マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

まっくろくろすけ
ただ今、大きい現場の施工終了し
東北から新潟へと向かっている
マルジンマンたちからTELあり・・・
「通行止め!降ろされた!けど 動かん!」
雨がものすごいらしい。

201107282.jpg

「あ~らあ、まっくろくろすけ!」
ネットで道路状況見たら
真っ黒の「通行止め」の帯

福井は ちーとも降ってないので
ノー天気なものである。

天気だけは どうしようもないね。
脇道のほうが危ないから 動かないほうがいいよ。
その辺で もう宿でもとったら…?
さすが Iさんがそっちへ行くと 災害を呼ぶ男だね!

帰りたいのに帰れないマルジンマン達

20110728.jpg

まっくろくろすけを見て
がっくりしています。

はやく 雨あがってほしいな~

ひょうしょうしき
20110727.jpg

今日は とある関東圏で
工事の表彰式です。

マルジンもモノレールで表彰されることになりました。

出席に気合入っていた 現場を担当していたマルジンマンは
今の現場とかが忙しくて 急遽行けなくなり
今日は「マルジン専務」が出席!

さきほど終了したという連絡がありました。

大盛況の上に
意見交換会みたいなのもあったそうです。

さぞかし、行きたかったでしょうね!

また いいお仕事をして
次の機会を 待ちましょう!

ちょーしにのらず
足元を踏みしめながら いっぽずつ!ですね。
ものれーるのしぼうじこ
20110726.jpg

昨日、東京都檜原村の
モノレールで 死亡事故があったようです。
高齢の女性がモノレールから落下して 亡くなられた様です。

↓ニュース動画
http://news.tbs.co.jp/20110725/newseye/tbs_newseye4784735.html

このモノレールは
山の上に住む お年寄りの移動手段にと
村の自治会などが中心になり設置したモノレールで
おじいちゃん、おばあちゃんの足となって
毎日活躍していたモノレールです。

Youtube とかにも
じいちゃんばあちゃんの笑顔とともに
モノレールが動くさまが たくさんUPされています。

原因は今から調べるようですが
正しく乗車しての走行なら 
落下は考えられないところですが・・・

どういう乗車をされていたのか?
どこかの金属疲労や
機械の重大な不調、
レール部の破損、

定期点検、日常点検はどうだったのか?

命を落とされてからの後付けになり
ほんとうにやるせないことではありますが
今後の 安全な運転の為にも 
きちんと解明していただきたいものです。
物が落ちて壊れたぐらいは どうとでもなりますけれど
命はひとつ・・・
何かあってからでは遅すぎますものね。

WebにUPされている動画を見ると
後ろの荷物台車にも乗車されているようで・・・

いやいや、明日は我が身!
安全、安心をお貸出しできるよう
マルジンも ほんとに気を付けよう!
にほんだいら
20110725.jpg


↑ここに設置してあったモノレールが
本日 無事戻ってきた。
さきほど、トラック便から 全部資機材を降ろしたところ。

201107252.jpg

↑このタイプのモノレール

富士のお山に
きっと映えたとこだろう。
 
久能山東照宮が国宝指定になったことで
工事が遅れてしまい
昨年の施工予定が 今年になってしまった。

色々制約も多くて
最後の最後まで
撤去の日取りとか 段取りが大変でした!

でも、無事完工!

苦悩した久能山

終わってみれば すべて よし!!

おうまが・・・
ただ今 マルジンは
お客様から「早く 設置しろ~!」と 叱られる一歩手前。
みんなが 頑張って、頑張って
休日返上なんかもしちゃって
なんとか 御叱りを受ける一歩手前で納期に間に合わせている現状。
まことにありがたいのですが…
「モノレールお願いしたいんだけど…」という電話に
事務所一体 ピーンとした 緊張感が走ります。
「設置予定は 9月ごろで…」なんて お言葉には
ほっとして、心の中で 涙して喜んでいます。

そんなこんなで、毎年恒例の マルジン夏祭り
これについても 早くも頭をいためておりました。
忙しすぎて マルジンマンの準備手伝いは 見込めそうにありません。
かと言って「去年より今年!バージョンアップ!」
が、絶対のコンセプト。昨年よりわずかでも進化しなくては!

