マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

おうどう
20110628.jpg

ひせいしゃいん
非正社員=パート(パートタイマー)、アルバイト、契約社員、派遣社員と呼ばれるような職員の雇用

正社員じゃない人たちの事です。
不景気で 派遣や契約社員の仕事が打ち切られ「派遣難民」などと言われた時節に、そういう人たちを企業にちゃんと雇用させよう、という雇用促進策がとられてきたのです。

それでも雇用が進まないという事で 
「非正社員の雇用を促進し、正社員との不公平の無いように 労働者のことを考えて」の対象緩和策が、今後もっと加速することでしょう。
菅政権は、主に正社員が加入する社会保険の対象を、現在の「週30時間以上労働」から「週20時間以上」に広げる考えです。新たに300万~400万人が対象となるらしいです。

現在、非正社員の多くは、自営業者らが対象の国民年金や国民健康保険に加入します。
(中には加入していないひとすらいますが…)
正社員と同じ保険に加入すれば企業も保険料を負担するため、対象を広げることで個人負担を減らすことができる…というのが 国の言い分です。

表向きは、労働者の事を考えているようですが、手っ取り早く「もっと徴集保険料を増やしたい」という 国策が見え隠れしているように思えます。

「週20時間働いているな!じゃ 社会保険を払え!」というわけです。
毎日3時間でも 社員雇用しなければいけない企業は たまったもんじゃないでしょう。

サービス産業、介護、飲食業…すべての業種で
多少スキルは劣っても 安くて 簡単な 労力を獲得できなくなってくるかもしれません。
100人非正社員でまかなっている企業なら じゃ 100人雇用するかというと、多分 その中の30人ほどを選び出しその30人で非正社員100人分の仕事をしてもらう事になるでしょう。
国はそれでいいのか?というと たとえ30人であろうがその分は 保険料徴収が増えるわけです。その雇用にあぶれた人も 何か他で仕事を見つけるようなら また社会保険加入を勧める…。

みんな万々歳なのでしょうか?はたして?

多分、建設関係も モノレール工事業だって 困るところは多い事でしょう。
季節的に変動する仕事量に合わせて 作業員を確保できるのなら楽です。
雇用するからには 仕事が無かろうが 固定給を支払っていかなくてはならないから。
もしかすると、今 日本の安全を最先鋒で食い止めている あの現場は
そういう非正社員の方々の 肩にかかっているのかもしれません。

そんな中 今、マルジンへご注文いただく現場は 名簿、資格、保険証…。
その上、作成した写真入り身分証まで携帯するような現場が増えてきました。
たぶん、非正規労働者では 難しい現場が増えたという事でしょう。

簡易な労力の魅力はありましたが…
しかし、お客様に「安全」をお約束して提供するモノレールに
簡易な労力では 仕事に対する責任感が薄く 対応が難しいと思ってきました。
だから 当たり前のことながら マルジンの現場に出動しているのは社員ばかりです。

国策で 右往左往することなく
つらくても みんなで分かち合いながら
自分たちが 思った道をあるいていきたいと思います。

小物の我々の それが「王道」です。



 










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記