マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

秘すれば花
20110226.jpg
日本の高校生は「自信ない」そうである。 
米中韓と大きな差が出ているとか…。

財団法人日本青少年研究所(東京)が
昨年、日米中韓の高校生7233人に実施し、
24日、公表した調査でこんな傾向が明らかになったそうだ。

調査によると、自分は価値のある人間だと思うか
との質問に「全くそうだ」と答えた生徒は、
米国57・2%、中国42・2%、
韓国20・2%に上ったのに、日本は7・5%。
日本の生徒は「まあそうだ」と合わせても36・1%にとどまったとのこと。

もっと 自分自身に自信を持てるような
体験や 教育を与えるようにしなくてはいけない…。
そんな事を結んでいる。

「我や先の自己主張の国、米中」は さもありなんである。

中国、米国と言えば 一人一人の自己を尊重し
権利の主張をしていく気質だと思う
(「欧米かっ!」という感じ。)

しかし、本当に 日本は もっと変わらなければいけないのだろうか?

もともとの 日本人気質の 美しさというものは
「秘すれば花」(世阿弥)のように
自分の内なるものが おのずから醸し出す美しさを重んじ
「恥じらい」とか「ゆかしさ」というものが
伝統的な 美意識だったように思う。

戦後 急激に欧米の思想が 浸透して
古臭い 日本の考え方は 封建的だとの批判を受けた。

自信が無い という 若者。
ちょっと背中を押してやれば 忘れかけていた文化に気づけるはずなのに
今、声高に 古臭い美しさを伝えたり 導いいたりできない先人たち。
日本人は 何を大切にして どう進んでいくべきなのか
ひとりひとりが迷っているのではないだろうか?

大切なもの
得難い経験
それらを積み重ねて 
愛しい自分を育てて

「あなたは自信がありますか?」と聞かれても
「いえいえ、私などまだまだです」

自己主張しなくとも おのずと醸し出す「花」
みんな その「花」を持っている。
秘めているだけ…そう 思いたい。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記