マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

春を待てずに旅立ち・・・
201602151.jpg

1週間前の2月8日に 「神」とも「日本の宝」とまで言われる人もいるほどの
越前市出身のギタリスト 松原正樹氏が亡くなりました。
筆者の友人でもあります。 
何年か前 武生(現在の越前市)へ帰福の際に
自身もキーボード奏者でもある奥様の南部昌江さんと一緒に
マルジンにも立ち寄られ 社長ともども楽しくお話しさせていただいたことがあります。お二人ともにこやかでベストパートナーだと 感じ入った次第です。 

昨年春に体調を崩し 検査を受け 見つかった時にはもう末期の癌でした。
それでも 良いと言われる治療をいろいろ受けているうちに 治るのではないだろうか?と思えるほど 年末までおちついた日々を送っておられました。

でも そうはうまくいきませんね。
まだまだ 末期といわれる癌は克服できる病気ではないのですね。
奥様の必死の看病むなしく ひとり旅立っていかれました。

身近な人のみの告別式を済ませて 9日にSNSに 奥様から報告があがったとたん
ネット検索ワードが 二日間1位~3位という注目度でした。
多くの人に影響を与え 多くの人から愛されていた 氏の功績、人柄がうかがえる状況だったと思います。

奥様からの報告を 転用させていただきます。
*****************************
魂が宿っていた肉体にいよいよ限界が来てしまいました。
治療を続けてきましたが、末期癌の為2月8日未明、夫:松原正樹の魂は天に昇って行きました。

入院してからは、激痛緩和の麻薬鎮痛剤で意識朦朧状態が続きました。
そんな容態でも、夢の中でレコーディングをしている様子をずっと口にしていました。
普段から演奏やレコーディングに集中する性格が凄く出ていて、看ていて泣きながら感心していました…

生前のコロコロっとした体型、優しい笑顔、私の好きなハスキーヴォイス、ドラえもんの様な手で歌う様にギターを弾く松原の姿を記憶に留めていてください。

松原が魂を込めた演奏、追求し続けたサウンドの作品は沢山残っていますので、末長く愛聴して頂けたら、松原がこの世に生きた証しとして嬉しく思います。

本日、那須にて家族葬を済ませました。
お知らせできなかった事をどうかお許しください。
尚、後日東京でお別れ会を催したいと思っておりますので、企画整いましたら、オフィス・ロッキングチェアー山口より関係各位ご案内させて頂きます。

皆さまに温かく見守られ、沢山の励ましのメッセージを頂きました事を感謝いたします。
本当にありがとうございました。

2月10日 松原昌江

*****************************

心よりご冥福を祈らせていただきます。
写真は2/10の福井新聞です。
 matu20160213.jpg










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記