マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

かわいい携帯
20090731.jpg

黄色が欲しい!
でも 黄色は在庫無し!
(評判いいみたい)

営業マルジンマンの新しい携帯!!

防水機能がついているので
現場で汗をかいても
雨にぬれても 常時携帯可能な
すぐれもの!

ふふふ・・
「キッズ携帯」なのであります。

新しい携帯をdocomoさんに提案してもらっていたら
性能や 必要なシンプル機能
そしてハードな使い方にも耐えるらしい。

「キッズ」と聞くと
ちょっと大の大人が持つのは気が引けるかもしれないけど・・・
マルジンマンは なんか嬉しそうです。

黄色が無いので
違う機種の ピンクにした人も・・・

カラフル携帯で
元気です!マルジン。

見かけたら冷やかしてくださいね!
「おっ!お子ちゃま!」って

差し入れ

お?い!
緑の中のテントウムシ!

200907301.jpg

追いかけて行ってみる。。



200907302.jpg

あっちのほうで人影が・・・


200907303.jpg

ちょうど、10時の休憩タイムでした。

200907304.jpg

福井県内 近場でのモノレール設置中

<撮影> マルジン社長
<目的> みんなの仕事振り視察

<笑顔> 社長からジュースとかの差し入れたっぷり!!

暑いけど 頑張ってな!

チラシ完成!
20090729.jpg

先月より検討していたチラシが昨日出来上がりました。

印刷会社御担当(なんと S所長の幼少の頃からの友人)が
デザインとかも構成助言くださり
納期もスピーディーに納めてくださいました。

モノレールを御存じない方は
こんな質問をされる人もあります。

*モノレールっていろいろあるの?
*どうやって設置するの?
*どんな風に運搬するの?
*どうやって積み込むの?
*重機をどうやって降ろすの?
*特殊な場所でも使えるの?
*電動のモノレールもあるの?

機種ごとにカタログのページをお見せして
説明するのもわかりにくいので
そういう質問にお答えしやすいような構成で
チラシを作成しました。
その枚数 ウン万枚!

さあ!たくさんの人のお手元に
送らせて頂くジャーッ!!

S所長・・・
次は 重量物運搬モノレール「モノレックス」の
カタログ作成だそうで。。。
ふーっ!物入りですなあ・・・

しかし、、、、
今期 広報予算は獲得したのでありますから
前向きに前向きに!やりまっしょい!です。
いいかげんにしつぜつっ!
20090728.jpg

「湿舌」
昨今、知らない人が少なくなってきた気象用語である。

「湿った空気が東シナ海方面から日本付近に伸びた等圧線の形が、ちょうど舌を出したような形であることから、「湿舌」と呼ばれています。特に湿舌の先端付近では、大雨の恐れが強くなります。」

まだ「梅雨明け」の出口が見えないほど
日本列島を縦断する形で今年もまた「集中豪雨」が猛威をふるっている。
幼い子供から 老人まで死者も数多く発生し
何かしら尋常ではない現象が この地球に起きているような予感がするところだ。
「湿舌」の舌の先の部分の位置によって
局地的に豪雨が発生しているようで、
嘗め尽くすように被害を与えている。

福井も6年になるだろうか・・・
7月半ばに集中豪雨の被害にあった。
その後 新潟も・・・

今年はもう8月になろうとしているのに
居座った梅雨前線は 動こうとしない。
福岡のメーカー様に伺ったところ
「前回の豪雨よりはまだひどくはない」とのことだった。
被災された方の一日も早い日常復帰を祈りたい。
そして・・・もう「いいかげんにしてほしい」
早く 梅雨が明けますように・・・

写真は 新潟の集中豪雨の際
普段は水の無い川が こんな濁流となって
終点部で ボーリング調査をされていた会社のマシンを
流してしまったところである。
マルジンのモノレールは 土砂に埋まりながら生き残っている。

今年の豪雨も
レンタルで出かけているモノレール現場30箇所の中で
今のところ 1箇所被災。
雨の状況を見て 修理に伺うことになっている。

<被災状況>
モノレールを支える支柱の下の地面がごっそり
流されて 支柱がプラプラしているところがある。

ま、それで終われば・・・上出来じゃん。

って、まだ梅雨終わらんし。。。
お願いだから もう雨降らないでほしいな。





バズーカー砲?
20090727.jpg

バズーカ砲とマルジンマン・・・。
いやいや
これは

溶接棒を乾燥させる乾燥機だそうで・・・

えっ?何するの?

