マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

震度7にも耐えました!
20110331.jpg

東北地方太平洋沖地震において
もっとも大きな震度「7」を記録した場所に
マルジンのモノレールが設置してございました。

地震後 ストップしていた仕事が4月から再開いたします。

その前に モノレールや全体ルートを総点検するために
今日 マルジンマンが出向いております。

「相当 ダメージを受けているのではないか?」 
どきどきしながら 現場へ着きましたが…

さきほど
「まったく びくともしてないっ!!」という
元気な報告がありました。

すっご!!
どこかの1号2号3号4号より 頑丈じゃないか?!
(ま、想定外の津波はありませんでしたが…)

やっぱり マルジンのモノレールの柱(支柱)は
よそ様より 太いだけあって 災害には強いね。

今日、明日と 全部念入りに点検して
明日帰ります!とのこと。

<追伸>
コンビニは 棚がガラ?ンとしていて
給油所は ほとんど締まっているそうです。

マルジンマンは 帰りの燃料は持っていますから大丈夫!
ヒーロー「命がけの任務」を命ずること
20080130.jpg

マルジンの仕事だって3Kの代表格
ある意味 危険はいつも潜んでいる。
そういう現場で
「ほぼ日常的に」マルジンマンは戦っている。

被災地で…
そして福島第一原発の 最先端で
誰かは作業しておられる。

どの仕事が少しでも安全か?と問われても
どんな作業も命がけだろう。
津波で流された残骸の中で 行方不明者を探す潜水夫
見えない放射能と分刻みで相対する作業員

昨日知ったのだが 福島原電の作業員の中には
ゼネコンでただ一社 T成建設社員30名その下請け100名の
作業員が 過酷な労働環境で頑張っておられるらしい。
社長の話だと ひとりひとりに意思の確認は取っての派遣だとの事。

予断を許さない状況の中で
「誰かがやらねばならない事」
「敬服に値する、素晴らしい決断」
いろいろな言葉で 先端で活躍する人々を称賛する。

下請け=協力会
たいがい、元請からの受注金額に頼る割合が大きいほど
その威光は強力なものになる。
「つるの一声」は 絶大なものなのだ。
そんな事が この勇士たちにあてはまるとは思いたくないが…

昨日のそのニュースを聞いて マルジン社長の一言。

「俺は 命に係わる危険があるとわかっているところへ
 社員に行けとは言えない。
 心意気に感じて どうしても行かねばならないなら俺が行く。」

そう言えば…昔の事になるが
とある地すべりの現場で モノレールのご依頼があった折
まだ その斜面が 動いているような状態で
地質調査のジャストポイントは 滑り落ちる可能性の方が高いような
依頼地だったことがある。
お客様は わが社にとって大きな売り上げのところではあったが
マルジン社長が出向き お客様に物申させていただいた。
「こんな危険なポイントまで 社員を入れる事はできない。
 ましてや そのままお貸出しして ボーリング作業員の方が
 毎日 危険ポイントまで出向かれる様な事は納得できない」と。

ご担当は 多分気分を害された事だろう 
マルジンではなく 他の会社に現場を頼まれることになった。
後で知ったのだが やはりマルジンが主張した危険ポイントまでは
モノレールの施工を断念したとの事だった。

その事だけが原因ではなかったが
その後 そのお会社とは 足が遠のいてしまった。

仕事を営んでいくうえでも
色々な決断を迫られる機会がある。

今回の 原発事故に関しても
11日に命からがら 避難した福島現地の作業員が
ある避難所で避難生活をしておられるのだが
その人の携帯にメールで
「一日40万出すから 作業に戻ってくれないか?」という
依頼が入ってきたとの新聞報道もあった。
その人は まだ若く妻子もある身なので とても行けない…。
と、言っておられるとのこと。

もしも 決断して行くことになれば 原発鎮静化を成し遂げ
「日本を救った英雄」として 全世界に名が轟くかもしれない。
しかし、状況を知らされず 作業し…被ばくすれば
チェリノブイリで命を落とした作業員と同じ運命をたどるかもしれない。

