マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

モノレールの設計単価
昨日は「モノレールの単価」の件で「経済調査会」と「物価調査会」へ伺った。
「経済調査会」と「物価調査会」とは、国土交通省から依頼を受け 色々な公共工事の価格(物品・工事費・労務単価等)を細かくいくらぐらいと 調べて冊子などで一般に公表しているところだ。
最近よく「市場調査記入」の依頼がある。
昨今、公共事業費の削減のひとつとして「ユニットプライス」というしくみが浸透しつつある。単一的な価格を出すことで、例えば容量や長さで簡単に工事全体の価格を出そうと言うものだ。
モノレールも去年からとってもおかしな分け方で掲載されるようになり、業界全体「なんだぁ?これはいったい?」と喧々諤々。
?100m以下
?100m超?500m以下
?500m超?1000m以下
500mと100mの工事費が一緒なんて???
↓ちょっと見て頂戴よ!


こんなとこだってあるんだぞ?
↓普通の現場でもこうやって1本1本傾きなど考えて修正しながら設置するんだぞ?なんでこれがこんな分け方になるんだ?



?100m以下は基本的な100m単価÷100×延長数
?100m超?500m以下は基本的な500m単価÷500×延長数
?500m超?1000m以下は基本的な1000m単価÷1000×延長数
もちろん現場に応じ補正係数はかけていきます。



現行だってこのまんまだったら
499mだったら501mにすれば「アリ」なの?それって何もプライスされてないじゃないの?多分モノレールのことよくわからない人が監修しているのだよきっと!
で、このまま黙っているとそれでいいのかなあと思われてしまうので マルジンは事あるごとに訴えることにしているのです。
昔は「モノレール」の「モ」の字も載っていなかったのがやっと周知されつつあるのだから もっと理解をもっていただけるよう発信していきたいです!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記