そこで・・・
やったぜ!お馬さんを呼ぶことになりました。

201107231.jpg
この お馬は
↓越前市の 「森の馬小屋」さんの お馬さん!
http://www.fuku2.co.jp/tukio.html
201107232.jpg

8月12日の 夕刻 6時か7時ぐらいに
マルジンに お馬さん登場です!

子供たち 喜んでくれるかな??

マルジンマンに ちょいとでも余裕があったら
モノレールの設置もしてもらって
楽しんでもらおうっと!
ささきのりお
「ささきのりお」

ただ今 検索キーワード急上昇ちゅー!

「ささきのりお」って誰?

ただ今 時の人となった「なでしこJAPAN」の監督
佐々木則夫さん その人です。

ほめて育てる
なでしこのみんなから監督というより
「のりさん」の愛称で親しまれているとか…
「勝たねばならぬ」の緊迫感より
「楽しもう!笑顔!」とみずから笑えそうな話題で
選手の緊張をほぐすそうです。

マルジンでは…もう その名前が出てくるとにっこり!
だって マルジンにもいるんです!「ささきのりお」さん
漢字一文字が違うだけで「佐々木則男」サービス部長

201107222.jpg

うちの「のりさん」も
「のりちゃん」とか「のりおさん」とか呼ばれてましたし
雰囲気も「ほんわか」で 大声をあげたりすることはほとんどありません。
20年余のうちに 2度ほど怒っているのを見たことがあります。
そのくらい 温厚で いい雰囲気かもしだしています。

でも、いざとなった時は 頼れるヤツ!
クレームとか 修理とか
お客様との意思の疎通とか そんな時も
じっくり しっかり まとめてくれますから
お客様はもちろん 社員からの信頼も厚いです。

お酒の席も大好きです。

で、時々・・・・
↓こんな はめだってはずしたりしちゃいます!

20110722.jpg


いちおう
「やました画伯」だそうです。

そうそう、うちの「のりさん」
特徴をとらえた 似顔絵・・・うまいです。
自分で「ささき画伯」って ゆーてます。

ささき のりお バンザイ!!
実験ライブ
7月17日 日曜日

マルジンの旧社屋が
↓こんな風に変身!

201107191.jpg

↓ギターもいっぱい!
201107193.jpg

ライブを開催したのは 越前市地元の ギター同好会。
毎年夏、とある会場をお借りして開いてきた「実験ライブ」が
変わられた 管理人さんの意向で
会場貸し出しをされなくなり・・・

あちこち 会場をあたっては見たものの
もろもろの諸条件があわず

マルジンの一角を借りれないものか?という相談を受け
近辺の会社も休日でもあり 隣近所も一般住宅から離れていて
騒音の心配もない事もあり
「いいですよ!どうぞ!」という了解をして
ライブ会場に 変身したのでした。

19:00~22:00ごろまで
マルジンは ギターの音色につつまれたのでした。

201107192.jpg

写真は 遠く埼玉からも駆けつけてこられた
ライブ出演者のめんめん。
なつのいやし
201107164.jpg

マルジンのカウンターの上に
スイスイ泳いでいる 熱帯魚。
35度の水温になると 死んでしまうので
扇風機が付いています。
元気に泳いでいると なんだかほっこり!
魚ちゃんも 頑張っているので
マルジンマンのみんな
また帰ったら のぞいてね!

201107161.jpg
みんな現場だけど…申し訳ない…。
おいしいアイスをいただきました。
溶けちゃってもなんだし…おいしくいただきます!
あ~おいし!
夏はやっぱりアイスですね!

