マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

わたりどり
200901312.jpg

 

食費3万9564円
住居費・水道光熱費6万0719円
教養娯楽費1万8273円
税金・社会保険料4万2395円
こづかい、予備費2万3000円
その他4万9850円


↑これは
労働運動総合研究所というところが算出した
「首都圏「首都圏の最低限の生活費」なんていう数字だそう。
なんでも、20代独身男子の必要収入は税金や社会保険料を引かれる前の
「額面」で23万3801円になるんだとか・・・
若者が人並みの生活を無理なくできる水準を想定した試算だそう。
だから、外出着などは最低価格よりは高めのものになってるんだとさ。

今日の新聞の記事には
元派遣社員の若者の自殺の記事。
テレビでは元官僚 B氏の
退職後の6回にもわたる退職金総額3億ウン千万の
とてつもない稼ぎっぷりの報道。
すべて 農水省の人事課長から
「そろそろこちらに変わってください ついては退職金」
みたいにレールに沿って渡っただけのこと。とか。。

働き場所や住み場所を転々とする人のことを
「苦労人」「落ち着かない者」という意味をこめて「渡り鳥」と呼ぶが
最近は、省庁や地方自治体の高級官僚が役所を退職した後、
天下りで公社、公団、特殊法人、第三セクターなどを渡り歩いて
退職金を稼ぐこともまた「渡り鳥」と呼ばれ、批判の対象となっている
また今回も規制はうやむやになって
甘い慣習は またもや残ってしまった。

派遣切りにあった人たちに仕事を斡旋する「派遣村」でも
つきたい仕事と 募集の仕事とのギャップで
なかなか決まらないそうである。
介護の仕事は人員不足だが 
今まで 派遣とはいえ世界の先端企業の庇護の下
めぐまれた環境で仕事をしてきた人たちに
半端な気持ちで出来る仕事ではないだろう。

仕事を切られると
所持金が○円しかないから 死ぬしかない。
これも いかがなものか?と思ってしまう。
正社員より 時給等は高く
残業などあった場合は 高額な収入があったはず。
いつか来るかもしれない「不測の事態」に備えるという
知恵はなかったのだろうか・・・。

かたや 30才前の K察職員夫婦
ボーナスの振込みが
二人あわせて手取りで100万超えると
やっぱやめられないわ?という話。
結構 普段の手当ても充実している上
仕事も きつくはないらしいし・・・
巷の不況どこ吹く風だが
なんだか おかしなニッポン国である。

では 退職後3億の荒稼ぎが幸せか?
(もしかすると 家庭はとってもギスギスした
金、金、の人間関係かもしれない)
派遣切りにあった人が不幸せか?
(これをバネに また新たな会社で
 よりプライドを持って働いているかもしれない)
100万のボーナスの夫婦が幸せか?
(これは 知ってる人だけに、
そうそう幸せばかりないのは 周知のこと)
月の手取り16万の介護ヘルパーが幸せか?
(家庭は円満で 少ないなりに工夫して
 幸せだと奥さんが言っていた)

その人それぞれの気の持ちようとは言え
社会的仕組みで
あんまりな 不公平は
カンベンして欲しいね。

渡り鳥は
苦労人らしく ちゃんと地道に
日本国の下積みをし 恩に報いてほしいものだ。



とり・・・
だけに
「取り勝ち」はってるのかな?
23歳の抱負
200901291.jpg
東海営業所の 東’AXは
先日23回目のお誕生日でした。

営業所のみんなで
「誕生パーティー」開催

23 というローソクの
いちごのケーキは
みっちゃんから

200901292.jpg

こっちのケーキは社長から・・・

パーティーに
ケーキがふたつとなりました。

いや?
あまいもんばっか・・・
と、言いながら
にっこにこの 東’AX

「23歳の抱負は?」
と、みんなに聞かれ
なんと

「あたらず さわらず」

ですって!

うんまぁ???

それって若者の抱負か!?

