心配しているのは 力ありすぎて
レンタルした時に 絶対かなりな重量オーバーで
使用される方がでてくること。
「牽引力はあるけど 重心上手くとれないときはレールがこけるわ」
機械の力はあっても レールが軽量用仕様なので
違う問題が発生するのでは・・・という事を話し合っています。

メーカーの見解としても 
「荷物を300k積める」という 表示はしないそうです。

安全重視で 来週から 現場へGo! の予定です。

海とBBQの日
20080716.jpg
マルジンはただ今 
めちゃんこ忙しい・・・の1歩手前。
来週明けから「かなり 何がなんだか?」の
境地に入る予定。。。

よって 週末の海の日は
やはり 海へ行かねば!
もう行ける日がなくなりそう・・・

ちゅーことで
週末は海三昧。
家族孝行で海水浴に行くし
マルジンでも行きましょう!
と、ただ今 参加者募集中!

もちろん 福井では
何かと言えば
バーベキュー(BBQ)が定番です。

「海とバーベキュー」
おいしいお肉を食べて ガンガン泳いで
夏満喫!

ここから 仕事三昧の日々でございます。



かっこいいヘルメット
200807151.jpg

今日 注文していたヘルメットが
出来上がってきました。

マークも新しいデザイン

マルジンマンが
「これがいいっ!」と言って
決めたヘルメットです。

200807152.jpg

フェイスガードまで付いてます。
へへ かっこいい!うれちい!

今までのヘルメットから比べたら うーんと高額!
大事なマルジンマンの頭を守る 安全係数もばっちり!
これで ますます安心して作業ができるちゅーもんだ!

200807153.jpg

うれしいので
事務所でも 装着!
(なーに やってんの!おバカなんだから)

さて これからマルジンマンを見かけたら
頭にちゅーもく!
褒めてもらうと ますます頑張っちゃいます。

ロゴデザインは
マルジン担当の会計士 H氏が
「今 勉強中だから 是非やらせて!」って
睡眠を削って たくさん考えてくださった中のひとつ。

ココロがこもってるから 念力あるぞ?

オーライ!あっちっち!
20080714.jpg

オーライ!オーライ!
交通量の多い 見通しの良くない現場では
交通整理も必要です。

しかし・・・
この夏一番の猛暑
アスファルトの照り返しは
あついなあ・・・

だって
200807142.jpg


モノレールって
こんな山の中が多いから
意外に「影」があるんですよね!

蚊や アブや ヒルはいますが・・・

あっちっち!の
道路工事の作業の方は
それはそれは
大変だなあ?と

交通整理してみると
つくづく思います。

自然が相手なので
なんせ 季節感のありすぎる
マルジンマンでございます。

「熱中症に注意!」

自己主張
20080712.jpg

ただ今 ツバメは 子育て真っ最中!
お父さんツバメ
お母さんツバメ
ひっきりなしに 餌を運んでいます。
うまい具合に
換気扇のフードの上に巣作りしてあるので
ヘビとか大型の鳥も近づけません。

常に顔を出して ピーピー

200807122.jpg


真ん中の子ツバメは
幅を利かせて
いつも「餌くれ?っ!」と自己主張
なんだか 太ってでっかくなった気がします。

それに引き換え・・・
ほんとは「5羽」いるのですが
親ツバメが 飛び立ってしまってから
顔を出す 5羽目のちょっと「おっとり子ツバメ」
ちっとも大きくならないです。

常に「貧乏くじ」を引いているのでは?と心配になります。

でも 一説には・・・
まず親鳥は雛の口の中を確認して餌が胃の中にある雛は、血液が胃に集中しているため、口の中の赤みが減るので口の赤みの大きい(胃の中に餌が無い)雛から優先的に給餌するとか・・・

そうかぁ?すごいんやね!
と、少しほっとしましたが・・・

あの「おっとり君」は顔すら出してないし・・・

やっぱり 大きいのは声まで大声ピーピー
絶対 あやつは他人の倍食ってる!

