マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

?「一流」と「超一流」?
20110119.jpg

「マルジン新聞(社内報)1月号」からの抜粋
・・・・・・・・・・・・・「専務の小部屋」より

さて、今月はフランスの料理界に伝わる格言から。

「一流のシェフは最高の料理をつくるために
最良の食材を集めようとする。しかし、超一流のシェフは今ある食材で最高の料理をつくってみせる。」
けっこう耳の痛い話のような気がします。

ともすると私たちは、自分の置かれている「今」という環境に不満を持ち、その原因を自分以外の誰か、
何かに押し付けてしまいそうになります。
「○○が悪いから。」「○○がなかったから。」

本当のことを言うと、自分に「だって」責任があるはずなのに、その責任には目もくれず、それ以外の問題には敏感に反応してしまう、そんな風にどうしてもなりがちな我々のように思います。

では、その考えの先に何があるのか、自分以外の人、物に全く問題がなくなったら全てが上手くいくのか。
そんなことはないと思うんです。
その時になって初めて、自分が一番の問題になっているって気づく。そんな恐ろしい事も考えられます。
じゃあどうするのか。

今ある状況の中で最高の結果を出すこと。
そういう単純なことに集中する、という事も、大事になってくるのではないのでしょうか。
今を否定することより、今を理解してよりよくしていく。
問題を当たり前としてとらえ、ひとつずつ良くしていく。
そんな考え方もありなのではないかな、と思います。

以上、今月もどうか、ご安全に!♪










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記