マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

地方紙の取材が来られたぁ!!
地方紙 Uララの記者が
マルジンにやって来られた。

おお!モノレールの取材ね!
(だって 昔『はな○マーケット』からでも
 取材のご依頼あったほどだし…
 そりゃモノレールの取材だと思いますよ)

いいえ、違いました。

で、なあんで マルジンに???

「オトコマエな方を探しに!」
おお!そうですか?!
「できれば スーツの似合う方に…」
おお、なおさらいいですね!
20101224.jpg

ナルシストのI部長 俄然身を乗り出します。
(だって ボクちゃん今日はネクタイしてるし…)

事務所も 大騒ぎ!
おもしろおかしくおだてまくり?
I部長 すっかりその気になっておりました。

で、どうなったかというと…
記者さんのたったのひとこと
「年齢制限がございまして…」
がーん!! I部長は条件外でございました。

それで 事務所にいた2名のマルジンマンが候補に…
「マルジンの制服は ツナギ服か ブルゾンです!」と言ったのですが
「そこをなんとかスーツで…」とのご要望で
日を改めてお見えになるそうですが…

マルジンには オトコマエいっぱいいるんですけど
ほんとにこの時期忙しくて…
年明けも 多分残ってるマルジンマン少ないですよ。

過酷な現場で頑張るオトコマエ
撮影してくだされ?

み?んな出たい気マンマンです。
今日は冬至
211940987.jpg

今日は冬至

南瓜の煮物を食べたり
ゆず湯に入ったりすると 風邪をひかないと言われます。

また しんだばあちゃんの話になりますが
祖母は
「南瓜を食べて 一年の難を落とし新しい年に向かう」
と、言いまして
冬至を過ぎてからは 貯蔵しておいた南瓜を
惜しげもなく 田んぼに捨てていたのを思い出します。

今は一年中 外国の産地から輸入した南瓜が店頭に並び
そういう「捨てる」「垢を落としさっぱりする」ような
風習はあまり見かけなくなってきました。

「いとこ煮」っても言うそうですね。
いとこ煮とは硬いものをおいおい(甥)入れて、
めいめい(姪)炊き込んでいくことから いとこ煮 と言うそうです。

おいおい!?ダジャレですかえ?

一年の締めくくりまでは
いろいろと儀式がありますね!

マルジンとしては
難をぶっ飛ばし…もうひとがんばり!

冬至が来ると
「明日から 少しずつでも陽が長くなるなあ?」と思って
ほっこりうれしいです。
断・捨・離?(本当にお世話になりました!)
昨日、今日と
マルジンマンの皆が現場へ出ていて 静かなマルジンへ
ご近所の 廃棄処理の業者さんのトラックが・・・・

201012211.jpg

ガシーン!
ガシーン!
でっかいチューリップのお化けのようなロボットの手で
重量物レールを積み込んでいく。
2010122121.jpg

確かに古くはなってきている。
でも リフレッシュしていけば まだまだ使えないことはない。
しかし、年度をまたがず廃棄を決定!
その重量、20tあまりあるらしい。業者さんが何回か往復。

いろいろ、思いはあるけれど
スパッ!!とさよならグッバイだ!


私たちは お客様にモノレールをお貸出しするプロ。
製品の劣化はもちろん 維持管理の費用対効果、メーカーさんとの信頼関係・・・
トータルに判断し 決断しなければならない。

201012213.jpg

よく働いて頑張ってくれたモノレール達に
お神酒を飾り 手を合わせ 心からの感謝をこめて「さようなら、ありがとう!」。

多分 溶かされて
また 何か新しい製品に生まれ変わってくださいね。

マルジンも 新しい年 頑張るよ!
お山の上で
20101220.jpg

「お山の上で」というメールをいただきました。

登山「も」(多趣味なの方なので「も」です)趣味にしておられる
友人からのメールです。

昨日 ある山を歩いていたら
工事作業員の方々が 毎日作業するために
山の上までモノレールで登ってくる、という事を聞き
そのモノレールを見に行ったところ
「マルジン」というカラーコーンを発見したとのこと。

「マルジンの 活躍を 目の当たりにして 誇らしく 自慢したくなりました。
 又来年のまたがんばってください。
 応援しております。」との ありがたい文字に
ほんとにうれしかったです。

クリスマス前にの
嬉しいプレゼントです。

この現場は 軽量級モノレールですが 長い m数で 
なかなか ご利用頻度も高いらしく
エンジンオイルが すり減るほど
このモノレール君たち 頑張っているようです。

