マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

専務の小部屋~老舗の判断基準その3~
さて「専務の小部屋」第三弾
マルジン新聞への寄稿から
長いので三日にわけました。

************************

事例4 長年使用してきた建物の改装

 あなたは長年旅館を経営してきました。多くのお客様から愛され、何十年も通ってくださっている常連さんもいます。
 最近では海外や高齢者のお客様増えてきました。そこで、施設や設備の老朽化に対応し、バリアフリー化や海外顧客対応の為、大規模な改装の計画が立案されました。

 さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?


 ①古いものは取り壊し、新築する。
 ②歴史ある部分は残し、それ以外は新しく建て直す。
 ③外観は変えず、中の設備を最新のものに変える。

 【老舗経営者の判断】③

事例5 後継者(部下)の有事の際のお金の使い方について

 

あなたの事業が成功しているという仮定の下での質問です。
 あなたはあなたの後継者(部下)にある投資の判断を任せることになりました。
 数日後、後継者(部下)から手付金まで支払うところまで話が進んでいると報告を受けました。
 しかし、そこで日本を揺るがすような大地震が発生しました。
 大きな混乱の中、家族や社員、会社や取引先の状況を確認していくと、 幸いなことにあなたの身近な範囲には大きな被害がないことが確認できました。

 さて、落ち着いたところであなたは後継者(部下)に投資の話を任せていたことを思い出しました。
 あなたの後継者(部下)なら、次の選択肢の内どれを選んでいると思いますか?


 ①幸いにも身近な影響はなかったので、予定通り投資の話を進めていた。
 ②身近には影響はなかったが、今後どうなるかわからないので、現状維持で話をストップしている。
 ③とにかく余剰のお金を創る為に、手付金をあきらめて解約の手続きを進めていた。

 【老舗経営者が後継者(部下)に求める判断】③

以上となります。

マルジンの歴史は、現在第28期ですので約30年程となっております。
私としては、これは冗談ではなく、マルジンの根っこになっている信念や哲学は
100年続く企業になっても、何ら恥ずかしくないものではないか、と思っています。

だから皆さんも私も、100年後の後輩たちに「30年目頃のレジェンズたちはすごかった。」
と誇ってもらえる自分であるように、日々自分なりにできる精一杯+αを
今後も積み重ねていっていただきたいと思います。

以上、これからますます現場は暑く激しくなってくると思います。
心も体もギリギリになる毎日と思いますが、そのギリギリの状況で
当たり前の事だけは当たり前に出来る様、ご助力の程お願い致します。

では、今月もどうぞ『ご安全に!♪』

****************

以上でございます。
あと70年後のマルジン
どんな企業として 歩んでいる事でしょう?
誰にもわかりませんけれど

当たり前のことを 当たり前のように
そこに「誠意」を持って 貫いて行ければ
おのずと 道は続いていくのではないでしょうか?

今を作り上げているんだね
「マルジンレジェンス」の面々
「老舗の判断基準その2」~専務の小部屋~
昨日の続き
「専務の小部屋」です。
****************************

事例2 恩義ある人からの借金の依頼を受けた場合の判断

 あなたは、非常に恩義あるCさんから「300万円貸してほしい」と頼まれました。
 あなたの手元には自由に使えるお金が100万円あります。
 また、多少無理をすれば300万円集める事もできるかな、とも感じています。

 さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?


 ①お金を貸す。(300万でも100万でも)
 ②お金を差し上げる。(100万円のみ)
 ③貸さない。

 ちなみにほとんどの方が選ぶのは③なんだそうです。
 (①は論外との事でした。)
 しかし、老舗経営者が選ぶ選択肢は②なんだとか。

 理由は、恩義には精一杯報いた(金額は足らなくても自由になるお金は全額差し上げた)
 という事実が残るので、あの時ああすればという後悔の念にさいなまれることもないし、
 非常に恩義ある方の財務状況が数年後に回復した場合でも、
「お前はあの時助けてくれなかった」と関係性が悪くなることもなく、
 逆に悪化した場合で追加の融資を申し込まれた場合でも
「もう差し上げるお金はないんです」と言って断る事が出来るからなんだそうです。

 ・・・とはいえ、お金を「差し上げる」という選択を選ぶのって、、、すげぇ、と小市民な私は思います。
 (あげた気分で貸す、ってことはあるのかなーと思いますけども。)

いかがでしょうか?老舗の経営者の判断基準と自分の判断基準比べて違いがありましたか?

事例3 出店依頼が舞い込んだ場合の判断
 
あなたの事業が成功をしているという仮定のもとの質問です。
 多くの百貨店やショッピングモールから沢山の出店依頼が舞い込むようになりました。

 さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?

