マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

マルジン近郊の隠れた名所
熱いですね
そして 忙しいです。お蔭様で・・・。
一服の清涼剤として マルジン近郊の隠れた名所をご紹介。
あんまり 有名になって 欲しくないんですけどね。

「治左川」
マルジンから車で5分以内味真野地域に治佐川という小川があります。
水が綺麗で切れるように冷たい。そこにはトミヨが生息してます。
(富代さんが 川に住んでたら もっと怖くて 夏の夜にぴったりですが・・・)

201407291.jpg

梅花藻(バイカモ)という藻がたくさんあって、もう花が咲いてます。八月終わりぐらいまでは、ずっと楽しめます。
田舎の家並みの中 そこだけ すがすがしい空間がひらけています。
地元の人でも あまりに近すぎて立ち寄る人も少ないのに 意外に県外の方が訪れたりしています。日本の名水100選にも選ばれた湧き水は いつも絶えることなく湧いていて自由に持ち帰る事ができます。

201407292.jpg

スイカや野菜・ビールを漬けておいたら 自然の冷蔵庫!
足を入れて遊んだりもできますが…冷たくて長い時間入っていられません。
いつも 絶景の写真スポット
これも、地域のじーちゃんボランティアが清掃してらっしゃるお陰様ですね。


「御誕生寺=猫寺」

201407293.jpg

マルジンから見れる山のふもとに 曹洞宗の寺院御誕生寺があります。
曹洞宗大本山總持寺(横浜市)の開祖、螢山禅師がこの地の生まれですので、
御誕生寺は、禅師の出生を祝福する寺院として設立されました。
が、もともとは、猫寺ではありませんでした。2002年に初代で現在の住職でもある、板橋興宗禅師によって小堂が立てられ、本堂ができたのも2009年なので
最近できたばかりのお寺です。板橋興宗住職は、曹洞宗の元管長(トップ)だった方で、共著も含めたら、20冊以上の本を出版されている偉~いお坊さんだそうです。御誕生寺は、曹洞宗公認の修行場 『専門僧堂』でもあるので、全国から集まった約30名のお坊さんが、日々の修行と、猫のお世話をしています。猫は 自由にみせていただけるので 全国各地から癒されにお見えになる人や、子猫の里親を募られたり 猫は50匹余り 雲水さんより多いらしいです。

201407294.jpg

実は マルジンは このお寺が建立される前の 3年ぐらいお間 地質調査用のモノレールを設置させていただきました。何ができるんだろう?と思っておりましたらお寺でした。
お墓の土地とかも購入できる様ですよ。 

お近くにおいでの際は
ちょっと覗かれたらいかがでしょうか?
マルジンと同じく 高速「武生インター」のすぐ近くです。
あんぜん と しんらい
20140725.jpg

中国の食に対する安全と信頼が揺らいでいる。
もともと 信頼があったか・・・というと疑問ではあるが
今回は米国傘下の 企業であり
日本でも大手の企業が 厳密な検査管理の元
生産しているであろうはずの食肉工場での
あまりにおぞましい製造工程が露わになって
その工場どころか 中国全体 
いや、販売している日本の企業ですら
信頼できない気さえする。

「またか・・・」という感があるが

大きな市場
安い労力から
離れる事はやはりできないのだろう。
しかし・・・
安い価格には 訳がある。
理由が無くて ただただ 安価にできるはずがない。

製品に見合った適正価格を どうとらえていくか
企業の選択がせまられている。
「いまのところ何も問題が起きないから 腐った肉でも
 落ちていた肉でも 賞味期限が切れようがいいじゃないか」
そんな考え方は はたしてこの企業だけの事なのだろうか?

「今のところ 何も問題が起きないから 本当なら捨てるレールでも
 ブレーキが効きにくい機械でも使おう。
 作業員名簿?健康診断?社会保険?
 ばれないから 偽証しておこう」

そんなモノレール屋
わかっていたら 使いますか?