時おり「SOS」のサインが出るので
担当者が 何をおいてもすっ飛んで行っております。

見つけてくれた友人にも感謝しつつ
あとしばらく
どうか 無事に作業が済まれますことを祈っております。




100点満点
20101218.gif

100点満点なんて
小学校のテスト以来 もらったことが無いかも…
そんな「100点満点」を
先月 とある現場で マルジンがいただいたそうです。

内部資料の流出(笑)となるので
さだかではありませんが…

とあるお客様の 審査委員のご担当が点数をつけられたそうで
現場の技術、スピード、作業手順 etc
作業員の態度、クレームの対処
そして 資格や 技術者配置、書類関係など

「なんか 気の張る現場だった」という印象しかなかったそうですが
先日 「そういう査定をしていた現場だった」という話を伺って
やっと わかった次第です。

教えてはいただけませんでしたが
何か 来年の大きな工事の業者選択の一環として
色々な現場で調べておられるとか…。

クレームもあったのですが
そこだけ特別というのでもなく 迅速に対応はしました。
評価していただけてうれしいです。
100点というのは大げさかもしれませんが
素直に 喜び かかわったマルジンマンを誇りに思わせていただきます。

しかし、抜き打ち審査とは…
まるでミシュランの調査員みたいですね!

でも こういう審査が増えていただけるのは悪くないです。
業界のスキルは絶対上がっていくでしょうから。

マルジンも 次100点とは限りません。
「事故が無いのがいちばん!」
安全重視で 気を引き締めながら頑張ってまいります。

豚しゃぶしゃぶ
10201217.jpg

今日 とあるところから
豚しゃぶ用のお肉を たーくさんいただいた。
ほんとにたくさん!!

先週の「山まつり」の日に 
ほんとなら鍋でも囲んであったまるところ
マルジンマン総出で現場だったので…
なんにもできなかった。

ありがたくありがたく頂戴して
明日 「豚しゃぶ」鍋でいただくことにした。

ありがとうございます。
感謝してみんなで頂戴します。

夕方 マルジンマンが帰ってくると
驚くぞ!きっと!


整いました!
20101215.jpg

年末まで
作業段取り びっちりこのマルジン。

「段取り表」の前で 頭を抱えている隊長…。
「この現場…年内でないとだめなのか?ほんとに?」(ほんとですって!)
「誰か忘れていないか?」(よくみてくだされ)
「なんで人がいないんやろ?」(そんなはずはない)
「う?ん 人が足らない」(いえいえ、変わりませんけど…)
「忘年会やめようか?」(ひえ?っ!そんな状況?)
「あ?頭が割れそう」(倒れないでね)

そして…1時間あまり

すっくと立ち上がった隊長。

りりしく、こう吠えた!
「整いました!!」

よかったね!小さく拍手!

何故小さいのかというと…

昨日から 続くこの「整いました!」

多分 また幾度となく続くんだろう、きっと。

外は雪模様…きっと雪でも予定が狂うんだろうな…。
どうか変わっても変わっても「整い」ますように…。
リース
20101214.jpg

昨日 今日と
長?いお付き合いのメーカーの 
担当者さんと副社長さまが ご来社。

こ??んなでっかい「クリスマスリース」を
お土産に持ってきてくださいました。
なんでも 副社長のお友達が造られたものだとか…
こんなリースをいただくのは初めてです。
早速玄関に飾らせていただきました。

しかし でっかい!!

そういえば…
北陸では クリスマス…と言えば
自然のイルミネーション?じゃないですが
「雪」がすべて埋め尽くす銀世界というのが定番ですから
こういうリースを玄関に飾るというのは
最近ではないでしょうか?
イルミネーションを競い合うように庭や家の周りにほどこす風景も
よく見受けられるようになってきました。

やはり 暖冬が起因しているかもしれませんね。


クリスマスリースは永遠を意味する「環」だそうです。
これを、ドアに飾り、厄除けにします。
日本の門松と意味合いは同じですね。

和洋折衷でなんでもあり…みたいですが
何でも祈っちゃいます!
「マルジンのモノレールをご利用のお客様のご無事。
 マルジンマンの作業員の無事。」
どうぞ お守りください。

くるくる
201012111.jpg

あったかいのか
寒いのか…わからないほど くるくる変わる天気。

マルジンも予定がくるくる

「現場が長引いて 撤去してもらおうと思ったけど明日は無理」
「今日入ってもらおうと思ったけどA林署の許可が下りないから
 1週間ほど待ってほしい」と、お客様。

「昨日雪が積もって ユニック車が上がらないので
 作業遅れてます」現場からの情報。

「急で悪いんだけど すぐ設置してもらいたい」
飛び込みのお客様。(ほんとに急、しかも切羽詰っておられる)

「斜面の上から岩が落ちてきて モノレール破損SOS!」
「当てた!壊れた!SOS!」の 修理依頼。

なんとか 作業員を工面して配置している段取り隊長。

一番 胃が痛いのは…
どうも どの現場のお客様も「なんとか年内に…」
と いう いや?な気配。

せめて この「くるくる」をなんとかしてくだされ?

