マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

野田め菅くたびれ・・・
20110901.jpg

「どじょうが金魚のまねをしてもしようがねえじゃん。ルックスはこの通り。赤いべべを着た金魚にはなれません。泥臭く国民のために汗をかくどじょうの政治をとことんやり抜きたい」

自らを「どじょう宰相」と呼んだ 野田首相の誕生です。

松下政経塾の 一期生
政界にも たくさんの同期性がおられます。

平成5年の衆院選に日本新党から初当選。知名度も資産も有力支援者もないため、
地元の駅前でひたすら毎日「朝立ち」を続けて勝ち取った勝利だったようです。

「駅前留学はNOVA、駅前演説はノダ」というジョークには
庶民派らしい自負を感じるところです。

松下政経塾の面接では 必ずこう問われるとか…
「あなたは運と愛嬌がありますか?」と

松下幸之助塾主に何を基準にどんな人を採用すればいいか尋ねると、
塾主は開口一番「運の強い人」と答えたといわれたそうです。
そして、それに加えて「愛敬のある人」ともおっしゃったそうです。

首相の持つ「運」は日本国を揺るがします。

菅さんが どんなりっぱな人かは 本当のところはわかりませんが
「運」で言えば 戦争終結時の原子爆弾投下の時以外
こんな とんでもない最悪の運を持っていた人は
他に見当たらないかもしれません。

折しも 大型台風12号が 日本国横断ルートで進行中

野田総理の
「運と愛嬌」で
どこかへ くねくね曲がって行ってしまってほしいものです。

まるで どじょうのようにね!

「誰がなっても一緒」と 思ってきましたが…

やっぱり「新」とつくと
期待したい…そんな今日です。

野田総理、どじょうよろしく!











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記