マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

じり-りた
20110705.jpg

マルジンの 掛け声(指差呼称)は

「手元よいか?!」「手元よし!」
「足元よいか?!」「足元よし!」
「今日も一日ゼロ災でいこう!」「よし!」

である。

儒学の教えや 
比叡山を開いた最澄伝教大師の言葉に
「自利とは利他をいう」(じり・りた)という、
利他を実践すればいつかは巡り巡って
自分の利益になるというような考え方ではなく、
「利他の実践がそのまま自分の幸せなのだ」という考え方がある。

「自分よし・相手よし・世間よし」という
商人の…いや別になんでもにあてはまるような思想ですが・・・
・自分もほどほどの利益を得る(自分よし)
・客もよい品物を適正な価格でいれられる(相手よし)
・そうすれば世の中全般がゆたかになる(世間よし)

そろばん勘定だけでなく「世のため 人のため」になることを忘れず
「人はどう生きるべきか」という儒学の教えを大切にしていく。
「個人の利益はすなわち国家の富にして、
 私利すなわち公益である。公益となる私利でなければ
 真の私利とはいわれない」

災害復興の巨額資金を動かすキーマンになった途端
「被災地のため、被災された人々のため、心痛める見守る人々のため」
という大義を忘れたような言動の人となり。
災害特需にわく特定企業

忘れそうになったときは
「指差呼称」だよ!

「自分よし!」
「相手よし!」
「世間よし!」










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記