マルジンも
退避圏内ではないけれど 福島でのお仕事も近く動き出す。

社長が 休み時間に歓談していたマルジンマンに
「私が把握できる危険はできるだけ回避するが
 危険地帯に近いところでの作業にも伺う事も出てくるだろう
 そんな時は 心して受けてほしい」と伝えると

輝いた目で はっきりと「わかりました!」という返事が返った。

そんな「他人の為になりたい」マルジンマンだけに
社長としては 慎重にかまえさせていただきたい、
そんな思いなのだ。

(みんな行く気まんまん!良いのか悪いのか…ほんとにもう) 

担う人
20110328.jpg

今日の10時

研修中の 学卒新入社員(新人マルジンマン)2名
(今日の作業は 事務所とかの窓ふき)
ただ今 紅茶で一服中
お菓子は Uマルジンウーマンの手作りアップルパイ

聞き耳を立てていると
自分の好きなお茶や 嫌いなお茶の名前を話している。
ほほえましいなあ?と思っていたら

「これから 災害関連の仕事が来るかもな?」
「まあ ある程度落ち着いたらだろうな」

へぇ?っ!!??

その風貌からちょっと想像できない話で びっくり!

どうも ご家族の仕事柄というのもあるらしい。
あれま!頼もしいこと!

マルジンは 正社員が多すぎると言われる人もある。
それでも 毎年新しい人材を 募集させていただく。
コストで考えれば有りえないことかもしれない。

ある程度の 小さな現場をまかせられるようになるには
色々な経験を積んで 時間と費用のかかることだ。

でも 彼らの成長に合わせ
マルジンも 成長していけると信じている。

たかだか ガラス拭き

でも 家でなかなかこんな経験を積んでこない若者
脚立の利用から 窓ふきのやり方
2階の窓を安全に 手際よく拭く方法
あ?でもない こ?でもないとか話しながらやっている。

「ここ 落ちてないわ!」
「拭き方悪いんかな?」

来月の研修期間が済んで モノレールの現場へ出るようになっても
色々と 話したりしながら
切磋琢磨して 伸びていってくださいね!

先輩を追い抜くのに 遠慮は無用でっしゃ!
狙いを付けて通す!お見事。
201103252.jpg

この穴に向かって
レールを設置します。
レールの下部のラックが
穴の枠にひっかからないように…
うまく 中間を出して
なおかつ 外へ出たら カーブ&ダウン


201103253.jpg

なんだ これは?
動物園の檻??


201103251.jpg

ジャーン!
ゾウでもライオンでもありません!
モノレールの格納庫

ダムの塵芥を運搬するモノレールです。

レールが設置してあっても
扉が開け閉めできるように設置しました。

もうすぐ 全完工!
いっぱい働けよ!

ダムで働くモノレール。
これから 今まで以上に注目されそうです。
遠くから足音・・・
20110324.jpg

これでもか、これでもか…と押し寄せり災難。
昨日は とうとう東京の水までも
「幼児の摂取は控えるように!」
というお達しが…

瞬時に 水のペットボトルは 店頭から消え
なんと、新潟 福井・・・ 
全然規制地域でないところの水までも 売切れの状態。
毎日毎日 予断を許さない変化が起きている。

東北地方のお客様の 安否もだいたいわかってきた。
避難されている方
お会社が 相当な被害を受けられている方
ガソリンが無くて 身動きできない方
それぞれではあるけれど みなさんご無事らしい。

そして、そういう中でも
少し マルジンの仕事にも変化が出てきたようだ。
止まっていた 輪番停電地域へは 来週頭から伺う。
旅館のおばちゃんからも
「停電で迷惑かけるかもしれんけど よろしくね」
と、ごめんねコール。
いえいえ、心得ております!!

