マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

ぽ?ぽ
当たらなくても良いのに…天予報の大当たり!!

最大級の寒波は やはり最大級で

これまでも良く降ったのに
その上にまた 今朝の積雪はびっくり!

マルジン社員も 家から出ても
道路除雪ないところは 車の通行不可
なおかつ 循環道路も通行止め
今だ出社できない「チーム 365方面」
(365というのは 今庄365スキー場方面社員 4名)

その上 やっとの思いで出社してきた社員も
高速道路ストップ(JRもストップしています)に
東海方面の現場へも出発すらできず…
めっちゃくちゃ忙しいけど…現場はなるようにしていくしかしょうがない。
東海社員のみ 現場出動!!
ともかく他は 本日は「除雪」優先!!

20110131.jpg

仕方が無いので
今日は もう「除雪デー」駐車場も 雪の捨て場に苦労するほど。。。

作業場の屋根にも上っちゃう…

201101312.jpg


「あ?あ」とため息をつくと 気がめいるので

そんな時は 発する言葉を「ぽ?ぽ」にすると いいだろう!
って 誰かから聞いたころがある。

201101313.jpg

コーヒーにする?
お茶にする?

自販機へ行くのも 決死の覚悟?

ふんとに 「ぽ?ぽ」



たのしんご?
20110129.jpg

仕事の前の 準備段階…

おーい!モノレールあったぞ?

レールはどこだ??

ほいさ、こらさ!

何が何やらわかりません。

ボルトなんか落としたりするものなら
降り注ぐ雪に埋もれて…
どこへ行ったのかかいもくわかりません。

そのうちマルジンマンもどこにいるのかわからなくなりそうです。

マルジンマン

雪の中で「たのしんご!」と言っているかどうかは…??
わかりませんが

もう くさっていてもしょうがないです。

なるべく 笑って笑って!

「笑う門には 春来る!!」なんちゃって。
愛着ちゃくちゃく・・・
20110128.jpg

寒いですね…

毎回「この冬最大級の寒波」という予報で
あ?またか…という感じですが
ともかく 今週末「最大級」らしいです。
新潟も営業所のあたりで1mちょい…
中越地震で被災した 山古志村あたりは なんと3mだそうで
「暖冬、暖冬」と言っていたのが まるでウソのようです。

寒いのと
焼効率が悪いという事や
忙しく気忙しいのもあるのでしょうが…

時折 色々な現場から
「モノレールエンジンのかかりが悪い」という連絡が入ります。

マルジンは そういう時のために
必ず現場に「プラグの予備」を置かせていただいています。

具合が悪い時には お客様に交換していただいたりもします。

調子が悪い事の大方は
「もう少し自分の機械のように」労わってもらえると
モノレールも もっと頑張って働けるのに…
と思えることがあります。

でも、レンタル屋の宿命みたいなもんでしょう…きっと。

先日、レールが傾いてきた…というご連絡の現場へ伺った時も
補強を済ませて 現場の方と談笑していた際
「そういえば、先日どこそこの足場屋さんが 〇〇と〇〇を積んで
 その上に〇〇を積んでモノレール運搬していたみたいだから
 それが原因かもしれんね?」
え?っ!!!
ちょっと待ってくださいよ。。。それって完璧重量オーバーじゃないですか…。

目撃したわけではないので 注意はできませんでしたが
「レンタルの機械ってばかり思わず 愛着を持って
 使用していただきたいですね。」と申し上げてきたそうです。

愛着ちゃくちゃく♪愛着ちゃくちゃく♪
モノレールにお乗りのお客さま♪

どうか ひとつ!


 
落としたっ!!
昨日午後の 東海営業所は ちと大変だったらしい。
 
トラックから とある工事のモノレール資機材を降ろしている時
看板が無いことに気付いたそうな…。

20110127.jpg


「あれ??積んだよな…」
「いや、絶対に積んだ…」

現場責任者のマルジンマン、血の気が引きました。
「落とした???」

何故なら
高速道路を走って帰ってきている事
看板には工事名もだけれど 
しっかりとお客様の名前が入っている事。

最悪を考えて 心臓が爆発寸前です。

高速道路上の落し物…こんなやっかいなものはありません。
落下の状況によっては重大事故に繋がりかねません。

トラックの荷台シートの掛け方が 的確でなかったために
落ちたのだろうか???