試験好きの・・・(う?ん微妙)マルジンマン
約2名

溶接の試験を受けるのです。

で、実技は
自社で「乾燥させた溶接棒」持参!

という事でして

このスタイルとあいなったわけで・・・

試験?
なかなか難しかったらしいです。

結果は 1ヶ月後に連絡あるそうです。

自信も・・・微妙。。。
1、2、3、4 よしOK!ホントに??
200907242.jpg

昨日から 関東圏で
大型モノレールの新しい現場が始まっている。

始まりは現場にあわせた資材の準備で
その後 トラック便での搬入
スタート地点に搬入し やっとこさ施工が始まる。

今度の現場は
ラフタークレーンといって
クレーン車の中でもでっかいクレーンでないと
スタートの場所へ資材を置けない便利の悪いところ。

だから簡単に資材の追加や差し替えなどできない場所。
資材準備も間違いは許されない。

現場長も
「誰が準備してくれたのか?」と施工前に確認のTEL
「○○さん」
お?っ!あの人なら絶対的信頼がある。。。
他のマルジンマンが忘れ物をする・・・というのでは
決してありませんが・・・
○○さんは 忘れたというのをほぼ聞いたことが無いほど
「あわてずしっかりした対応ができる人」という
イメージがある。

ふんとに大船に乗った気であったようです。

トラック便の運転手さんも スーパーな段取りの
いつもの信頼ある方が中心となって
マルジンマンとみんなで1日がかりで やっとの搬入!

やれやれ、やっとスタートラインだ。

1,2,3,4,準備はOK!

あれれれれれれれぇ?っ!
えれーこってす!
肝心なこれがないっ!

20090724.jpg

モノレールを動かそうとしたら
キーが無いじゃん!
どこにも・・・

ふがぁ?っ!

はい、肝心なキーつけるのを忘れた。
と、いうか「点検済み本機」というだけで・・・
キーが付いていたかどうか確認してない。。。。

それからあわてまくって
翌朝には宅配の着く特急便を探しまくり・・・
「キー」の出荷をしたのでした。

車を送って 鍵送らず・・・みたいな

ほんとに 肝心なところが抜けちゃったお話でした。

今後の対策として
「資材準備表」に「本機の鍵」という項目が
プラスされたのは言うまでもありません。

ちゅーか・・・普通忘れんって・・・。
暑い夏の陣
20090723.jpg

マルジン社長の同級生は
衆議院議員の山本さん。

いまでも 付き合い方は議員さんというより
昔ながらの呼び捨て。
議員さんが同級生でも な?んも俗に言う「恩恵」ちゅーもんは
いただいていないため・・・
ここに書けないけど 言いたい放題。。。(汗)

「ちょっと公人としてはいかんでしょ!」みたいな失言で
マスコミをにぎわしてしまったし、
今回は自民党はそりゃ大変な選挙結果が待っているだろう。
「破れかぶれ解散」「やけくそ解散」「与党ぼけ解散」「万歳突撃解散」と
党内でさえ勝算のなさを批判したネーミング

山本さんもかなり厳しい選挙戦となりそうです。

マルジンの社長自身も
政治経済に関しては山ほど言いたい事があり
「今回は自民党は下野すべき」と公言しているるようです。

そうそう・・・そんでもって社長・・・
エリアが違うので山本さんの投票権はないんですよね。

今までの選挙はどちらかといえば
1歩も2歩も引いた形で応援していたようですが・・・
社長・・・今回は ちと本腰入れて応援しようかと
思ってるそうです。

「負け戦」いえいえ、「旗色が悪いとき」ほど
「同級生」じゃないですか?!

でも、暑いときに
セミよりやかましい選挙カーは辟易ですね。

何かもっと違う選挙のカタチ無いものですかね?
マルジンマンテキ皆既日食ノミカタ
わざわざ 暴風雨の
悪石島へ行かなくっても・・・
↓マルジンマンにはこれがあるのだ!

2009072202.jpg

溶接面!!
(溶接の火花を見て目が焼きつかないように保護する面)

ほうらね!

2009072201.jpg

ほんとは もっとくっきり三日月が見える!!

わあ?すごいじゃん!

