マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

ストップ ザ 熱中症!
20120730.jpg

あぢい・・・

あぢ・・・

暑いって言うな!
ますます 暑くなる・・・。

全国的にも 福井県は「あっちっち」だそうです。
その福井の中でも 嶺南が温度急上昇中

あ~現場のマルジンマン達 暑いだろうなあ~

気にしていましたら

なんと!
東北の とある現場から
「他の管内で 熱中症が発生したため 午後現場ストップです」
との 連絡が…。

え???トウホクですか?
先日まで「寒い」とか 言ってませんでしたか??

予想外ではありますが
いずこの現場も 暑いはず

速め早めの 対策が 必須です。

地獄の窯も開くという お盆まで
ノンストップのマルジン、

熱中症や 事故は ストップでお願いします!!
とったど~~~!!
201207281.jpg
昨日は…

マルジン+仲良しお客様 釣りクラブ恒例の 
「玄達瀬をめざそう!会」でした。
(そんな会が あったのか?!)
越前町の 釣り船「福丸」さんにお願いして
真夜中の出航です。

ここしばらく 予定していた日に天候が悪く
いつも 釣り場変更となっていましたので
また 今年も玄達瀬なんか 目指せないかも…。
という予想が高く
会社の誰しもが
「釣果」は まったく期待しておりませんでした。
(帰りに どっか魚屋へ寄るんじゃないか?などという噂も…(笑))

201207282.jpg

でも・・・あらら
今年は 凪だったようで
「とったど~~~~!!」と 鼻息荒く
クーラーボックスは 複数 こんな状態!

201207283.jpg

な~んと
77cmの大物も 釣り上げました。
私が 釣り上げた 本人です。
(マルジンの雨男返上になりました 専務です!)


201207284.jpg

釣り船「福丸」さんの HPにも
ちゃんと 釣果が UPされていました。

http://fish-fukumaru.net/

船頭さんを始め 3人の方が 同船してくださり
竿の仕掛け直しも
何度でも 文句も言わず 嫌な顔一つせず
やってくださったそうです。
1を聞いて複数を考え行動する…
あうんの呼吸と申しましょうか…。

本当に 気持ちの良い「仕事」を
そこに見せていただき
マルジンマンの仕事の姿勢にも
見習うべきことが たくさんあると
感じ入った次第です。


ただし…
船頭さん曰く
最近は 海岸に近いところでも
「漁礁」を作るプロジェクトが 実りだしているそうで
そんな遠くまで 船を出さなくてもいいらしいので

来年は
「船頭さんによく聞いてから 釣りをしよう会」
に 変更するほうがいいかもしれません。あは!
いでんし
20120726.jpg

昨年 2回目の巣作りの際に
途中で スズメに巣を占領されたりで
受難が災いしたのか、今年は春 第一番での到来が無く
さみしかった我が家のツバメも
遅ればせながら巣を作り始め
5羽の子ツバメが ようやくこれぐらい成長しました。
時折 羽根をバタつかせていますので
巣立ちも 近い事とほほえましい限りです。

それにしても…
毎年 違うツバメが巣作りするのでしょうが…
また同じところに 巣をつくるということも含め
その DNAというか 情報共有というか
すごいものがあるなあ~と感心です。

昨年の 2期工事のツバメは
ちょっと巣作りが下手でした。
深さが無かったために スズメの格好の標的になったように思います。

今年のツバメは ちゃんとその事を踏まえているのか
軒先の天井のギリギリまで 巣の壁を積み上げていました。
(今でこそ大きくなったので 上のほうは少し浅くなっていますが…)

ツバメでもこんなに頑張るんですから
人間も負けてはいられませんね!

色々有益な情報を
いかにみんなに伝え共有できるかが 大事!