福島の 飯〇現場は 相当な期間仕事再開とはいかないだろうけれど
「頼む!と言ったら 東北へどれだけの人を送れるか?」とか
「被災はしたが 多分4月入ったらまた動き始めるから 準備しておいて」
とか、お電話を頂戴している。

ライフラインの大動脈 高速、一般国道の通行が整ってくると
次は 送電などの工事が始まってくる。

中越地震の時も 自宅が半壊した社員を 休ませてあげたかったのだけれど
ライフラインの工事をされているお客様の皆様も 同じ被災者で
家にも帰らず 突貫工事で現場に張り付いておられるのに
マルジンマンだけ休むこともたがわず
大きな余震の中 岩肌にしがみついて転倒を避けたりしながら
何とか頑張ってきたものだ。

「行け!」と言われればどこまでも
「来て!」と言われればいつでも

何かでお役にたちたい。

春は そこまで来ています。
がんばろう日本!
1000年に1度に備えよ!
20110322.jpg

1000年に一度の 未曽有の災害と言われている。

津波は ギネスにも輝く
200年に一度の津波に耐えるという
スーパー堤防を軽く超えて 家屋や人を飲み込んでいった。

200年に一度の災害に備えるのか?
必要ない!と、昨年の事業仕分けで廃止した政府与党。
災害対策予備費、地震再保険特別会計、 耐震補強工事費を仕分け・廃止
自衛隊予算削減
土木公共工事削減、建設業界崩壊
ダム・火力は環境を破壊するから NO!
クリーンなエネルギーの原子力発電の推進
(こちらは 自民党政権下からの推奨でもあるが…)

200年に一度の災害どころか…
1000年に一度の今回の地震、津波、原発事故に襲われ

削減してきたものが ことごとく裏目に出て
対応に苦慮しているという様相だ。

今こそ 地元住民の為に
身を粉にして働かねばならない みんなの代表は
なぜだか ひっそり影を潜めている。

ある大物議員さんは
まるで自粛していたかのように
被災から 1週間後に ようやく自身のHPに
「11日発生の東日本巨大地震と津波による大災害に際しまして
、岩手県、宮城県、福島県の3県をはじめ、
全国で被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
 ・・・・・」
というコメントを入れていた。

このとんでもない災害から救助され
「命だけは助かったのでありがたい」と
いう被災者が フォローの遅さで 
二次的、三次的にに命の危険にさらされることが ありませんように…

被災者と同じ わずかな食料で
厳しい環境の中 それでも意識高く救援活動を続ける救世主たち。

普段何事も無く 国費で
1000年に一度の為に 雇っている費用は
本当に無駄なのか?

国の指揮を執る人々を含め
強く問われている気がする。

どんなに費用が掛かろうと
なんとしても 国で厚くカバーします。
災害国債発行、災害消費税発動
早く導を示してほしいものだ。
雪が・・・
20110318.jpg

春の息吹が感じられてからの 雪。
普通なら「なごり雪」と 眺めるのだけれど

多分、多くの人の思いは同じ…。

「被災地の方は どんなに寒いことだろう」

道路の寸断
空港の被災
津波で港の被災

道路を復旧させようにも
重機が流され 重機を運転できる作業員も被災、不明。

一般車両が物資運搬で 被災地へ向かっても
燃料の確保ができないため 帰りの燃料を考慮した地域にしか行けない。

ようやっと
寸断した道路を 日本の土木の英知を結集して繋ぎ
仙台空港は 米軍の力を借りて 自衛隊機の発着も可能になり
港に 船が着けられるところもでてきたそうだ。

あと、すこし
あと、すこし

命の糧が 被災者の元へとどきますように。

今日の午後から
暖かくなるらしい。

少しでも 寒さが和らぎますように。
計画停電に参加?
20110316.jpg

東京電力関内では 今日で3日目
東北電力関内では 本日から

地域ごとに 順番に停電させる 計画停電の実施中

マルジンの 新潟営業所も
今日から 3時間ほど 停電になる…はずだった。

けど、

先ほどの発表によると

とりあえず 今日の停電は回避された模様。

マルジンの新潟営業所は
停電になると…
暖房機 PC あたりがちょっとつらいけれど
モノレールの整備は 3時間ぐらい
しっかり着込んであたれば 大丈夫!(のはず)

でも ご近所は
鉄工団地の企業が立地しいているし
笹団子のメーカーもあるなあ…
結構 スーパーとかもあるし…
みんな 不便だろうな。

でも そんな事言ってられないね!