ただいま 開発部の
溶接面は 皆既日食を見る道具と化しています。

7月22日 10:59
現在のマルジンの様子でした。
悪石島はどんな天気?
人口78名
牛のほうが多い島
「悪石島」
もうすぐ 世紀の大一瞬を迎える。
天気はどうかなあ?
日食みれるだろうか?

20090722.jpg

すごいツアー客が訪れているらしい。
人口78分の1の筆者の小学校の同級生も
きっと目が点になっているかもしれない。

ハブに 虫・・・暑さ
水不足、宿泊はテント、天候しだいで欠航するフェリー
それでも高いツアー費を払って悪石島へ出かけておられる面々

祈る思いで 空を見上げておられることだろう。

晴れると良いね。
天はどんな太陽を見せてくださるのだろうか?
運命の瞬間が迫っている。
よかれという処置があだに?
20090721.jpg

これはモノレールを操作するレバーの付け根に
設置されているカムといいます。

この「ぴょん」と飛び出た突起のところがミソで
簡単にレバーの切り替えができないようにしてあります。
操作するには 「やっこらしょ!」と
引っ張り加減にしないと操作できなくなってます。

機械の誤操作を防ぐために一役買っているのです。

ところが・・・
ここを強化した為ではないか?という
不具合が発見されました。
(と、いうか
 まだ 確定ではありませんが・・・)

連休の、お休み中に御利用されているお客様からの
クレームでそう疑われる症状が出てきました。

「誤操作」=人身事故 にもつながりますから
それと比べたら・・・ 
どっちがと聞かれれば 今の症状の方が軽いものですけれど
機械が調子悪いとお客様の仕事に支障をきたしてしまいます。
こんな結果はマルジンの望むところではありません。

現場が増えれば 毎日色々な事があるけれど
「アフターホロー(24時間体制)」を
公言している マルジン。

原因究明は後回し
早急に対処して
御迷惑を最小限に留めなければ。。

ということで、現場は機械の交換
そして、より良い改善策を今日より追究!

即効開始!
夏制服
20090717.jpg

マルジンの夏制服が

やっと決まりました。

ツナギの赤とは ちょっと落ち着いたレンガ色です。

制服姿撮るだけなのに

すぐにポーズしちゃう T君です。

え?
独身です。

いつでも彼女募集中
ガラスを割って泥棒?
20090716.jpg

昨夜のうちに
御近所の会社のガラスが割られたそうで

朝から 警察が現場検証!
まだやっておられるみたい・・・。
何か盗られたのかな?
(うん、情報では 何か盗られたみたいです。)
あーヤダヤダ!
ほんとに最近 こういう話題が多いですね。

マルジンにも警察の方が問い合わせに見えた。
「何時ころまで 会社に人がいましたか?」

昨日は 遠方からの帰社組が一組あって
それでも7時ころ?

それを言うか言わないかに、もう
「あっ!それならいいです」とのこと。
ふむ??
犯行時間は
それ以降と思える。
(マルジン探偵の推察)

マルジン?
はい、我が社は 警備保障が完備されてま?す。
構内の資材も ばっちり保険に入ってます。
それにしたって
そういう問題ではないけどね。。。
エコはエゴ?
20090715.jpg

美しい地球
この地球はいったいいつまで美しいままでいられるのだろう?

先進国も 発展途上国も
自分の国のCO2は 規制するのが難しいらしい。
もともと多くのCO2を排出する先進国が
今 著しく発展を続けている国々に
同じ削減率を求めても納得できないところであろう。

どうしても他人事のようになってしまうが
普通に生活している我々は 実はかなりな「汚し屋」なのだ。
エネルギー消費
電気、ガス 、灯油 、ガソリン、水道
廃棄物 、アルミ缶、スチール缶
ペットボトル、ガラスびん、牛乳パック
食品トレー 、廃棄ゴミ そして生活排水

いくら分別して「エコ」に貢献していると言ってみたところで
分別のゴミは 本当に再生されているのかというと
再生の方がお金はかかる、その上もっとCO2を排出する
「エコ」の振りして「エゴ」がまかり通っている。

水もそう・・・
「汚水事業」を知れば知るほど
100%が有り得ないということを思い知らされる。
今・・・
たくさんの事業者や研究者の方がマルジンを訪問してくださる。
また、色々な水処理現場をみせてもいただく。

