マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

乙女の涙
20100302.jpg

バンクーバ五輪が閉幕した。
悲喜こもごも それぞれの想いを乗せて
世界中の人が共有したひと時が「済んでしまった」という感じがする。

その中で
選手それぞれが「嬉しい涙」「悲しい涙」
「くやしい涙」を流している。

「なんて美しく涙を流す女性だろう・・・」
やはり フィギュアスケートの浅田真央選手の
流した涙は 見ているこちらまで
胸が切なくなるような感情の高ぶりを覚えた。

涙とは目の涙腺から分泌される体液のことである。
ゴミが入ったときなど 眼球の保護が主要な役割として
涙が流れるけれど、感情の発現として涙を流すことがあるのは
ヒト特有の現象なのだ。

不思議なもので 実験者にいかにも涙を誘う映画を見せて収集した涙と、
同じヒトにタマネギをむかせて収集した涙の成分は
たんぱく質の成分が違うらしい。

TOYOTA社長も涙を流した。
「自分は社員に支えられていると感じて」
との事だった。
TOYOTA叩きの公聴会への出席に
創業者の孫である社長として静かで誠実な答弁だった。
誠意は伝わったとの見方が概ねだったようだ。

キムヨナは「嬉し涙」真央は「悔し涙」という風に
マスコミに取り上げられてもいるけれど
その涙の中には 色々な想いがあったのだろうと思う。
でも、それはあれやこれや列挙できるものではない
美しい「乙女の涙」であるからこそ
いじらしく胸を打たれる瞬間なのだろう。

真央ちゃん感動をありがとう。
また次に向けて頑張れ!

そして TOYOTAも頑張れ!
でもって
マルジンも頑張れ!
私も頑張れ!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記