201107162.jpg

アイスが入っていた箱の ドライアイス
水に浸けると
ぶくぶく~霧氷(二酸化炭素ですが…)
雰囲気だけでも 涼しげ
暑い現場に 届け~っ!
(とどかんし・・・)
けっこうイケテル
20110713.jpg


毎日 ホントに暑いです。
どこにいても暑いですが・・・
炎天下の外仕事は かなり暑いです。

マルジンの仕事は その炎天下…
も、ないとは言いませんが

ほんと ありがたい事に
現場は 山の中が多いので…
虫とかのストレスはありますが
結構 木陰とかあって まだいいです。

そして、そして…

なんと ただ今は
5現場ほどは ついこの間まで 雪のあった
とっても高所な 山岳地帯!

先週まで
定期コールで「寒い!寒い!」という現場も
「めっちゃ 気持ちい~~~~っ!」気候だそうで
いい感じで 現場が進んでいるようです。

返却の時期には 
もう降雪が心配な現場ですが

しばし、忘れて
すがすがしい空気に触れながら がんばります。

あ、ものすごく暑い現場で頑張ってるマルジンマンもいます。
水分補給忘れず がんばってね!
たいせい
原発の「ストレステスト」をするそうです。

いわゆる「耐性テスト」

驚きです!
だって、今までしてこなかったというのがびっくり!

定期点検は 13か月に1回してきたそうだけど…
んん???何してきたのですかね?

だって
耐性と言うのは
最初 作った時に 計算していて
老朽化したり条件が変わったら 補強するなりして
当初の耐性、もしくは新たな耐性に耐えられるかどうか?
だけのものではないのでしょうか?

たぶん、違うんですね・・・。ほんと、びっくりでした。

201107121.jpg

マルジンは1ヶ月に1度、現場のモノレールの点検に伺います。

201107122.jpg

モノレールの本機はもちろん、
レール全体と 周辺も点検の項目になっています。

お客様も 点検で仕事が多少中断したり
費用が掛かったりすることにも理解を示してしてくださり
安心して モノレールを使っていただいていると思います。

マルジンはマルジンで
「点検」を実行した、という 責任があります。

100%何もあるはずがない…なんて とても言えません。

原発の安全神話は ほんとうに不思議です。
「ありえない(想定外)」から 始まっているのですから。
そして、今回の事故も「人災だった」と言っているにもかかわらず
ストレステストのほうが先で

「また 同じ人災が起きたら…」という
地域住民に対する 肝心な安全シュミレーションは聞こえてこない。

20㌔圏内は退避させる。
とくに子供と妊婦は避難誘導があるまで 絶対外に出ない。
その家族は どこそこに集団で避難できる疎開村をつくっている。
そこで対応ができない時は
電力会社の 避暑地の施設や 記載された宿泊施設で対応する。
保証金は 1200億ぐらいでは足りないので
3兆円規模で 電力会社が積み立てたり保険に加入する。

…事故があった、保障はつゆほど…

通常 地域振興で 原発立地県には恩恵があるだろう
命の代償分 先に払っているんだぞ
だから 少なくていいじゃないか…それは違うんじゃないの?

福島県と近隣地域ぐらいだろうと思っていたら
静岡のお茶や 牛肉、多分もっとほかの汚染食物も
支援という名目で こぞって仕入れている大手のチェーン店などで
日本全国に拡散しているという話もある。

原発が停止すると 電力不足になる。
慢性的になると 日本企業が みな海外へ出て行ってしまう。
安電気料金が高騰してしまう。

だから テストは簡易的でもいいから動かしましょう。
そういう道理はないのでは?

「原発を動かしてください」のヤラセメールは
今日、結局100名ほどに膨れ上がっている。

ほんとうに恥ずかしい。

本当には思えないが、たとえ 一課長がやったことでもトップの責任。
メルトダウンに至ったのも トップ。
いくつもある集約できない会 身内をゆるゆるテストしてる安全委員…
そんなんで 耐性 ほんとにきちんと見てもらえますか?

耐性じゃなく 体制に問題があるんじゃないですか?