お客様が望み、マルジンが目指している水処理は
どうも モノレールで言えば
200k積載のモノレールに 
2tの荷物を積もうとしている事みたいだ。
今の技術をもってしては「ありえない」要望らしい。

それでも、何かしら 新しい「手持ちのカード」が無いか?と
水業界の皆さんが とりあえず毎日アンテナを貼って
救世主(完璧な汚水処理)を待っているらしい。

マルジンへ来られたある方は
「こいつがものになりそうなら億のカードを切ろう!と思っていた」と
心情を明かされた人もあった。

それぐらい「未知」な事業だということだ。

「汚水」をちょっとばかりキレイにする為に
どれだけ地球を汚すか?と考えるとそら恐ろしい。
「エコ」は「エゴ」と言われる由縁だろう。

単なる例であるが
今まで 汚水にお困りになっている ある会社が
汚水システムに 5000万ぐらい投資し
排水基準を ある程度満たす排水を確保できたとすると
そのランニングコストは いままでより改善されるかというと
電気料、水道料、そして廃棄と3倍でははきかなくなる。
経費だけに限らず
電気、水道のCO2排出は 増えても減りはしない。

結果的に 地球をますます汚してしまう。
そんな矛盾した状況となる。

それでも、最初から できないとあきらめるのはいやだ。
人と人の繋がりの向こうに
ほんとのエコは あるような気がするのだが・・・。

エコは回向?
そんな気持で






ハートがYOU!
20090714.jpg

ここは 温泉通には秘湯と呼ばれている
福井県大野市「鳩ヶ湯温泉」です。
昔 鳩が傷を癒しに来たと言うところから
「鳩ヶ湯」と呼ばれているそうで・・・。

福井県大野市上打波
泉質 ナトリウム?塩化物・炭酸水素塩泉(中性等張性冷鉱泉)
泉温  源泉22.5度
湧出量 毎分4リットル
PH  6.7
蒸発残留物 4591mg/kg
形態  鉱泉旅館 男女別
効能  切り傷、やけど、あせも、水虫、神経痛、リュウマチなど
露天風呂 なし
秘湯度 4

白山の麓の山深いところにある一軒宿。
山深いので 訪れるのは登山客、釣り客ぐらいで
温泉目当てに泊りに行くお客はあまりいないと聞きます。

マルジンマン数名
ただいま この鳩ヶ湯温泉近くで作業中!
福井県内なのに マルジンから2時間
ある客様が 来社くださり
「難易度が高い現場なので プロにしかできない
 ぜひ マルジンさんに施工してもらいたい」と、
マルジンマンのハートを ぎゅっ!とキャッチするお言葉を頂戴し・・・
もう、そんな事を聞いたら 「オレがオレが」と、つわものが・・・
「ハートがYOU」じゃなくて「ハートがギュッ」
で、昨日から難所に立ち向かっているのです。
「どう?」と聞くと「ちょろいもんよ」というたくましいお言葉。
しっかり施工し完工してくださいね。

しかし、仕事でも無いと 名前が出ない「鳩ヶ湯」
営業維持していくのも大変だろうな・・・
地元のミュージシャンが自作自演している
知名度UPを応援する「ハートがYOU!」という歌もあります。

今、バードウォッチングで訪れる人が
すんごく多いらしいです。
休日1000円高速料金効果で
お客さん 増えると良いな!




いらっちゃいましぇ!
20090713.jpg
機械相手で 人と接触しない仕事なら別だが
相手のある「接客」という時間は
いろんな仕事で無いことが少ない。
ただちょっとした挨拶も含めてではあるが・・・

バイト、新人の対応で
非常にいやな思いをした後・・・
上司がなんのホローもしないショップで
もうひとつムカついてしまったり

こうして欲しいと頼んでおいた注文で
引き取りに行った時に
それができないとわかり
上司が
「バイトなので慣れなくてすみません」
というだけで済んでしまったり・・・。

怒りを通り越え「あぜん」とした思いがあります。

昨日 その「あぜん」の店で 他の人も
「あきれかえっちゃったぜ!」という出来事があったそうです。

そういう口コミが
「ボクも」「私も」と集まると 大きな負の連鎖となって
「売り上げ」がガクンと落ちるんですと・・・
それで ちょっと暇なときに正社員が接客に力を入れると
また「売り上げ」が上がるんですと・・・

