マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

保守管理に問題が無かったか?
20121203.jpg

山梨県の中央道上りのトンネル内で2日発生した
まことに痛ましい、被害者にとっては避けようもない
「天井の壁が崩れ落ち少なくとも9人が死亡した事故」で

ボルトの劣化が原因か?
保守管理に問題が無かったか?
業務上過失致死傷害容疑の観点からも調べを進めるとのこと。

なんともはや…

大きな被害が出てからの 遅すぎる対応となってしまった。

・トンネル設置会社はどうだったか?
・点検会社はどうだったか?
・日々の管理点検はどうだったか?

責任の所在が うやむやにならなければいいけれど…。
トンネルだけでなく
何の工事(仕事)についても当てはまるような気がする。

ついこの間 お隣の石川県で発生した
エレベーター事故。
遊園地の遊具の事故。

モノレールだとて 同じだと思う。
本機資機材すべて「基準に沿って」廃棄、更新を
していくことで
少しでもご利用の人の危険を排除していかねばならない。

写真は
今日の マルジンの廃棄レール。
新しいレールもある。
しかし、過酷な使用で マルジン基準て廃棄とするほど変形している。
おとましい(もったいない)けれど
これを使う事で モノレール本機にも悪影響を与える。
何かあってからでは 遅すぎる。
30年使えるなんて 夢のまた夢。

それがこのトンネルでは「目視」だけだったようで、
今後 他のトンエルも含め 点検方法が問われる事だろうと思う。

そう思うと 原発の廃炉基準も
遅くならないうちに 決めていただきたいけれど…。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記