マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

建設業の質が疑われる潜伏先
イギリス人女性が無残な姿で殺害された事件で
指名手配されている市橋達也容疑者(30)が
2008年8月から1年余り、
大阪・茨木市の建設会社で働いていたことがわかった。

茨城市の会社が 大阪の西成区で作業員を募集したところ
自分から申し込んできたそうだ。
「無口なまじめでいい子でした」と経営者の話。

ああ、また「西成区」ですか・・・なんてこったい。

経営者?が顔の出ない形で 取材を受けておられたが
「市橋が働いていたから顔を出せないの?」
「雇用の方法が正規じゃないため顔を出せないの?」
いったいどこへ 住民税納付していたのだろう?

この日本で 身分証の提示無しに働けるという事自体が
問題なのではないか?と思ってしまう。
せめて免許証ぐらい 確認するようにしてほしいものだ。

20091110.jpg

しかし・・・「土木・建設業」の質が疑われる対応だと思う。

何故 そういう事ができるのか?
その上 結構大事な仕事にも関わっていたりするから
これまた困ったニッポン事情なのだ。

工事を受注した 日本をリードする大企業(丸投げ天下り企業もある)
その工事ごと 地方ゼネコンとかにいわゆる丸投げをする。
そこからまた孫、ひ孫企業へ丸投げ
受注金額も低くなってくるから何とか利益を出さなくてはいけない。
安い労力で 忙しい時だけ労力を派遣できる表向き建設業は
訳ありの人材に詳しく調べもせずに簡易宿舎を与え
給与から部屋代 食費を天引きして雇う事も結構あるようだ。
そういう ある意味「潜伏しやすい場所」というイメージのある西成。

多分、雇用保険も 社会保険も加入していないだろう。

でも、マルジンには潜伏できんよ!!
全員社員だし
運転免許証が無い人は採用しないし
身元は調べさせてもらうし・・・

やはり 建設業のイメージを高める為にも
身元のしっかりした人でないと現場に入れない
そういう工事体制にしていかなければならないね。
「なりすまし」もできないように チェックを厳しくして欲しいものだ。

しかし・・・
こんな顔を変えて 逃げ隠れながら
やりたいと思っている仕事でもなく
ヒトとして成長できる環境でもなく・・・
そんな暮らしをしながらでも まだ逃げたいのだろうか?

これでまた
自暴自棄になり 犯罪でも犯すようなことになったら
雇用する側も 何も責任がないはずがないと思うのだが・・・










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記