マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

この冬一番の・・・
20120131.jpg

何回も聞いている

「この冬一番の 大寒波」
またかいっ!という感じだが

越前市近辺も1m越えの積雪の情報が出だし
「そろそろ 屋根雪も降ろさないといけないかなあ…」という気配。

今日のニュースで取り上げられている
「2m超えの十日町メイン通り」に住む
Kマルジンマン
本日午後より 地域ぐるみ一斉屋根雪下ろしのためお休みの届けが出た。

長岡市内の新潟営業所も
ちょっとばかり「やばく」なってきたそうだ。
マルジン新潟営業所の屋根雪はドーム型で
だだだ~~~~っ!と ずり落ちるタイプだから
登ってまで降ろす必要はないのだけれど
落ちた雪の量が半端でないため 結構広い隣との敷地を超えて
大量にのさばるので申し訳ない事もあり…

毎年 お隣の一般民家のご自宅の屋根雪を
マルジンマン有志が 降ろして差し上げることにしているみたい。

うわさでは…独身のお年頃の娘さんがおられるのが
結構マルジンマンの「やる気」につながっているとか…

こういう 招かれざる客(雪)が来た時に
無くなった後に「諍い」や「不満」が残らないよう
隣近所助け合うという そういう繋がりができる いい機会でもあるとは思う。

高速ノロノロ運転の今日
マルジン新潟営業所の半分のメンバーは
長期の現場を目指して 出発した。

残るメンバーも
雪の空を眺め 仕事の段取りも考えながら
除雪の時間を組み入れている。

出かけるマルジンマンも大変。
残るマルジンマンも大変。

積み重ねるのは
「思いやり」と「がんばり」と「春へのラブコール」


雨の日に傘はさせるか??
20120130.jpg

マルジンマンが
モノレールの工事をするにあたり
レール機材敷設の工具など色々なアイテムの他に
スパイク長靴、スパイク地下足袋…そして「雨合羽」がある。

たかが合羽 されど合羽!
夏は蒸れない裏地のついた合羽がいいし
藪の中を行き来して工事するときは イバラに引っかかっても破れない
強度のある生地がいいし…
雪の寒い日は 暖かい合羽がいいし…

マルジンマンそれぞれが
気持ちよく作業できるほうがいいに決まってるし
そうなると あ~たらこ~たら
みんな いろんな注文があるらしい。

そういうマルジンマンの意向を 色々受け止めてくれてくださった
「雨傘、レインコート、合羽他の卸商社」の Mさん。

今月も 注文品の合羽の納入を待っていたところ

急に届いた「廃業」の案内文

「残念ながら 業務を続けられなくなり...」
と、書いてあった。驚いてしまった。
注残もあったし、つい半月前元気そうに来社されていたのに…。

その後 直接お話を伺う事が出来たのだが
「続けたい気持ちも大きく 続けていけるはずだったのだが
 本当に急な事情が沸いて 続けることができなくなった」
と、言っておられた。

中小企業が 急に続けられなくなる…というのは
想像するに 理由は多くはない。

サポートしていただいていたところから「NO」と言われるか
急な家庭事情、健康事情…

今回は社長ご本人が 電話対応しておられるのであるから
もうひとつの事情だろう…と思う。

これで越前市には こういう卸をされるところは無くなったということだ。
昔からの形態での商は 残念な事だがだんだんに減っている。
「卸」でなく ネットなどにも対応していかないと
残って行く事すら難しいのだろうな…。

他人事ではない。
ありあまる資本を元手に 業務を営んでいるのであればいざ知らず
他人資本で賄う事が多い通常の企業業態であれば
元手のストップがあれば もろいものだ。
(Mさんが そうだとは 定かではないけれど…)

通常は 雨が降ると 傘や雨具が欲しい。
台風が来ると 傘も壊れるのでまた必要

しかし 他人資本先は
「雨が降って 本当に傘が必要なところには
 なかなか貸してくれない」もので…

で、あれば 晴れているときにこそ
雨の用意をしておかないと…
「武骨でいい人」というのだけでは 通じない事もあるのだろう。

残念な事だ。

これから マルジンの合羽は 顔の見えないネット注文かなあ~

と、思っていたら
福井のほうで ネットでも大々的に販売している
「合羽屋」さん みっけ!
Mさんみたいに 小回りきかせてくださるといいけどなあ~

Mさんの 新しい旅立ちに幸多かれ!