そうは言っても お客様も必死なのだろなあ…
もう 順次できる限りで
頑張らせていただくよりほかない。

どうか「雪」のくるくるだけは勘弁してほしいな。
来週の雪マーク どっかへ飛んでけーっ!!
しおで清めてやままつり
20101009.jpg

昨日はほんとに暖かい一日でした。

まさか今日 こんなに荒れるとは…
思ってもみませんでした。

冷たい雨は 今は大粒のあられがビンビン降りまくっています。

12月9日 今日は「やままつり」

山関係の仕事や 関わっている人は
山に感謝し 山に立ち入らないようにしなければいけません。
山まつりは荒れるって ほんとうだなあ?

「今日は山の神様が 山の立木を数える日だから
うっかり山に入ると 木の一本に数えられてしまう。
(木になってしまう=神隠しや怪我など不幸がおきる)」
なんて 死んだばあちゃんから 聞いたことがあります。

毎年のことながら…
この時節 年度のピークのように大忙しのマルジンマン
とても 現場を休んで山に感謝…というわけにはいかず

今日も ほぼ全員「現場へGo!」と出払っています。

よって みんなが
会社から用意された「お浄め塩」を持参
もしくは 現場の近くで 「お浄め酒?」などを購入して
仕事に取り掛かる前に お浄めしているはず。

年末が近づき
追い立てられるような気忙しさとなっております。

「山に感謝」
そんな一日があることをありがたく受け止め
気を引き締めて いい一年の終わり方ができますよう…
スタッドボルト
20101208.jpg

冬のタイヤ スノータイヤのことを
スタッドレスタイヤといいますよね。

なんで スタッドレスというのか?
昔 鋲(びょう)のついたタイヤがほとんどで
「スパイクタイヤ」と言って アイスバーンでも滑らない
冬はすごく重宝していたタイヤでした。

しかし 路面を削って 粉じん公害を引き起こす悪者として
スパイクタイヤでの走行が禁じられ
それに変わって「スタッドの無い(レス)」タイヤが使用されるようになりました。

鋲ではないけれど
部品で言うところの「スタッドボルト」は
写真のように 軸の両端にねじを持つボルトをいい、
一方(植込み側)を機械設備の本体にねじ込んだ後、
部品を組合せ、固定するのに使用されています。

モノレールもスタッドボルトを使用している部分もあります。

昨日 遠方の現場のお客様から「長期間の走行で振動が原因かもしれないが
マフラーが取れそうになっている」という連絡がありました。
「針金でくくっているし 走行に支障はないから
 止めているボルトを2本送ってくれないか?」とのことでした。
現場担当マルジンマンは 
お聞きした通りボルトを送付する手配をしようと思ったのですが
とりあえず「クレームはサービス長に集めて指示をあおぐ」の鉄則を守り
処置を伺ったのですが…

サービス長「う?ん…振動ぐらいでなんでそんなところが緩むんだろう?」
どうも納得がいかないようです。
しかも 今月初めに点検に伺っているし…

経費の事を考えたら 遠方でもあり 仕事もみんな詰まっているし
重篤な部分でもないので 行かずに済むのであればありがたいのですが…

サービス長の口から出た言葉は…
「現場も忙しいだろうけど 今から走って!」

「いまからはしって」たったの8個の文字
簡単な言葉ですが…なかなか 大変です。

*現場の段取りをして 修理に走るメンバーを会社に帰す。
*考えられる部品と工具を用意する。
*想定外の部品も用意する。
*ご利用中のお客様の仕事を止められないので
 ゆっくり修理作業ができない場合も考え代替えモノレールを用意する。
*全部載せられる車(トラック)を準備する。

昨日は それプラス
フル回転でモノレールご利用の現場でもあり
修理作業が お客様の作業終了時になる可能性も高く
利便性も考えて マルジンマン2名の派遣となりました。