その店の関係者である知人に「あんなんではあかんわ?」と
話したところ そういう売り上げの推移や原因追及はしているそうで
それまたびっくり!
わかっているのなら早く対応すればいいのに・・・

新人やバイトに
接客の真髄を教え込むのは
本当に難しいとは思います。
失敗はするでしょう。
そうやって成長するのですから。

でも、お客はたまったもんじゃありません。
Aという社員なら 気持ちよくスピーディーに対応してもらえ
Bというバイトなら 時間はかかるわ間違えるわ再度出直し
と、いうのでは 店の信用も無くなってしまいます。

たとえば新人マルジンマンが
停止ストッパーを逆に取り付けてしまったとして・・・
「新人なのですみません」ではすまないのです。
確認作業もしますし、試走はしますから
普通ありえないことですが・・・。もしも という事で。

新人がやった失敗も その現場にいた責任者を含めマルジンが成した事。
お客様に納得いただく処理をしないで 放っておく事はできません。
人の命にかかわる大切な仕事です。

じゃ、モノを売っているSHOPはそれでいいのか?と言うと
そうではないと思いますが・・・
人の振り見て 我が振りですね。

気をつけよう。
こんな店には 絶対ならないぞ!

心が折れた・・・
20090711.jpg

マルジンの現場は
ほぼ山の中の急傾斜地
それも
*立っていられない
*足場が悪い
*岩場や砂地で支柱の効きが悪い
*施工体制関係が厳しい現場
 等々

条件の悪い 一日の設置m数が少ない現場が
ほとんど・・・
ガンガン施工が進むようなところは
昨今お目にかかったことがない。

立会いに行くと
A B C D E F
のなかで ランク付けをしているけれど
ま、 C以上の条件ばかりだ。

昨日 ある現場から 本日の報告があって
あと1本(3m)設置しようと思ったけど・・・
「こころが折れた」という 表現で締めくくっていた。

ひどい雨だったんだろうな・・・
そんでも 雨具着ると蒸すのだろうな・・・
現場は? おお・・・Cか。。。

あとちょっとが もう力尽きたんだろう。
「もう1泊して 明日始末して帰ります。」
と言う報告だった。

一晩寝て 心生き生き
あと1本施工して完了、全部点検して
ゆっくり帰ってきてくださいな!

<追伸>
今日は いい天気
そろそろ 帰ってくるかな?
ごくろうさまでした。


光ケーブル通過!
20090710.jpg

現在施工中の マルジンのとある現場

地中に光ケーブルが埋設されています。

お受けするときから元請様より 
「埋設物があるので
 探査機を持ってくるから」と 伺ってはいたのですが・・・

今までの経験上
埋設物は とんでもなく大変!
マルジンのモノレールは 支柱を地中に打ち込んで設置していきます。
頑丈に設置する為に よそより太い支柱を
力を込めて打ち込んでいくのです。
ケーブルをぶち切るなんて 朝飯前?
ちゃうちゃう、そのぐらい 力がつようございます。

「だいたいここ」と指し示していただいたルートや
図面上のルートが 正しくなかった事もありました。
ケーブルをかすり、現場が騒然となり その後
「もぐら探査」状態で、穴を掘りまくって
完工までに モノレールの設置より 
穴掘りに時間をかけた現場もあったのです。

だから・・・
マルジン内で喧々諤々
「探査機って性能どうよ?○○で結局手掘りしたんじゃ?」
「先に調べていただいて このルートを施工するようにって
 元請様から指示もらえないのか?」
「簡単な検査で Go!で やりました。切りました。では
 すまない。元請さんの工事中の保険はどうなっているのだろう?」
「マルジンの入っている保険は成果物に対する PL補償だから
 光ファイバーなんて1億ぐらいはかかるかもしれないし
 独自で現場に入るまでに 別の保険に入ったほうがいいのでは?」

現場に責任者で入る T君も 最初は絶対大丈夫!と言っていたが
だんだん不安に・・・。そりゃそうだ。

本来なら元請様で加入すべきものでは在りますが・・・
そんな不安を払拭する為にも 金額云々の事を言っていられません。
お客様の返答を待っていると施工日が近づいてしまいます。

そう判断し、超スピードで その現場用の保険に加入したのです。

その額「一億補償」

保険にも入り
現場は細心の注意を払い ケーブルは見えるように堀り
そこを避けて 昨日 ようやく
光ケーブルと並行する「ヤバイ」ルートは 施工終了したそうです。

パンパカパーン!

