マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

実るほどに・・・
200906032.jpg
「麦秋」とは よく言ったもので
よく実り黄金に輝く麦畑は「実りの秋」さながらです。

200906033.jpg

金色に輝く麦畑も
今が「刈入れ」の真っ最中
週末までには 
すべての麦畑が収穫されることでしょう

福井県で(減反策の一環であるが)作られている
麦の品種は 大麦の中の「六条皮麦」という品種で
麦茶や麦飯の原料になるそうです。
(二条という品種が ビールの原料)
六条大麦(六条皮麦)は

第一位 福井県  
第二位 茨城県  
第三位 栃木県  
第四位 富山県 

で、北陸は作付面積が日本一なのです。

200906031.jpg

「実るほど地中に根を張るさつまいも」
ちゃうちゃう・・・
「実るほどに頭を垂れる麦穂かな」

やっぱり 稲穂といっしょで 
麦も実ると頭を垂れるんですね。

人格の高い人ほど、
相手に対して態度が謙虚である
実ることは成長を意味しています。

成長したらそれだけ、頭が下がり
(謙虚になり、他人を敬い、感謝ができるようになる)
頭を垂れるようになれば、
さらにもっと成長できるということでしょう

精神的な意味では、成長に終点はないということ。

麦畑を見ると
「まだまだ青いなあ?」と
いつまでたっても頭を垂れる事の出来ない
自分が恥ずかしいです。

青臭い自分は
「納得いかない他人」を見ると
敬う気持には とってもなれません。
そういう思いを持っても それは「反面教師」として
謙虚に受け止めなくてはいけないのでしょうね。
『我以外皆我師』 吉川英治さん
とも言うじゃありませんか・・・

まだまだ
「麦茶」にも程遠いなあ?私。
と、黄金の麦畑を見ながら
思ったひとときです。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記