こういう時だから
どれほどありがたい毎日を過ごしていたか
みんなそれぞれが考えられるっていうもんだ。

今日は 本当に寒い。

福井でも 横殴りの吹雪模様。

被災地の人は
厳しい環境で 頑張っている。

私たちは 今、私たちにできる事をしながら
元気で 頑張れることを 喜んで
毎日を過ごしたい。
ガンバレ 日本!!
れおガンバレ

刻一刻と

悲しい現状が伝わってくる。

つい 今しがた
福島第一発電所の 3号基原発が爆発とのこと。
先ほどは 海岸線で1000体ほどの遺体を発見とか…

Tマルジンマンの実家は岩手。
津波の被災はしなかったが
今も ライフラインが途絶え
電気・水道の無い 寒い零下の夜を 自宅で過ごしておられるとか。

お客様も まだご連絡つかないし
連絡取れた方は
同じように 身寄り、もしくは自宅で
外へも出れない状態だそうだ。
ともかく 食料もだが
ガソリンも購入でき無いようだ。

それでも
「命があって 良かった」
そう 結んでおられた。

みんなで 力を合わせて
できる事は 助け合っていこう。

日本 頑張れ!
皆さん 頑張れ!
負けるな!
地獄絵のごとき
20110312.jpg

さながら 地獄絵図のような地震です。

中越地震のように 点での被害のように局所的ではなく
面で震動が伝わったと言われる今回の地震は
ほんとうに各地に 甚大な被害をもたらしています。

きょう未明でも
長野、新潟と地震が発生し
各地の余震や 津波もまだまだ終わったわけではありません。

ライフラインが途絶えると
一番の被災地にいて なんの情報も入らなくなります。

未だに 電話連絡での
東北方面のお客様の安否はわからない方が多いです。

しかし、一番の震度 栗原市のお客様はご無事。
父島のお客様もご無事との事。

みなさまの ご無事をお祈りいたします。

ごたごたと 
国家予算に関係ない審議で物議を醸していた議員さんたちも
一時休戦で 全員一致で 災害対策にあたられるとか…
迅速 かつ 安心できる対応をお願いしたいです。
高いだけある赤いヤツ!
20110311.jpg

マルジンは仕事柄
電動工具も たくさん使用している。

世界的に有名な 日本の 有名メーカー各社

そして 昨年あたりから海外組の 
とあるメーカーを使用中。

営業マンが 飛び込みでマルジンにやってきてから
なんかマルジンマンと結構気が合ってるみたいで
機械を使ってみようか?という話になったのがご縁。

性能もいいし なんせこの「赤」が
マルジンマンのツナギ服にマッチしてかっこいい!
しかし、値段は高いじゃ!
営業マン曰く「高いだけの事はあります!使ってみてください!」
そんなこんなで 昨年から使用しているけれど
いまのところ故障はなくて 評判も良いらしい。

ところが…先日 ちょっとマルジンマンの保管も悪かったのだろうが
故障発生!

現場で使用中だし
あ?これで 1週間ぐらいは使えないなあ…
製品が高い分 修理も高いだろうなあ・・・
なんて思いつつ 修理依頼の電話を入れた。
もちろん 正直者のマルジンマン
自分が悪かったんだと思うと ちゃんと伝えた。

すると この担当者が 速攻で返事
「着払いで 修理センターに出してください。
 故障状況も伺いましたが保障の範囲内です。無償で修理します。」
とのこと。
え?っ!!???
その上
修理に送った翌々日は もう修理済んで手元に送られてきた。
またもや え?っ!!

HPを見たら 確かに
「自社修理サービスセンターは全国からの修理に迅速に対応できるように日本のほぼ中心にある岐阜県に設置しています。特別なトレーニングを受けて修理技術認定を受けた専門社員が、高品質でしかも迅速な修理・メンテナンスを行っています。

製品には最大2年間の無償修理保証(一部1年間または使用時間の機種もあります)がありますが、保証期間終了後も機種ごと修理上限金額を設定していますので、見積り不要の安心修理が可能です。また有償修理後6ヶ月間は、修理箇所以外でも無償修理保証をお約束しています。」

と 書いてある。

ぐぐっ!と この赤いヤツに
引き込まれていく瞬間!