ともかく 一番には JHへ電話。
「落下物の苦情や 落下物が届いていないか?」の確認。
「今のところ何も届いていない」という返事に まずは一安心。

その後 すぐにお客様のご担当に電話を入れ
看板の紛失と もしかすると社名が入っていることから
拾われた誰かからお客様に 電話が入るかもしれない旨を
申し訳ないと 陳謝して そして道中をくまなく探すと、お伝えした。

それから
「看板」の大捜査。

高速道路も含め トラックが移動した道路を 
車で移動しながら探したそうだ。

でも 見つからず…。

もう 今日は暗くなるし あきらめよう。

そう思って探索を終了しようとしたその時…

なんと 高速道路の路肩に「緑の物体」を発見。
マルジンの落とした看板だったそうです。

「あったぁ…。よかった!!」
ほっと 一安心。
「やっぱり 落としてた…」

しかし、たまたま 運が良かっただけで
荷積みに関しては 走行速度の事など考えず
ルーズーだった事には間違いないので
猛省して 今後はよほど気を引き締めていくようにと
上司からも きついお小言が…。

当人が一番こたえたでしょうけどね。。。

「注意一秒 怪我一生」
自分だけでなく 落下物は 他人様に迷惑をかけます。

高速道路で移動することが 日常のマルジン。
皆に 通達して ほんとに 気を付けます!
モンスタークレーマー
illust3634thumb.gif

ある現場で

ご利用中のお客様が
モノレールに対し すんごく怒っておられる…という
話が耳に入ってきた。

そばにおられた人からの話を伺うと
私どもからすれば
「オイルヒーターは暖かくなるまでが遅いっ!」
みたいな、性能的な問題で怒り心頭!
現場から怒って帰られてしまった・・・というのだ。

マルジンの直接のお客様ではないから
本来 そのままにしておきたいところだが

トップ陣、サービス長の考えとしては
「そんな事で現場の雰囲気が崩れると 
 マルジンのお客様にも迷惑な話だ、すぐに行ってくれ!」
という話になった。

とりあえず、マルジンの精一杯をしてさしあげる。
どっちにしろ同じ性能であっても 新品に替える。
その上で 
 
あなたならどうする?
営業マンは 売り上げをあげてなんぼ。

売り上げが無ければ

現場だって
事務だって
会社の色々な経費だってまかなっていかれない。
とうざを救ってくれる 銀行借入などあったところで
売り上げが無い=利益が出ない
そんな企業に 投資してくれるような
おめでたい人は なかなかおいでではない。(はず)

1億の仕事があったとしよう。
喉から手が出るほど欲しい仕事である。
自分は売り上げが少なくて 上司からもいつも嫌味を言われ続けている。
なんとか起死回生といきたいところだ。

その仕事を発注する担当者が こう耳打ちする。
「いいよ、君のところに注文しようと思うんだ」
営業マンは大喜び…、これで会社のみんな喜んでくれる。
1億で仕事を受注できれば 利益はそこそこ出るはずだから
賞与も少しは出るかもしれない。
金一封も出たりして。
そうそう、来季のベースアップもあるかもしれない。。。
妻も喜ぶだろうなあ…。

いろいろ妄想していると
担当者が ぽんぽんと肩をたたかれ
「そこでね、1億100万で 請求書出してくれない?
 口座にはそれだけ入るからね、そこで 悪いんだけど
 その100万だけは 指定するところに返金して欲しいんだ」
「返金?お会社の口座にですか?」

担当者は にっこりと笑って
「いや、ここの口座だよ」
聞いた事の無い会社名。。。
営業マンは 自社に戻って その名前の会社の登記を調べてもらった。
すると…それは 発注担当者の奥さんの名前が社長名の会社だった。

さあ・・・あなたならどうする??
知らない顔して振り込みますか?
「できません」と断りますか?

こんなに大きくないけど よくある話です。
マルジンにも似たような話が入ってきたことがあります。

20110124.jpg
得てして汚職とはこんなものである。公共工事について回る入札と落札が決まっている箱の中。根回しは済んでいる。からくりで入札額を釣り上げても、意中の業者に落ちるようにさせる。こんな入札では施主は不利であるが、みすみす高額で落札させるのだ。
「豊中川柳」11月号より

ひとつ手を汚したら
もう とどまることができないんでしょうね。。。

えっ?マルジンはどうしたかって?

