マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

「今のままでいいはずがない」
20150725.jpg

机にしまわれた書類整理をしていたら・・・
パソコンでなく輪転機(リソナグラフ)で刷り上げていた
もんのすご~く前の「マルジン新聞」が出てきました。

わはは!!!そういえばあったあった!!
と、そのあくなき記事掲載に目を奪われることしばし・・・

その当時の社長からの寄稿に 
今でもうなづける文面がありましたのでちょっと書き上げてみますね。

***********************
「創業の精神」
我社が 5年後、10年後にどうありたいのか?という夢を語り
数字を挙げていく会議を持っている。
ようやくみなの摺り寄せができ、
あとは経費などを盛り込んでいくところまでやってきた。
こんな景況のなか「夢より現実を見よ!」という考えの人もいる。
何度も言うように我社は まだ事業がすでに軌道に乗った会社ではない。

売れなくて当たり前。人材もいない。
資金にも余裕が無い。信用などまったく無い。
無い無いづくしからのスタート。
「ひまじん=マルジン」と呼ばれ
お客様の人生相談が日々だった創業当初、
その時から比べれば、確かにマルジンを愛する人材が増え
何といっても、愛して頂けるお客様という存在がある。
(資金はいつも苦しいが、この貸し渋りの時代に
 銀行様にも何とかご援助いただいている。)
だからと言って、働ける範囲内で無理なく働くというのは
「義務」以上のことでしかない。
手を打たず現状に甘んじているだけでは必ず倒産する。
経営とは、日々「倒産に立ち向かう力」であると思う。

1期の決算の数字が良いからそれで済んだのでもなく、
今期目標にした数字に到達しなかったからといって
それでだめなのでもない。

「今のままでいいはずがない」という、長期計画との
理想と現実のギャップ、これこそが革新の原動力となるはずだ。
単なるサラリーマンだったら 夢なんか食えない。
夢ある社員とは
「自分がオーナーだったらどうするか?
 どう夢見て、どうお客様の支持を得ていくか?」
それを考え仕事の本質を理解する者のことだ。

夢が失笑を買うほど 壮大なものでも
思い続けて、語り続けていれば
いつか近づけるものと信じている。
そんな思いのもと「夢計画」をしている。
プロの社員として、みんな一緒に夢見ていただきたい。
*******************

その当時の社員で もうマルジンを去られた人もいれば
いまだ現役で頑張っている人もいます。

その当時の「マルジンの夢」
今も追い続けていますか??

「数字を上げる」「一流企業」「利益を出し続ける」
「目標を達成せねばならない」
あの 日本を代表する企業ですら
ともすれば「チャレンジ」を「結果ばかりにとらわれ」 間違えてしまう事もあります。

昔のマルジン社長の心意気
多分今も同じです。
そして その志を引き継ぐものも育っております。

「あなたは 〇〇という会社をどんな会社にしたいですか?
 そのために どんなことをしましょうか?」
これからも 問い続けていきたいです。

今のままでいいはずがない・・・ですから。
涼を求めて・・・ないない。
201507211.jpg
↑あっち~の猛暑
 涼しい滝でもみて ひんやりしてください。

・・・・って ちゃうちゃう


201507212.jpg
↑ ん????
どこが???
あっれ~??? と、目を凝らして眺めると・・・
なんか見える!


201507213.jpg

↑横から見たら なんと!モノレールのレールに見えますが?

201507214.jpg

↑ ピンポーン!
 そうです モノレールであります。
施工した時は 川に水が無かったのに
熱帯低気圧の影響で 降った雨が
今はなんと ゴウゴウと流れる大川に変身!!

現場にゃ来たけれど
とっても怖くて 眺めるだけ・・・という
ほんとに涼しい話でした・・・。

一級河川舐めたらあきません!
まあ マルジンさんのレール ここでも倒れず頑張ってるのは
わかりますけどね・・・(ちょっと 強がり)
らしくない
20150716.jpg

「らしくない」
「まるじんさんらしくない」
と、お客様から苦情を頂戴いたしました。

すごく規制のある現場で
作業員も車も資格やすべて届け
メンバー入れ替えなどは難しく
指定の日に指定時間作業可という現場です。
長期でモノレールを使っていただきまして
何事も無くお客様のモノレール御使用が終了しました。
先だって ようやく モノレールの撤去も完了して
やれやれ~と、ほっとしたところでした。

後日 お客様が 現場の最終確認に現場を歩かれたところ
この矢印の指す 支柱(パイプ)が 残っていたとの事です。
2ルートあるうち 1本ずつ(合計2本)
「捨てていいですか?」という電話が 担当者にあったそうで・・・

お恥ずかしい。。。。。
多分 忘れ物確認不足だと思います。
早々に 上司より
「申し訳なかった」旨 お伝えし 
「社内で周知し 今後十二分に気を付けます」と謝りました。
冬場の撤去などは 降雪で撤去中に資材を落としても
わからないこともあるので 春になったら現場確認に伺う事にしています。
今は夏・・・「落とすはずがない」という慢心か・・・
暑さで「もう一回の確認の目配せ」が もうろうとしたのか・・・
いずれにしても「ぬかり」大ありです。

「マルジンさんらしくない」
そうまで言っていただけるお客様のご期待に
反する事の無き用
今後も 猛省して精進したいと思います。
モノレール工事の「諸雑費と諸経費」
20150713.jpg

週末に「S&Uだより」をUPしました。
モノレール工事の「諸雑費と諸経費」についてです。

こちらをクリック

http://www.ttn.ne.jp/~marujin/2015su7.pdf


15年
若泉 敬
このお墓は
沖縄返還交渉において、佐藤栄作の密使として重要な役割を果たしたとされる国際政治学者【若泉敬】さんのお墓です。
最近のテレビドラマ「天皇の料理番」のモデル「秋山徳蔵」も鯖江の出身で
最近ルーツをたどってドラマのふるさと鯖江市を訪れ 若泉氏の墓も参る人もおられるとか・・・
いつ行っても お花が手向けられていることが多いように思います。

その若泉氏のお墓の 近くに
15年前に 朝の通勤時に交通事故で亡くなった
マルジンマン「池田陽一君」のお墓があります。
この鯖江市の墓地から マルジンがよく見えるだろうと
池田君のご家族が お墓を建てられました。

「あ~もう15年経ったんだね。
 陽ちゃんが生きてたら40歳か・・・おっさんやね」
時が止まった陽ちゃんは いつまでも若いままの笑顔をむけてくれます。
昨日が命日でした。
また、今年も 現場で行けない人をのぞいて みんなそれぞれが 
陽ちゃんのお墓詣りに行ってきました。
お墓詣りといっても 毎年ていのいい「お願い攻勢」で・・・
「天国で見守ってください」「どうかひとつ」
陽ちゃんも あきれているかもしれません。

陽ちゃんは
最近 自分のお墓のまわりが騒々しくて
ゆっくり休んでられないかも知れませんが
どうかひとつ
また来年 お参りに来るまで
マルジンを忘れず お導きのほど お願いいたします。
半夏生
20150702.jpg

もう7月
今年も半分過ぎてしまいました。
今日は「半夏生」の日です。
福井では 丸焼き鯖を食べて
あと半年の無病息災を願います。

マルジンの無病息災も 願いつつ
鯖食べて ばんばるぞ~~~!

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記