しかたないね。
弱肉強食
生きるって大変なんだよ。
微笑ましくもあり
厳しい自然を教えられる風景でもあり・・・

人間の親なら
けっこう目配りするけど・・・
それも 今少子化だからであって
昔の子沢山時代には 
兄弟にも力関係は生じていたでしょう。
それがかえって 強い人間になれることかもしれません。

ツバメを見て そんなことを思いました。
ガンバレちびすけ!
雨にもマケズ川にもマケズ
200807112.jpg

今日は 雨模様の中
長ぁい軽量級モノレールの現場で
「モノレール安全講習」
現場でモノレールを使用される方が集まって
マルジンのモノレール技士が 講習中です。

「どうか ご安全にお使いください」

ルート点検(1キロ以上あります)していたら

ぎゃっ!!
200807111.jpg


渓流くだり・・・?
ラフティング?

いえいえ「渓流のぼり」みたいな
すごい流れ・・・

施工の時は 水無かったのに・・・

それでも 頑張る
マルジンモノレール。

今のところ 大雨にも負けず頑張っています。
ひとが「えん」
200807102.jpg

来週は 労働基準協会に
フォークリフトの技能講習を
申し込んであります。

労働安全衛生法により、最大荷重1トン以上の
フォークリフトの運転(道路走行を除く)は、
この技能講習修了の資格がなければ
運転の業務に従事することはできません。

マルジン構内でリフトを運転するにあたり
全員が運転講習を受講した方がよいとのことで
仕事の段取りを考えて変わっては
申し込むのですが・・・

いつもの事ながら どの講習も
この時節はキツイ!
忙しくなると ちゃんと受講できるのか
ハラハラドキドキ・・・なのです。

今日も今日とて
「段取り隊長」から
「人がえん」から 講習キャン!と
言われてしまいました。

「えん」というのは「いない」という方言で

「忙しくなって・・・現場に社員を割り振ると
 もう誰?れもいなくなって 講習は行けないから
 キャンセル頼むよ!」っていう意味です。

「えっ!?やっぱり?

仕事が忙しいのは 非常に嬉しいのですが

結構 他の講習でも予定が近くなってから
キャンセルしているものですから
担当の人とも顔見知りで・・・
おずおず電話しても 口ぶりで
「うっ!またマルジンさんだわ?」みたいなのが
アリアリと・・・。

マルジン内では
「○○さんが 講習予約入れると
 仕事がいっぱい入るから」ということで

「受注の神様」とか言われてますが・・・
断る身にもなってくれ???

嬉しいけど 悲しい

悲しいけど 嬉しい フクザツ・・・


環境に良い事何かやってますか?
20080710.jpg

環境省の呼びかけにより2003年から
全国で実施されている
「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」の一環として
7月7日の七夕の日 全国各地で
「ライトダウン」のイベントが行われたようだ。
それだけで なんだか大きい数字の二酸化炭素が
減るんだとか・・・

洞爺湖サミットでも
各国の首脳が 笹飾りに願いを書いたりしたようだが・・・
織り姫、彦星には どんな風に映ったことだろうか?

「みんなで 二酸化炭素の排出量を減らそうよ!」
そう 声をそろえましょう。
というだけで 足並みが揃わない。
「みんな同じだけ減らさないとヤダ!」
「もともといっぱい出してるところはいっぱい減らせ!」
ってことで
にこやかにお手てつないで
「そんなこと考えるのもよかろうよ」
みたいな抽象的な表現の声明で落ち着いたらしい。

普通なら涼しいはずの北海道も33度
温暖化の現象だと思えるけれど
参加首脳には どう映ったでしょうか?

私は7月7日がすんでから
そんな「エコキャンペーン」があったと知ったのですが
自分に置き換えると
電気は9時ごろ消えてもあまり気にならないですけど
(ご飯時 ってのはキツイかも・・・)
一番こたえるのは「テレビ」かなあ?なんてね。。

いっせいに
テレビ放送を 中断したりすると
全国の人みーんな わかるだろうでしょうにね。

「環境に良い事 何かやってますか?」

こういう特集を見ると
ほんとに「う?ん」と考えてしまいます。
クーラー
洗濯、台所排水、ゴミ、車・・・

朝から晩まで・・・
汚している気がする。。

いつか天罰が下りそうです。

すっパーぁィ!でも もう一杯!
200807091.jpg


「ごはんですよ!」の海苔?
ブルーベリージャム?

