マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

あなたならどうする?
営業マンは 売り上げをあげてなんぼ。

売り上げが無ければ

現場だって
事務だって
会社の色々な経費だってまかなっていかれない。
とうざを救ってくれる 銀行借入などあったところで
売り上げが無い=利益が出ない
そんな企業に 投資してくれるような
おめでたい人は なかなかおいでではない。(はず)

1億の仕事があったとしよう。
喉から手が出るほど欲しい仕事である。
自分は売り上げが少なくて 上司からもいつも嫌味を言われ続けている。
なんとか起死回生といきたいところだ。

その仕事を発注する担当者が こう耳打ちする。
「いいよ、君のところに注文しようと思うんだ」
営業マンは大喜び…、これで会社のみんな喜んでくれる。
1億で仕事を受注できれば 利益はそこそこ出るはずだから
賞与も少しは出るかもしれない。
金一封も出たりして。
そうそう、来季のベースアップもあるかもしれない。。。
妻も喜ぶだろうなあ…。

いろいろ妄想していると
担当者が ぽんぽんと肩をたたかれ
「そこでね、1億100万で 請求書出してくれない?
 口座にはそれだけ入るからね、そこで 悪いんだけど
 その100万だけは 指定するところに返金して欲しいんだ」
「返金?お会社の口座にですか?」

担当者は にっこりと笑って
「いや、ここの口座だよ」
聞いた事の無い会社名。。。
営業マンは 自社に戻って その名前の会社の登記を調べてもらった。
すると…それは 発注担当者の奥さんの名前が社長名の会社だった。

さあ・・・あなたならどうする??
知らない顔して振り込みますか?
「できません」と断りますか?

こんなに大きくないけど よくある話です。
マルジンにも似たような話が入ってきたことがあります。

20110124.jpg
得てして汚職とはこんなものである。公共工事について回る入札と落札が決まっている箱の中。根回しは済んでいる。からくりで入札額を釣り上げても、意中の業者に落ちるようにさせる。こんな入札では施主は不利であるが、みすみす高額で落札させるのだ。
「豊中川柳」11月号より

ひとつ手を汚したら
もう とどまることができないんでしょうね。。。

えっ?マルジンはどうしたかって?

へえ…今のところ
「9900万に値下げしますから堪忍してください」とか
「お会社からの指定であれば 考えます」とか お答えしています。

だから そういう大きな魚は逃がしている…っていうことです。

でも どことも しがらみがないので
自由に泳ぎつつ「それで見捨てられる世の中なら 潰れるまで」とか
「苦しくとも美しい花を開くのだ?」なんて 餌にもならない
カッコイイ事を言っているんですけどね。

「えらくなくとも ただすく(正しく)いきる」
で、ありたいもんだ。











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記