 ①ドンドン出店し、事業を拡大する。
 ②リスクを考慮して、出店をしない(自分の目の届く範囲で事業をする)。
 ③人材が用意できると思える範囲で出店する。

 【老舗経営者の判断】③

事例4 長年使用してきた建物の改装

 あなたは長年旅館を経営してきました。多くのお客様から愛され、何十年も通ってくださっている常連さんもいます。最近では海外や高齢者のお客様増えてきました。そこで、施設や設備の老朽化に対応し、バリアフリー化や海外顧客対応の為 大規模な改装の計画が立案されました。

 さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?

 ①古いものは取り壊し、新築する。
 ②歴史ある部分は残し、それ以外は新しく建て直す。
 ③外観は変えず、中の設備を最新のものに変える。

 【老舗経営者の判断】③



*********************************
また 明日に 続く・・・・
「老舗の判断基準」~専務の小部屋~
20140619.jpg

社外秘(笑)の
毎月一回発行の「マルジン新聞」より
「専務の小部屋」(マルジン専務の奇行・・ちゃうちゃう寄稿です)
今月は「老舗の判断基準」です。
長~~~いので 分けてUPします。

************************

今月は、私が参加させて頂いています上坂会計 鳥瞰塾2014にて 参加者全員に課題図書(?)として頂戴した本からのネタです。 本は鳥瞰塾の塾長 上坂先生の後輩が書かれた著書で、京都の有名な老舗(南禅寺 瓢亭や佐々木酒造、本家西尾八つ橋 他多数)を自ら取材、分析し書かれた内容となっており、読みやすく纏まっている為、そんなに難しくなく短時間に読めるので良かったら皆さんも読んでみて頂ければ、と思いますが その本の中に、結構興味深い事例が紹介されておりましたので 今回はそれをご紹介したいと思います。

その事例というのは「老舗の判断基準」という内容で、次のようなとき、
老舗の経営者はどう判断するのか、というのを5つの事例を挙げて紹介しているものです。

その中から、今回は会社経営に偏らない事例を紹介します。

事例1 先方が約束の時間に遅刻した場合の判断

あなたはAさんと13時から会う約束をしており待ち合わせ場所で待っていました。
 するとAさんより「すみません、電車が遅れて30分程度遅刻してしまいます。」と連絡が入りました。 
しかしあなたは、1時間後の14時から別のBさんとの約束がありました。
さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?

 ①どちらの付き合いが優先かを判断し、一方を断ることで一方に集中する。

 ②遅れるAさんには悪いが、予定通り待ってくれているBさんとの予定を優先し、
  Aさんには時間変更、日程変更の話をする。

 ③Aさんには1時間の面談予定を出来る限り短くして対応するとともに、
  Bさんには少し時間が遅れる旨の連絡をし、両方に対応する。


いかがでしょうか?
ちなみに、老舗の経営者が選ぶ選択肢は②だそうです。

理由は「信用には信用を持って答える」という考えが根底にあるんだそうです。どんなに親しい間柄でも、大きな取引でも、後に予定通り待ってくれている人には 何の非もない訳だから、変更を依頼するのはお門違いである、との認識なんだとか。
また、Aさんに非がある状況で、予定変更の依頼をお願いしたのにもかかわらず、関係性が悪化するような対応をAさんがした際には、そもそも付き合い自体を考え直す 必要がある、とも書いてありました。

                        続く・・・
************************************
一年に一度の
201206113.jpg

一年に一度の
成績表と申しますか
マルジンの決算書が出来あがりました。

ご融資いただいております銀行様は
早速何社かお見えになって
お持ち帰られておられます。
どうでしょうか?

「ふむふむ マルジンさん
 結構頑張っているみたいだから
 また お金を貸してあげましょう~」って
言ってくださいよ~~!

大きくは望まぬとも
地道に信じた道を歩いて行けば
おのずと 結果はついてくるでありましょう
な~んちゃって!

マルジンさん
お蔭様
(銀行様もですが 何より お客様のおかげ様)にて
また 一年すごさせていただきました。

今年も
何よりも何よりも
御客様にも自分たちにも事故なく
安全で使いやすいなモノレールが提供できますように
精進いたします。
暑いんですが…
連日
焼けるように暑いのですが
こうやって撮ったモノレールの写真は・・・
青空に映えて カッコイイです~

↓施工終了後
 3トンのブロックを積んで 走行テストちゅー
 重量物モノレール
201406031.jpg

↓人が歩けない急斜面(カーブもあるとこ)を
 長~い 鉄筋棒を積んで ぐいぐい登る中型モノレール
201406032.jpg

みんな 頑張ってます~
人もモノレールも

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記