マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

HEIWA
20101129.jpg
「平和」とは…
国語辞典によると 
「戦争が無く 世界がおだやかな状態をいう」とある。

穏やか状態…
穏やかでないところがたくさんあるのだから
世界規模で言えば「平和」ではないのかもしれない。

すぐ近くの韓国と北朝鮮での緊迫した状況。

たった今でも 一発の砲弾で戦争が勃発しかねない状況である。

戦争反対
核廃絶

言うは易しであるが
たとえば 北朝鮮からの1発が日本に着弾し
愛する家族が命を失ったとしたら…
これからも その暴挙は停止する可能性が無いとしたら…
それでも 当事者は「戦争反対」を唱えられるのか?

長年の太陽政策から 李明博政権と変わり
北朝鮮を「敵国」とみなした 圧力政策に変化したことが
今の無謀な攻撃につながっている と言うひともいる。
しかし その長年の同志としての援助など
感謝すらないような 躊躇なき軍事行為を行う 常識も通じない国に対し
飴玉を与え さらなる軍事力を持たせてしまった結果は
良かったのか?悪かったのか?

日本はと言えば…
先日の韓国・延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件の際も
菅総理をはじめ 政策を司る人が誰も官邸にいなかったとか
やり玉に挙がっているけれど
私たちにしても 仕事中でよく状況がつかめなかったために
夜のニュースで特番でも組んでいるはずだろうと思ってTVを見ると
なんの…どの局も普通にお笑い番組など放映していて
おどろいたことだが まるで緊張感が感じられなかった。
日本こそ ほんとに「平和」を絵に描いた国であろう。
その「平和」が ガラス細工であることも考えもせずに…

その後 延坪島の一般市民にも犠牲者が出ているなど
惨状を知るに当たり とんでもないことが起きた。
戦争かもしれない。
原発を狙っているらしい。
福井もだが 一番標的になっているのは志賀原発らしい。
などという話も出てきた。
お付き合いのある電力様は 翌日から原発の作業員を倍に増員し
有事(テロ)に備えるお達しがでたそうだ。

・・・そうは言っても 対陸上でしかなく
「今 北朝鮮からミサイルが発射された」と情報が届いたとて
原発を狙われているのであればどうするすべも無いとのことだ。
延坪島のように 防空壕もない、よしんばあったとて
放射能の充満した生活圏に どうやって出ていったらいいのやら…。

キリスト教には「右の頬をぶたれたら、左の頬を差しだしなさい」
という教えがある。反対にイスラム教には「目には目を!歯には歯を!」
という教えがある。
被弾したら 「もっと撃ってこい!私はそんなことではひるまない」
もしくは「ミサイルにはミサイルを 核には核を!」と言えるのか?

高等生物(人類他)は 文明が発達すると 争いをはじめ 必ずすべて滅びるものらしい。
だから この宇宙はある程度(他の星を侵略する)以上には至らないから
成り立って行っているのだと聴いたことがある。

おバカなり 高等生物人間。

地球滅亡 みんなで渡れば怖くない。
それが節理であれば どうなろうと受け止めるしかないかもしれない。

「平和」
どういう規模で これを想う?
宇宙規模で言えば 地球が無くなろうと
大した問題ではないのかもしれないが…
そう思うと
どうどうめぐりであるが
目先の平穏に身をゆだねているのも
あながち間違いでもない…なんて思ってしまう。

いずれにせよ
大きな変化が起こりそうな 
恐ろしい雲行きであることは間違いがなさそうである。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記