マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

「老舗の判断基準」~専務の小部屋~
20140619.jpg

社外秘(笑)の
毎月一回発行の「マルジン新聞」より
「専務の小部屋」(マルジン専務の奇行・・ちゃうちゃう寄稿です)
今月は「老舗の判断基準」です。
長~~~いので 分けてUPします。

************************

今月は、私が参加させて頂いています上坂会計 鳥瞰塾2014にて 参加者全員に課題図書(?)として頂戴した本からのネタです。 本は鳥瞰塾の塾長 上坂先生の後輩が書かれた著書で、京都の有名な老舗(南禅寺 瓢亭や佐々木酒造、本家西尾八つ橋 他多数)を自ら取材、分析し書かれた内容となっており、読みやすく纏まっている為、そんなに難しくなく短時間に読めるので良かったら皆さんも読んでみて頂ければ、と思いますが その本の中に、結構興味深い事例が紹介されておりましたので 今回はそれをご紹介したいと思います。

その事例というのは「老舗の判断基準」という内容で、次のようなとき、
老舗の経営者はどう判断するのか、というのを5つの事例を挙げて紹介しているものです。

その中から、今回は会社経営に偏らない事例を紹介します。

事例1 先方が約束の時間に遅刻した場合の判断

あなたはAさんと13時から会う約束をしており待ち合わせ場所で待っていました。
 するとAさんより「すみません、電車が遅れて30分程度遅刻してしまいます。」と連絡が入りました。 
しかしあなたは、1時間後の14時から別のBさんとの約束がありました。
さて、あなたなら次の選択肢の内、どれを選びますか?

 ①どちらの付き合いが優先かを判断し、一方を断ることで一方に集中する。

 ②遅れるAさんには悪いが、予定通り待ってくれているBさんとの予定を優先し、
  Aさんには時間変更、日程変更の話をする。

 ③Aさんには1時間の面談予定を出来る限り短くして対応するとともに、
  Bさんには少し時間が遅れる旨の連絡をし、両方に対応する。


いかがでしょうか?
ちなみに、老舗の経営者が選ぶ選択肢は②だそうです。

理由は「信用には信用を持って答える」という考えが根底にあるんだそうです。どんなに親しい間柄でも、大きな取引でも、後に予定通り待ってくれている人には 何の非もない訳だから、変更を依頼するのはお門違いである、との認識なんだとか。
また、Aさんに非がある状況で、予定変更の依頼をお願いしたのにもかかわらず、関係性が悪化するような対応をAさんがした際には、そもそも付き合い自体を考え直す 必要がある、とも書いてありました。

                        続く・・・
************************************










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記