マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

小さな努力が「適正表示」につながった?
20110111.jpg

モノレールの種別には
軽量級から 重量級までの表示があって
当社の扱っているモノレールは
200k運搬用?3t運搬用まであります。

「あ、そうか200kが運搬できるんやの?」
「こっちは2t?3t?運搬か」
普通 表示で理解されると思います。

じゃ、その運搬重量は 平坦なところで??
いえ、平坦なところではありません。

当社の運搬重量は
「傾斜角度45度」の場所で
常時運搬できる(許可する)重量を表示しています。


そんなの当たり前じゃないの?

それが…なかなか各メーカー揃っていませんでした。
やっぱり「わが社のモノレールはこれだけ運搬できる!」と
少しでも性能を良く見せたい!という気持ちもあるのかもしれません。
30度での 最大積載量表示…そういうのがまかり通っていました。
それは、なにも嘘ではないのです。
どの機種も 角度が無いところなら牽引力は増すのが当然です。
小型であっても 平坦なところなら重量物さえ引っ張る力はあります。

お客様は 当然小型のほうが金額も安価なので
運搬できるなら 安いほうが良いに決まっています。

ところが そうやって小型モノレールで工事が始まってみると
色々不便なこと、危険な事も発生し
これではいけない…という事もあって
モノレール業界の中で 統一表示をすることになりました。

やれやれ それが5年前の事です。

しかし、一旦 各社まちまちの表示を設計等に掲載しているわけで
その表示を変えていくのは なかなか容易なことではありません。
メーカーのカタログでさえ なかなか重量表示の仕方が変わりませんでしたし
設計に参入するのは 一般の建設会社、調査会社、コンサル等
たかだか仮設のモノレールの金額など 重要視されていないという
傾向もあります。

設計のお話や 単価調査があるたび
「モノレールの45度表示」について話したり
そういう項目を追加したり 訂正したりして対応してきました。
「30度750kタイプモノレール」
「30度3tタイプモノレール」とかいうお問い合わせに

「・・・またか・・・」という思いもありましたが
いつか少しずつでも 変わっていくのだ!という思いで
資料提出を繰り返してきました。

今年初めての 役所からのお問い合わせ。
びっくり!!
「マルジンさんは 45度3t運搬できるモノレールありますか?」
「あります。」
「では 調査票お送りするので 記入願います」

もう1件も
「45度で運搬 2tタイプモノレールで設計単価提出お願いします」とのこと。

たかだか これだけのこと。
考えれば やっと 普通の問い合わせになっただけのこと。

それだけでも やっぱり嬉しい問い合わせです。
小さな努力が 適正表示に繋がった気がします。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記