いいえ、ちっと舐めてごらんなさい!

ぺろっ!
「おえ???っ!」すっぱい!

ジワーッ!とくるすっぱさは
梅を100倍濃縮した「梅エキス」
200807092.jpg


梅園様にいただきました。

実は マルジンが以前 刃物や農用品主体の卸商社だった時に
梅産地に卸していた「特殊な梅収穫袋」があるんですが
(三角帽子の逆形のシート製で 底から梅をすべらせるような袋)

一般の人は 使わないし・・・納めていた梅産地はちと離れているし
「どうだかね?使われるかなあ」と思いつつ 
この知人の梅園様に おあげしたところ
収穫には この袋がすごく重宝しておられるそうで
わざわざ 遠くの梅産地(マルジンが納めていたところ)まで
買いにいかれたとか・・・
大事に使われていたけれど だいぶ古くなってきていて
こわれたらどうしようと 思っていたところへのプレゼントで
「まさか 地元の越前市にあったとは・・・」とまで言って
喜んでくださいました。
いや?っ!こんな事で こんなに喜んでいただけるとは・・・
「商社マルジン」も
お客様の変わったご要望にお応えしていた結果が
こんな風に 波及していたのだなあ・・・と 嬉しかったです。

で、からだに すんごくいい
この「梅エキス」を 届けてくださったのです。

梅エキスは 塩分など含まず
梅だけの凝縮で 飲めば血液さらさら?
舐めた瞬間 「シャキーン!」と目がさめる感じです。

すっぱーっ!でも もう一杯!

梅エキスで 暑い夏を乗り切るぞ!
(と、社長が申しておりまする)
陽ちゃんの命日
20080706.jpg

7月6日は
交通事故で亡くなった
マルジンの社員「池田君」の命日でした。
週末 現場へ出かけているもの以外は
みんなで 交代で
お墓へお参りに行きました。

梅雨が明けたのか?
それともまだ明けぬのか?
よくわからない 暑い天気が続きます。

陽ちゃんの亡くなった日から比べると
やっぱり暑いなあ・・・

今日から
洞爺湖サミットです。
地球温暖化についても話し合われるとか。。。
命日の天候を比べてみても
地球が熱くなってきている・・・と感じます。

陽ちゃんが亡くなったのは
富山県のT賀村という地域の仕事が始まる日でした。
朝 いつもは みんなより早く会社へ来る陽ちゃんが
何故か来ていなくて・・
携帯鳴らしても返事が無く
「何か用があって遅れているんだろうか?」
と、思っている矢先の けたたましい電話。。。

警察からでした。
自宅に電話しても 家族と連絡がとれない。
(ご両親も仕事にでかけて留守でした)
だから 会社名の入ったツナギ服から
マルジンへ電話が入ったのです。
お葬式はT賀村の仕事を中断して 全員で参列しました。。。

いつもこの時期になると
お仕事の受注状況と
季節の比較とともに 陽ちゃんと相対している
マルジンです。

陽ちゃん 一年また無事にすごさせていただきました。
みんなを守ってくれてありがとうね!


↑このビデオを見ると
きゃしゃな陽ちゃんが
いつもかっこよく モノレールの施工をしています。
赤と青
200807041.jpg

単管より厚い「鋼管」と言います。
モノレールのレールを支える支柱になります。
長さや使う場所によって 色分けしています。

200807042.jpg

まるで「ハチの巣」みたいですね。

たかだか
切って色分けする作業ではありますが・・・

手作業だと
その人なりの「仕事への気持ち」が現れます。

この切り口は 切断機で切った切り口ですが
ただ切っただけだと
切り口に ツンツンの「カエリ」が出ていて
たとえ手袋をはいていても 管のトゲが刺さってキケンです。
それで 1本1本研磨して 口が揃うように結束しているのです。

整然と並んだ管の口は 
暑い日差しの中
赤と青の造形美?