ま、MAX は
若者に似ず
生活設計がよくできた青年なので
この抱負も わからんでもないが・・・

ともかく
よい1年でありますように!
おめでとう!
小次郎さんと皆既日食
20090124.jpg
小次郎さん

小次郎さんは 佐々木小次郎生誕の地とも言われる
越前市今立町水間地区の出身。
小学生時代 ハナタレでどもり、少し知恵遅れのような話しぶりは 同級生のからかいの種だった。
学生服の袖口でハナを拭くもんだから袖口がカペカペ!
でも それでも平気に笑ってた。
 
時折すごい勢いで計算などができたりすることがあって、「実はできるのにかくしてる?」とか「いつか開花する」などとうわさする者もいた。
その後 家族でどこかへ引っ越されたので 小次郎さんの事は「どうしてるんだろうな?」「生きてるんだろうか?」という話題で途切れそれ以上発展する事はなかった。
4年前に開催された小学校の同窓会。(40ウン年ぶり)
そこになんと小次郎さんが現れたのだ。

髪をふたつにくくりその上 スカートに白いブラウス。
バックには「小次子」と書いてある。
「うんぎゃーっ!何それ?えっ?どゆこと?男捨てた?」

いやー聞けば聞くほど驚き!!

ともかく住んでる所がびっくらこ!
なんと今は鹿児島からまだまだ遠いトカラ列島というところの悪石島と言うじゃないか!
そんなとこ知らん!
そこで畜産業を営んでいるそうな。
一応「牧場の主?」になっていたのだ。

はあ…誰よりすごい変貌じゃ!

その悪石島から福井の同窓会へ出席するには
交通費だけで10万以上 往復1週間、宿泊も入れるとちょっとには移動できない場所、しかし小次郎さんよく出てきたね?。
長い月日が流れていても
根に持ってたざ!
「○○と○○が昔イジメタ」と。。。
で、雁首揃え「すまなかった」と平謝りであやまったり。

そこで初めて知った「悪石島」の名前と
住民より家畜の多い島であり
近々 とんでもなく脚光を浴びるはずだと言う事。

今年がその年。
ネット上でも 話題になっている。

日本の陸地では昭和38年以来、46年ぶりとなる皆既日食が、半年後の7月22日に起こる。観測できるのはトカラ列島(鹿児島県十島村)を中心とする離島部。6分に及ぶ「今世紀最長の日食」が観測できるのだ。

しかし、泊まるとこなんてねえ?
でも ツアーは殺到!みたいな。。。

来たね?小次郎さん。
なんかザワツク夏になりそうだね。
でも、ツアー客がいっぱい来て…
また本土の女に騙されたらあかんよ!

小次子の姿になってるのは
畜産で貯めたお金を ある時
本土の女に根こそぎふんだくられちゃったからだって。
で、女の姿に化けてるんだそうな。
あはは!らしくないよ!
そんな色気出してるからだよ!
しかし
人生って不思議だね。
長い月日には
ほんとにいろんな転機があるものだね。
まさかそんな島にご縁があるなんてね。

佐々木小次郎は 巌流島

小次郎さんは 悪石島

今年はうんと思い出す年になりそうだ。
汚した水を美しく?
20090123.jpg
マルジンはモノレール事業で
「早くやってくれてありがとう」
「遠いところを何回もありがとう」
「若い人が頑張っていて気持ちがいいよ」
「おかげで仕事がはかどったよ」
とか 褒められるとすごく嬉しい。

困っている人の為になっていると・・・
そういう誇りみたいなのが湧いてくるから

水の事業も
駆け出しだけど
「水で困っている人の役に立つ」と
そういう気持ちで頑張っている。

でも・・・BODという数値がすごく高い
それだけ汚した水を
神が簡単に美しくしてくれるはずが無い。

でも こうやって続けていると
だいぶ「汚水浄化」という事業の実態も
結構わかってくる。
「完璧」はなくて
かなり胡散臭い事業者も多そうだ。
たいがいプラントにアドバイスする
「先生(顧問)」みたいな人がついているのだが
アドバイスだけで
責任は初めからないので
うまくいったら「先生のご指示のお陰」で
そうでなかったら「もとよりアドバイスだけ」
自分の履歴には成功事例だけが残る・・・みたいな。

