マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

比較三原則
ノーベル賞を受賞した佐藤栄作が打ち出した
非核三原則(ひかくさんげんそく)
「核兵器を持たず、作らず、持ち込まさず」という三つの原則
実は密約(米原潜の寄港など)があったと民主政権が
昨日 白日の下にさらしてきた。
それで、どうするのか?というと
別に変わらないのだという鳩山総理の言葉も報じられ・・・
「密約」から「公約」にしてしまったの?
という感じで はっきりしない。
はっきりしないなら別にウヤムヤでよかったんじゃなかろか?

20100310.jpg

↑なんだかとある漫画本を思い出してしまう
知識の浅い一般人。

主人公 海江田艦長を含めた1隊が
原潜「やまと」を乗っ取り
超人的な操艦と原潜の優れた性能、核兵器(の脅威)を武器に
日本やアメリカやソ連、国際連合に対抗してゆくこととなる・・・
と、いうストーリーだ。
目指すところが「核抑止力」による「世界平和」

普天間の問題にしろ 安全保障にしろ
「原潜やまと」と海江田艦長がいたら
漫画のようにうまくいったかもしれないなあ?

佐藤栄作氏が「この苦労は総理になってみないと分からない」
と嘆いていたそうだ。
いずれにせよ、舟も、企業も、国も舵取りは難しい
楽は下にあり・・・かもしれないな。

さてモノレールなら「比較三原則」といった所か・・・。

「評価の低いモノレール業者を選別するには?」
と、言う問い合わせを受けた事がある。

「比較三原則」として

*工事認可を保持しているか?
 (機械器具設置工事業)

*経営審査を受けているか?
(雇用契約をしている社員数については
 今の経営審査でわからないので
 個別調査が必要)

*3つめ・・・
ほんとは色々あるけれど

結局のところは
「会社の資質」(心意気)だろうと思う。

アナログかも知れないけれど
TOYOTAのような大企業だとて やはり最終的には
「的確で心ある判断ができるかどうか・・・」
というところではなかろうか?

だから どんな小さな企業であっても
こういうアナログな部分で
無限の「のびしろ」があるっちゅーことで

「ひかく」スイッチを押してくださいませ。

マルジンもそこで蹴落とされないよう
日々精進 精進!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記