↓HPの宣伝用動画もユニークだ。
http://www.hilti.co.jp/holjp/page/module/home/browse_main.jsf?lang=ja&nodeId=-192565

インパクトあるなあ?

マルジンも見習おう!
高品質、迅速
カッコイイ!!
このRがいいでしょう?
とある 現場に設置してあるモノレール。

レールが痛んで
モノレールの走行が難しくなってきました。

201103102.jpg

マルジンのモノレールじゃないですよ…。

他もずいぶん老朽化しておられるので
本当は 全部交換されるほうが良いのですが、
たってのご希望で
なんとか 最低限の出費で安全を確保したい!とのこと。

頼まれると 嫌とは言えないマルジンマン

201103101.jpg

レール交換工事をさせていただきました。

この 2枚の写真を見ると
モノレールの事がわからない方でも
違いに気づかれるはず。

なんつーたって
この「R」きれいでしょ!

そして ちょっとわかりにくいところですが
レールの上面の傾きが きれいに修正されております。

マルジンマンの「鼻高々」な ところです。

お客様に 感謝されて
プライスレスな 代金をいただいたようです。

い?い仕事してますね!
「ハプニング王」
201103092.jpg

マルジンの 外倉庫の一角で
ここ数日 低いエンジン音が響いている。
エンジンが止まらないか?
長時間運転で 支障は出ないか?
検証中とのこと。

実は 現場で止まったらしく
モノレール本機の交換をして持ち帰ったのだ。

担当のマルジンマンが
整備&検証中にも 停止の症状が出たらしい。
百戦錬磨の 上司マルジンマン
その報告を聞き 整備チェックをしてみたが
どこも悪いところはない。
それでは、と 長時間運転にて 検証する事になったわけだ。

マルジンの中では…
ある 思いがうごめいている。
そう 誰しもの頭に駆け巡る言葉。
「ハプニング王」

なぜだか、なぜだか…
T君のまわりには 色々 起きるんだなあ、これが。
それで ついた ちょっと有りがたくない名前がこれ。

今日も今日とて
T君の運転するトラックが いきなり動かなくなったらしい。
換りの車の手配や 牽引、修理の手配
朝から やれやれである。

手配も済んで 
ま、 取り返しのつかない事故とかではないから 仕方ないよね。
と、いう話になってはいるのだが…またもや T君。

20110309.jpg

これだけ続くと
「憑いてるね?乗ってるね?」
と T君の「超能力?」に
半ば 脅威を感じているマルジンなのであります。

今度は その能力
良いほうに 発揮してたもれ?




癒されてます。。。
20110308.jpg

マルジンの事務所のカウンターのすみっこに
最近、こんな仲間が増えました。

アカヒレ(Tanichthys albonubes)
中国最南部の広東省白雲山周辺を原産地とする小型コイ科魚類です。
コップでも飼えることから「コッピー」とも言うそうです。

カルキ抜いて水替えしたり(1週間に一回程度)
ごくごくわずかの餌をやったり(1日1回8粒ぐらい)

結構 みんな覗いたりして
アカヒレちゃんは かなりの人気者です。

中国の工業化で
自然生息していた こういった魚も何種類も絶滅しているとか…
そんな事を考えると
こんな狭い コップみたいなところで泳いでいても
それはそれで 悪くはないのだろうか?
ちょっと 聞いてみたい気がします。

雄雌いても 子供が生まれることは
よほどでないと 無いはずらしいのですが…

多分 マルジンでは「例外」もあるかも?
なんて…そんな期待をしつつ
毎日 眺めているのです。

見ていると
「日本のめだか」の現状と重なってきます。

たくさんの生物の 住処を奪って
私たち人間は生かされているんですね?。

何かのご縁なので アカヒレちゃん達も
なるべく 住みやすくしてあげたいです。

しかし、でっかい顔が
毎日にじり寄ってくるから
怖いだろうな…
カンニングしてないよ!
20110307.jpg

今日は ある国家試験の合格発表。

マルジンマン みごと合格!
おめでと?うっ!