しっかり、遺伝子を繋いでいかなくてはなりませんね!
また新車
20120724.jpg

先月 営業車の増車をしたのに・・・
また 今月 新車の納入です。

今度は マルジン初の「軽トラック」

ちょっと立会や点検に行ったり
現場の道が細く 軽しか入れないところとか…
マルジンマンの要望で 軽トラックの導入となりました。

すぐれているのは…
座席の後ろに結構余裕があって
荷物も載せられる点です。

人も モノレールの材料も 車も 保管場所も…
仕事を継続していくうえで
リフレッシュしたり 増やしていったり
とても必要な事です。

「軽トラ」と言っても
普通車と ちっともかわらない投資額です。
でっかいトラックほどではありませんが…。

「軽トラ」君 もう 初遠出をしています。
京都どすえ~!

細い道を ブイブイ進んでいる事でしょう。

おきばりやす~!
テストコース
20120723.jpg

会社の道路沿いの
すんごく目立つところへ
テストコース設営中!

忙しいので
ちょっと手がすいたり
早く現場が終わったりのマルジンマンが
入れ替わりで工事ちゅう!

できたら すごいぞ~。
1時間90ミリ
20120721.jpg

昨日の午後

「いきなり」と言ってもいいぐらい
急に雨脚がひどくなり
まるで 滝のように 雨が降ってきました。

午前中は
「少し 雨でも降ってくれればいいのに…」というぐらい
蒸し暑く…。

そしたら
「これならどうじゃ?」という 天のいたずら

1時間に90ミリというゲリラ豪雨で
いきなりの「警戒警報」「避難警報」
避難場所の確保もできないうちに
あれよあれよと あっというまに収束。

その間に 浸水の被害を被ったところも多く
被災された方には 心よりお見舞い申し上げる次第です。

マルジンは?と言えば 他と同様
情報が後手になり
収束したころに 現場から家族に安否確認となりました。

おかげさまで
社員の自宅等は 被害がない模様です。

しかし
さっ!と 雨が引いたので まだよかったです。
写真は Tマルジンマンの 自宅近くです。
あのまま 夕方まで降り続いたら
大きな被害となっていたことでしょう。

ゲリラ豪雨…ほんとに いつどこで起きるか
ほんとうに わからないものですね。

お静かに お願いしたいものですが・・・。
さいこー!
20120719.jpg

昨日は
福井県小浜市で
観測史上最高の気温
「37.8°」を観測したそうです。

暑かったですね~。
今日も暑いですけれど…。

その最高気温の場所で
モノレールの設置工事をしているマルジンマンより
夕方 旅館から電話がありました。
「もう フラフラです~」

「今日はゆっくり休んで
 また明日 水分や 塩分を取って 適度に休んで
 倒れないように作業してくださいね。」

と、しか 言いようがないです。

マルジンの仕事は 山の中が多いので
多少は日陰がありますけれど…
暑いのは 暑いです。

こう 暑くなってくると
涼しい現場は嬉しいですね。

伺ってますよ~
残雪もまだある 高地へも。
「圧雪がルート上にあって 中断です!」
なんとまあ…この時期に「雪」ですか???
中断は嫌ですが 雪は涼しくていいなあ~

また、ある現場では
仕事が終わって 予約している旅館へ着いたところ
「あれ?予約 8月じゃなかったですか?」
と、旅館の方に 忘れられていて 大慌て・・・なんてことも・・・。

毎日 色々な事があります。

それぞれが知恵を絞って 身体を使って クリアーして
お客様に喜んでいただければ

サイコー(最高)

最高気温でも
負けないぞ!さあ!行こう!

(と、こんなん書いてる私たちは
 涼しいクーラーのとこに おるわけでして…
 どうも すみません。申し訳ありません…。
 でも、マルジンマンの健闘を こころよりお祈りしております。)
 
恐竜を探せ!ワイルドだろぅ~?
20120717.jpg


マルジンは
モノレールのお仕事に入らせていただく前に
お客様から 仕事の内容を記載した 
指示書や発注書をいただいている。

*ダムの基礎調査・本体工事
*災害防災工事
*電波塔の基礎調査・本体工事
*山の上の神社仏閣の工事
*道路工事
*獣フェンス工事・・・etc

色々 あるけど・・・

今日から入らせていただく現場は
「ワイルドだぜ~」
細かい字で記してある内容を見ると
「恐竜の発掘調査」に 利用されるらしい・・・。

うわ~ なんか 一気に 古代へタイムスリップ!!