はあ?やれやれ。
何も無くてよかったわ?
T君も ほっとしてるだろうなあ・・・
さあ、後は しっかり最後まで 施工頼むよ!


売掛金が回収できないっ!
20090709.jpg

昨日の電話・・・。
仲良くさせていただいている同業者さんの
切羽詰った話だった。

昨年来の売掛金が回収できない。

もともと100%のところを
安値精一杯で75%でお受けして
やっと最終回の御請求になった途端、
お客様から
その分を値引いてくれと言われたとのこと。

60%でと・・・
それも 終わってから・・・

「仕事が暇なときに この入金を当てにしていたのに
 どうしたらいいだろうか?
 マルジンさんはどうしてるのか?」
悲痛な叫びだった。

そういう商売道徳に欠けたお客様は
過去にはありました。
すごいショッキングで 頭に来る話ですが
さあ どうするか?と聞かれると

「どうしたいのか?」を決めてからの話になるでしょう。

その中で我が社がとった行動を申し上げましたが
どうにかして
穏便に残金を入金していただきたいと望まれているようです。
どうなることやら・・・

親(元請)も 子(下請)も
大変な時代です。
でも そんな時だからこそ
「人の道」に外れない
お天道様に恥ずかしくない行動をとるべきなのに・・・

悲しい話です。


すずなり
200907082.jpg

マルジン園芸部(へっぽこ返上?)の
トマトが赤くなってきました。

「すずなり」です。

「すずなり」は「鈴生り」と書くそうです。
果実などが神楽鈴にように、
多くむらがって房を為すこと。

また「神楽鈴」を
?里神楽を舞う時に用いる鈴。
鈴を12個結んで柄をつけたもの。
?紋所の名。
と言っているそうです。

↓こんな鈴。
 トマトの成り方に・・・似ている。

200907081.jpg


甘?いよ!
陽ちゃんの交差点
20090707.jpg

陽ちゃん
また1年経ったね。

陽ちゃんが逝ってしまった交差点は
また、センターラインが消えかかってきたよ。
あの事故の後 くっきり引きなおされたラインも
またこんな風に 薄くなって
優先車両がどっちだかわからなくなってきてる。
キケンだよ・・・

こんなに見通しが良いのに
事故は起きるんだね。

こないだの日曜
マルジンの新人さんが 事故にあったよ。
陽ちゃんと同じような事故。
一旦停止無視で 出てきた車とぶつかって
車は破損、自分も ひざを4針縫う負傷したそうだよ。
でも、考えたら それで済んでよかったね。
「陽ちゃんの命日前で もしかしたら守ってくれたのかな?」
みんなで そう言ってます。

陽ちゃんの時は 止まったままだね。。。
そっちの世界の居心地はどうですか?
こっちの世界は・・・
仲間のみんな 結婚して子供が大きくなってる人もいるよ。

昨日、今日と
みんな時間差でお墓まいり
いろんな報告して・・・
そんでもって、誰もが
「安全を守ってください」って
お願いばっかりしてたでしょう?
すみませんね?。

でも、ついつい、頼ってしまうんだよ。

嫌がらずに
よろしく「守護神」お願いします。

陽ちゃんが 逝った時とおんなじ
また 忙しい夏が始まりました。
一緒について行く?
陽ちゃんが責任者で行くはずだった利賀村も
お仕事始まりましたよ。

じゃ、またね。
いつでも 遊びに来てくださいね。

青空に未来
200907061.jpg
昨日
7月5日は
新潟営業所所員 H君の結婚式でした。

空は澄み 青空

家族や友人 マルジンマンの面々に送られ
チャペルから手をつないで登場の二人です。
ちょっと照れてる H君
美しくすてきな 新婦 Yさん。

200907062.jpg

願いを込めて
空に放たれた
色とりどりの風船

おめでとう!
いつまでも しあわせに!
スイカこぶ
20090704.jpg

ボーリングの球?

いいえ これは「縞なしスイカ」です。
りっぱなもんでしょう?