そして 新しい出会いに いい刺激を受けたいものだ。
誰にも触らせない!
昨日の天気はどこへやら・・・
朝起きたら こんな状態・・・

これでも 除雪車が2往復くらいしたんですが
それでも 降りやまぬ雪が・・・

201201251.jpg

マルジンも

駐車場はでかいのが増えて
さぞかし大変でしょうって?
(誰も言ってないけどね)

いえいえ、もう 除雪を待っていたマルジンマンが…

201201253.jpg

だって昨年駐車場がひとつ増えた時から

もう一台 でかいリフトを購入したんでごじゃります。

新品!

マルジンマン「W氏」
他人に触らせないほど 大事にしてます。

今日も 朝暗い時間から
リフトを がーがー動かして

マルジンの除雪は
きんきらきん!

地面すれすれのところで
雪をすくって押して積み上げて

201201252.jpg

おそれいりましてございます!!
列島ぶるぶる・・・
20120124.jpg

今日の午前中は 暖かくて ほんといい天気。
関東地方が 4cmの積雪で 交通マヒとか聞いても
あまり実感が無いほど のん気なものです。

しかし
午後になったら一転
雪雲襲来!

気温もぐっと下がって
いい降りっぷりです。

冬なんだから仕方ないよね・・・

と、思いつつも
雪は 嫌~な 雪国人であります。
安全の「警鐘」
20120121.gif


年末も ほんとうに忙しかったから
忘年会に 全員が参加できるなんて思いもよらなかったマルジン。

みんな緊張感を持ちながら
自分の持てるすべての力で
たくさんの現場を 予定を上回って終了でき
なんとか ぎりぎり 全員が顔をそろえられた。

年明けも インフルエンザと戦いながらも
頑張って仕事をこなしている。

昨日 マルジンが入らせていただいている大きな現場で
事故があったらしい。
モノレール関係ではなく 他の作業をされている方とのことだ。
怪我の程度や状況は定かではないが
昨夕は 現場に係る全員に対し 安全教育が実施されたという。

マルジンにご依頼があった時も 本当に急がれているようで
お尻を叩かれるように 現場入り…。
(ま、俊敏な動きが マルジンの売りでもあるけれどね…)

しかし、今までの経験上
「急ぐ仕事は よほど気を付けないと いろんなトラブルが出やすい」
という事を懸念していた。
これが そうだとは言えないが
怪我で済まれたという事は…これは 神様からの「警鐘」と考え
誰もが 安全をおろそかにしないという事を
再認識する 良い機会にしていかねばならない。

マルジンは?と言えば
皆が施工経験豊富となり
誰が現場入りしても スーパーな仕事ぶりなので
超ロングな現場だけれど 工程予定を上回っているとか…。

何か思わぬ事情があったのかもしれないが
急ぐ時ほど 横着という ぬかりが出てくることも 多々ある。

他人事と思わず
マルジン全員も 再度、再度、再度、何度でも
繰り返そう。

「安全第一」忘れないように。

他人の不安全行動も
たとえ それが 目上の人、お客様であっても
注意声掛け していこう!

今日は土曜日だけど 目いっぱい仕事!
遠くの現場からも みんな帰ってくる。

明日は ゆっくり休んで また週明けに備えよう。
他人事の対応について
20120118.jpg

↓マルジン新聞1月号の
~専務の小部屋~からの 抜粋です。

******************

さて、今月の小部屋のネタといたしましては、
ご存知の方も多いと思いますが、年末に世間を賑わせた
「オウム真理教元幹部 平田 信 容疑者出頭」のニュースについて
日経新聞に面白い記事が御座いましたので、ご紹介したいと思います。

(2012年12月5日 日経新聞コラム「春秋」より)-------------------------------------------
星新一のショートショートに「協力的な男」という作品があった。
強盗事件の犯人を名乗る青年が出頭してくる。ところが男はとんだくせ者で、
うその自首をして警察をからかう常習犯。刑事たちはまたか、と怒って追い返してしまう。
話にはもちろんオチがあり、男はひとりになってこうつぶやくのだ。
「今度は本当のことをいおうとしたのになあーー。」

