マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

最近びっくりしたこと「はいぶりっど・びじねす」
今月号の社内報「マルジン新聞」より 抜粋
~専務の小部屋~です。

20120317.jpg

お疲れ様です、最近はもっぱらビールとワインと日本酒と焼酎のハイブリッド状態の専務です(笑)。
(でも一応、人間ドックはギリギリパスできたはず、、、多分)
さて、昨今「PHV=プラグイン・ハイブリッド・ヴィークル(車)」という電気自動車とハイブリッドカーの両方の特性を備えた車が注目を集めていますが、、、すみません、今回はその話ではありません。
最近、身の回りでちょっと驚いたことがあります。

それというのも、ふと本屋に立ち寄った際
「スマートフォンで撮影するだけで手書き文字がデジタル文字に。誤認率は限りなくゼロに近い!」
というメモ帳を見つけ、試しに買ってみました。
以前から手書き文章をもっと手軽にデジタル化できるといいのになーと思い、色々とスキャナやソフトを使ってみては、やっぱり誤認が多いのでどうもなー、と思ってきていたので、今回も実はあんまり期待せずお遊び半分で考えていました。
で、買って帰ってきて、必要な手続きを済ませ、
いざ1枚 適当に走り書きしてカメラで撮影してみたところ、、、
驚くべきことに1文字も誤認せず正確にデジタル化できてるじゃないですか!!
連絡ノート等で私の字をご存知の皆様ならわかるはずですが、はっきり言って私の字はお世辞にもきれいな字とは言えない字でございます(苦笑)。
ただでさえきれいな字ではない私が書いた走り書きの字を、な、なぜ読める!!
本当に驚いて一瞬固まるぐらいでした。
あんまりにも驚いたので、これってどんな仕組みで動いているんだ?
どんな天才が作ったOCR(光学式文字読取装置)プログラムなんだ!?と調べ始めて、で、また一つ驚きました。

この仕組み(KYBER)を提供しているオーリッドという会社の記事に行き当たり、実はこの文字認識の仕組みは
「送られてきた画像をプログラムが文字に変換、その後、細かな単位に文字が分割され、中国にて現地中国人が文字ごとの正誤チェックを実際の人間が実行。
 その上で再度文章にまとめられ、最後 日本人が最終チェックをして依頼者へ送信する」というシステムによって誤認率を限りなく0%にしているとの仰天記事をみつけました。
冗談で「あー、誰か手書き文字をデジタルに打ちかえてもらえるといいんだけどなー」と考えたことはありますが、、、
本当にそれに近い事を仕組化して、さらに採算の取れる商売にまで昇華する人が生まれるとは、、、
私としてはここ数年で上位何位かに入る、驚きの事実でした。
この話を見て思ったこととしては、デジタルとアナログの二極化といわれて久しく、デジタル派、アナログ派みたいにお互い相容れないもののように認識されてきたように感じていましたが、デジタルの世界がどんどんアナログの良い部分を取り入れ、自らを成長させつつあるように思います。
アナログ派なので、デジタル派なので、という常識を捨て、
どちらもいいところと悪いところがあるという認識の下、
今よりもっと良い状態を模索し、変化していく先に、
これまで考えられなかった世界が見えてくることもあるんじゃないかな、と今回考えさせられるに至りました。
皆さんはいかがでしょうか?自分は~派なので、あの人は~な人なので、というような
自分の中だけのちっぽけな常識に、自らの可能性を縛ってらっしゃらないでしょうか?
「大人の常識」「男(女)の常識」「モノレール屋の常識」・・・。
とても大事なものである反面、いつもその常識だけではない世界もあることを忘れず
凝り固まらず、常に「変化」を求めていっていただきたい、と思う次第です。











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記