実は昨日 東海営業所の大家さん(地主さま)に
いただいたのです。
趣味の域を超えた 果物や農作物を作ってらっしゃいます。
いちごやパイナップル
いろいろ頂戴してます。
ヽ(^◇^*)/ ワーイ
それがまた、実においしいのです。

先日は 見たこと無いような
どでかい「アロエ」をいただきました。
「植え方」指導付きです。

大家さんは 息子ぐらいのマルジンマンの事を色々気づかって下さって
遊耕地になってる 隣の敷地もアスファルト拡張するから
使えばいいよ!と 言ってくださいました。
来月ぐらいから東海営業所は もっと便利になります。
ありがとうございます。

大家さんは農地はあまりあるほど持っておられる大地主さんなのです。

これからも 長?くお付き合いできるよう
がんばらなくちゃ!

写真は
ちからこぶじゃなくて
「スイカこぶ」に見えなくも無いでしょ?

がんばるで?





「黒部の太陽」とマルジン
20090703.jpg

「石原裕次郎」「石原プロ」の代表作
「黒部の太陽」
≪通称くろよん。世紀の大事業として昭和史に語り継がれる関西電力・黒部川第4発電所(黒部ダム、富山県)の建設。最も難しい工事となったのが、資材や機械の搬入路のために掘られた大町2号トンネル(全長2604メートル)≫
その掘削を熊谷組の下請けとして請け負ったのが 現「笹島組」、当時は「笹島班」といわれていたらしい。
石原裕次郎の役のモデルとなられた方が笹島組の会長だという事だ。
道もない、垂直に切り立った山に深い谷。雪崩はあるしクマも出る。調査に行かされ「とても掘れない、ダメだ」と言ったそうだが でも「いやもくそもない、やるしかない」という事で掘削が始まったそうである。
劇場版でも大量の水を使う事で話題になっている「破砕帯」の場面
多くの尊い命を奪われながら 仕事をやり遂げて達成感とともに その時救えなかった仲間の命の十字架を今も背負って生きておられると聞いた。

マルジンが駆け出しのころの現場で
ダムの横坑に屈強の作業員がキビキビと出入りしているのを見て
会社名を尋ねたら「笹島組」だと教えられた。
その時「黒部ダム」の事は聞かなかったが 通称「トンネルの笹島」と呼ばれているということを伺った覚えがある。
続きを読む…
黒字です!
マルジンはお金がいっぱいあるわきゃないので
他人資本は とっても大事なキャッシュフロー

「ま、マルジンとなら付き合ってもいいじゃろ?」
と、おっしゃっていただける銀行様と
お付き合いいただいている。

昨日 ある銀行さんがお見えになった。

welcome_takemakoto.gif

CMキャラクター :たけ まこと ( 通称 タッキー )
っていうらしいが この銀行のタッキー支店長が来社。

決算書が出来上がっているので
お持ち帰りいただいた。

「恥ずかしながら 赤字です!」
もともと、決算前から吹聴?しているので
わかってはおられるだろうが
一応「増収 減益」ちゅーことで・・・
「あと、付け加えるなら 減価償却費の額を見てくだされ」
・・・・なんて 言い訳だろっ!・・・。

減価償却もできて
社員も 「ほっこりできる」ボーナスももらえて
それでも「黒字」っていうので
企業としてやっと合格だろうね。
キビシイですが 頑張るしかありませぬ。

で、その
「タッキー支店長」の言われることにゃ
「うちは黒字でした!」
新聞にも 載ったそうで
記事のコピーまでいただいちゃいました。

うちも・・・
来年は「バーン!」と
決算書出せるように
あやかりたい・・・?

いや、いや

頑張りたい!




人士事
20090701.jpg

仕事って何だろう?単純明快な答えとしては「日々の糧を得る手段」ということになる。ただ人は人生の多くの時間を働いて過ごさなければならない。家族より仕事先の人間と関わっていくことになる。そうであれば、そこにやりがいが感じられたほうがいい。やりがいがあれば明日も頑張ろうという気になる。

「仕事」の「仕」は、にんべんに士と書き、にんべんは言うまでもなく
「人」のこと。士は侍(サムライ)だとか、学識・徳行を積む人だとか、あるいは
身分制度での統治階層をいうものだとか、いろんな意味を持つと言われる。
「人」と「士」のつながりで人生を学べる場所、「人」「人」が支えあって「事」を成していく。

「仕事をする」という行為は 自分(人)のため、相手(人)のために行うもの

マルジンでも
「どんな会社にしたいか?」という無記名アンケートに色々な記入がある。
続きを読む…

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記