オウム真理教元幹部、平田信容疑者の出頭劇にこの掌編を思い出した。
大晦日の夜、警察のフリーダイヤルに何度電話してもつながらず、警視庁本部では門前払い。
凶悪犯も途方に暮れたろう。
ようやく逮捕された丸の内署での、最初のやり取りだって間が抜けている。
玄関前にいた警察官に「オウムの平田です」と名乗るも「うそ」と相手にされず、
「ほら、背が高いでしょう」とアピールして所内に入れてもらえたらしい。
市民に協力を呼びかけておいて、当の警察がこういう体たらくでは力が抜ける。

特別手配も17年。どうせもう出てこないと高をくくっていたとすれば、
その思い込みたるや、うその自首に懲りて真犯人を追い払ってしまった刑事たちとどう違おう。
とはいえ、からくもお縄にしたのだ。容疑者にはぜひ、オウムの闇にいま一度迫るための
「協力的な男」になってもらわなければならない。
---------------------------------------------------------------------------------------- 

年の瀬になりますと、寒さと飢えをしのぐため、また、一人の寂しさを紛らわすためなど、
いろいろな目的で警察や救急へのイタズラ、うその出頭・緊急連絡などが相次ぐ、
との話は昔聞いたことがあるような気がします。

警察の方も、これまでの地道な現場での経験や積み重ねた実績などから、
より効率的で無駄の少ない情報の取捨選択を日ごろから迫られ続けた中で、
今回の平田容疑者の出頭に際し「ありえないことだ」と偶々判断を誤ってしまったのかとも思います。

そこに同情の余地がないか、というと、致し方ないかなという気持ちがしないではありません。

ですが、です。

もしこの判断を誤った当の本人、警察の担当の方、そして、その上司となる方、
そしてもちろん、そのさらに上層部となる警察官僚の方々などが
「まぁ、しょうがないな」と思っているとしたらどうでしょうか?

何となく腹立たしい気持ちになりませんでしょうか?

では、さらに広げて、その組織を作っている国家公安委員会の委員や、
その組織そのものや犯罪というもの定義する法律を作っている政治家・官僚たちが
「まったく、警察の怠慢はいかんともしがたいな。」といっていたら
皆さんどうですか?

うーん、より一層腹立ってきませんか??

さて、この話のオチはというと、、、

では、さらにさらに広げて、
その政治家、官僚、警察などのすべての権力組織を根底で支えているはずの
民主主義国家日本の主権者である「国民」である「あなた」は、
この記事を見てどうみておりますでしょうか?
「はぁー、まったくまったく、警察も官僚も政治家も腹立ってしゃあない」
と思ってませんか???

私が思うのは、世の中にあるいろいろな事柄を「他人事」として批判したり、
評論したり、いろいろと文句を言うことっていうのは、
ある意味で互いの自我の暴走を抑制するための大切なコミュニケーションではあると思います。
愚痴も、悪口も、ある意味では、必要なコミュニケーションとして許容されるべきだとは思います。

が、それも度を超えると、結局は自分に返ってくる。
「天に向いて唾を吐く」状態になるのではないか、ということ。

つまり、いろいろなことを経験し、いろんな知識・技術を身につけていったとしても
上記の警察のような間違いをしない人間であるために必要なことは何か、というと、
「初心を忘れず、自省を忘れず」
という一言に尽きるのかな、と思った次第です。

今年も怒涛の、でも実りある一年になるよう、皆で頑張っていきましょう!
では、本年も万万事、ご安全に!♪
インフル
cut.jpg

この忙しい時に…

(マルジンはこの時期 いつになく めっちゃ忙しい)

忙しい時に…

やられた~~~っ!

インフルエンザの魔手が

・予防接種を忘れたお父さんマルジンマン
・もともと 身体を過信している ヤングマルジンマン

「熱もさほど上がらないし
 そんなにつらくないんんですけど…インフルエンザA」
との 連絡。

マルジンでは
インフルエンザは1週間の出社停止!

ただ今 4名

水際で止められるかっ!?

いずれにせよ
ふんとにまあ
この忙しい時の欠勤は
4人でも 痛い!