夢或る仕事でしょ?モノレール。

でも 現場のマルジンマンは
さっき 電話で
「日陰がなくて 暑くて死にそう~~~!!」
とのこと。

こっちのほうが よっぽど ワイルドかも・・・。

水分補給しながら 気を付けてね!
あさやけ
20120712.jpg

今日は朝から雨が降ったりやんだり
今朝などは かなり酷い降りっぷりだったので
現場の中止も発生したりしている。

こんな風に
降雨の状況から 湿度の高い日も多く
そんな時の 朝焼けは 引き込まれるように真っ赤で美しい。

この写真は 昨日の 朝4時半ごろ

スマホのカメラでは
その 神秘な美しさを とらえることはできないけれどね!

だんだんに
昼の一番長い 夏至に近づいている…。

その後は 下降線だ。

今は まだ 夕方5時なんて カンカンの明るさだけど
これから 冬に向かって 山の中は夕方4時でも手元が暗くなってくる。

なんだか 今年も
あっという間の一年になりそうな気配。

美しさに感動したり
その牙に翻弄されたり
自然と向き合いながら 毎日 仕事をさせていただいている。

アッチーチーの山肌に ふらふらになりながら
涼しい山風に 汗をぬぐい
谷川の清水に のどを潤し
体脂肪の低い全身をしならせながら

マルジンマンは 今日も急斜面を攻めている。

夜のビールは うまいだろうなあ~

・・・・なんてね!

はずかしながら・・・
20120709.jpg


「恥ずかしながら・・・」

と、いいつつ 恥ずかしいより 嬉しいのですが・・・

「マルジンマンとモノレール」が
またまた大々的にWebに載ってます。
週末に 発見!大盛り上がり!

個人のブログとかでも紹介されたり
お会社や 記事関係で
最近 知らない間に載せていただく事も多くて
悪い事ではないし やっぱり 嬉しいです。

今回は 公共機関のHPに
大々的に載ってます。
見る人が見れば ひとめでマルジンとわかる赤いツナギ
ちょっと拡大すればヘルメットや反射テープに「マルジン」の文字。
これだけでなく何枚も載せてくださってるので
後ろ姿だけじゃなく りりしいお顔もバーン!と載ってます。

Nマルジンマン・・・
「会社でも無口な僕は あんまりスナップ写真が無いのに
 こちらのほうが しっかり顔が出てるじゃないですか…」
と、言ったかどうか・・・(笑)

しかし、
いずれにしても
こうやって 注目していただくという事は
反対に
「何か失敗やクレームあれば これまた大失態」ということでもあり
作業にかかわっている皆 大緊張だと思います。

いずこの現場も同じですが
全終了まで
お客様もマルジンマンも 無事で完工できますように…。

めいにち
20120706.jpg

今日は あいにくの雨…。
現場は足元が悪いだろうなあ…。
と、気になりながらも
15年前に 朝出勤時に 交通事故で亡くなった
池田 陽一君の 命日で 
会社に残っているもので 代わる代わる墓参に伺う。