たとえ 離れた地にいようと
どうも 自分の身は 自分で守らなくてはいけなくなってきていると
思い始めた今日この頃。
まねしてません
20110709.jpg
「あの防護服は我々がスカラー電磁波防護用に考案したものであり、知的財産権の侵害だ」
「あの防護服で放射能汚染対策作業をする事は我々のイメージが下がるので止めてほしい」

カルト教団・パナウェーブ研究所(代表:千乃裕子・故人)は、東日本大震災における東京電力の福島第一原子力発電所事故対応における、放射能拡散防止作業に当たる作業員の服装について語った。同教団の広報担当者によれば「今回の震災は惑星ニビルの接近によって発生したもので、地球の自転が狂っている証拠だ」とし、さらに「惑星Xが発見された。地球滅亡も時間の問題だ」としている。

ほんとうかどうかは知らないけれどUnNewsに載っていた。

まあ、似てると言えば似てるけど…

そんな事言ったら
マルジンマンだって 時々こういうカッコウするよ。

写真はマルジンマンの 塗装班

モノレールの機械や台車の修繕した後
次のお客様にお貸出しする前 保護用に
エアーガンで 塗装するとき 液を吸い込まないように
こんな装束で作業してます。

ほんと 福島で働いておられる作業員の方と同じようないでたちです。


今日から梅雨明け。
暑い日に・・・この格好での作業は本当に厳しいでしょうね。

少しでも 改善された環境で
仕事ができますよう 祈ります。
よういちくん
20110707.jpg

昨日は 若くしてこの世を去ったマルジンマン
「池田 陽一」くんの命日。
昨日今日と
仕事の合間に時間をつくって
それぞれが調整し
ようちゃんの お墓詣り

ようちゃんが亡くなった日は
富山の ある大きな現場が始まる日で
連絡なく 出社が遅れているようちゃんを不思議がって
後ろ髪ひかれる思いで 施工部隊が出発したあとだった。

警察からの電話で
出勤途中の一本道で 横から出てきた車と衝突
間の悪い事に「何故?」と思うようなコースで
陽ちゃんの車が吸い込まれ電柱に激突…
ほんとうに、あっけない「死」だった。
もう15年以上経って
いまだに陽ちゃんは 若いままの笑顔で
みんなの仕事を見ている。

「ようちゃん!またみんな来たよ!
今年は なんだかほんとに忙しいんだよ。
ようちゃんが 担当した現場ほどのm数はないけど
合わせたら すんごいよ!みんなでがんばるね!

いっつも
「守ってほしい」ってお願いばっかだね。
あの世でも みんなを守らないといけないので大変でしょ?
そうそう、お隣のお墓の 女の子とは仲良くなった?
いい感じの 歳の差だね。
仲良く楽しくやっててほしいなあ…なんてね。

また 生きてたら 来年来るね!」

暑い日なので
みんな ジャージャーと
お墓に水をいっぱいかけて

ほんとは やめてくれ~って思ってたかもしんないね。

どうかまた見守ってくださいね。


じり-りた
20110705.jpg

マルジンの 掛け声(指差呼称)は

「手元よいか?!」「手元よし!」
「足元よいか?!」「足元よし!」
「今日も一日ゼロ災でいこう!」「よし!」

である。

儒学の教えや 
比叡山を開いた最澄伝教大師の言葉に
「自利とは利他をいう」(じり・りた)という、
利他を実践すればいつかは巡り巡って
自分の利益になるというような考え方ではなく、
「利他の実践がそのまま自分の幸せなのだ」という考え方がある。

「自分よし・相手よし・世間よし」という
商人の…いや別になんでもにあてはまるような思想ですが・・・
・自分もほどほどの利益を得る(自分よし)
・客もよい品物を適正な価格でいれられる(相手よし)
・そうすれば世の中全般がゆたかになる(世間よし)

そろばん勘定だけでなく「世のため 人のため」になることを忘れず
「人はどう生きるべきか」という儒学の教えを大切にしていく。
「個人の利益はすなわち国家の富にして、
 私利すなわち公益である。公益となる私利でなければ
 真の私利とはいわれない」

災害復興の巨額資金を動かすキーマンになった途端
「被災地のため、被災された人々のため、心痛める見守る人々のため」
という大義を忘れたような言動の人となり。
災害特需にわく特定企業

忘れそうになったときは
「指差呼称」だよ!

「自分よし!」
「相手よし!」
「世間よし!」

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記