そんな準備をして現場に伺って 
このスタッドボルトの緩みが判明したそうです。

この部分は かなり手慣れたお客様なら締め付ける事は可能ですが
慣れない方ですと 工具も必要だし 難しい場所。

2名とも一泊コースとなりましたが
やはり伺ってよかったと思います。

たかだか ボルト
されど ボルト。

毎日 いろんな事がありますが
マルジンはマルジンが思う通り進んでまいります!
カレンダーが年を語るんです
マルジン特製2011年カレンダーが出来上がりました。

201012061.jpg

全国のお客様に お送りするのです。

毎年 あ?でもない、こ?でもないと
写真やコメントを選び出して
最終選考まで?残った12枚プラス表紙の1枚が
選ばれます。

201012062.jpg

マルジンの1年を物語っているカレンダーです。

この思い 手に取られた方に とどきますように…

今年の「影の番長17歳」はめらめらと燃えています。
穴があったら入りたい・・・
20101202.jpg

先日 夏前から重量物モノレールを
ご利用いただいている現場が 無事終了しました。

受注までに色々あって
以前から設計とかのお手伝いをしながら
思い入れはあったのですが
後から 価格を安く言ってきた業者に足元をすくわれそうな状態でした。
マルジンに決めていただいたのは
安全面を重視した 大切な現場でもあり
ご担当が「価格より大事なことがある。」
と、社内での突き上げも説得していただいたらしい事も伺いました。

ですから
ご満足いただけるかたちで 無事仕事が終われるように…と
祈るような気持ちでした。

ご利用中に一度 モノレール本機が原因不明の不調に見舞われ
修理に走ったマルジン担当者も手を焼く始末。
「24時間以内に復旧」を目指すマルジンとしては
刻々と時間が経つにつれ
「遠方だが 本機持って走るぞ!(走るといってもめちゃ遠方)」と
スタンバイしながら 経緯を見守ってました。
「わかった?この部品だ!」
その時の安堵感といったら…。

お客様に 復旧までの時間、迷惑はおかけしたので
どの現場でもいただいている「検収書」のアンケートには
厳しいお言葉の一つでも ご記入いただいたかと思いましたが
昨日 FAXいただいたお言葉に会社中感激しました。

「品質、工期、安全面、点検等の対応など、いずれも満足しております。
 担当者(K氏)の実直かつ柔軟な姿勢については 
 当社も見習うべきところがありました。大型モノレール関連で受注しましたら、
 お声をかけさせて頂きたいと思っております。
 ありがとうございました。」

上場優良企業のご担当から 我ら零細企業にむけて
こんな言葉をいただけるとは思いもよらなかったのです。

すぐに もう違う現場に入っている Kマルジンマンに
このことを報告したところ なんと感想は

「いや? 穴があったら入りたい」との事でした。

照れてはいますが 実はものすごく嬉しいはずです。
たくさんの人がモノレールをご利用になっておられるので
日頃の点検でも より思い入れが大きかったようです。 

これからも
こういう 嬉しい言葉をかけていただけるよう
初心を忘れず 精進していくつもりです。

安全にご利用いただき本当にありがとうございました。
その名は「チーム平成」
20101201.jpg

早いもので もう12月。
また1年が過ぎようとしている。

昨日は 平成生まれのマルジンマンの
独り立ちの日でもあった。

高校を卒業してから マルジン入社
平成生まれのマルジンマンも増えてきた。
先輩マルジンマンとともに現場で汗を流してきて
ほぼ現場の段取り等も こなせるようになってきている。
モノレール敷設に関する資格も保持してきている。

そろそろ…いいかな?

段取り隊長の指令で
〇〇現場 メンバーの発表!!
m数も短い 軽量のモノレール撤去工事。
平成生まれのメンバーばかりでの実行。

工事自体は 難易度の低い現場ではあるが
お客様のご希望である 写真撮りの制約が多い。
命じた段取り隊長も 本社のサービス部長もどきどき…

思ったより早く終了して
意気揚々 会社へ戻ってきた。
「やるじゃん!」
あとは お客様にお渡しする写真の編集。
PC操作は 平成チームお手の物!
知らない事でも すぐに覚えてしまう。

日報には
「写真が上手く撮れなくて 大きなロスがあった為
(自分の思う)予定より時間がかかってしまった。
他の現場の写真を参考にしたりして 写真撮りについてもっと
学ばなければいけないと思った」と書いてあった。

頑張れ?「チーム平成」
まだまだ色々な 現場があるぞ?。
頼もしいマルジンマンに成長していってくだされ?

でも・・・本人たちは その呼び名より
「チームH」にして欲しいらしいです。

H・・・なんか 違うイメージを想像してしまうじゃん!(笑)

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記