食品であろうと製造業であろうと
IT企業であろうと 建設業であろうと・・・

大事なものがあります。
誰にもわからなくても お天道様がみています。
きっと・・・
災害復旧なので一刻も早く!!
20140718.jpg

マルジンはちょっと猫の手も借りたいほど
忙しくなっております。
「もう 新規のお急ぎ現場はアウト!」戒厳令が出ておりまして
8月の終わりぐらいまで 予定表が日々詰まってきております。

それなのに
お電話が次々と・・・

ありがたい事ではありますが
これ以上お受けしていると
結局ご迷惑をかける事になっては大変です。

「緊急災害の現場なので なんとかモノレールを設置して欲しい」
そう おっしゃられても・・・・
いかんせん・・・
(あ・・・写真は本文とは関係のない写真です)

でも
もうだめ!と言いながら
最後のひと絞りで
やりくりをして なんとかしてあげたいマルジン魂

そんなこんなで
来週も むっちゃ忙しそうです。

今年の7月6日は日曜日でした。
20140716.jpg
今年の7月6日は日曜日(平成10年は月曜日でした。)
朝の通勤途中の交通事故で亡くなった池田陽一君の命日です。
毎年 ずっとこの日は マルジンマンは行ける者全員、現場で行けない人は空に向って 杯を挙げて 心の中で陽ちゃんを偲びます。新人が毎年増えていきますので もう陽ちゃんのことを知らないマルジンマンの方が多くなりました。

陽ちゃんの事故があった時はようやく動き出したあちこちの現場へ 全員出動の日で朝礼で勇ましくシュプレヒコールをあげながら「陽ちゃん…来るの遅いなあ…連絡なしになんでだろう?」と思っていたのです。
一番の連絡は警察からでした…。
通勤途中の道路、信号のない交差点で車同士の衝突、その反動で陽ちゃんの軽自動車は なんでそこを?というくらいの電柱に激突…頭を強く打ってしまったのでした。
お留守のご自宅から ご両親を探し連絡、病院に駆けつけたときはもうすでに 陽ちゃんには 白い布がかけられていました。ほんとうに 悲しい悲しい事故です。
マルジンは 一生陽ちゃんを忘れないし
いつも陽ちゃんが 傍に見てくれているのだと
思っていたいです。
「仕事に出かけた元気な姿で また家庭にもどる」
それはマルジンマンもお客様も同じ、
マルジンのモノレールで事故など無い様
安全で信頼ある仕事を提供できるよう がんばるので
陽ちゃん!いつも見守ってね!今年もそうお話してきました。
陽ちゃんは「毎年毎年お願いばっかり しゃーねーな!」とニカッと笑ってました。
クレームありがたし
20140712.jpg

今年は春先の閑散期も無い現場ご依頼状況で
たくさんのモノレールを敷設しお貸出しをしている。
3年にわたる長期の現場もあれば
1週間でご利用が終わる短いレンタル期間の現場も・・・

ともかく 多くの現場があれば
それだけ何か思わぬ状況が発生するのは
ある意味覚悟のうえ

機械(モノレール)が動かない・止まってしまう
豪雨で山が崩れて モノレールルートに直撃
運搬中に 荷物を木に当てた・・・etc

中には
「何もしないのに こうなってしまった」と言われる方も・・・
何か動的原因がないと ありえない破損に対しても
マルジンは 全力投球で対応します。

猫の手も借りたいぐらい忙しい時でも
クレーム(というより修理ですが)は最優先!

困っておられる時に
きちんと素早い対応ができる事が
今後の信頼関係にも おおきな力になってくれるはず。

今日もマルジンマンは
日本全国 ひた走り~
レジェンド軍団
20140703.jpg

あっという間に もう7月です。
マルジン めちゃんこ忙しくさせていただいております。
慣れない新入社員達も 過酷な暑さと 
タイトな現場スケジュールの中
日々 成長させていただいております。

若手社員、ちょっと昔若手社員だったマルジンマンはもちろん

実は マルジンには 各営業所に
「レジェンド」と呼ばれる 人達がおられまして・・・
人生のひと仕事を終えてリタイアされた方
そして マルジンを定年退職され また舞い戻ってこられた方
若手ほど 腕力は衰えようとも
培った技術や知恵は 勝るとも劣らない軍団

現場から戻った資機材の整備
工場内の 動線の一工夫
敷地内の清掃
車の整備工場第一線から 退かれた方などは
マルジンの車の変調のチェックなど・・・

その「レジェンドパワー」は
見えなくとも ものすごく大きな力となっているのです。

時には若者を叱咤激励
時には若者に 電脳ゲームを習い(笑)



それぞれが うまく歯車をかみ合わせていければ
マルジンはもっともっと素敵な会社に
なっていけるんだ!
きっと!

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記