マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

二重送金って?!
20160624.jpg
昨日のニュース
「消耗品とかの1億2600万円を誤って送金
石巻市の会計課の職員が二重振り込み ...」だそうで
今 振り込んだ先から回収をしているところで
今後は 振込の際には 上司が立ち会って実行するようにする・・・
という話だ。

え~~~~っ!!!
大丈夫かい?役所・・・

いちおくなんて送金には程遠いけど・・・
マルジンでさえ 送金のボタンを実行するのには
上司が立ち会ってるのに!!
しかも 送金した後は 実行の確認もしてるし・・・

まったく便利なインターネットバンキング
入出金の記録や 送金手続き
IB基本手数料はかかるけど
ものすごく らくちん。

らくちんだからこそ 気を付けないと・・・

しかし・・・役所は
すごいなあ~二重に残高があるんだね。

振込先から言われるまで
気が付かなかったって・・・・へ~~~~
たのしい沖縄
201606233.jpg
マルジンマン半分達
ただいま「沖縄三昧」させていただいております~
昨日は 自由行動
本日は全員バスで観光です。

昨日は各人が行きたい所・やりたいこと
色々楽しんでいたみたいです。
沖縄へ行ったらここは外せんぞ!っていう
「美ら海水族館」などレンタカーや観光バスで

201606231.jpg

いつも大物を釣り上げているマルジン釣りクラブ4名は
ものすご~くものすご~く入れ込んで
朝も早くから トローリングの船を予約
持ち上げられないほどの「カジキマグロ」を釣り上げる気マンマンで
頑張ったそうですが・・・
釣果は 4人でこれだそうです。
「そうそう思うように釣り上げられない難しさが また釣りのだいご味」
だそうで・・・(笑)

201606232.jpg

みんなが出かける中 一人ホテルのビーチで
まったりビールを傾ける 新潟営業所の仙人Kさんは
「木陰でビール、快晴やしいいんにゃわ~」
とのこと。

今日は平和記念公園や首里城などを回り
那覇のホテルに移動し
国際通りで「大宴会」の予定です。

無事帰っておいでな~
来週は留守番チームが行くよ~
ウチナーの風
20160615.jpg
お仕事が忙しくなっておりまして
どうなのか?と心配ではありますが
週明けより
「うちな~の風」に吹かれてまいります。
お客様にご迷惑がかからないように
今年は 2班体制ででかけます。
第一班が来週
第二班が再来週
いっぱい遊んで
戻りましたら また元気に
仕事させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
いつか・・・
20160603.jpg

雨が少なく連日良い天気の今日この頃ですが
マルジンマンのお身内に
お別れ(御不幸)が続きました。

病床に伏しておられ 
その日が今日か明日かというのならともかく
思わぬ時に 別れがやって来ることもあります。
遠方に出張の時 その報を受け
万感の思いを胸に 家族のもとに走られています。 
今までずっと心の支えになっていた
愛する肉親を亡くすことほど、この世で
辛いことはありません。
誰もが、深い深い悲しみに 包まれることでしょう。

道元禅師の半生を映像にした「禅」という映画の中に、こんなお話しがあります。
あるとき子供を亡くして嘆き悲しんでいる母親に道元様はこのようにおっしゃいました。「もしも貴女が死人を今まで一度も出したことのない家を見つけることが出来たのならば そこで豆粒をひとつもらって来なさい。さすれば、大事な子供を生き返らせてあげましょう」。母親は一所懸命探しました、ですがそんな家はどこにもありません、どこの家も大事な人を亡くしています。
それによって母親は「悲しみに浸るのは自分だけではない」という事に気付くことが出来た、というお話です。

早いか遅いかですが 生きしものは 一度は死にゆきます。
どうあがこうと誰にもその時がいつかさえわかりません。

親を・・・
伴侶を・・・
子を・・・
家族や知人を・・・
他人であろうか?我であろうか?
誰にもわかりません。

大きな悲しみに包まれても 時を感じながら 乗り越えていくしかありません。
故人を弔う一番のことは ときおり思い出を語ってあげることだそうです。

ご冥福を祈らせていただきます。

マルジンではありませんが
朗報も今日飛び込んできました。
「親のしつけで 山道に置き去りされて5日間行方不明になっていた7歳の男の子が 5キロ先の場所で見つかった」そうです。
生きておられて ほんとうによかったです。

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記