へえ…今のところ
「9900万に値下げしますから堪忍してください」とか
「お会社からの指定であれば 考えます」とか お答えしています。

だから そういう大きな魚は逃がしている…っていうことです。

でも どことも しがらみがないので
自由に泳ぎつつ「それで見捨てられる世の中なら 潰れるまで」とか
「苦しくとも美しい花を開くのだ?」なんて 餌にもならない
カッコイイ事を言っているんですけどね。

「えらくなくとも ただすく(正しく)いきる」
で、ありたいもんだ。

?「一流」と「超一流」?
20110119.jpg

「マルジン新聞(社内報)1月号」からの抜粋
・・・・・・・・・・・・・「専務の小部屋」より

さて、今月はフランスの料理界に伝わる格言から。

「一流のシェフは最高の料理をつくるために
最良の食材を集めようとする。しかし、超一流のシェフは今ある食材で最高の料理をつくってみせる。」
けっこう耳の痛い話のような気がします。

ともすると私たちは、自分の置かれている「今」という環境に不満を持ち、その原因を自分以外の誰か、
何かに押し付けてしまいそうになります。
「○○が悪いから。」「○○がなかったから。」

本当のことを言うと、自分に「だって」責任があるはずなのに、その責任には目もくれず、それ以外の問題には敏感に反応してしまう、そんな風にどうしてもなりがちな我々のように思います。

では、その考えの先に何があるのか、自分以外の人、物に全く問題がなくなったら全てが上手くいくのか。
そんなことはないと思うんです。
その時になって初めて、自分が一番の問題になっているって気づく。そんな恐ろしい事も考えられます。
じゃあどうするのか。

今ある状況の中で最高の結果を出すこと。
そういう単純なことに集中する、という事も、大事になってくるのではないのでしょうか。
今を否定することより、今を理解してよりよくしていく。
問題を当たり前としてとらえ、ひとつずつ良くしていく。
そんな考え方もありなのではないかな、と思います。

以上、今月もどうか、ご安全に!♪
夜半の電話の緊張・・・
12月の始めのことになるのですが…
夜半に社長の携帯が鳴ったそうです。
登録していない携帯番号
いぶかりながら 電話に出てみると…
それは 東海営業所のS君。

東海営業所は ものすごく忙しい。
もう、お客様の名前や現場名が本社では把握できないぐらい
なんやかやとご依頼を頂戴しています。
それを 中心的な役割で手腕を発揮しているのがS君。

otoko.gif

現場の段取りも含め
所長や 本社の部担当への電話連絡はあっても
社長に直接電話がかかることなど いままでに無かったことです。

「Sです。。。。実は。。。」

社長はとっさに「不測の事態」を想像しました。
仕事上のとんでもないトラブル。
何か大きな事故。
やんごとなき重大事象。
普段が息抜きを知らないような馬車馬のような存在だけに
悩みぬいた決意のようなものを 電話越しに感じた気がしました。

「どうした?」  重い声で社長が問うと、

その返事は…なんと…

20110118.jpg

かねてからお付き合いされていた女性と結婚を決意したという報告。
そして、近々一緒に住み 入籍は1月元旦。
式は行わず 1月にハワイへ旅行に出かけ 
それを二人の結婚の印とするとのこと。
「忙しい時に申し訳ありませんが 1月末休ませていただきます。」

なんだ…そんないい話だったのか…
社長、こんな嬉しい話は無いと ちょっと涙ぐんでしまったとか。。
お相手の方も 式の費用など無理なお金はかけないどおきましょう…
と言ってくださる女性だそうで
そのかわり 仕事に時間がありそうな時に旅行は行きましょうね。
という話になったとの事らしいです。

そして 12月1月と 大奮闘のS君、
(ま、大奮闘はS君だけじゃないのですが・・・)
とうとう、あさってハワイに出発という日が近づいてまいりました。
なんと、明日も仕事するそうです。
鬼のようなマルジン?いえいえ、本人が出る気マンマン!

みんな
「1月末ならいいね、仕事暇になってる時期だもんね、
 さすがやなあ?S君 段取りがいいわ、やっぱり!」と
褒め称えていましたが…
なんと 忙しすぎてなかなか「整わない」状況の 現場段取りに
「S君 20日からやね、休み…う?ん帰りはいつ?」

知ってるくせに何度も問い合わす段取り隊長。

大丈夫、留守の間
頑張って仕事こなしてますよ。

ゆっくり楽しんできてね、ハワイ!!