道端に咲く 職人魂ともいいます。


安全なトマト
20080704.jpg

おいしそうでしょ?
「マルジン園芸部」の育てたトマトが
赤くなり始めました。

おいしいんです!
日向のにおい・・・。コクがあって。

正真正銘の「国産トマト」です。

なんだかね?
土用も近くなって 
ウナギはとんだことになっていますね。

中国産を国産と偽るのに
架空の会社までつくり 複数の会社ぐるみで
偽装工作、あげくは 禁止薬品・・・ときてますから
「国産」と思って 高いウナギを買って
食の安全を求めた消費者を こうもバカにしてくれたもんです。

日本及び台湾での飼養期間等の書類を整えるだけで、
国産と産地伝達できる「里帰りうなぎ」と称する
輸入された活鰻の取引があるという事も
初めて知りました。。

企業として歩む以上 利益追求という言葉から
逃れる事はできません。
しかし こういう風に「ニセモノの」利益を
どう判断するか? それが常に選択を迫られる
「企業なりの生き方」なのではないでしょうか?

ここまでではなくとも
毎日 そういう「岐路」はあると思います。

間違いたくないですね。
美しい花には○がある。
20080703.jpg

ただ今 マルジンの窓口を飾るカサブランカ
凛として 品がよくて 美しい。
この ジメジメした時節には
見ていて 気持ちが和らぐ花である。

しかぁ?し・・・

この ユリ系の花の花粉は
ふんとにまあ・・・いただけない。

掃除機で吸えるのならまだしも
水拭きでもしようものなら
茶色のシミは しつこく壁や手や
ステンレス製品にまで しみこんだ様に痕がつく。

その しつこさは無類のもの。

やはり 薬品のエタノール系で拭かないと落ちないぐらい。

立てば芍薬
座れば牡丹
歩く姿は ユリの花・・・

昔から 匂うようないい女のたとえではあるが

いい女・・・
いや モトイ・・・

美しい花には 何かあるもんだね。

と、ぺんぺん草の 私は ちっとひがんでみるのでありやした。


日本製クランプ一万個
20080702.jpg

プッファ??ッ!
どっちゃり クランプがトラック便で届きました。
その数 一万個!

ダンボール箱に入っている新品を
内勤のマルジンマン総出で
アミパレットカゴに 移し変え中・・・

来週の重量物現場に備え 資材の購入です。

うっ!また お金がいる・・・。
1087.jpg

マルジン始まって以来の 減価償却金額の年2007年
また 今年も追い抜くのでしょうか?
資材ばっか買ってると 利益なくなっちゃうよぉ?

いえいえ、いるものは やっぱりいるのです。
中国製のクランプは安いけど・・・
耐性が全然違うそうです(メーカーさんいわく)

マルジンはモノレールのレールを保持していく
支柱や補助支柱を固めていくところに
クランプを使います。
そんな大事なところに 耐性がよろしくないと言われるものを
たとえ安くても使えません。。。

はあぁ??
明日はまた 違う資材が届くとか・・・。
賑やかだけど 胃の痛いマルジン経理の面々でありました。
モノレール技士・モノレール技能士講習
今日はモノレール業務に携わり
1年以上経った 新人マルジンマンと
うん年以上経った 事務職2名は
モノレール技士講習を受講

お客様の中で
多少モノレールに携わる事がおありの
地質調査関連の数名が
モノレール技能士講習を受講

20080701.jpg


マルジンの作業倉庫での受講風景です。

こう見えても マルジン事務職は
「スーパー点検マニュアル」を自ら作るほど
以前はガンガン点検なんかもやってました。
(ちょっと おおげさです・・・)

だから 午後のペーパー試験も
「エンジンの事ならまかせてね!」
って言うほど 自信満々
(かなり おおげさです・・・)

○○君の隣に座らせてっ!
(おいおい・・・それって カンニン○?ッ?)

夕刻までたっぷりモノレールとがっぷり四つに組んで
夏の一日は暮れて行きます。

(おいおい 合格が最優先だからね!)

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記