マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

たいせい
原発の「ストレステスト」をするそうです。

いわゆる「耐性テスト」

驚きです!
だって、今までしてこなかったというのがびっくり!

定期点検は 13か月に1回してきたそうだけど…
んん???何してきたのですかね?

だって
耐性と言うのは
最初 作った時に 計算していて
老朽化したり条件が変わったら 補強するなりして
当初の耐性、もしくは新たな耐性に耐えられるかどうか?
だけのものではないのでしょうか?

たぶん、違うんですね・・・。ほんと、びっくりでした。

201107121.jpg

マルジンは1ヶ月に1度、現場のモノレールの点検に伺います。

201107122.jpg

モノレールの本機はもちろん、
レール全体と 周辺も点検の項目になっています。

お客様も 点検で仕事が多少中断したり
費用が掛かったりすることにも理解を示してしてくださり
安心して モノレールを使っていただいていると思います。

マルジンはマルジンで
「点検」を実行した、という 責任があります。

100%何もあるはずがない…なんて とても言えません。

原発の安全神話は ほんとうに不思議です。
「ありえない(想定外)」から 始まっているのですから。
そして、今回の事故も「人災だった」と言っているにもかかわらず
ストレステストのほうが先で

「また 同じ人災が起きたら…」という
地域住民に対する 肝心な安全シュミレーションは聞こえてこない。

20㌔圏内は退避させる。
とくに子供と妊婦は避難誘導があるまで 絶対外に出ない。
その家族は どこそこに集団で避難できる疎開村をつくっている。
そこで対応ができない時は
電力会社の 避暑地の施設や 記載された宿泊施設で対応する。
保証金は 1200億ぐらいでは足りないので
3兆円規模で 電力会社が積み立てたり保険に加入する。

…事故があった、保障はつゆほど…

通常 地域振興で 原発立地県には恩恵があるだろう
命の代償分 先に払っているんだぞ
だから 少なくていいじゃないか…それは違うんじゃないの?

福島県と近隣地域ぐらいだろうと思っていたら
静岡のお茶や 牛肉、多分もっとほかの汚染食物も
支援という名目で こぞって仕入れている大手のチェーン店などで
日本全国に拡散しているという話もある。

原発が停止すると 電力不足になる。
慢性的になると 日本企業が みな海外へ出て行ってしまう。
安電気料金が高騰してしまう。

だから テストは簡易的でもいいから動かしましょう。
そういう道理はないのでは?

「原発を動かしてください」のヤラセメールは
今日、結局100名ほどに膨れ上がっている。

ほんとうに恥ずかしい。

本当には思えないが、たとえ 一課長がやったことでもトップの責任。
メルトダウンに至ったのも トップ。
いくつもある集約できない会 身内をゆるゆるテストしてる安全委員…
そんなんで 耐性 ほんとにきちんと見てもらえますか?

耐性じゃなく 体制に問題があるんじゃないですか?

たとえ 離れた地にいようと
どうも 自分の身は 自分で守らなくてはいけなくなってきていると
思い始めた今日この頃。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記