ちょうど

長期で病気療養中の Hさんとばったり。
大塚キャスターと同じ病気で
今 やっと自宅から通院で療養となった Hさん。

「去年の 陽ちゃんの命日の時は まだ元気だったっけ?」
「いや…医者にカゼって言われてけど
 えらい 疲れるなあ…と毎日 つらくなってきてたとこ。」

「陽ちゃんに『まだ そっちへ連れて行かないで』ってお願いするん?」
「そうそう 助けてくれてありがとう…って」

「会社忙しいよ~ み~んな待ってるからね」
「医者から『よし!』でたら すぐ行く」

こんな風に マルジンのみんなが 
池田君の命日を どこにいても 今日 墓参できなくても
それぞれに 気にしている。

そして それぞれが
「一年 守ってくれて ありがとう」
「また 来年まで 守ってください」と
お礼を言って お願いする。

この世に 別れを告げたのに
マルジンのみんなは 性懲りもなく
お願いばっか言いやがって…って
迷惑かも知れないね。

陽ちゃん まだまだ 
私たちの周りにも いてくださいよ~。
マルジン 御算用者
20120705.jpg

「武士の家計簿」という映画がある。

「会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目・直之は、家業のそろばんの腕を磨き、才能を買われて出世する。江戸時代後期、加賀藩も例にもれず財政状況は逼迫していた。加えて武家社会では出世するにつれ出費も増え続けるという構造的な問題があった。猪山家の家計が窮地にあることを知った直之は、家財道具を処分し借金の返済にあてることを決断、家族全員で倹約生活を行うことにする。」

というようなあらすじである。

藩を預かる算用者であっても
家計を預かるのは奥方の役目、日々の食材も工夫して 出費を抑え それでも調理の仕方を変えることで 変化に飛んだ食卓を心掛けたり 親戚縁者との付き合いの宴の膳にしても 写真のように手書きの「鯛」で ご無礼するなど 節約する様子を描いている。

マルジンの「算用者」は…
若手から そうでないものも含め 4人のおなご衆。

工事管理、営業管理、会計処理はもちろん 社会保険、総務、経営審査の準備
はたまた 車の点検、車検のローテーション等も現場を鑑みながら手配している。
現場へ御届け物でもあれば すぐに出動!
「モノレール技士」の資格も持っているという スーパーウーマン達。

ただ黙々と仕事をするだけではなく
「1を聞いて 10を想像する」…聞こえはいいが 実は相当な「妄想ウーマン」でもあり
殿方すべてが 現場でいなくなった静かな会社でも
しゃべりだすと・・・まあ・・・にぎやかなこと。

この「なんでもに首を突っ込む」という 前向きな姿勢(笑)が
マルジンを 陰で支える原動力となっている。
(これも 誰も言ってくれないので 自分たちで言っている…)

この「マルジン御算用者」は
今期になって お客様からのご要望がぐんと増えた提出書類を
いかに素早くお届けするか…に 力を注ぎ
そして・・・
つねに 「こころ」をこめながら 提出している。

「気持ちよく 皆が仕事ができますように・・・」
「最後まで 安全第一 使いやすいと言ってもらえますように」

そして・・・
「また マルジンを 思い出してもらえますように」
さみしいモノレール
201207021.jpg

写真は・・・
今年 マルジンを定年退社された Iさん。
今でも 短時間だけれどマルジンを 手助けしてくださっている。

でも 生活のメインは
最愛の奥様と キャンピングカーで
あちこち 旅行にいかれること。

「じゃぱん 発見 キャラバン」だ。
6月末も あじさいで有名な 地域へおでかけ。
ごきげんな一枚を 携帯で事務所に送ってくれました。

でも あるところが気になって ちょっと足を延ばしてきたとのこと。

201207022.jpg

それは・・・
草木が生い茂る ある場所。

上のほうで 緑のシートがかぶせられているのが
「電動モノレール」

足の弱くなられた 老夫婦がここに住んでおられ
急な階段の昇り降りが 大変なので
このモノレールを 設置されることになった。

お二人がお元気なときは
毎日 このモノレールも 活躍していたのだけれど…。

主を亡くし

今 ひっそりと 新緑の中で
身を潜めている。

モノレールで登り切った 高台の景色は
とっても素敵なところだそうだ。

もっと お役にたちたかっただろうな…
モノレール君

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記