マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

心が折れそうでした・・・
20091204.jpg

マルジンマンの日報から・・・

**********
<補足>
マルジンでは
仕事に関わって1年後ぐらいに
モノレール技術士の資格は取得しますが
それでも 現場の責任者にすることはありません。
3年ぐらい経ってから
様子を見て
条件の簡単な現場の撤去から隊長に抜擢します。

抜擢されたマルジンマンも
抜擢したマルジンマンも
ちゃんと無事戻って写真や書類などを提出して 
お客様から「検収」をいただいて
やっと ほっとするのです。

それから徐々に 現場の状況を加味しながら
5年ぐらいから難易度のABクラス現場の設置隊長に
育っていくという過程が普通です。

*********

先日、撤去現場をまかされたマルジンマン
もちろん無事現場から戻ってきました。

で、記入した日報を見たら…


「やっと撤去作業が終了し
 念のため 全ルートを歩いて点検したら
 ルート最終地点のあたりに
 支柱が置き忘れてありました。
 
 心が折れそうでした。」


忘れてそのまま帰り 
後日お客様に指摘されたりするのではなく
よかったはずなのに…

自分では完璧!と思っていたのに
確認したら資材が残っていたのが許せない。 
自分に腹立たしいらしい。

そういう気持が
強くて大きな心に育っていくのだろうね。


まだまだ、毎日いろんな事があるよ。

「どこも施工してくれないからなんとか頼む」
とお願いされた仕事を
段取りなんとかやりくりして
みんなが無理を押し通して成し遂げた仕事に対し
終わってから
現場のことを知らない施主の本店管理部の方から
値引きの話しがあったりすると
(もちろん担当とは金額のお話済み)

それはそれは「心が折れそう」けどね!

「なにくそ!まけるもんか!」ですね!

ちょっとやそっとでは折れない翼でGO!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記