マルジンは
お客様と相対する。
成功は共に喜び
失敗は逃げずに責任を持ちたい。
モノレールでもそうだ。
何かトラブルが発生しても
「誰が悪い」「指示に従わなかった」
「メーカーの機械が不良だ」
・・・そんな事は後の話。
まずは お客様の仕事へのスムーズな復帰が一番。
現状復帰に率先して向かう。

水の事業でも
その姿勢は変える事はないだろう。

モノレールも誰に教わると言う事無く
いろいろなことに対応しながら今日がある。
日々が修行
そう考えれば
水の事業も「責任ある」マルジン方式の
確立は夢では無いだろう。

お客様の後押しがあるからこそ
まだまだ頑張れる
たくさんの人たちとの繋がりが増えて
湧いてくる新しい困難も立ち向かえる。

そんな私たちに神が
少しだけ自然にお手伝いさせてくれる
そう信じて。
己丑(つちのとうし)
200901222.jpg
マルジンの応接室の壁に
また今年も
一枚の手すき和紙が加わりました。
伝統工芸越前手漉和紙
今年の干支「牛」の色紙です。
200901221.jpg


毎年
ある銀行様がくださる色紙なのですが
こうやって飾っていくうちに
毎年恒例になってしまいまいました。

「牛は神仏が騎る聖なる動物で、
神の使いであるとされていました。
丑(うし)は、紐を意味し
二つのものが合わさる堺で
これまでの悪い事を振り払い、
どっしり構えつつ、
新しい方向へ
ゆったり歩き出すとされています。
豊かさや平和を意味する福俵を合わせて
漉かせていただきました」

と書いてあります。

ほんとうにそうなる年でありますように?


マイナス7℃で50万人が待てる人
20090121.jpg
昨日今日と
第44代アメリカ大統領就任式の模様が
報道されている。

人種の壁を越え
今 自由の国アメリカが動き出そうとしている。

しかも
マイナス7℃という寒さの中
民衆がその人を待っている

日本に置き換えてみるのも
おかしな話だが
誰か待てる人がいるだろうか?
わが町に登場といえど 麻生総理を待てるか?
No!待てない。。。
ファンであるミュージシャンの登場?
No!待てない。。。

オバマ大統領 その人を待つだけでなく
「その歴史的瞬間に立ち会いたい」という思いが強いと
キャスターが興奮気味に伝えていた。

それにしても・・・
熱狂的にならざるを得ない
オバマスピーチ
「みなさんに約束します。私たちは、ひとつの国民として、必ずたどり着きます。

これから先、挫折もあればフライングもあるでしょう。私がこれから大統領として下す全ての決定やすべての政策に賛成できない人は、たくさんいるでしょう。そして政府がすべての問題を解決できるわけではないと、私たちは承知しています。

けれども私たちがどういう挑戦に直面しているのか、私はいつも必ずみなさんに正直に話します。私は必ず、皆さんの声に耳を傾けます。意見が食い違うときは、特にじっくりと。そして何よりも私は皆さんに、この国の再建に参加するようお願いします。国を建て直すとき、アメリカでは過去221年間、いつも必ず同じようにやってきた。ささくれたタコだらけの手で、ブロックを一枚一枚積み上げ、レンガを一枚一枚積み上げてきたのです。

今この時にこそ、アメリカの夢を取り戻し、基本的な真理を再確認しなくてはなりません。大勢の中にあって、私たちはひとつなのだと。息をし続ける限り、私たちは希望をもち続けるのだと。そして疑り深く悲観し否定する声に対しては、そんなことできないという人たちに対しては、ひとつ国民の魂を端的に象徴するあの不朽の信条でもって、必ずやこう答えましょう。

Yes we can。」
(日本語訳 の途中は省き)

これから立ち向かうのは
未曾有の困難な道ではあるが
どういう事に直面しているかを
正直に話す・・・とある。

こういう事を
聞きたいものだね。日本でも・・・。

色々想いはあるけれど
不満を並べてもなんの解決にもならない。
政治が悪い
官僚が悪い
日本が腐敗している

じゃ わたしは何も出来ないのか?