段取り隊長も 体調がおもわしくない。
「インフルじゃないって言われた」そうだけど

無理を押して
出勤してるものだから
「つらそ~」

そして みんなから
「実は これこそが 隠れインフル菌なのでは?」と
あらぬ疑いをかけられている。

ともかく
最低 うがい手洗い慣行で

遅すぎる事はない
今からでも 予防接種まだの人は
仕事の合間を縫って(いつのことやら・・・だけど)
行こう!病院へ!
福づくし
20120110.jpg

商売繁盛の神「えべっさん」の総本社である兵庫・西宮市の西宮神社で、
本日早朝
「十日戎(えびす)」の 参拝一番乗りを競う恒例の「福男選び」が行われた。

一番くじは

福知山在住(京都の学生21歳)
福井県あわらし出身
福田さん

と、なんとまあ

福づくし!!!

福井県民としても とってもうれしくなるニュースでした。

マルジンも

福にあやかれているのか?

こんな 1月だというのに
会社にだあれもいない…という 現場大忙し

今までかつてない年になりそう…。

ありがたや ありがたや…。
しんぶんに・・・
20120107.jpg


マルジン Tさん。

新年早々 あるお客様から「しんぶん(社内報)」をいただいた。

昨年マルジンが協力会社として
 「安全優良表彰」を 頂戴した。

その後 広報の方から依頼があり
受賞に対しての コメント、原稿のご依頼があり
提出させていただいたものだ。

すっかり 忘れていたのだけれど
昨日 出来あがった「新聞」を送っていただき…
「おぉ~~~っ!」

新年早々 なんか嬉しい。
また 頑張ろう!という気持ちがふつふつと…

↓こちらが 新聞の原稿です。

***************

この度は、思いがけずこのような素晴らしい賞をいただき 
ありがとうございます。
マルジンはモノレールを設置し、お貸出しする仕事柄 
皆様のメインの仕事を一貫してサポートする立場であると
心得ているつもりです。

サポートである以上「工期までにお引渡し、無事仕事を終えられる事」
が一番大事だと思います。
「管理されて自信ある資機材を 工事に必要な技術・資格あるものが敷設し、
お貸出しする」そんな当たり前のことを忘れないようにしてきたつもりです。
価格圧縮で「安全率」が脅かされるような 
資機材の提供を絶対にしない これが、マルジンの目標です。

「安全の金メダル」は、私どもにとって一番うれしいプレゼントです。
オリンピックと違い 本当は誰でも貰えるメダル、
しかし、落としてしまう危険性が常にあるものです。

お使いの皆さんにも、いつも「安全の金メダル」を獲得してほしい、
これからも その為のサポートをさせていただきたいと願っております。

斜面にマルジンあり!
厳しい気候に色を損なわず 赤々と咲き誇る 
曼珠沙華やサルビアのように 厳しい時代だからこそ 
金メダルに負けない 
真っ赤な「マルジンカラー」を輝かせていきたいものです。

今後ともご指導のほど よろしくお願いいたします。

***************

お仕事 今年も
いろいろ頂戴しております。

あったかいところ
かんたんなところ
お代のたかいところ

そんな仕事があると とってもとっても嬉しいですが

ま、そんなお話は「初夢」にとどめ

誰もが嫌がる 寒いところ、雪があるところ、
誰もができないという難所
リーズナブルで きびしいところ

そんな現場でも どんとこいっ!!

2012 金メダルでがんばるで~~~
おめでとうございます。
20120101.jpg

新年 あけまして おめでとうございます。

今年は

マルジン社長、専務の年!
「龍年」です。

昇竜のごとく 昇っていきたいと思います。

でも そのためには

足元を 一歩ずつ固めていくことが大事です。

皆様からのひとつひとつのご教授を
しっかり受け止めて 新しい年を踏み出していきたいと思います。
 今年も よろしくお願いいたします。



年末は

忘年会の最終日まで 仕事を頂戴し
島からのご帰還は 船のめどが 当日までたたず
やきもきしましたが…

なんとなんと

この忙しさの中
全員が 参加できたという
奇跡のような 年末でした。

毎年 何か 旅館にご迷惑をかけないかと
心配する はじけマルジンマン達ですが
なんと とっても品行方正だったようです。

と…思うのは自分たちだけで

やっぱり
仲居さんからすると
前代未聞の 飲みっぷりだったそうで…

えへへ…
たいしたことないんですけどぉ~

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記