マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

「ばちあたり」な提案
20100201.jpg

今の時節 越前海岸を訪れると
海からの寒風吹きすさぶ海岸岸壁に
凛とした香りを漂わせ群生している「越前水仙」。
その風景に出会うと圧倒されてしまうほどです。

越前水仙は、
対馬海流が影響しての温暖な気候と日本海の寒い潮風を受けて、
他の日本水仙に比べ、花がひきしまり、香りが強く、
日持ちと草姿が良いのが特徴だそうです。
「雪が積もっても折れず、曲がっても雪がとければ起き上がる。
小ぶりだけど、茎が太く凛としている。」
(それが県民性と似ている?なんてことも言われています。)

しかし、こういう水仙農家も 他の農業と同じく高齢化が進み
ずいぶんとお年を召した(昔若かったとも言います)
おじいちゃん・おばあちゃんが
栽培・採集・出荷に携わっておられる事も多く
その断崖絶壁のような山道を 
ふらふらと足取りもおぼつかない状態で
切り取った水仙の荷を担いでおられるのも
日常の風景です。

マルジンのモノレールだけではありませんが
何軒かの農家が集合した農家組合で
モノレールを導入されているところもあります。

上手くモノレールを運転される「昔の若者」もおられますが
そうでない方もいらっしゃるらしく
毎年 10月?2月の出荷時期には・・・
「あんちゃん、ちょっと!」のお声がかかるようになりました。

県外のモノレールメーカーと比べ
マルジンが近いという事が 徐々に周知のこととなり
「ちょっと」のコールは
ちょっとでない事がしばしばです。

つい先日も ちょっとのつもりで伺って
長い時間をすごさせていただいたマルジンマン
(半分以上は 世間話?だったらしいですが・・・)

じいちゃん・ばあちゃんの足腰では「超キケン」な箇所が
わずかな距離ですがあって
そこにモノレールがあるといい!というお話になり
色々提案とかさせてもらったりもしました。

「モノレールちょこっと」と言っても
やはり工事も含めると軽自動車ぐらいにはなります。
「カネは無いじゃ、安くしてんでのぉ」
「そんなお金かかるんなら うらら(私たち)もう水仙辞めるわいの」
「あんちゃん ちょいちょいとしとくれればいいで」
「役所から援助(補助金)とかしてくれんかの?」
そして・・・
「今年お地蔵さん建てる予算があるんにゃけど・・・
使ってまうと 地蔵さん建てられんし」

で、マルジンマン。
「自分がお地蔵さんにならんうちに
 モノレールにしたほうがいいざ!」
でも、じいちゃんばあちゃんは
「そんな罰当たりな事できんわ!」

今日は早く帰らねば・・・
と思っていたマルジンマンでしたが
わいわいがやがや 夜は更けて・・・話は尽きず。

「水仙」なんぞを土産にいただいて
本日は お開き?

「お地蔵さん 建立後回し提案」をしたマルジンマン
バチアタリだったでしょうか?










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記