そうではない。
誰にだって できることはある。

戦火にあえぐ国
貧窮に泣く人々

その人から見れば
どんなにか幸せなことだろう・・・。
誰しもに
「救える手」はあるのだから。

Yes we can.


降雪もなんのその!
20090119.jpg
先週どっかり降った雪も
少しの晴れ間と よく降る雨に
少しずつ溶け
なんとか現場も予定通り進んでいます。

今月は年明け早々
電動モノレールの設置
重量物モノレールの設置と・・・
忙しくさせていただいているマルジンです。

今のところ
仕事がストップするような「豪雪」は
まだ降っておりませんので
ほんとにありがたいです。

夜空の一番星は
2日ごとに見れたりしているので
「この調子で晴れ間がありますように・・・」と
祈っている次第です。

しかし、
雪が少ないのは
地球温暖化の影響とも言われていますが
マルジンにとっては
温暖化はありがたいです。
地球温暖化とは本当に悪いことなのかな?

最近、政府やマスコミで二酸化炭素(CO2)を削減して、
地球温暖化を防止しようと活動を行なっていますが
本当に地球温暖化は本当に
人類にとって悪いことなのかが疑問を感じるひとも多いでしょうね。

マスコミ自体がCO2を削減し地球温暖化を削減しようと報道をしているけれど
逆説論もあるという事を報道で知ったりしている。
実は これから氷河期に向かうんだって?
環境にお金をかけても
地球の動きは止められない
なんてね!

とにもかくにも
マルジンマンたち
「重い材料を頑張って運んでるね!すごいね!」
と、お客様に驚かれるほど
ふーふーはーはー
CO2を吐き出しつつ
毎日頑張っています。
自分を育てるのは自分
20090116.jpg
以前は成人の日は1月15日だった。
飛び休になると 遠方にいる学生等は
郷里に帰りにくいという事もあり
1月の第2月曜日に国民の祝日としてもうけられることになった。
「 おとなになったことを自覚し、
みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます日とされる。」

毎年 ハメをはずしすぎて問題視される「新成人」も
ニュースで取り上げられるところである。
今年は
福井でもこの「オバカ」が発生
新成人代表の挨拶の最中に
酔っ払った状態で数人の新成人が壇上に乱入
幕などを引き落としたらしい。
なんともはや・・・

*****
人生 50?80年としても
今まで生きてきた以上を生きていくわけである。

その人生を
どんな人生に仕上げていくか。
その主人公として、
どうか生まれてきたということを
粗末にしないように。
粗末になりかけてきた時に
ハッと、願いがかけられている、
生かされているんだということに目覚め、
これからはじまる人生を、
すばらしい人生に仕上げてください。

これができるようになったら、
今度はこのことに挑戦してみようというような
問題に挑戦していく生き様を展開してください。

*****
10代の君たちへ
「自分を育てるのは自分」東井義雄著
*****

10代の君たちへ とあるが
何歳が読もうと
心に入り込んでくる言葉が詰まった本である。
子ども達にわかりやすい言葉で綴られている。

ハッと気付いて欲しい・・・
そんな思いだ。

別に
「自分はそんなハメをはずしてないから関係ない」
わけでなく・・・
「問題に挑戦していく生き様を展開してください」

こりゃ ほんとに
毎日手抜きじゃ生きられないよ。
できない大人はたくさんいる。

私もできてない大人のひとり。
成人になぞらえて
自分を考えてみよう。

自分を育てるのは自分。
若かろうと老いいようと同じ。
あまやかしすぎず 粗末にせず・・・
はじめてのメタボ健診!
img.jpg
年明けのマルジン恒例の行事のひとつ
「健康診断」
お正月に「食っちゃ?寝」の生活を続けて
なんで 今やるの??みたいな時期ですが・・・
やるのです!
やるのです!
今日やるのです!
胃がん健診のバリウムカーも会社にやってきました。
バリウム飲んで南洋の現地人のように唇の白い
変なマルジンマンがウロウロ・・・
いつもと一緒な風景。。。
ところが いつもと違うところが1点!!