土木施工監理のほうじゃなく
管工事。
汚水事業にも 必要な資格でもありますし
この際 なんでも受けちゃってます。

なかなか 難関ですが 無事合格!

決して カンニングはしてませんからね。

今度の日曜は
経理事務士の試験。

これまた 難関ですし
何度も失敗している 受験生も
精一杯 頑張ります!

追いつけ追い越せ!
マルジンのトイレの神様
20110304.jpg

トイレには それはそれはきれいな
女神様がいるんやで
昨年話題の「トイレの神様」のフレーズです。

妊婦さんに
トイレをきれいにしなさいよ。
そうすれば きれいな顔の子が授かりますよ。

そういう 話は家のばあちゃんからもよく聞きました。

マルジンのトイレは 毎日
社屋のトイレは「きれいな」事務員さんが掃除してます。
そして作業場のトイレは・・・

朝一番早く 出社している専務が毎日掃除です。
(朝一番の出社とトイレ掃除は 専務が自分で決めているらしい)

専務が出張で 留守の時は
別に誰それと決まってはいないけれど
誰かが 掃除しています。

誰と決まっていないのに
YOUNGマルジンマンが やってくれていたりすると
なんだか 嬉しくなってしまいます。

美しい女神様も
きっと微笑んでくれているに違いありません。

心なしか
トイレ掃除をしている
マルジンマン マルジンウーマンは
美しく 輝いているような…
気がします。

さて、今日は トイレ掃除定番の マルジン専務は出張。
トイレ掃除は 変わりがいますが…

昨日から サーバー接続不調なPCエリア発生。

マルジンの OA管理者でもある専務。

早く帰ってきて?!

柄のすげ替えできますか?
201103012.jpg

ほいさっ!
こらさっ!

モノレールの支柱を打ち込むマルジンマン。

力強く 打ち込むには 真芯をとらえて 振り下ろす。
なかなか 至難の業です。
マルジンマンの ほぼ毎日の現場作業に
ハンマー打ちがあります。

力ありすぎて 埋設物を聞いていないと
地中のなんでもぶち抜くほどです。

20110301.jpg

商売道具の ハンマー
柄が折れてしまうことだってあります。

そんな時は 会社へ持ち帰り
「柄のすげ替え」を自分でします。

抜けないようにしっかりと…

多分 できない人がほとんどだと思います。
柄を削りすぎてはいけないし
微妙に小さいクサビを 打ち込んだり
簡単そうに見えて 難しいです。

畑の鍬の柄
ショベルの柄
まき割り
家具つくり
はたまた 柱の組み合わせをする大工さんの仕事

いろんな仕事に 柄付けの要素があります。

20歳そこそこのマルジンマンが
熟年マルジンマンに 柄のすげ替えを習っていました。

いつ そういう経験が人生で間に合うかというと
ひとそれぞれで わかりませんが、
積み重ねる 引き出しに
またひとつ 光る石が加わっているなあ…
と、ほほえましく思います。

がんばれ!マルジンマン。
マルジンマンの体内は・・・
20110301.png

マルジンマンの体内は・・・・
こんな風だそうです。
(脳内メーカー じゃなく 体内メーカーによると)

調子が良いのは 膀胱だけみたいです(笑)

現場がひしめき合って 受け入れ側の病院との兼ね合いもあり
今年の健康診断は 全員受診するのに
ちと時間がかかってしまいました。

本日 ただ今 指定病院にて
受診しております 4名のマルジンマンが
終了すれば ようやく 全員完了!

さても・・・
本日の 受診者は
「メタボ」でひっかかりそうな
マルジンマンも おりますので
結果はいかがでしょうか?

あんな急斜面で 毎日仕事しているのに
なんで こんなにふっくらしているのか?
ほんとに 不思議ですが・・・

当人曰く

つまっているののは お肉じゃなくて

「やさしさ」だそうですので・・・

「体内メーカー」の「痛」や「毛」ではない事は
まちがいないっ!(はず)

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記