マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

不良不適格のらくいん
20130308.jpg

昨年2012年11月から 建設業許可の申請窓口では社会保険加入の指導強化と、下請けガイドラインの施行(現場での施工体制台帳に労働者の社会保険加入確認欄が追加等)が実施されております。

マルジンも 従来の施工体制台帳から 新しく 社会保険加入状況の欄が増えた形式の書類を提出するようにしています。今まで「社員を雇わず日雇い労働者・アルバイトを使っていた業者」や「社員とは名ばかりで保険加入してこなかった業者」「会社自体が社会保険加入していない業者」等は どうしたらいいのか?と 知らぬ存ぜぬとはいかないようです。
元請様の中には「価格」だけを重視されてこられたようなところも「そういう下請けや 作業員を使うこと自体が 自社の信用にかかわり 不適格業者の烙印を押されてしまうリスクがある」らしいです。

こういう番号でも「一般会社の雇用保険の番号」と「建設業の雇用保険番号」とは違う
(建設業関係の方が料率が高い)ので 元請様、役所のなかには
その番号までチェックされている所もおありです。
要は 製造や事務系の料率の人が 作業員として入っていないか?まで調べたりするのです。
基礎年金番号まで提出するのですから 個人情報バリバリ開示ですね!

1. 元請の 社会保険(雇用保険,健康保険,厚生年金保険)に加入について

Q現在未加入だとどんな不利益を受けますか?

A ① 刑事罰の対象となる

  ② 行政罰(営業停止処分等)の対象となる。

  ③ 経営事項審査で低い評価となり,事実上公共工事を落札できなくなる。

2.下請業者の社会保険加入状況について

Q社会保険に加入していない業者を発見した場合どうすればよいか?

A ① 社会保険に 加入するよう指導すべき

  ② 2017年度以降は,下請けとして選定しない取扱いとすべき

  ③ 2017年度以降は,現場入場を認めないようすべき


Q上記に違反した下請業者を選定した場合、どうなるか?

A ① 平成24年11月現在は,罰則はない

  ② 但し,不良不適格業者として,公共工事の入札から排除されるリスクがある

業者の中には 現場に入る間だけ短期で 保険加入できないか?とか
保険加入などしたら 給料を下げないとやっていけない・・・とか
色々画策している経営者も おられるようです。

雇用するという「固定費」は 仕事が暇でも継続するわけですから業績を圧迫します。
何も建設業に限った事ではありません。忙しい時だけ雇える人を使えるのなら どんなに楽でしょう。
きちんと社員として雇用し 技術や仕事に対する精神を伝えながら 高め合ってきた現場技術を 正しく履行していく事で「建設作業員」の ブルーなイメージも変わってくるのではないでしょうか?

今までが変だっただけなので 考えたら当たり前の事。
日焼けして真っ黒な 強面のあんちゃんが ポッケから「galaxy note」なんか取り出して 材料の確認をしたり 写真をメール送付したり 現場であんちゃん同志が 切磋琢磨する姿は ものすごく「かっこいい」と思います。

マルジン社員もそうであってほしいな。
ま、かっこばかりじゃなくて まずは 自分が「ハートと技術」を蓄積してからのことですけどね!











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記