マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

新型インフルエンザになったら 体験・・・。
先日家族が ある病気になった。

たいしたことないだろうと思っていたが
大きな病院を紹介された。。。
付き添いで家族も同行・・・
指示されたように
緊急外来から入った。

看護婦さんが飛んできて
(わ?対応いいなあ・・・と感心)
すっと消えたと思ったら マスクを片手に持ち現れ
「これをつけてください」

診察室に案内されたけれど
重い扉を 3つやり過ごし

このあたりから「????」

こちらで待つように言われた。
↓真新しい部屋、床はピカピカ・・・でも??

200905211.jpg
何だろう?ここ?
診察室っていうのに この便器?

↓これは何?
200905212.jpg
これは ゴミ箱でした。
まるで金庫です。

先生が見える間 すごく時間があって
なおかつ「どこにも出ないで欲しい。。。」って何?
えっ?病名は「○○○」じゃなかったの?

↓おまけに 先生の机にはこんなものが・・・
200905213.jpg

やっと 察した 私たち。
「新型インフルエンザ対応診察室」に通されたのだ。

この部屋に通されたのは多分私たちが最初なのだろう。
「隔離」というものが
どういうものか・・・体験してみると結構わかる。
入ってくる人はみな使い捨てのエプロン(診察着)手袋、マスク。

家族の患者には
「外へ出ず トイレもここでお願いしたい」とのこと。

えっ?インフルエンザ?

違いますよ。
病名は「水疱瘡」

たかだか「水疱瘡」と思う無かれ。
大人になってからの発病は 重篤な場合も多いらしく
即入院となるのだ。

インフルエンザも飛沫感染で 拡大が早いが
「水疱瘡」もすごい感染力だそうだ。
(1回なっているひとは抗体ができていてほぼかからないのだが)
ちなみに入院した部屋は看護士さんの会話から
「サーズ室」であるらしく・・・。
( 面会謝絶 見舞いも極力少なく、看護士さんも抗体のある人だけ
 入る人はみな重装備・・・)
終わってしまえば 笑い事かもしれませんが・・・
いや?貴重なとんだ体験でした。
(今、家族は 治療もすんで退院する事になりました。)

ちなみに
新型インフルエンザは 毎日拡大し
とうとう関東にまで発生。
もう 日本中散らばっていると考えていいのかもしれないです。

マルジンも
全国に出かけるのだから マスクを常備しようと
買いに行ったけれど もうどこも売り切れ。
こちらでもかなり過敏になってきている今日この頃です。

みなさんお気をつけて。
隔離っていうのは なかなかキツイですよ。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記