マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

おばあちゃんの「しあわせ」
20091106.jpg

おいしい新米をいただく季節になりました。
農家からわけていただく
正真正銘の「コシヒカリ」の新米は
ほんとに しあわせ?な気分に浸れる
おいしさです。

こんな時 よく思い出すのは
祖母の事です。
戦争後の 食糧難の時代の話を
母から 聞いた事があります。

京都や大阪の親戚が汽車に乗って
ひっきりなしに我が家を訪れ
お米や 野菜を無心にこられ
お米など精米したら 
すぐに保存缶の底が見えるようになっていたとか・・・

祖母は早くに夫(おじいちゃん)を亡くした未亡人。
お米は 田んぼ仕事を一人で手作業、
それも棚田の便利が悪いところ・・で
人に言えない苦労をしながら作っていたし
そんな大事なお米を いくら親戚とはいえ
あげてしまうわけだから 食べるお米も減ってしまう。

だから、自分たちが何を食べるかといえば
白いお米ではなく
大根の葉や サツマイモなどを混ぜたごはんだったそうで・・・
母は とてもその「大根めし」が嫌いで
祖母に文句を言ったそうです。
「私らがこんなご飯しかたべれないのに
 なんで 全部他人にあげるのか?」と・・・。

そうしたら 祖母が
「ひとに あげられるだけ幸せ」と言ったそうです。

先日
本当に「無償で」海外医療に尽くす
お医者さまのページを見ていたら
NPO法人とはいえ ほんとに無償で働く人は少ないようで
「過酷な労働条件で奉仕する事」に疲れて辞めていったスタッフが
「自分たちの労働条件を改善してから奉仕すべきだ
 自分のエゴや偽善で他の人まで巻き込むな」
というような非難を代表に浴びせているところを
目の当たりにしました。

ほんとに大変なのでしょう。。。
「大変な仕事」とわかっているつもりでその地に飛んだ
にもかかわらず 想像以上な環境なのだろうと思います。
考えてもツライ気がしました。

そしたら
なんだか 祖母の事が
妙に思い出されました。
ちょっと違うかもしれないけれど・・・
祖母の「しあわせ」も
ソウイウトコロニアッタんだろうな?と・・・。
 










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記