お帰りを 首をなが?????くして待ってます。
東海に雪を届けたのは誰?
20110117.jpg

いや?よく降りました…雪。

本社・新潟営業所とも ただ今駐車場の除雪中。。。
もちろん 積雪地域の現場はストップ!
そんなことは 計算の範囲です。

でも いいんだ 今日は東海営業所での現場がいっぱい!
現場へ応援に行く本社社員も
ちゃ?んと昨日のうちに移動しています。
それを送り出す本社社員も 昨日朝早くから
駐車場の除雪などして
気持ちよく 送り出せるよう「段取り十二分!!」
みんなの連係プレイが光ります。

雪が降ったら
「東海チームに現場頑張っていただいて
 手厚くホロ?させていただきます!!
 頑張ってくれ? おんぶにだっこでついて行くよ?」
な?んて 冗談言って 雪の降らない地域の現場を
ほんとにありがたく思っております。はいっ!!

ところが…
なんということでしょう!!

その一宮の東海営業所でさえ 10?の積雪とか…

マルジンはスノータイヤ完備の四駆の車だし
雪でも 全然平気なんですが…
高速はストップだし…
現場もストップだそうで…(泣)

なんてこったい!!

昨日からの スーパーかっこいい段取りが
こんなことでコケルとは…

とりあえず…
現在 東海営業所は 大入り満員!
賑やかに「待機中」

どうも うわさでは 
「この人が行くところ 雪が付いて回る…」と言われている
ある社員が 元凶なのではなかろうか?
な?んて事まで ちらほらでているそうで

天候だけは どうしようもないので
もう あとは はやく溶けてね雪!!と祈りつつ
天を仰いでおります。
ハイスコア続出!マルジンマン恐るべし!
20110113.jpg

UPが追いついてないですが
備忘録としても書いておかねば…

マルジンの年始のボウリング大会は
ものすごい事になってました。

何故か ハイスコア続出!!

280 290

100を切るようなマルジンマンはいないほど…
(100切るマルジンマンは現場のため
 参加できなかった(泣)といううわさもある)

いずれにしても

今年は何かが違う!
できるマルジンマン!
すごいぞマルジンマン!

一丸となって ただ今
現場 奮闘中です。
小さな努力が「適正表示」につながった?
20110111.jpg

モノレールの種別には
軽量級から 重量級までの表示があって
当社の扱っているモノレールは
200k運搬用?3t運搬用まであります。

「あ、そうか200kが運搬できるんやの?」
「こっちは2t?3t?運搬か」
普通 表示で理解されると思います。

じゃ、その運搬重量は 平坦なところで??
いえ、平坦なところではありません。

当社の運搬重量は
「傾斜角度45度」の場所で
常時運搬できる(許可する)重量を表示しています。


そんなの当たり前じゃないの?

それが…なかなか各メーカー揃っていませんでした。
やっぱり「わが社のモノレールはこれだけ運搬できる!」と
少しでも性能を良く見せたい!という気持ちもあるのかもしれません。
30度での 最大積載量表示…そういうのがまかり通っていました。
それは、なにも嘘ではないのです。
どの機種も 角度が無いところなら牽引力は増すのが当然です。
小型であっても 平坦なところなら重量物さえ引っ張る力はあります。

お客様は 当然小型のほうが金額も安価なので
運搬できるなら 安いほうが良いに決まっています。

ところが そうやって小型モノレールで工事が始まってみると
色々不便なこと、危険な事も発生し
これではいけない…という事もあって
モノレール業界の中で 統一表示をすることになりました。

やれやれ それが5年前の事です。

しかし、一旦 各社まちまちの表示を設計等に掲載しているわけで
その表示を変えていくのは なかなか容易なことではありません。
メーカーのカタログでさえ なかなか重量表示の仕方が変わりませんでしたし
設計に参入するのは 一般の建設会社、調査会社、コンサル等
たかだか仮設のモノレールの金額など 重要視されていないという
傾向もあります。

設計のお話や 単価調査があるたび
「モノレールの45度表示」について話したり
そういう項目を追加したり 訂正したりして対応してきました。
「30度750kタイプモノレール」
「30度3tタイプモノレール」とかいうお問い合わせに

「・・・またか・・・」という思いもありましたが
いつか少しずつでも 変わっていくのだ!という思いで
資料提出を繰り返してきました。

今年初めての 役所からのお問い合わせ。
びっくり!!
「マルジンさんは 45度3t運搬できるモノレールありますか?」
「あります。」
「では 調査票お送りするので 記入願います」

