マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

熟練をラッキーと言えるカッコよさ!
images.jpg

なんだか映画の一シーンを思い出してしまった
チリの鉱山作業員 救出劇。

一躍 チリという国の評価が上がった瞬間である。

政府の思惑、企業の思惑
そして 救出された作業員それぞれにも
色々な諸事情があるという話もでている。

しかし、何をおいても 本当によかった。
何にも代えがたい命が助かった!

救出作業を 予定以上に早めたのは
ある掘削作業にあたる米国人技師の存在があったそうだ。
その人はチリに拠点を置く企業で24年にわたって
掘削技師を務めるジェフ・ハート氏。

作業員らを救出する縦穴の掘削のため、作業を指揮。
その仕事ぶりは ほかに発注したどの会社の縦穴より早く
地下に到達し 貫通する何十センチか手前で貫通前の
微妙な手ごたえを感じて掘削作業を止めたとのこと。
作業員を傷つけないよう配慮したとのコメントだった。

アルマゲドンの ハリー(ブルースウィルス)は
地球を救うために追突コースをたどる小惑星に
核弾頭を設置する掘削士の役を演じている。

ハリーはリーダー的存在。石油掘削において超一流の腕前を持つ。
世界最高の石油採掘人と呼ばれながら、自らは未熟だと語っており
自分が生きているのは腕のいい部下に恵まれているからだという。

地中を掘削していくのは そんなに簡単なことではない。
マルジンのモノレールをご利用になっておられる多くが
地質調査のボーリングマシンを運搬され
山中で調査ボーリング作業をされている。

機械もさながら 経験と技術が重要な仕事だ。
現場状況によっては
ラッキーだけでは 絶対になしえない事がある。

ハート氏は取材に対し 貫通できたことで作業員の
救出ができるようになったことを喜び
「これ以上に重要な仕事は今後ないだろう」とも語ったそうだ。
そして極めつけはこのセリフ
「呼ばれた理由は分からないが、とにかくここで仕事を終えた。
ほかにも素晴らしい掘削会社がいる中で、
われわれは最もラッキーだった」と…。

そして本人は
救出当日は どこかで休暇中であり
「テレビで観戦するよ」とのこと。

まさに 神業を「あたりまえのように」「運が良かった」という。
プロ中のプロだと思う。

悪い時は他人のせい
良い時は自分の名誉
そういう人が多い中で

人間の素晴らしさをあらためて感じている。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記