マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

新たな門出を祝って
20120320.jpg


Celebratation for your new departure.

「新たな門出を祝って」

先日 4月より
マルジンを退社し 新たな道を選択する事になったA君の
送別会が開催された。

高校卒業後 マルジンに入社して 6年
小型モノレール現場の責任者としても 
脂ののった仕事ぶりに 皆の信頼も厚くなってきているところであり
マルジンとしては 惜しい人材ではあるが

家業の販路拡大にともない
家族で 盛り立てていくことになり退社されることになった。
(なんの仕事かは 写真でバレバレ・・・
  あ・・・「くまもん」になるんじゃないですよ)

ある意味 マルジンより キツイ業界
同業他社との激戦 店舗は飽和状態
よほどうまく経営にたずさわらないと 9割近くが
大変な状況だと聞く。

それでも その困難を 英知を持って打破していく覚悟だとの事。


節目の季節。日経新聞の日経生活モニター会議にあった。門出の言葉。

 「人生は負けることが多い。泣いたところが竹の節だ。己が強くなる」。ある高校の校長先生の言葉。
 「習慣は人をつくる」。現実に出世し人を見た人の言葉。
 「希望しない部署も随所に主たれの気構えで仕事をする」。大学恩師の言葉。
 「明日から家族ではない。親戚になるのだ」。結婚して家を離れるときの家族の言葉。もう帰れないと思った。
 「他人の肉体的特徴を笑うな。笑われた人は必ず覚えている」。社会人になるときの父の言葉。

いろいろあるけど
「お幸せに」なんて 言わない。
「さすがA君! あの時の選択は本当に良かったな」
 と 皆が感嘆するほど頑張ってほしい。

私たちは「俺は 昔マルジンに働いていました。」と、胸張って言ってもらえる会社にしていくよ。
モノレールの地位向上!みんなで 力を合わせ
夢もあって お給料も うらやましがられるくらいそこそこいただけるように
(なれたらいいな)


あ!? マルジンマンが買い物に行って
「負けてくれ」とか言っても
ほいほい負けるような経営はあかんよ!

ビシッ!とやってくださいね。

荒波の航海
船は違えど 同じ海
いつかどこかの港で 船先合わせ 人生を語ろうぜ!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記