うっそ?っ!
オレってメタボ??
げっ!○○君 ○センチ!?マジですか?

厚生省の指導のもと(義務化)2008年4月から始まった「生活習慣病の予備軍であるメタボリック症候群を予防・改善するため、被扶養者を含む40?74歳の医療保険加入者全員を対象に行う検診と保健指導」
マルジンは1月に健診するので
よって今回が初めて・・・です。
いや?驚いたのなんのって!
まさかマルジンに該当者がいようとは?
それも あのお方?
若かりし頃 その美貌と知性と強引さで?
数々の女性を泣かせてきた(というウワサの)
あの方がメタボ???
そして へそ周りの数値等と言う事で
女性にしてみれば 意外に大きな数値が出て
事務職は 「絶対シークレット」の戒厳令がひかれるほど・・・
あげくには
「あの計測する人 メジャーがゆるゆるだった!」とまで
暴言を吐く始末。。。
楽しい?ひとときでした。

ま、マルジンマンの威厳にも係わりますので
言って置きますが
40歳にならない若者までみんな計測したので
ほぼ みな70cm台もしくは
それ以下の者のほうが多数ですよ。

平静を失って 賑やかだった一部のものが
ふとどきな事や あるまじき事を叫んでいただけでして・・・
本来の目的である
生活習慣病や関連疾患を予防し、減らすことで国の健康保険制度の医療費負担を大幅に抑え、本当に必要で予防できない病気に医療費を回したり、高齢者医療を確保すること。
ということで 病気にならないように健診するわけですから
「教えてくれてありがとう」なんです。

・ウエストの測定
男性の場合は、ウエスト85cm以上、
女性は90cm以上が、まずメタボの基準になります。
その他の項目としては、
・空腹時の血糖値 100mg/dl以上
・中性脂肪 150ml/dl以上
・血圧最大値130以上
・血圧最小値85以上
などの項目に、喫煙しているかどうかで
メタボリック症候群になっているかどうかを判定

測定員の女性のひややかな反応は
きっと 心を鬼にして
病気予備軍であることを示してくれておられたから・・・。
そうだと思うよ。

しかし その中に
毎日 バナナダイエットしているというマルジンマンが
入っていたのは・・・な?ぜ??
2009年 謹賀新年
20090106.jpg
2009年
明けましておめでとうございます。
本年も マルジン並びに・・・
「勝手な言い草」の多いマルジンマンブログも
よろしくお願い申し上げます。

年末にご挨拶等で来社いただきました皆様の中にも
結構覗いてくださっておられる方もいらっしゃって・・・恐縮。
そりゃあ ネット上にすべてを吐露する事はありえませんが・・・
ついつい「過ぎた表現」もあったかも?
(いや、あった!と ドキドキ。)
今年は とりあえず よく考えて
(イヤイヤ 「充分」の間違い・・でっせ)

当初の
「マルジンマンの明るい日常」というコンセプトを忘れず
日々精進していきたいので 
宜しくお引き立てのほどお願い申し上げます。

写真はマルジンの玄関です。
小さいながら毎日拭いてますのでピカピカです!
ここから いろんな方が2階の事務所へ
階段を登ってくださいます。
(一番よく訪れてくださるのは?
 もちろん佐川急便のにいちゃんです)
元気な方には元気を頂き
疲れている方には笑顔で応対
どなたにも気持ちよく この玄関から出ていただける
そんなマルジンでいれますように。。。

昨日は
正月で暴飲暴食した後の 恒例の健康診断。
その後 社長が
「自分が社長の間はここ!」と決めている神社への参拝。
ほんとは 毎年「吉方」という方角があって
その方面にある神社へ参拝するというのが運気がよいそうですが
マルジンの社長はそんな事おかまいなし!
「自分が信じてるんならそれでいい」というタイプ・・・
よって 同じ神社で一年の無事を祈って
全員「安全祈願」をしていただきました。

マルジン 今日から 本格始動です!
全員出動ありがたし!
ひとりでも多くの方に愛されるよう
頑張ります!

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記