もう1件も
「45度で運搬 2tタイプモノレールで設計単価提出お願いします」とのこと。

たかだか これだけのこと。
考えれば やっと 普通の問い合わせになっただけのこと。

それだけでも やっぱり嬉しい問い合わせです。
小さな努力が 適正表示に繋がった気がします。
早くも年間最高の・・・
20110108.jpg

これぐらいなら…
まだ ヨシとしよう。というぐらいの降雪。

平野部で10?20センチの積雪。
餌を探して スズメが大挙して田んぼを飛び交い
昼ごろに 少し晴れ間があると 雪もほとんど解け
そしてまた 夜降る…そんな繰り返しです。

でも 現場はそんなわけにもいかず
70?80センチの雪をかき分け頑張っているところもあります。

なんと、今年は早くも
マルジン年間ランキング1位(どんなランキングじゃ?っ!)の
一日の最高現場数に到達!
もう どうにもこうにもなりませぬ…の一歩手前です。

このぐらいの雪で どうかひとつ…
降りはストップにてお願いします。

明日は全員休めますように…
2011年の目標を「流」としたい・・・ような気分
20110106.jpg

景気の良いお話が飛び込んできました。
東京都中央区の築地市場で5日の初競で
北海道・戸井産クロマグロ(342キロ)1本、
3249万円と最高値がついたそうです。

年末年始の特番でも
大間のマグロ一本釣り漁師のテレビ放映がされていました。
極寒の海で 大物を狙う漁師…
毎回「名人」と呼ばれる人と
2年マグロを揚げた事の無い 
少々うだつの上がらない様な漁師さんをからませての
映像を見ました。

判官びいきの日本人にとっては
もう後が無いような漁師に「がんばれ!」と応援したくなる構成です。
最後に小さいながらも マグロを揚げて
ほっと安堵の気持ちで 番組が終わります。
そんな 感じ。

針にかかっても うまく引き寄せないと
マグロを逃がしてしまうのです。
そうでなくても かしこいマグロは船の下にもぐって
糸を引きちぎったりするのです。
荒波の海で マグロとの格闘劇はすさまじいものがあります。

名人と呼ばれる人でも 格闘の末逃げられてしまう事もあります。
ただ、今年は名人の名人たる動きを見た気がします。

舟も古くはない、ソナーも最新式の物を投入しています。
しかし、それだけではないのです。
マグロがかかったと見るや否やの 無駄のない動きです。
円系を描き釣り糸を投げ入れる
糸の巻きつけ準備、モリの準備、電気ショッカーの準備…
一連の流れるような美しい動き。
獲物が小さかろうが 大きかろうが
「マグロには変わりはない」と 
精一杯で海からの頂き物を揚げさせてもらうという敬意が感じられます。

一方の釣果の無い漁師は
マグロがかかると大慌て、どこに道具があるのか
もうあたふた、道具も整備不足で
糸がからまったり 電気ショッカーの電源が入れてなかったり
釣れない人は なるべくしてそうなっている気さえします。
釣果もないから投資もできないので、船も機材も古い。
気になったのは古いだけでなく 船上が汚い。

名人の釣糸はからまないように 大きな丸ザルのような容器に
丸くきちんと揃えてあります。
その糸がシュルシュルと海へ消えていき
それから雄々しく 美しい戦いが始まるのです。

こんな小さなことは 投資以前の問題でしょう。
やろうと思えばすぐできるはずです。
「釣り上げる」為に 相応の準備は必然だと思えます。

こうやってマグロの番組を見ていてもマルジンの仕事とも重なります。

名人、プロと呼ばれるために…
いや、なんの仕事も同じなんだきっと。

後になるか先になるかの違いはあるが投資は必要。
そしていつでも美しい動きができるような
道具の整備、動きのシュミレーション
持てる知力の精一杯の引き出し

今年は「流れるような美しい仕事ぶり」の
「流」としたいような そんな気分の年明けです。

本日 マルジンマン全員出動!!
今月も めっちゃめっちゃ忙しいです。
沈着冷静に、プロを極めたいものです。
おめでとうございます。
20110105.jpg

明けましておめでとうございます。
マルジンは本日、安全祈願に全員で神社に向かいました。
(全員というのは 嘘です。
 新潟営業所は 全員現場となってしまいました。
 新潟営業所の分も みんなでしっかり祈願いたしました。)
その後 恒例の ボウリング大会!
そして 新年会にて 明日からの現場への意気を高めました。

また 一年

「安全と使いやすさ」を皆様に提供できますように
 頑張らせていただきますので
 どうか 相変わらずのお引き立てのほど
 よろしくお願い申し上げます。

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記