マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

明日はわが身なれど・・・うちじゃないですよ!
20130115.jpg

週末
新聞の記事や ネットでの記事で
モノレール工事での不始末が報道された。

「原子力発電所地内で断層調査の準備中、
放射性物質の監視装置のケーブルを誤って切断したとのニュース。
ボーリング調査の資機材を運搬するモノレールのレールを設置中、
作業員が誤ってケーブルに支柱を打ち込んだという。警報が鳴って切断に気付き復旧対応をした。」
(写真は記事とは関係ありませんが 支柱というものはこれです)
というもの。

近くの原電なので
みなさんが「マルジンさんじゃないのか?」とお思いみたいだけれど
違いますからね・・・。
とりあえず 疑念は晴らしておきます(苦笑)

申し訳なくて 内容は伺えないのだけれど
年末に「年明け早々に現場をお願いしたい」とご依頼あった現場ではなかろうか?
もう1月中旬まで仕事が詰まっていたため「早々は難しい」とお断りした。

もしかして お受けしていたら
当社が ケーブル切断の当事者になっていたかもしれない。

しかし・・・今回 どうだったのかはわからないが…

設置前の立会で 埋設物の有無を確認するのは
発注者にとっても受注者にとっても 必要な事。
ましてや ケーブルなどというものは 高額だけでは済まないもので
ハンマーで打つ前に「手掘り作業」が必須となる。
その労力たるや 通常の設置工事の比ではない・・・。

その上に
マルジンでは「もしも」の不測の事態に備え
保険会社に 埋設物の危険性を伝え 
施工から撤去までの工事期間に及ぶ損害保険に加入することにしている。
慎重に慎重に対処しなければならない。

明日は我が身でもあり

マルジン内で いつも声掛けはしているところだが
「ぬかりないように」「安全に」「慎重かつ瞬発力を持って」
どの現場にも 向かいたいものである。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記