マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

メールは「私」
201005261.jpg

昨日 お客様より連絡があり

先日、マルジンよりメールにて
提出させていただいた設計見積に関して
「そのまま役所に転送して提出したいので
 見積に関係の無い部分は除いて
 再度送って欲しい」というご依頼があった。

???そのまま転送???
初めてのご依頼である。
「朱肉押印文化」の日本では
だいたい 正式文書は紙ベースであって
「これでOK!」となると
押印して原本を送ることが通常だ。

「転送と言うのは 初めてなのですが
 何故なんでしょう?」と伺ったところ
メールの転送で 
本人(マルジン)確認が事足りるのだとのこと。
なんだか ついていけないスピードでネット社会は
変わって行っている。

現場の写真も ネガを現像してお送りする事から
メール添付・・・容量が大きい時は
デジカメデーターをCDに焼いて送ったり
今の主流は圧縮データーにして「大容量送信サービス」の利用。

先日 友人にもある会での写真を
「大容量送信サービス」の利用で送ったところ
そういう送り方が始めてだったらしく 
「できた!」と便利さに感激していた。

ネット社会は どんどんどんどん進んでいる。
平行して 悪意の攻撃も増殖している。
便利さとともに「私」が「私」でなくなる瞬間は
いつも傍に滞在していると思わねばならないだろう。

しかし…
↓こういう こころがほんわかとなるメール
 忘れてはいけないと思う
201005262.jpg

たとえそれが請求書でも…
絶対うれしくなっちゃいますね!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記