マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

「黒部の太陽」とマルジン
20090703.jpg

「石原裕次郎」「石原プロ」の代表作
「黒部の太陽」
≪通称くろよん。世紀の大事業として昭和史に語り継がれる関西電力・黒部川第4発電所(黒部ダム、富山県)の建設。最も難しい工事となったのが、資材や機械の搬入路のために掘られた大町2号トンネル(全長2604メートル)≫
その掘削を熊谷組の下請けとして請け負ったのが 現「笹島組」、当時は「笹島班」といわれていたらしい。
石原裕次郎の役のモデルとなられた方が笹島組の会長だという事だ。
道もない、垂直に切り立った山に深い谷。雪崩はあるしクマも出る。調査に行かされ「とても掘れない、ダメだ」と言ったそうだが でも「いやもくそもない、やるしかない」という事で掘削が始まったそうである。
劇場版でも大量の水を使う事で話題になっている「破砕帯」の場面
多くの尊い命を奪われながら 仕事をやり遂げて達成感とともに その時救えなかった仲間の命の十字架を今も背負って生きておられると聞いた。

マルジンが駆け出しのころの現場で
ダムの横坑に屈強の作業員がキビキビと出入りしているのを見て
会社名を尋ねたら「笹島組」だと教えられた。
その時「黒部ダム」の事は聞かなかったが 通称「トンネルの笹島」と呼ばれているということを伺った覚えがある。
続きを読む…

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記